IS 〈インフィニット・ストラトス〉2 第12話(終) 『少女たちの展翅(ガールズ・オーバー)』 IS学園VS亡国企業の戦いで京都が火の海!!(※閲覧注意)

| コメント(4) | トラックバック(9)

※最終話の戦闘回です。
そんでもってやはりというか内容が微妙です。
辛口になりますので作品が好きな人はスルー推奨でお願いします。 

is2-12-1008.jpg

is2-12-1000.jpg

貴重な文化遺産が灰になっちゃう!
空で戦っているうちはまだ良かったのですが、やがて戦場は地上戦…というか市街戦に。
敵がお構いなしに乱射するのは分かります。
ラウラそこで撃っちゃダメ!
挙句スコールの自爆のような放射攻撃で街が火の海に。

因みに戦闘が始まったのが昼間。
そんでもって地上戦やってる時は夜になっている。
ISの稼働時間やパイロットの疲労って無いんだろうかというのも去ることながら、
住民が避難している気配がない。
ビルに電気ついてます。
こんな中でお構いなしにドカンドカン発砲するって大丈夫なのか。

軍のISが登場、今回は大人が仕事した?
敵の襲撃に対し今まではIS学園のそれも一年生ばかりが対処する羽目になってました。
今回ヘリから軍用ISが登場した時はオオッと思いました。
てんでダメ、片っ端からカトンボのように黒騎士に撃ち落とされていく。
空中で爆発しているので、当然パイロットが死んでいると思うんですが。
今まで学生ばかりという事もあり不自然なくらい死傷者が出なかった。
遂にここで一線超えちゃいましたね。

でもラストの山田先生の台詞に驚愕。
死傷者がゼロだったのが幸い。
死傷者ゼロ!?

軍のIS部隊が全滅したのに?
京都で大爆発が起こったのに?

もしかして民間人に死傷者ゼロという意味で、軍人の死者はカウントされてないんだろうか。
仮に100歩譲って撃墜時は無事だったとしても、その後生身で墜落したら死ぬでしょう。
しかも死者がゼロじゃなくて死傷者がゼロですからね。
怪我人すら一人も居なかったって一体どんな安全策講じていたんだろう。

is2-12-440.jpg

is2-12-627.jpg

is2-12-638.jpg

一夏安定のシスコン、そしてビッグマウス。
マドカの千冬への攻撃に対しすんでの所で駆けつけた一夏。
ここまでは主人公っぽいですね。
姉一人守れない弟なんて!
兄弟も守れないなんて、なら分かりますが敢えて「姉」というのが一夏らしいといえばらしい。

そして一夏は千冬からモノレールに爆弾が仕掛けられており、残り十分であると知らされる。
了解です、とっとと片付けて合流します!
そして10分後に爆弾は炸裂。
そんな…って一夏、お前知っていただろう。
残り時間を気にするシーンも無かったのにタイムアップで唖然ってなんだそりゃ。
爆弾のことを完全に忘れていたのか、
しかも呆然とした所を黒騎士に撃墜されてしまう。
また大口叩いて負けちゃうのか。

あと傍らにいつのまにか箒とセシリアが来てましたね。
何時来たのか全く分からなかった。
そんでもって一夏が攻撃される時に全く反応出来ないのはどうかと。

ニュータイプ空間キタ!でもっていつ抜けたんだ。
謎の空間で姉?とおぼしきIS乗りから殺されそうになる一夏。
現実で姉や友人たちが死にそうになってます。
…そう思ったら集結した箒達は亡国企業相手に善戦。
プロの軍人があっという間に殲滅されたのに数人の学生で何とかなっちゃうの。
最後は例によって一夏にオイシイ役割を託してくれる健気なヒロインたち。

ここに突然復帰する一夏。
さっき夢の中で殺されそうになっていたのはどうなった。
説明一切ありませんでしたね。
零落白夜でマドカを押しこむもののスコールの横槍で不発。
やっぱ最後まで決まらないのもお約束みたいです。
そんでもって今日はここまで、と亡国企業帰っちゃいました。
主人公が不利になると何故か敵が撤退してくれる。
なんか「機動戦士ガンダムAGE」を思い出しました。

is2-12-1104.jpg

is2-12-1150.jpg

is2-12-1257.jpg

そしてラストの風呂…短いよ!!
戦闘をAパートで終了にして後半はまるまるこれで良かったのでは。
何か前作のラストでも同じような事言った気がする。
お約束通り一夏が入っている所に手違いからヒロインがゾロゾロ来ちゃうという話です。
そして終了…ってエピローグ無いんですね。

一応束が出てきた当たりがそうなのかな。
そんでもって隣にまた新キャラが居ます。
まだ増えるのかな、そんでもって一夏に惚れちゃうのか。
流石に立場が違いそうだからそれは無いか、という所でおしまい。 

途中で倒したオータムはどうなった。
スコールとマドカは撤退しましたが、箒に倒されたオータムは放置でしょうか。
作中でついぞ説明ありませんでしたね。

二期も正直謎が謎のまま終わってしまったという印象です。
また新キャラの楯無姉妹に尺を取られて既存のヒロインの影が薄くなってしまいました。
そんでもってこの姉妹ですが…正直微妙でしたね。
読者人気を反映しシャルやラウラなどをもっと前面に出せばよかったのでは…と思いました。

そんでもって相変わらず戦闘シーンが微妙でした。
千冬は珍しく仕事した様に見えましたが、軍は瞬殺され電車の制御を回復したのは簪のお陰。
因みに生徒にクラッキングを指示する教師ってどうなんでしょうね。

公式サイト(IS2) / 公式サイト(IS) / ウィキペディア / 公式Twitter(#is_anime)

Powered by amaprop.net

【原作小説(オーバーラップ文庫)】

IS<インフィニット・ストラトス>1
IS<インフィニット・ストラトス>8巻DVD付特装版(オーバーラップ文庫)


【フィギュア】

IS <インフィニット・ストラトス> ねんどろいど 篠ノ之箒
IS <インフィニット・ストラトス> ねんどろいど セシリア・オルコット (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
IS [インフィニット・ストラトス] 篠ノ之箒 紅椿 (1/8スケール PVC製塗装済み完成品)



【Blu-ray】

IS <インフィニット・ストラトス> 第1巻 [Blu-ray]
IS <インフィニット・ストラトス> 第6巻 [Blu-ray]


IS<インフィニット・ストラトス> ワンオフ・フェスティバル [Blu-ray]
IS <インフィニット・ストラトス> アンコール『恋に焦がれる六重奏』 [Blu-ray]


【音楽関連】

TVアニメ IS<インフィニット・ストラトス>ボーカルベストアルバム


【原作小説(MJ文庫・廃盤)】

IS(インフィニット・ストラトス) (MF文庫J)
IS〈インフィニット・ストラトス〉 7 (MF文庫 J ゆ)


【コミカライズ版】

IS<インフィニット・ストラトス> 4
IS<インフィニット・ストラトス> 5 (アライブコミックス)


トラックバック(9)

トラックバックURL:
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/3392

悠遊自適 - (;゚Д゚)事後処理の山田 ~IS<インフィニット・ストラトス>2 第12話(最終回)「少女たちの展翅」~ (2013年12月20日 20:32)

  「死傷者ゼロ…、それが唯一の救いですねぇ」

真実悪路 - IS 〈インフィニット・ストラトス〉2 12話「少女たちの展翅」の感想 (2013年12月21日 13:24)

よそ見してたら負けたよ! 今期の木曜深夜は不甲斐ない主人公祭でもやってんのか異様な空気だと思ってますけど、 一夏の場合は最初から最後まで一貫して弱...

Little Colors - IS<インフィニットストラトス>2 第12話 「少女たちの展翅(ガールズ オーバー)」(最終回) 感想 (2013年12月21日 13:39)

 セシリアが可愛い、という『IS 2』最終話の感想です。

日々“是”精進! - 「IS<インフィニット・ストラトス>2」... (2013年12月21日 14:01)

  第12話「少女たちの展翅」(終)白式、力を――!マドカは一夏を倒し、千冬のもとへ向かう楯無はスコールとバトル!簪に、モノレールに爆弾が仕掛けられている...

動画共有アニメニュース - IS<インフィニット・ストラトス>2  ~ 第12話 少女たちの展翅(ガールズ・オーバー) (2013年12月21日 14:03)

IS<インフィニット・ストラトス>2 第1話 ~ 第12話 少女たちの展翅(ガールズ・オーバー) 「世界で唯一ISを使える男」である一夏は、彼以外...

いま、お茶いれますね - IS〈インフィニット・ストラトス〉2 第12話(終)「少女たちの展翅(ガールズ・オーバー)」 (2013年12月21日 18:02)

第12話(終)「少女たちの展翅(ガールズ・オーバー)」 重要文化財だらけの京都でドンパチ。 IS学園は京都市から訴えられたら賠償金払えるんだろ...

明善的な見方 - IS~インフィニット・ストラトス~2 最終回少女たちの展翅」 (2013年12月21日 21:00)

IS2 Vol.2 [Blu-ray]『白式、もう少しだけ俺に力を』 原作:弓弦イズル キャラクター原案:okiura、CHOCO 監督:菊地康...

フレイグ - IS<インフィニット・ストラトス>2 12話「少女たちの展翅」 (2013年12月22日 00:37)

腋腋カーニバル  

ぐ~たらにっき - IS <インフィニット・ストラトス> 2 #12 最終回 (2014年1月 3日 19:28)

『少女たちの展翅』

コメント(4)

・“自衛行為”と“戦争”だからこそ許される


生徒にクラッキングを指示したのはこれが戦争だからです。最悪の場合、民間人にも犠牲者が出る可能性すらあったので簪が直ぐにシステム掌握に乗りだしたのもこのため。ここら辺の思考までたどり着くのは日本の暗部を司る更識家の一員ならでは、前回会長が京都まで乗り込んだ時に簪はピンときたかもしれませんね。

(私から言わせると修学旅行の帰りに新幹線ジャックされた某闘う高校生達よりは状況はマシ)

A.I.C(慣性重力制御システム)で爆風を封じたのはISならでは。


会長も今回ばかりは鴨川(?)に落下するほど苦戦しましたがこんな事があろうかと持ち込んだのは対ISライフル(?)……ネルフのヤジマ作戦宛らの狙撃でスコールに一矢報いた!

これでもリヴァイブ系のオプションにあるクアッドガトリングパッケージよりは可愛い方だよ……通常兵器の25口径七砲身ガトリング砲が四門に樽型弾倉に管制システムを搭載、余りにも四基のガトリング砲の反動制御とユニットの重量で動く事は出来ないがISの絶対防御さえも飽和させるの攻撃力はプロでも恐怖。この兵器は原作通りならOVAで登場して勝利の鍵になります。

・文化財は


大損傷を受けたのは町屋(数軒?)ですからここら辺は再建されるでしょうね……ただ、一夏達がおんせん楽しんでいる時から関係省庁の負けられない戦い(=交渉)が始まってます(笑)、主に文部科学省と防衛省が……。

・オータムは?


そりゃあ彼女はISコアを抜いて生身で逃げるでしょうね……ファントムタクスの全容は明らかになってませんが協力者やバックアップの存在しても不思議ではありません。それか軍の部隊が取り囲んでいるかな……。

・金閣寺に居たクーちゃんとは


EDでおもっきりネタばらししているのはOVAのワールドパージ編で彼女の素性が分かるから……原作通りならね、織斑先生はクーちゃんの事を知ってますし素性も知っているから。黒騎士の事も知っていたと言う事は……。


クロエ.クロニクルはあるキャラの姉妹ですが……。

・温泉のれんテロ


従業員、GJ……この後湯当たりした一夏の介抱を巡ってゴングが鳴る(笑)

・ワールドパージ編がOVAになった理由。


メインヒロイン五名の乙女の妄想が二次元ドリームノベル(18禁のライトノベル)並にエロい訳で……原作8巻のカラー挿絵を見ればOVAになった理由が分かります。

トラックバックです。IS<インフィニット・ストラトス>2 最終回第12話『織斑マドカとの戦い!!』感想
少女たちの展翅(ガールズ・オーバー)。もう最終回ですが、ぶらり京都旅という名の現実逃避がありましたが伏線回収という名の大仕事が残されてます。まさか脚本家も夢オチとか第三期に続くから、とかそんな逃げ口上は・・・まさかー!!(;゚Д゚)

トラックバックありがとうございます。
返信がエラーとなるのでコメントで失礼します。

IS <インフィニット・ストラトス> 2 第12話(終) 『少女たちの展翅(ガールズ・オーバー)』
http://hibianime.jp/is2nd12last

死傷者ゼロて…
オータム生きてんのか!
それはそれで好きなキャラだからいいとして放置て…

コメントする

Twitter

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ

Powered by amaprop.net

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

2016 春アニメ

Powered by amaprop.net