キルラキル 第24話(終) 『果てしなき闇の彼方に』 最後までハイテンションで走り抜けていった。

| コメント(2) | トラックバック(11)

killlakill-24-450.jpg

killlakill-24-112.jpg

第一話のインパクトは絶大だった。
最近はとかく深夜アニメの数が多く、どれを見たら良いのか迷うことが多いです。
以前は2~3話見てレビューするアニメを決めていたのですが、最近じゃ第一話で決めることもしばしば。
なので第一話の盛り上がりは重要。
その中でもキルラキルの衝撃はかなり凄かった。

凄かった一方で「このテンションはいつまで持つのだろう」という別の懸念が出てくる。
スタッフも人間ですし、全力疾走すればどこかで息切れするんじゃないか。
竜頭蛇尾、最初だけだったな。
なんて言われるアニメもあるわけで。
しかしこのアニメは最後まで勢いで乗り切りました。
将に息継ぎなしで走り抜けたスタッフお疲れ様というしかありません。

killlakill-24-360.jpg

killlakill-24-390b.jpg

絶対服従の力に死んでなかった原初生命戦維。
その支配力で全ての生命戦維を無力化したうえ原初生命戦維に飲み込まれる人々。
神衣・神羅纐纈を纏った羅暁の強さは圧倒的。
そんな中で単体で羅暁に突撃した鮮血。
パートナーが単独行動すると死んでしまう。
悪い予感をひしひしと感じますね。

この時鳳凰丸を押し出したことで形成が逆転。
…するかに思ったら今度は針目縫が原書生命戦維と融合、のち羅暁とも融合する三位一体状態へ。
自分でクビ落とす様が「ジョジョの奇妙な冒険」第三部のヴァニラ・アイスっぽい。
流子達も諦めませんが羅暁達も参らないエンドレス状態。
極制服の力は戻ったものの、それ以上の力を得た羅暁は自ら宇宙へ向かう。
ロボットアニメみたくラストは宇宙へ。

killlakill-24-772b.jpg

killlakill-24-1044b.jpg

みんなの生命戦維を分けてくれ!そして掟破りの…。
元気玉よろしく全ての生命戦維を集めた流子は極大パワーアップ。
ドラゴンボール的展開だなと思ったら流子金髪で本当にスーパーサイヤ人、もといスーパー戦維人と化してこれまた宇宙へ。
流子が羅暁を攻撃しようにも片裁ちバサミもまた生命戦維を硬化されたもの。
絶対服従を持つ羅暁には攻撃出来ないと。
いくら不死身に近い体でも攻撃が効かないんじゃ打つ手なしですね。

無謀にも特攻し、案の定刺し貫かれる流子。
私は死にかけるほど強くなる…やっぱりサイヤ人っぽいけどそんな話した事あったっけ?
更に神衣・鮮血には能力吸収がある!
今まで倒した極制服から生命戦維を吸収したのもその為…これは伏線貼ってましたね。
羅暁の持つ絶対服従を吸収し全ての生命戦維に命令解除。
こうして遂に、遂に羅暁の野望をぶっつぶしました。

killlakill-24-1093b.jpg

killlakill-24-1248.jpg

マッパで大気圏突入。
敵を倒した後にもう一苦労するのはロボットアニメのお約束。
でもキルラキルでもやります。
野望が潰えてあの羅暁も大人しくなるのか…なりませんでしたね。
自ら心臓えぐりだして握りつぶすという超ダイナミックな自決。
おまけに「生命戦維は宇宙にまだある」と含みを持たせた発言までかましてくれました。

しかし流子と鮮血の力もここまで、早いところ地球に戻らないと危ない!
鮮血を前に出して下着姿で大気圏再突入。
更に熱でパンツが焼け落ちて流子マッパです。 
この姿勢が耐熱フィルムかシールド出して大気圏再突入するガンダムを彷彿とさせます。
しかし鮮血はガンダリウム程頑丈じゃなかった。
燃え尽きて一糸残らず灰と化していく鮮血、号泣する流子。

みんな足丈夫過ぎるだろ!
悲嘆に暮れ落ちていく流子に皐月の声が聞こえる。
目を向けるとそこにはマッパで落下点に全力疾走する姉の姿。
良いシーンの筈なのに必死過ぎる皐月の顔が笑える。
というかキルラキルでは本人大真面目だけど見ている方は吹き出す「シリアスな笑い」シーンが多いです。
マコを庇って蒲郡先輩が死んだ?というシーンでもマコが間欠泉みたいな号泣して吹いてしまいました。 

勢いの付いた流子を止めるため皐月に加え四天王が、満艦飾家の面々が、更には全ての生徒が受け止める。
当然全員マッパです。
もうあまり光とかアングルで隠す気もないらしいのですが、女性の乳首は無く股間はまっさらですね。
全員一丸となってようやく流子は止まったと。
…考えてみたら先に落ちていった人々はどうしたんだろう。
全員墜落死してるんじゃなかろうか。 

killlakill-24-1410.jpg

killlakill-24-1417.jpg

お約束のデートは三人一緒で。
最後の決戦の前に大事な約束をすると死ぬ=死亡フラグ。
まあ主人公なんで大丈夫とは思っていました。
でもマコとのデートかと思ったら皐月まで付いてきた。
まさかのショートカット化、しかも似合いすぎてヤバイ。
ボロアパートの管理人とかやりませんか、一刻館って言うんですが。
写真を撮る時照れる皐月がまた可愛い。
そして全てが終わった流子は何を思うのか、という所でおしまい。

でもまだ終わりじゃない様で。
9月発売のBD最終巻に第二十五話が追加されるそうです。
エピローグの様なので話自体は今回で完結しているのでしょう。
でもここまで見た人なら当然見たい。
しかし半年先とは…。
たまにある商法ですが、単体でもっと早く出して欲しいところ。
でもそれだとTV見てない人がネタバレ見ちゃうのでダメなんでしょうね。

ここで鮮血が復活するとかあるんでしょうか。
更に敵ながら生き残ってしまった?鳳凰丸はどうしているのか。
気になる事はまだありますね。

公式サイトウィキペディア公式Twitter(#kill_la_kill)

【発売スケジュール】

2014/01/08発売 【BD】キルラキル 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


Powered by amaprop.net

トラックバック(11)

トラックバックURL:
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3624

破滅の闇日記 - キルラキル 第24話 「果てなき闇の彼方に」(最終回) (2014年3月29日 19:49)

キルラキル 2 (角川コミックス・エース 393-4)(2014/03/07)あきづき りょう商品詳細を見る  昭和風味の不条理な学園闘争ものかと思えば...

ぬる~くまったりと - キルラキル TBS(3/28)#24終 (2014年3月29日 19:53)

最終回 第24話 果てしなき闇の彼方に 公式サイトから『神羅纐纈』、その力は、神衣、極制服に含まれる全ての生命戦維の力を絶対服従させるものだった。最終局面...

ぐ~たらにっき - キルラキル KILL la KILL #24 最終回 (2014年3月29日 19:53)

『果てしなき闇の彼方に』

動画共有アニメニュース - キルラキル ~ 第24話 果てしなき闇の彼方に (2014年3月29日 19:55)

キルラキル 第1話 ~ 第24話 果てしなき闇の彼方に 武力と恐怖で支配された本能字学園が舞台。父の仇を捜す転校生の主人公「纏流子」を中心に、学...

ジャスタウェイの日記☆ - 『キルラキル』#24「果てしなき闇の彼方に」(最終回) (2014年3月29日 21:12)

「人は人、服は服だ!!」 原初生命戦維を討ち果たし、本能字学園へたどり着いた流子たち。 彼女たちを待っていたのは神羅纐纈をまとった羅暁と、 その...

コツコツ一直線 - キルラキル 第24話(最終回)「果てしなき闇の彼方に」あらすじ感想 (2014年3月29日 21:48)

いよいよキルラキル最終回。これまで不思議で熱い方向へ進み続けていたキルラキル、一体どんなラストを迎えることになるんでしょうか…?キル...

nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! - 【感想】キルラキル(KILL la KILL)第二十四話 「果てしなき闇の彼方に」 (2014年3月30日 06:42)

すげ〜もの見た!! 2時間ものの映画を見た疲労感と昂揚感。 何から何まで良かった! こんな気持ち、そうそうなれるもんじゃない。 ...

真実悪路 - キルラキル KILL la KILL 24話「果てしなき闇の彼方に」の感想 (2014年3月30日 06:54)

人は人! 服は服! あれ? でもこの世界って服が人を進化させたんじゃないの? という感じで、 当たり前の正論を正面から言ってねじ伏せたようで実は誤...

おぼろ二次元日記2 - キルラキル #23&#24(最終話)「果てしなき闇の彼方に」、感想 (2014年3月30日 15:58)

これが「絶対服従」! 最後の戦い! 二話、まとめて。 あらすじは公式からです。 「イミテーション・ゴールド」 戦線に立ったマ...

Wisp-Blog - これがホントの人衣一体だ!/キルラキル24話感想 (2014年3月30日 20:48)

 霧島改ニが実装されたので早速改造!  ……いや悪くはないのだが、パワーアップというより頭身の変化が激しくて困惑。金剛改ニでは見落とした...

comparateur mutuelle - comparateur mutuelle (2014年4月 7日 15:03)

こいさんの放送中アニメの感想

コメント(2)

>>私は死にかけるほど強くなる

普通に伏線あったというか、ラ行母さんが言っておりました。

が、御存じのとおり物語はハイスピードで進んでいましたので、一度きりの言及です。
流し見しているか、ガン見しているかがそれとなく分かってしまうポイント。

>>良いシーンの筈なのに必死過ぎる皐月の顔が笑える。

何故あそこまで必死になるのかを考えると、これっぽっちも笑えませんが
笑えたって感想が結構あって、そっちには笑いました。皆結構下衆いよねw

>皆結構下衆いよねw
制作が狙ったシリアスな笑いだからだと思います。
これまでの皐月のキャラクターとのギャップが余りにも凄かったんで。

コメントする

Twitter

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ

Powered by amaprop.net

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

2016 春アニメ

Powered by amaprop.net