2011年2期の最近のブログ記事

鬼の角川価格。
第12巻(最終巻)発売からおよそ半年でまさかのBOX化、早いですね。
恐らくは以下の事情によるものと思われます。
GOSICK─ゴシック─のBD発売がアナウンスされた時大きな話題となりました。

・全2クールで各巻2話収録、全12巻。
・1巻あたりの値段は定価9,240円。
・つまり全巻購入すると9,240×12=110,880円。

他社より高額と言われる「角川価格」で最高ランクのお値段。
2クールにも関わらず2話ずつ収録で巻数が多い。
結果まさかの定価10万超え。
欲しいけど高すぎて買えないという悲鳴がAMAZONレビューに殺到しました。

流石に拙いと思ったんじゃないでしょうか。
それがこの早さでのBOX化かと。
以下AMAZONの説明です。 


直木賞作家・桜庭一樹原作のゴシック・ミステリをアニメ化。
20世紀初頭、第一次世界大戦後のヨーロッパ、小国ソヴュールの名門・聖マルグリット学園に久城一弥という東洋人が留学してきた。
何故か死神として学園内で嫌われる久城だったが、ある日、図書館の最上階で大量の書物と共に過ごす不思議な美少女・ヴィクトリカと出会う。
全24話を収録。

◆特典
豪華特典(1)
川元利浩描き下ろしイラストBOX
キャラクターデザイン・川元利浩の描き下ろしイラストを全面に使用した豪華収納BOX
豪華特典(2)
ブックレット GOSICKアートコレクション豪華版
大増ページをした100ページ超の豪華ブックレット。
名シーンを集めた絵コンテ集や美術設定、キャラクター紹介など読みごたえたっぷり! !
豪華特典(3)
富岡隆司描き下ろしジャケット
2枚の収納ケースを飾るのはキャラクターデザイン・総作画監督:富岡隆司の描き下ろしジャケット
豪華特典(4)
スペシャルドラマCD<復刻版>
オリジナルドラマCD
「金髪の少女は金色の妖精を追う」「もう一人の風邪ひきは受難に苛まれる」「混沌のフリルは死神の音が紐解く」「夏から遠ざかる列車」
の全4編を1枚に収録
豪華特典(5)
ヴィクトリカ役:悠木 碧 × 久城一弥役:江口拓也 × 監督:難波日登志による最終話オーディオコメンタリー
当時のエピソードなども交えて感動の最終話を語りつくす!
映像特典:PV番宣集、CM集、ノンクレジットOP/ED等の映像特典!

*特典内容・仕様などは変更する可能性もございます。あらかじめご了承ください。

これで再評価が進めば万々歳。
値段も定価39,900円、AMAZONで28%OFFの28,654円と旧来の1/3~1/4近くまで安くなった。
これで手が出なかった多くの人が買うことが出来る。
GOSICK─ゴシック─というアニメ自体は非常に面白かっただけに有難い限りです。
なお、をごらん下さい。

かいつまんだ紹介。
ヨーロッパの架空の国・ソビュールに留学してきた久城一弥。
春来る死神というオカルトのせいで友人ができずに苦労していた彼は図書館の頂上で人形のような少女・ヴィクトリカと出会う。

なし崩し的に彼女の友人兼助手として様々な謎に挑む久城。
やがて戦争の足音が近づいてきて、ヴィクトリカの出生の秘密も明らかになっていく。
最近のアニメでは珍しく、様々な伏線を回収したうえでキッチリ完結しています。
ラストは感動です。

またBD-BOX発売にあわせ、公式サイトでキャンペーンをやっています。
そちらもお見逃しなく。 

【参考】
公式サイト>>GOSICK Blu-ray BOX発売決定!
公式サイト>>Blu-ray BOX発売記念!「金色の妖精は再び夢をみる」壁紙プレゼントキャンペーン開催! 

公式サイトウィキペディア


参考記事
公式サイト

句点「。」がプラス。
第1期タイトル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
第2期タイトル「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」
となっていますが、無理に一期と二期で別なタイトルにしなくても。
区切りが付くと、見るの止めちゃう人も居るんじゃなかろうか。 
普通に「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の第16話からスタートで良い気がします。

エンディングテーマ曲募集!に重大なヒントが。
公式サイト>エンディングテーマ曲募集! 
第1期同様、エンディングテーマをプロアマ問わず募集しています。
そしてこの募集に関わるQ&Aに重大なヒントが隠されている。

Q:採用結果はいつわかりますか?
A:採用結果は、11月15日(月)までに採用者へ通知するぜ!(京介アイコン)

つまり放送は最速でも2013年1月からの模様。
あと賞金が前回10万円だったらしいのですが、11万円に増額されています。
それでも作曲するにしては安い気がするのですが、採用数が多いからというのもあるでしょう。
因みに前期では全16曲が採用されています。
全15話で毎回1曲ずつ使い、TV版の12話とWEB版の12話では違う曲を使ったためです。

2期に期待すること。
1期では桐乃の心情描写や地の文が削られている印象があり、
原作以上に性格が悪く見えました。
そこらへんをもうちょっと原作テイストに修正してくれると嬉しいですね。 
あとは付け足しはしても改変はナシでお願い…と言いたいですが、大幅に改変した伊織さんは修正しようが無いか。 

加えて沙織の正体でしょうか。
1期で多少は素の生活描写が出ていましたが、こちらにも期待したい所です。

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメ(#oreimo) ・ ゲームきりりん黒猫


関連記事
俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル続 第3弾PV(YouTube)

もうすぐ発売ですが。
宣伝に余念がありませんね。 
そんな俺妹ゲーム続編の第3弾PVですが…。
妹たちが彼女だったら。
のっけから飛ばしてます。

oreimogame2-pv3-9c.jpg

新キャラも居るけど。
赤城瀬菜や槇島香織(バジーナ姉)も良いですが、
個人的にビックリしたのが真奈美。
髪が長くなっておそらくコンタクトにした彼女、
桐乃に似てないか。
髪の色とか合わせたらもっと似そう。

そういや桐乃って髪染めてると思うんですが、地毛は何色なんだろう。
やっぱり母と同じ赤っぽい色なんでしょうか。
いよいよ発売まで半月弱です。 

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメ(#oreimo) ・ ゲームきりりん黒猫


AMAZONで取り扱い開始。
発売まで1ヶ月切ってもジャケット写真はおろか予約受付すら無い。
AMAZONどうしちゃったのと思ってましたが、ようやくラインナップに追加されました。
以前書いた記事は以下の通りです。
▼記事▼:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』原作第10巻が4月10日発売。
▼記事▼:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第二期アニメ化。
繰り返しになりますが、ストーリー概要は以下の通りです。 

黒猫vsあやせ!? 意外な組み合せに注目な人気シリーズ最新刊!
あのバカがしばらく一人暮らしをすることになった。
受験勉強に集中するためってのと、あとひとつ、
お母さんが最近あたしと京介の仲がよすぎることを変に疑ってるらしい……。
あたしと京介がそんな関係に──なんて、あるわけないじゃん!

で、まあ、責任の一端は、ちょっとだけあたしに……あるみたいだし、
あいつもどうせコンビニのお弁当とかばっか食べそうだし、
仕方ないから、あたしが面倒見てあげようかと思ったんだけど……。

ちょっとあんたたち、なに勝手に京介の家で引越し祝いパーティ開こうとしてんの!? 
発案者の地味子はいいとして、黒いのに沙織に、あやせに……加奈子まで! 
ていうか、あんたたち知り合いだったの!? 
えっ? 地味子と仲直り? そんなのあとあと! 
あーもー、ひなちゃんは言うこと聞かないし! こんなんじゃ京介が勉強に集中できないじゃん!

どう見ても新妻。
ジャケットで京介が着ているのは高校の制服なんですが、仕事帰りのサラリーマンに見えなくもない。
そんな旦那を自慢の料理でもてなそうとする新妻・桐乃に見えてしまう。
母の懸念が現実のものになりそう。
京介の理性は大丈夫なのか、何とも気になる展開になりそうです。 

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメゲームきりりん黒猫

花咲くいろは 9 [Blu-ray]


3月21日にBlu-ray最終9巻が発売された花咲くいろは。
その直後に公式サイトで新作「HOME SWEET HOME」の告知がなされました。

公式サイト
公式サイト>花咲くいろは HOME SWEET HOME 制作快調! 
公式ブログ>最終9巻いよいよ発売、そして...。

OVAなの?
ネットではそんな話も聞きますが、現状これが何なのかよく分かりません。
何れにしろ新作アニメだとは思います。
まだ一枚絵しか出ていないので内容も不明。
絵から想像するに結名が仲居の服を着てるってことは、彼女が喜翆荘で働く話なんでしょうか。

他に気になるのはいつの話かってことです。
個人的には後日談希望。
しかしラストで喜翆荘は閉じて全員バラバラになっちゃってます。
劇中のX話ってセンが強いかもしれません。

何にせよまだ花咲くいろはは終わらないみたいです。
続報を待ちましょう。 

公式サイト / ウィキペディア

前々から話は出ていましたが、遂に公式で発表。
電撃文庫公式サイト
電撃文庫公式サイト>来月の新刊
あらすじも来ていますね。 

黒猫vsあやせ!? 意外な組み合せに注目な人気シリーズ最新刊!
あのバカがしばらく一人暮らしをすることになった。
受験勉強に集中するためってのと、あとひとつ、
お母さんが最近あたしと京介の仲がよすぎることを変に疑ってるらしい……。
あたしと京介がそんな関係に──なんて、あるわけないじゃん!

で、まあ、責任の一端は、ちょっとだけあたしに……あるみたいだし、
あいつもどうせコンビニのお弁当とかばっか食べそうだし、
仕方ないから、あたしが面倒見てあげようかと思ったんだけど……。

ちょっとあんたたち、なに勝手に京介の家で引越し祝いパーティ開こうとしてんの!? 
発案者の地味子はいいとして、黒いのに沙織に、あやせに……加奈子まで! 
ていうか、あんたたち知り合いだったの!? 
えっ? 地味子と仲直り? そんなのあとあと! 
あーもー、ひなちゃんは言うこと聞かないし! こんなんじゃ京介が勉強に集中できないじゃん!

そりゃ母ちゃんも疑うわ!
まるで世話女房ですもんね。
しかし受験のために一人暮らしって・・・身の回りのこと全部一人でやらなきゃならない。
ハッキリ言って効率は落ちるor汚部屋になる。
増して京介は初めての一人暮らし、家事に手間を取られるのが眼に見えてますね。

多分ひっきりなしに「お世話します!」 って様々なヒロインがやってきて手伝ってくれるんでしょう。
それが面白くない桐乃まで通いつめ、半ば通い妻と化す。
親から見れば余計拙い事になるんじゃないのかな。
そう思いながらもニヤニヤしながら待つことにします。 


俺の後輩がこんなに可愛いわけがない(1)特装版が5月26日発売。
黒猫が主人公のスピンオフ漫画が発売します。
特装版ということでにいてんご黒猫“白猫”フィギュアが付属するそうです。 

俺の後輩がこんなに可愛いわけがない(1)特装版
【漫画】『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』第1巻「にいてんご白猫」付特装版が5月26日発売!
黒猫視点の俺妹コミカライズ1巻に、にいてんご黒猫“白猫”Ver.が同梱

こちらも楽しみですね。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない (初回特装版)


ゲーム「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」発売延期。
2012年3月29日→2012年5月17日に発売日変更。

ゲーム公式サイト
ゲーム公式サイト>発売日変更のお知らせ
PSP「俺の妹ポータブル」続編が発売延期に

これはどうしたんでしょう。
理由は「クオリティアップの為」という汎用的なもの。
バンド解散の「音楽性の違い」ぐらい内容がありません。

前作というリソースがありますので、技術的な問題はあまり無いと思うのですが・・・。
単に材料が出荷分確保出来なかったんじゃないか。
というのが個人的な推測です。
何にせよ1ヶ月半の辛抱ということで、予約した人はもう少し我慢です。

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメゲームきりりん黒猫

GOSICK-ゴシック-BD版 第12巻 [Blu-ray]


足掛け1年以上。
こちらアニメ放送開始したのが2011年1月。
BD/DVD第1巻の発売は5月10日。
およそ1年以上を掛けて遂に『GOSICK─ゴシック─』 最終第12巻が3月30日に発売されます。
まだ全部出てなかったの!?
と驚いたのですが、理由があります。

マラソン完走する奴が居るのか・・・?
まず2クールにも関わらず、全て2話収録で全24話。
つまりBD/DVDで12巻という小分けっぷりが話題となりました。

次にこちら一本あたりの価格がBDで定価9,240円。
所謂角川価格と呼ばれる高額設定の中でも一番高い値段が付いています。
巻数が多い上、値段が高い。
単純計算で9,240×12=110,880円。
高い、あまりにも高い。
アマゾンのレビューでも「好きだけど高過ぎて買えない」という声が多いです。

アニメのBD/DVDを全巻購入することを「マラソン」、購入し切る事を「完走」と言います。
社会人であれば10万は出せない金額ではないでしょう。
アニメの価格設定としてこれはどうよという話です。

『GOSICK-ゴシック-』BDが角川価格(9240円)で全12巻のマラソンか・・・完走できる人はどれくらいいるんだ?
【BD】GOSICK―ゴシック―のBlu-rayが高いと話題に・・・

これらの記事を覚えている人も多いでしょう。

gosick-1-744.jpg

お話は安楽椅子探偵もの→やがて国家の重大事へ。
舞台は20世紀初頭、ヨーロッパの架空の小国「ソビュール」を舞台にした探偵もの。
金髪の妖精と言われるほど可愛らしい反面クチの悪い少女ヴィクトリカ。
日本からやってきたちょっと(ちょっとか?)KYな留学生久城。
この二人が様々な事件を解決していきます。

やがて二人はヴィクトリカの出生にまつわる秘密。
王国のスキャンダル。
それらに端を発した戦争に巻き込まれていく。

最初はとにかくヴィクトリカが可愛い。
見た目はかなり小柄で長い金髪をたなびかせたゴスロリ少女。
まるで人形化か妖精の様だ、と言われる美しさ。
本人は背が低い事と胸が無いことを気にしているみたいですが。

尋常じゃない頭脳の持ち主で学園から一歩もでないにも関わらず、
助手の久城がもたらした情報だけで事件を解決してしまう。
事件は現場で起こってるんだ!
という「踊る捜査線」の青島刑事と真逆の安楽椅子探偵です。

でもいくら態度が尊大でも所詮は子供。
頭は良いですが体力はからっきし、加えて無駄によく転びます。
お菓子が大好きでいつも久城が何か持ってこないかと期待している。
無論極力顔には出しませんが、まる分かりです。
その様がひまわりの種を欲しがるリスみたいに可愛い。 

gosick-1-1152c.jpg

ヴィクトリカの秘密と戦争の影。
当初彼女は面倒臭がって外に出ないと思ってた。
実は彼女、実の父からこの学校に監禁されていた事が判明。
出ないのじゃなくて出られない。
外出する際は実の兄である刑事グレヴィールの許可が必要。
何故彼女は不自由を強いられるのか。
更に彼女の父ブロワ公爵の目的は。
やがて第二次世界大戦(史実とは時期も内容も違う)となり、二人は離れ離れになってしまう。

こちら「とらドラ!」同様アニメ放送中に原作が完結。
その原作は全8巻(8巻が前後編に分かれており実質9冊)でアニメは2クール全24話。
多少端折りはありますが、ラストまで出来る状態となってました。
よってアニメも完結まで描かれています。 

一緒に時間を過ごす内に離れがたい仲となっていくヴィクトリカと久城。
特にヴィクトリカはサブヒロインのアヴリルが登場してからかなり対抗心燃やしてました。
これが微笑ましくもあったのです。

しかし状況がそれを許さず二人は引き裂かれてしまう。
再会を信じて必死に激動の時代を生き延びようとする二人。
ラストシーンは感動します。

gosick-19-288.jpg

是非廉価版BOXの発売を。
綺麗に最後まで描かれた作品で好きなのですが、如何せん高すぎる。
値段で二の足を踏んでいる人も多いはずです。
最終巻が今月末に出るわけで直ぐは無理でしょうが、全話収録・お値段お得なBD-BOXを発売してくれないものでしょうか。

コミカライズ版は連載中。
アニメ各話の感想はこちらをご覧下さい。
またコミカライズ版はまだ連載中で現在第7巻まで出ています。
こちら原作に忠実らしいので、小説版はちょっと・・・という人に向いています。 

公式サイトウィキペディア


ようやっとジャケットが出た。
公式サイトでは未だ情報が出てませんが、AMAZONでジャケットのデザインが来ました。
一瞬織部が牢にブチ込まれたのかと思った。 
茶室の向こうから見ているという構図みたいです。

昨年4月から放送開始した「へうげもの」が1月で全39話を消化。
アニメからおよそ1年近くたってのBlu-ray化になります。
正直、もっと早く出して欲しかった。
NHKは再放送中心でBD/DVDにはあまり興味ないんですかね。 

個人的2012年NO.1アニメ。
へうげもの 全39話を見終わっての感想。
こちらでも述べていますが私の中で今年最高だったアニメは既にへうげもので決まっています。
最高のアニメの一つに入れても良い出来。
そう思っているからです。
因みに私が最高のアニメだと思っているのは、

・無敵超人ザンボット3
・銀河英雄伝説
・学園戦記ムリョウ

この3つであり、ようやく4つ目が来たという感じです。
どれもブログに書いていないじゃないかと言われそうですが、これらは思い入れがあり過ぎて纏まらないんです。
いつか書きたいとは思いますので、期待しないでお待ちください。

みどころ。
戦国時代を扱った作品はドラマや漫画、アニメを問わず多数に登ります。
日本の歴史で戦国時代と幕末は鉄板。
それだけに当初は「またかよ」という印象しかなかった。

しかし単なる戦争ものではなく茶道と数寄(道楽)に焦点が当たっている事。
更に古田織部というこのアニメを見るまで殆ど知らなかった人物を扱っている。
そこに興味を惹かれて見始めたわけです。

・前半の物欲と出世欲丸出しの下衆い「古田左介」
・後半の出世して人間的にも大きく成長した「古田織部」
・全体を通しての「千利休」の生き様。

これらにすっかり魅了されてしまった。
特に千利休はもうお前が主人公だろ!と言いたいぐらい話の根幹に座っている。 
最後は織部より利休に見入ってしまうほど入れ込んでました。

聖人君子でも純粋でもない。
普通大河ドラマの主人公になった武将などは、やたら美化して書かれる傾向が多いです。
特に不満なのが、現代の価値観で「良い人」にされてしまいがちな事。
戦争はいけない、人殺しはよくない。
これ自体は昔も今も変わりませんが、敵に攻められてもあくまで平和第一に行動してしまう。
殴られてもニコニコ笑って金を差し出すという現代日本の外交みたい。 

やられたらやり返すのが当たり前、負けたら一族郎党皆殺しだから必死。
ちゃんと当時の価値観で描いてくれるのが嬉しい。
ホントはこんな事で喜ぶという状況がダメなんですがね。 

更に戦争はするし人も殺すけどそれは大いなる目的のため。
あくまで小を殺して大をなすために行動したのである。
織田信長などはそう描かれることが多いですね。
だから苛烈な所も已む無しという訳です。

序盤の古田織部にはそんなの関係ありません。
織田家直臣ではあるものの、使い番(要するにパシリ)みたいな地位に甘んじている。
当時で30歳を超えた年齢ながら城はおろか普代の家臣さえろくすっぽ居ない有様。
出世して一国一城の主を目指すという目標はもちろんあります。
しかしそれ以上に茶道具や数寄に目を奪われている俗物です。

上司への貢物をパクったり、偽物の茶器で降伏を促し出世の足がかりとする。
更には「保護」を約束した姫との約束を「反故」にするなどの卑怯三昧。
こんな戦国武将見たこと無い。
いや一杯居たとは思いますが、物語の主人公としては居なかった。

茶の湯を取るか、武家の本分を全うするか。 
いつもその間でフラフラしていた印象があります。 
そしてそれが見ていて楽しい。
左介って本当に碌でもないよな。
そう思いながら惹かれてしまうんです。

後半の成長ぶりにも違和感なし。
セコイ手も使って出世やコネづくり、物欲を満たしていく左介改め織部。
しかし後半からは段々と肝が座ってきてどんどん大物の風格を醸しだしていく。
千利休に認められたい。
そう思って行動してきた彼ですが、そのうち独自の道を模索する様になる。
やがて「古田織部の様になりたい」という人が現れ、自分が他者から目標とされる存在になっていく。

そして秀吉と利休の亀裂に心を痛めていくことになる。
君主としての秀吉、師匠としての利休。
自分はどちらに肩入れすべきなのだろうか。
そんな板挟みの状況にも追い込まれていきます。 

己の道を突き進む千利休。
侘びの大家・茶人として後世に名を残す千利休。
へうげものでは大名もかくやという野心家として描かれています。
己の道を極めるためにはあらゆる手段を惜しまない。
先に挙げた「純粋主人公」はむしろ利休にこそ相応しい。

作中ではとある重大事の黒幕であり、その目的は己の数寄を世に知らしめんが為。
秀吉とは二人三脚で政治と文化を支配してくわけですが、段々と両者に溝ができてしまう。
しかし利休は頭を下げません。
或いは下げても決して自説は曲げない。
終いには公然と秀吉を批判することも厭わない。

弟子の織部が自重を促しても聞くはずもありません。
・明智光秀を死に追いやった自分が許せない。
・弟子の山上宗二を死に追いやった秀吉が許せない。

死ぬことと見つけたりな状態になっていく様が物凄い。

もうちょっと安くして。
この様に魅力満載なへうげもの。
・時代劇なんて古臭い。
・萌え全盛にこのキャラデザはない。
・女キャラで可愛い子登場しないの?

関係ありません。
クラシック音楽然り、普遍的な名作は何時の時代でも変わらぬ価値観を持ち得ます。

10年後でも20年後でもへうげものは忘れ去られること無く評価される。
そう確信しています。
少なくとも自分は見ているでしょう。

そんなへうげものの泣き所を言うとBOXの値段です。
こちらBOX-Iになります。
へうげものは3クール、そしてBOX-1は1クール。
つまり後2つ、全部でBOXは3セットになる。

定価約35,000円×3=105,000円。

アニメ一つに10万出せる人は稀です。
NHKは受信料収入があります。
また他局ほどBlu-rayで稼ぐことに熱心というわけでもないご様子。
せめて1BOX一万円に出来なかったのか。
そこだけが惜しまれる所です。

へうげもの Blu-ray BOX 1(Blu-ray Disc)
へうげもの(1-14) (モーニング KC)

公式サイトウィキペディア

denpagirl-13-341b.jpg

ようやく来ました第13話。
東日本大震災の為に一週休みとなった為、放送されなかった話です。
最初からTV未放送・BD/DVD収録じゃなくて、放送する筈がポシャったという珍しいケース。 
その為TV放送は尻切れトンボ状態。
この教訓があったのか、後番組の「緋弾のアリア」「まよチキ!」は最終話を余話にしてリスク回避してました。

天災ですからその時放送されないのは仕方ありません。
しかし残り一話で半年以上も待たせなくても良いじゃないですか。
野球終わってさあ夏祭り、ヒロインの浴衣が見られるぞ!!
ここから七ヶ月ですからね。
どこかで空きを作って放送していれば嬉しかったんですが。

愚痴はこのぐらいにして。
さて中身を見ていきましょう。
BD/DVD製品版ということで作画は大変良好です。
冒頭から簀巻きエリオが登場し「電波女だなあ」と懐かしい気分にさせられます。
相変わらず舌っ足らずな喋り方と仕草が異常に可愛いです。
4話以降電波と言うよりはちょっと天然な女の子になったので、良い意味でアクが抜けてます。

そして一番気になるのが、真は誰と夏祭りに行くのかという事です。
前川さんは出店があるので自動的に外れます。
どうやらエリオは女々さんと行くらしい、真はリュウシさんと二人で夏祭りです。
そんな訳で浴衣リュウシ登場ですが、何故かヘルメット装着というのが何かシュール。

電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫) [文庫]

真は鬼か。
途中で前川さんと会ったりしつつ、楽しい時間を過ごす真とリュウシ。
しかしこの後どうするかという段階で、
「ゴメン、この後予定があるんだ」デートを強制終了させてしまう真。

事前に予定があると伝えているなら分かります。
当日になって時間切れ終了とか舐めてんのか。
リュウシさんは夜も更けて二人でいい雰囲気になるのを期待していた筈です。
これはあまりにも不誠実。

くどくどしい独白に加え「青春男」の癖にぞんざいな対応。
ここまで来ると鈍いんじゃなくて無神経ですよね。
主人公がダメ過ぎ、というか何故モテるのか全く分かりません。
見た感じそんな美形にも見えないのですが、いい男設定だったんでしょうか。

denpagirl-13-825b.jpg

真への怒りは置いといて。
向かった先は神社の境内、そしてエリオがそこに居ました。
明らかにデートのダブルブッキングですが、本人に自覚ありませんね。
白のワンピースが透け透けです。
まったくあざとい、でも分かってても見入ってしまいます。

そして二人で星を見てこれまた良い雰囲気。
やはり本命はエリオか。
そう思ったら社登場。
相変わらずどこにでも湧いてくる自称宇宙人にして超能力者。

メテオ本当に使えたんだ。
例によって頼まれもしないのに能力を見せると五月蝿い。
いちおう超常的な現象が使えるのは分かっています。
しかしあくまで超能力者、宇宙人かどうかは微妙なところです。

そして真に下がるよう言うと、さっきまで立っていた場所に隕石を落としてきた。
鳥居は砕け散り、境内が滅茶苦茶です。
そして社は消えていた。
器物破損の現行犯でトンズラでしょうか。
真とエリオもとばっちりが嫌で逃亡。
ただ隕石はちゃんと拾ってきています。
物凄く熱かったと思うのですが、どうやって持ってきたんだろう。

多少は超常現象について調べる真ですが、答えが出るはずもなく挫折。
とりあず今日もエリオと天体観測、というところでおしまいです。 

denpagirl-13-521.jpg

パッケージ浴衣なのに。
実際着たののリュウシさんだけでしたね。
エリオのすけすけワンピースはこれはこれで良かった。
でも鰻のコスプレしていた前川さんは風情もくそもありません。
というか虚弱体質なのに真夏に着ぐるみ着て鰻焼いているとか意外とタフ。
あと前川さんってショートにした「僕は友達が少ない」の三日月夜空そっくりですね。

キャラクターが売りのアニメは多々あります。
その中でも「電波女と青春男」はとにかく異常なまでに可愛かった。
キャラだけと言われようが、そのキャラ力が尋常じゃない。
このデザインのまま、続編を作ってくれると嬉しいですね。

電波女と青春男 7(完全生産限定版) [Blu-ray]

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)


長かった・・・。
東日本大震災の影響で全13話予定が12話に短縮。
その為「草野球のあと夏祭り」の予定が野球で終わってしまい尻切れトンボになってしまった。
そんな「電波女と青春男」の最終話がようやく見られます。

この影響なのか同じ時間帯の後番組である「緋弾のアリア」「まよチキ!」は全13話構成ながら本編が12話で終わり。
残りは余話として放送してもしなくても困らないよう構成が変わっていましたね。

そもそものリリースが遅い。
アニメが終わったのが6月。
そしてBD/DVDの発売が翌年2月。
想定外の事態とは言え七ヶ月以上待たされるのはさすがにキツイ。
元々BD/DVDのリリースって時間がかかり過ぎだと思います。
1クールアニメなら次のクール以内(3ヶ月)に発売しないと忘れられそうです。

今年1月から始まったアニメのBD/DVD第1巻が発売されるのは大体3月下旬。
まずこれが遅い。2月下旬には発売して欲しい。
ブームが去って飽きられたりする「機会損失」も馬鹿にならないと思うのですがどうでしょうか。

超絶キャラアニメ。
気を取り直して、この「電波女と青春男」の特徴はキャラクターが可愛いという事です。
そんなのライトノベルじゃ当たり前だろう、という人も居るでしょう。
可愛いじゃなくて「超絶」可愛いんです。
原作で挿絵を担当している「ブリキ」はトップ絵師という評価を得ています。
【このライトノベルがすごい! 2012】作品&人気キャラ&絵師ランキング発表
こちらで見事1位を獲得している。

原作絵に人気があるというのは、アニメスタッフにとってプレッシャーになります。
原作イラストの再現度はどうなっているのか。
当然ここが問題になるからです。

個人作業であるイラストレーターと集団作業であるアニメスタッフの絵を同列に論じるのはナンセンス。
だからと言って似ても似つかぬキャラクターを出せばブーイングの嵐です。
ライトノベルは絵で売れているんだろう。
この側面は否定できません、表紙で手に取って貰えるかどうかが決まりますので。

電波女と青春男〈8〉 (電撃文庫) [文庫]

キャラクターデザイン:西田亜沙子。
ライトノベルがアニメになったらキャラクターが全然違ってた。
例えば「紅-kurenai-」などがそんな感じです。
人気があって再現が難しそうな絵を中途半端に再現するより、まるっきり変えたほうが楽ではあります。
しかし電波女と青春男のキャラクターデザイナーはやってくれました。

人気絵師の絵柄をアニメではこれ以上不可能というレベルで再現。
キャラクターが可愛ければいい、なんてアニメも沢山あります。
キャラクターが可愛すぎて他がどうでも良くなる。
このレベルにまで引き上げてしまったデザイナー・西田亜沙子の力量は素晴らしいの一言。

とにかくエリオ始めキャラクターの表情・声・仕草が可愛過ぎる。
どちらかと言えば脚本重視な自分もこのアニメは完璧にキャラ目的で見ていました。

はがないの憂鬱。
そしてこのキャラクターデザインによってワリを食った?可能性があるのが「僕は友達が少ない(略称:はがない)」です。こちらも原作の挿絵は電波女と青春男と同じブリキ。
ライトノベルとしての売上ははるかに上でありMF文庫の最終兵器とも言われる大ヒット作品です。
それが初めてアニメのキービジュアルが発表された時にあまり評判が良くなかった。
電波女に比べると見劣りする。
視聴者のハードルが上がってしまった為の悲劇です。

その後キービジュアルは段々と良くなって行きましたが、それでも電波女のデザインには及ばないという評価が大半。
半年前に電波女がやってなければアニメなんだからこれでOKで片付いていたと思います。 

同じ西田亜沙子に頼めば良かったと思うのですが、電波女のデザインが評価されたのは時期的にはがないのスタッフが決まった後でしょう。
次にはがないの続編を作る時は、是非お願いするのが吉でしょうね。

電波女と青春男 7(完全生産限定版) [Blu-ray]

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)

へうげもの Blu-ray BOX 1(Blu-ray Disc)

2011年最高のアニメは何か。
売り上げで言えば「魔法少女まどか☆マギカ」や「IS」でしょうか。
或いは劇場版を入れれば「けいおん!」 と言う人が多いかもしれません。
私にとって2011年最高のアニメはへうげものでした。
最も完結してなかったのでランキング等では名前を入れていません。

翌年1月に完結とテレビ業界の番組編成として異色だったのは、NHKのアニメだからでしょう。
そんな訳で2012年最高のアニメはへうげものです。
今年まだ11ヶ月もありますが、関係ありません。
こういうタイプのアニメはそうそう作られないので、ここで決めちゃっても大丈夫だと思います。

虚実織りまぜた見事な歴史物。
このアニメはフィクションにて候。
冒頭で繰り返し述べられた様に、へうげものはフィクションです。
でも最近の大河ドラマに見られる露骨なフィクションがない。
黙って見てたらこれ史実なのかフィクションなのか分からないぐらい上手くフィットしています。

当時ど田舎だった江戸の町で木が七本立っていた。
地名がないというので織部が考えたのは安直な「七本木」という名称。
しかし高札を立てるために由来となった七本木の一本が切り倒されてしまう。
これが六本木の由来である。
・・・調べないとウソが混じってるとか分かりませんよね。

また利休切腹に対し、三成の入れ知恵で介錯役が蒔田淡路守から織部に交代。
より利休に近しいものに介錯させる事で、利休を慕う大名の不満や謀反気をそらす。
こちら史実では当初の蒔田が介錯していますが、どっちが本当かと言われても分かりにくい。

これが最近の大河ドラマだと明らかにおかしい改変があったりしますよね。
主人公が物理的な距離や身分を超越してどこにでも出現。
歴史の重要時には必ず関わっていた、或いはキーマンだった様な描写が多いです。
大河ドラマ「功名が辻」は好きですが、千代のスーパーウーマンっぷりには何度も苦笑させられました。

へうげもの(1-14) (モーニング KC)

田中信夫の熱演。
男性の、それも大ベテランと呼ばれる大御所声優を惜しげもなく使っているのも特徴です。
特に田中信夫。
TVチャンピオンのナレーターやジョジョの奇妙な冒険のDIO役でも知られています。

そんな田中信夫が演じた千利休が素晴らしかった。
特に中盤からは主人公は利休じゃないかと思えるほど話の中心に座っている。
詫びの為なら支配者の命さえも奪う。
善悪を超越したその強固な意思にすっかり魅了されてしまいました。

田中信夫といえばこの役。
そして川口浩探検隊シリーズや徳川埋蔵金シリーズという怪しさ大爆発番組のナレーションもしていました。 
田中信夫の声を聞くと全てが胡散臭く聞こえてくる。
なんて思った時もありましたね。

しかし田中信夫といえばコンバット!」のサンダース軍曹です。
初めて放送されたのが1962年なので、リアルタイム視聴じゃなくて再放送になります。
元々父親が「コンバット!」のファンで、サンダース軍曹の事を聞かされていました。
そして初めて再放送を見た時サンダース軍曹を吹き替えていたのが田中信夫。

歴戦の古参軍曹であり、厳しくも思いやりがある男。
部下からは尊敬され、上官からも頼れる部下として信頼されていました。
まさに男が惚れる男。
叩き上げのサンダース軍曹と士官学校出のヘンリー少尉はまさに好対照のゴールデンコンビでした。

因みにヘンリー少尉を演じたのがちょっと前まで「ルパン三世」で銭形警部を演じた納谷悟朗。
声がぜんぜん違います。
銭形のようなダミ声じゃなくて済んだエリートっぽい声です。
納谷悟朗は元々こういう若々しい声質で、銭形はワザとダミ声で演じていたらしいですね。

コンバット! DVD-BOX

遂にBD/DVD情報が。
公式サイトで「DVD出します」という話はしていました。
公式サイト>>質問と回答
しかし一向に情報が出てこない。

ところがAMAZONでへうげもの Blu-ray BOX 1(Blu-ray Disc)がラインナップされました。
3月7日発売予定でお値段34,650円。 

1-13話まで収録ということは、BOXは全部で3つですか。
・・・受信料取ってるんだからもうちょっと安くならないものでしょうか。
しかしそれを差し引いても買って十分の出来だと思います。 

公式サイトウィキペディア

hyouge #37-484.jpg

言葉の意味はよく分からんが、とにかくすごい自信だ。
自業自得とは言え伊達政宗も大変ですね。
毎回ネタ作って秀吉に詫びを入れなきゃならないんですから。
白装束の上を行く御免なさいパフォーマンス、それは
黄金の十字架でキリストのマネ。
禁教令が出されていますので、あくまで磔台という事になってますが。 

これに一枚噛んでいたのが織部。
伊達を待ち受け、路上でいきなり茶を点てる。
そして茶碗を伊達に投げつけた。
何故お茶がこぼれない。
死に水ならぬ死に茶パフォーマンス真の目的は、織部自身の茶碗を売る宣伝だった。 

これらが京の町衆に受けたことで赦免される政宗。
有名な花押に針の穴の話が引用されていますが、サラっと流されましたね。

利休の決意。
三門の件で利休を弾劾する三成。
秀吉と言えど大名に弟子すら持つ筆頭茶道を失脚させるのは自分へのダメージも大きい。
三成はその辺どう考えているのでしょうか。
実際に細川忠興は憤慨、三成に対し君側の奸のごとく反感を募らせています。

利休は既に死を覚悟しており、秀吉の不況を買う事をまるで恐れていませんね。
間接的に自身が「数寄者」明智光秀を死なせた事実が尾を引いている様です。

加えて前述の伊達パフォーマンスが京の町衆の支持を受けたこと。
自身の「詫び」が時代にそぐわない事を認識しての事らしいです。
但し消えるにあたり、一人では死なない。
間違いなく秀吉と共倒れを狙っていますね。

hyouge #37-1339b.jpg

利休追放。
堺に謹慎を申し付けられ、粛々とそれを受け入れて去っていく利休。
振り返った彼の手にはあの天下三肩衝「楢柴」があった。
宝物庫に行くと言ったのはこれを持ち出すためだったんですね。 

おもむろに掌を傾け、無残に割れ散る楢柴。
秀吉、顔面蒼白。
利休の最後っ屁が炸裂した所で次回です。

遂に袂を分かった秀吉と利休。
主君と師匠で板挟みの織部が今後どう振る舞うのか。
いよいよ話も佳境に入って参りました。 

へうげもの(1)(モーニングKC )ほか

次回は
へうげもの 第38話 『淀川、黄昏。』
です。 

公式サイトウィキペディア

二週間の休みを挟んで新年最初のへうげものです。
いよいよ佳境に入ってきただけに半月待つのは長かった。 

heuge-#36-1061.jpg

歴史は繰り返す。
嘗て秀吉と組んで信長を亡き者にした利休。
今度は家康と手を組んで秀吉を亡き者にしようと画策します。

家康が拒否するのは天下人に叛逆する事への抵抗だけじゃありません。
光秀が死んだのはこいつらの所為。
一緒に居る天海ともども容易に承服は出来ないでしょうね。

一方で利休も気軽に頼んでいるわけではありません。
囲炉裏に手を付けての土下座。
何か「カイジ」に出てきた焼き土下座を彷彿とさせますね。
即答は貰えませんが決死の覚悟だけは伝わった。
利休も今はそれでよいという判断みたいです。

たった一つの後悔。
家康から光秀の辞世を教わった利休。 
下の句など無粋・・・。
この言葉に衝撃を受けます。

あの方は侘びの境地に達していた。
そんな人を葬った自分は、宗二を討った秀吉と変わりないではないか。
むろんここで立ち止まる利休ではないでしょうね。

へうげもの(1)(モーニングKC )ほか

織部と政宗。
政宗と蒲生の揉め事は家康の仲裁で収まったものの、秀吉に謝罪する必要がある。
以前白装束までして侘びを入れているので、これ以上のアイディアが必要と高山経由で織部に頼ってくる。

謝ってやってもいいぜ、なんて上から目線ブチかますのは相変わらず。
しかし織部もその程度では激昂しない。
また良からぬことを考えていそうですが、相手が政宗だから別にいいか。
今度は何を吹聴するのか楽しみになってきたところで次回です。

heuge-#36-1209.jpg

へうげものを見ていると。
つくづく主役が利休じゃないかと思えてきます。
それぐらい存在感が大きいですね。
このアニメを見る前は文化人としての側面しか知らなかった。
フィクションも混ざっているとはいえ、謀略家利休にすっかり魅了されてしまいました。 

次回は
へうげもの 第37話 『「世界」を割った男』
です。 

公式サイトウィキペディア

おちゃつさん企画。
おちゃつのちょっとマイルドなblog>>2011年アニメアウォーズ!
こちらに参加してみることにしました。
特にお誘いは受けてないので押しかけです。 

~2011年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上)
こちらについて決めていこうというものです。

~2011年アニメアウォーズ~。
・最優秀作品:魔法少女まどか☆マギカ
ベタと呼ばれてもこれしか無いでしょうね。
アニメ業界のみならず一般社会まで波及した話題性&そしてBD/DVDの売り上げ。
今までの魔法少女モノに対するアンチテーゼみたいな内容も大変興味深かったです。

・特別賞:魔乳秘剣帖
お色気重視で内容には正直全く期待していませんでしたが、
時代劇の王道展開&エロと言うよりむしろおっぱいをネタにしたギャグ&スタッフのおっぱいへの異常なまでの拘り。
こちらがアニメを通じて伝わって来ました。

・キャラ部門・男性:鏑木・T・虎徹(TIGER&BUNNY)
子持ちで髭のおっさんが主役の深夜アニメなんて誰が見るの?
そんな事前の逆風を見事に跳ねのけました。

・キャラ部門・女性:楓(魔乳秘剣帖)
演じる豊崎愛生のおバカ演技が炸裂。
彼女の代表作と言っても良いほどの素晴らしい変態ぶりでした。

・OP部門:運命(魔乳秘剣帖)
オープニングからはハードな展開しか予想できない。
それぐらいメチャメチャ格好良かった。
おっぱい珍道中アニメとはとても思えなかった。 

・ED部門:輝跡 -kiseki-(セイクリッドセブン)
オープニングの様なアップテンポのノリだと思ったら途中で入れ替えがありました。
本編に重ねて格好良く見えるエンディングは大抵良いものです。
オープニングの方も一位でもおかしく無いぐらい出来が良かったです。

家康も人の子。
肝っ玉母ちゃんがタイプというのが特殊ですね。
江戸開墾に自ら精を出す様は流石清貧を旨とする三河武士と感心していた訳です。
直後に夫の仇討ちを直訴しに来た百姓の女房にコロリ。
床を敷け!っていきなり押し倒しちゃうのにはたまげました。
まあ相手が嫌がって無ければ良いのですが、この人も人間ですね。
ちゃんと面倒も見てやるらしいので良しとしましょう。

しかしこの後家康は大変です。
伊達と蒲生の喧嘩を収めなければならない。
更に利休の求めに応じて上京。
当然江戸の町作りも継続です。
あと視線がおっぱいに集中したのは笑いました。
母性の源みたいな部分ですからね。  

スターライト瀬戸屋
織部の焼き物は大評判。
でも唐物茶碗の廉価版という評価に渋い顔。
これでは利休を唸らせることは出来ないからです。

また廉価ということで商人と窯元は潤っても、予定されている唐入りの戦費には足りません。
侘び的にも経済的にもあと一歩及ばない。
昔の評価は4段階で「甲・乙・丙・丁」でしたが織部の作はいまだ「乙」、二流品ということです。
しかし織部めげていないのが前向きで大変結構です。
瀬戸屋に下賜した星型の看板の評判も「乙」でしたが。 

シャドーボクシングはちょっと。
清正は城普請の真っ最中。
巨大な石を運ばせて、自分は上に乗っているのがピラミッド作る監督みたい。
しかし石の上でシャドーボクシングはやり過ぎ。
もう具志堅が加藤なのか加藤が具志堅なのか分からなくなってきた。 

そして奉行に注意する時もワンツーパンチ。
加藤清正と言えば城造りの名手と言われているのですが、こんな方法で作ってたんですね。
無論冗談です。 

へうげもの(1)(モーニングKC )ほか

結構なお点前・・・ではない。
上田左太郎の点前にダメだしする織部。
利休のパクリばかりでオリジナリティがない。
お前が言うな。
という気もしますが、織部が昔同じ事言われたからこそ同じ失敗をしていると分かる。
そういう意味で正しい指導法だと思います。 

左太郎自身も未熟を自覚しているのですが、一つ良い話を聞くことが出来ました。
他の接待でもダメ出しされることが多い左太郎ですが、織部から貰った茶碗だけは評判が良いとの事。
自身の預かり知らぬ所で名が売れているのは嬉しいものです。
但し自分でもイマイチと思っている二級品なので複雑ですね。

heuge-#35-925.jpg

秀長憤死。
もはや死霊と化した秀長の元に黒田如水がやってくる。
野心が旺盛で秀吉が恐れた男であるだけに何か波乱の予感がします。
利休殿が茶会を開き、皆を纏めてくださっています。
薬を持ってきたので毒を盛りに来たのかと思いましたが、毒はこの一言だった。

利休は何かを画策している。
瀕死でも頭の中は正常な秀長ですが、この興奮が命取り。
ものすごい形相で遂に命果ててしまった。
如水もまた利休に乗った一人なんでしょうか。

元々秀長は豊臣家と諸将との調整役として非常に重要な存在でした。
秀吉の天下を影から支える縁の下の力持ち。
秀吉は元来武士ではありませんから、当然秀長も百姓上がりなわけです。
そんな人物が調整役として機能していたのは凄い。
秀吉の弟という事を抜きにしても非凡な才能があったことを示しています。
正直豊臣政権の屋台骨が揺らぐ第一歩は秀長の死だと思いますね。

heuge-#35-1372.jpg

懐かしの四人衆。
秀長の葬儀の後一緒に城を出てきた織田有楽斎、細川忠興、高山右近そして織部。
何だか同窓会みたいです。
コミカルな描写も多いアニメを見てるとあまり凄く感じませんが、有楽斎を除く三人が利休七哲
有楽斎も入れて利休十哲という錚々たるメンツです。

右近がなんか織田信長みたいでえらく格好良い。
あくまでも南蛮の数寄を止めるつもりは無いみたいですね。

織部の時代がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
秀長の死によって情勢が変わると考えていた織部に声をかける連中がいっぱい。
あの器を譲ってください!!
織部の時代が来たのか?という予感がするところで次回です。

乙な品ではありますが、織部の作風が世間に認められて来ましたね。
それでも本人が舞い上がってないのが成長を感じさせます。 

次回は
へうげもの 第36話 『本命はお前だ』
です。 

公式サイトウィキペディア

heuge-#33-1358.jpg

信長様を殺したのは太閤殿下と私です。
久々に利休との時間を過ごす織部。
しかし利休は自分を目指すなと釘を刺してくる。
更に織部が「我が主」と信長を持ち上げた直後の衝撃の告白。

そこまでせねばならんのか。
数寄の天下を取るためには、天下人の首のすげ替えすら厭わない。
織部には恨みつらみよりも戦慄が駆け抜けるわけです。 

今の舵取りでは叶いますまい。
更に利休は現在の天下人秀吉にも見切りをつけつつあるのか。
茶会と称して毛利輝元と接近。
徳川と伊達が降り、北条が滅びた今秀吉に次ぐ勢力と目を付けている訳ですね。
加えてシンパシーに通じるものがあると。
自身の寿命が気になるでしょうに飽くなき数寄への執念は本当に恐ろしいほどです。 

秀吉は利休と仲良くする気があるのか。
まあ天下人ですから、基本屈服させないとダメなんでしょうね。
唐入りを前に諸将に金を貸す利休に差し止めを要求。

・大名に金を貸すな。
・大名物の壺をよこせ。
・娘を俺にくれ。
秀吉ムチャ振りし過ぎです。
いくら天下人と言っても御無体な。 

特に娘を寄越せと言われた時の利休の顔には殺意すら宿っている様に見える。
もう修復不可能な関係じゃないかというところで次回です。

流石にダメでしょう。
これまで二人三脚でやってきた秀吉と利休。
意見の食い違いもあったでしょうが、何とかそれを凌いできた。
それがもう限界。
部下の忠誠を知りたいからといって嫌がらせを繰り返したら当然恨まれます。
今回は二人の関係が完全に壊れた感じがしましたね。

heuge-#33-779.jpg

我が道を模索中。
織部は自分が金をつぎ込んだ今焼を見聞。
わざわざ作った茶碗を子供に落書きさせるという発想が突飛ですね。
その中に大いに気に入ったものがあった。

同席した本阿弥光悦は利休の評価を仰ごうと推めますが、織部は渋い顔。
利休に見せて彼の評価を仰いだら、それは利休が認めた逸品であって織部の銘品ではないからでしょうね。 

次回は
へうげもの 第34話 『日輪のクライベイビー』
です。 

公式サイトウィキペディア

忍の浮き城。
小田原攻めで忍城陥落を任された三成ですが、水攻めに失敗。
織部も堤防づくりの指揮を取っていたのですが、軟弱な土だったため堤防が決壊て部下にも死者が出た。
三成に堤防づくりや兵糧攻めの甘さを指摘。
部下には茶を点てて奮起を促すなど、数寄大名にも風格が出てきましたね。
関東ローム層は粘土質なのでそんなに悪くない気がしますが、ダメだったということですか。

因みに三成の指揮の甘さがあったのは史実通り。
他に地元の農民を動員したため手抜き工事で決壊したという説もあります。
堤防決壊で豊臣方に若干の死者が出たのも本当。
最後まで攻め切れずにいたのですが、本城である小田原城が落ちて開城というオチです。

お茶々も大分変わった様で。
鶴松を産んで母は強しと言う事でしょうか。
秀吉の意を汲んで政治にも積極的に参加するようになりました。
諸将に国替えを命じる中で応じそうにない織田信長の次男・織田信雄の説得を引き受けます。
信雄と茶々はいとこ同士です。
そして信雄の後見は懐かしの織田長益だった。
嘗て織部以上の数寄者だった男はここに居ました。 

茶々はまず長益を説得にかかります。
あと数年で秀吉は死ぬ。
それまで耐えれば鶴松の、織田の天下が蘇ると煽って来た。
いま秀吉の言うことを聞いているのは遠大な計略だった。
この人男なら大名としてやっていけそうな感じがする。

つまらん女になったな。
しかし権力を志向する茶々に長益は失望。
協力を拒否していきなり出家。
秀吉に挨拶に行き、全ての楽しみを捨てた男・織田無楽斎を名乗る長益。

勝手に出家した事を怒った秀吉は織田聚楽斎と名乗ってお伽衆となり、死ぬまで仕えろと凄い嫌がらせを命じてきた。
聚楽第から付けられた秀吉の申し子みたいです。
折衷案として織田有楽斎を提案し、落ち着くという流れになっています。

自分では格好良く抵抗したつもりが結局うまく行かないところが長益らしいですね。
第一あんな道楽者が出家したとか言っても胡散臭くて仕方ないです。
生臭坊主が一人増えるだけとしか思えません。

家康の数寄。
都市建設が進む江戸を見聞して歩く家康が実に楽しそう。
茶道や名物に疎い家康ですが、新しく国づくり・町作りに心が踊る。
要するに仕事人間ですね。
でも自分の町を一から作るのは確かに楽しいだろうなあ、というところで次回です。

次回は
へうげもの 第33話 『暗黒のTeaー王』
です。 

公式サイトウィキペディア


見直したら8巻のレビューしか無かった。
ので作成しました。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈7〉 (電撃文庫) [文庫]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈8〉 (電撃文庫) [文庫]
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈9〉 (電撃文庫) [文庫]

7巻ではいろんな意味で終始桐乃にイライラさせられつつ、ラストで許しちゃう。
8巻ではついに桐乃の本音が明らかになって、何か可愛く見えてくる。
9巻は霧の視点の短編を見てニヤニヤしてしまう。
そんな展開でしょうか。

また1巻~6巻のレビューもありません。
ブログにレビュー書き始めたのが8巻からだからです。
いずれ全部書きたいですが、かなり後になりそうなので期待しないでお待ちください。 

ゲームの続編はいつ発売するのだろう。
今年1月にPSPで発売されたゲーム「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブル」。
その続編である「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」が9月に発表されました。

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない」公式サイト
妄想が現実に!? PSP『俺の妹がこんなに可愛いわけがない P』の続編が制作へ!!
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない ポータブルが続くわけがない』続編制作決定!

でも未だに発売日が未定。
AMAZONでも予約を受け付けていませんね。
赤城瀬菜と来栖加奈子がヒロインとして追加されることぐらいしか分からない。
今年中の発売は無さそうですね、もしかしたらアニメ二期にぶつけてくるかもしれません。

heuge-#31-546.jpg

激突!伊達者VS数寄者。
欧州の覇者伊達政宗と我らが織部が激突。 

政宗が襲いかかる。

織部「名を名乗れ!」

政宗が口上を垂れる。

今だ!
きたないさすが織部。
しかし政宗の鎧は頑強で織部の刀がポッキリ。
ソレ関の孫六でしょ!?
ああ勿体ない。馬も大事だけどこの刀弁償してもらわないと割りに合いませんね。

無言の抗議。
山上宗二の件で秀吉と利休の間に物凄い溝が出来ましたね。
体調不良を表しているんでしょうが、マスク姿の利休。
なんか大谷吉継みたい。
冷たい視線がマスクのお陰で物凄く強調されており、秀吉への無言の抗議みたいです。

のちの茶会では秀吉が利休に舞えと無茶振り。
一応従ったものの、利休に服従しているかを試すような真似は逆効果だと思う。

heuge-#31-1064.jpg

白装束は織部のアイディア?
大河ドラマの主役にありがちですね。
何でもかんでも主役が関わってたことにする歴史改変。
出番を増やすためとは言え、そんなコネどこにあった!?
首を傾げることも少なくありません。

小田原征伐遅参の申し開きの際に政宗が白装束で現れたという話。
これが織部の入れ知恵だという話になってます。
但し伏線がある。
まだ信長が生きていた頃、荒木村重が反乱を起こしたことがありました。
荒木の臣下である義兄中川清秀説得に赴いた織部は全身白い鎧で妻を伴って現れた。
この話を引き合いに出して死ぬ覚悟で謁見しろとアドバイス。
改変するにしてもこの演出はうまいと思いました、というところで次回です。

heuge-#31-1010.jpg

前田利家と片倉小十郎の風体・演技がヤバすぎる。
これが槍の又左?
妖怪ぬらりひょんかと思った。
演じるのは「機動戦士Zガンダム」のカミーユ役で知られる飛田展男。
抑揚の無い不気味な演技が凄く良い。この人ホントに色んな声出せるんですね。
そして政宗にずっと付き従う片倉小十郎を演じる家中宏。
アニメでは「こち亀」の本田役が有名ですが、こちらでは伊達政宗に同調するある意味変人。
イカレた主君に従うイカレた部下を見事に演じています。

次回は
へうげもの 第32話 『数寄者のクロスロード』
です。 

公式サイトウィキペディア

heuge-#30-607.jpg

それがしヘタレ大名ゆえ。
柴田勝家もそうでしたが、武一辺倒の武将とは相性が悪い織部。
今回は本多忠勝に臆病呼ばわりされて引くに引けない。
あの鐙(あぶみ)が欲しい。
そこでと赴いた降伏交渉で欲を出してしまうのはやはり数寄の血故か。
でもやっぱり武士、度胸はあるんですよね。
ハッタリかましまくって無事に吉良を降伏させて本多の元へ舞い戻る。
ヘタレ大名=屁を一発かまして意趣返しってのが中々気が効いています。

ポジティブシンキング。
三河から関東へ国替えを命じられた家康。
先祖伝来、長年愛着のある土地である三河から当時ど田舎である江戸の荒地に国替え。
左遷も左遷、超左遷です。
そして小田原攻めで秀吉が探りを入れてくる。

この処置に対し家康が不満を持っているようなら謀反気ありというわけです。
家康は努めて冷静に振る舞い、真意を悟られない様にする。
彼には江戸を京の様な都に変えてやるという野望があった。
一から大都市を作るという遠大な計画です。 

heuge-#30-1002.jpg

天海僧正再登場。
光秀を逃がそうとしたあの僧侶・瑞風が「天海」の名で登場。
歴史の異説として明智光秀が天海になったという話もありますが、さすがにあっちはトンデモ説。
義経がジンギスカンになった様な話だけに採用しませんでしたね。

天海の指導のもと、風水を取り入れた江戸の街づくりを目指す。
秀吉の悪意を逆用してさらに飛躍する。
これが江戸→東京へ繋がっていくわけですね。

一方の織部は。
江戸が田舎過ぎてしょんぼり、国づくりとか目指す大名じゃないからこんなものですか。
支配地なのに地名すら無いと聞いてゲンナリ。
名がないと不便なので、と付けた名前が「七本木」。
目立つ松の木が七本立っているからという単純な理由。

しかし高札を作る木が無いからと、村人が七本木の一本を切り倒してしまう。
これが六本木の元ネタ、というところで次回です。

六本木の由来として、木が六本立っていたというのはいくつかある説の一つです。
一方で元は七本だったとか、古田織部が命名したという話は創作。
事実と作り話を上手く混ぜていますね。 

heuge-#30b-1228.jpg

五月蝿いのう、金蝿が。
山上宗二を失って伏せってしまった利休。
齢六十を超えても精力がみなぎっていた彼が一気にやつれてしまいましたね。
そして居もしないハエを追い払う仕草にドキッとする弟子。
まさかボケたのか。
でも金蝿=秀吉に掛けているっぽい

この時代権力者を批判することは即、死に繋がります。
昔三国志で諸葛亮孔明のライバルだった司馬懿仲達はボケた振りをして政敵の油断を誘ったことがあります。
それに近いものを感じましたね。

次回は
へうげもの 第31話 『無口で御・免』
です。 

公式サイトウィキペディア

 


参考サイト:
戦国乙女~桃色パラドックス~ BD&DVD 第五巻
戦国乙女~桃色パラドックス~ BD&DVD 第六巻

AT-Xで10/19(水)より再放送中。
AT-X>戦国乙女~桃色パラドックス~
毎週水曜日に2話ずつ放送されます。
本日11月9日(水)は24:00から第7話「演劇乙女」第8話「微熱乙女」が放送されます。
第七話「演劇乙女」と云えば全キャラ集合した中盤のベストエピソード。
第八話「微熱乙女」と云えばミツヒデがハッキリとヒデヨシに嫉妬する重要なイベントが発生します。
こちらも見逃しなく。

第五巻、第六巻は山場!!
新キャラである西国乙女が登場する第九話を収録した第五巻が先日11月2日発売。
そしてノブナガ恋しさのあまり凶行に走ってしまうミツヒデを描いた第十話を収録した第六巻が12月6日に発売。
更にエンディングを描いた第七巻が2012年1月6日に発売となる予定です。

ミツヒデ良かったね。
第二巻のジャケットがノブナガとヨシモトという意外なコンビ。
あれ?ミツヒデは!?
お館様大好きなミツヒデが一緒に居ないなんて可哀想。
そう思ったら第六巻で遂に報われました。

お館様の一番でありたいと思いながらヒデヨシの台頭にヤキモキ。
更に奮闘するものの何故かヒデヨシばかりが褒められる。
ストレスがどんどん溜まってダークサイドに堕ちて行き、
一緒に死んで下さい。
本能寺の変は心中を図ったものだったという斬新な解釈。
何より不満が爆発するまでの「溜め」の演出が見事でした。

みるくらりあっとvol.4 東京公演に「天下取り隊」が出演決定!
みるくらりあっとvol.4
12月11日(日)に東京の新宿BLAZEで開催されるライブイベント「みるくらりあっとvol.4」に天下取り隊が出演。
11月27日(日)に大阪のSTUDIO PARTIAでも同様のイベントが行われるのですが、そちらには出ないみたいです。
というか大阪と東京ではアーティストがほぼ全とっかえで、どっちも出る人の方が少ないですね。
東京近郊の戦国乙女ファンは要注目です。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

heuge-#29--432.jpg

宗二・°・(ノД`)・°・ウワアアアン。
嘗ては尊大かつ武士を嫌うどころか見下す風潮があった利休の高弟・山上宗二。
利休や織部が成長しているのと同様、宗二も小田原で庇護されているうちに一皮も二皮も剥けていた。
嘗ての自分は劣等感の裏返しに過ぎなかったのです。
小田原攻めの最中宗二と再会した利休はその達観振りに感激。
自身の権勢はこういう時にあるのだと宗二を降伏させ、全力で助命しようとする。
しかし、ここにも三成の厚い壁が待っていた。

史実では宗二は秀吉の勘気に触れて高野山に追放。
のち小田原攻めで捕虜にした際もまた秀吉の勘気に触れ刑死したとあります。 
へうげものではどんな風に描写されるのか大いに興味がありました。

原因は宗二が記した「山上宗二記」という事になっています。
古今の名物に対し良し悪しが記されている、現在第一級の資料です。
そこで秀吉の所有する名物をボロクソこきおろしていた。
入手した三成を通して秀吉の耳に入っていたというわけです。

これを若気の至りと躱すのですが、じゃあ今の俺の格好を評してみよ。
秀吉は宗二に迫ります。
宗二ウソつけず。
思うままに「相応しゅうない(ダサい)」と言ってしまうのは格好良いけど愚かだった。
哀れ宗二は斬首と相成りました。

利休と織部の明暗。
手塩に掛けた秘蔵っ子を必ず助けると降伏させたのに殺されてしまった。
三成から無造作に渡された宗二の首に大ショックの利休。
利休ががこれほど感情を露わにした、それも絶望したのを初めて見ましたね。

因みに顔がよく見えませんがそれもそのはず。
他に何冊書いて誰に渡したのかを詰問され、鼻と耳を削ぎ落とされていたからです。
この鼻削ぎ、耳削ぎのうえ斬首というのは史実です。 
流石にTVでは放送出来なかったですね。
ショックのあまり伏せってしまう利休。

織部も宗二の死をいたんでいる一人です。
喧嘩もしたけど同じ道を競い合った仲であり、時には協力もした兄弟弟子なんですから。
しかし去る者あれば現れる者あり。
織部の前に新たな数寄者が出現しました。

heuge-#29--1156.jpg

誰このオカマ。
前髪がありますので、元服前でしょうか。
何か喋りといい振るまいといいナヨナヨ~っとしたとある武将の息子。

そんな彼が熱い視線を注ぐ相手がなんと我らが古田織部です。
ウホッ、いい男・・・。
と言ったかどうかは分かりませんが、将に羨望の眼差し。
当時衆道が普通だったとはいえ、現代人にはちょっとキツイシーンですね。
どうも数寄者として今や有名人となった織部に前々から興味心身だったらしい。
肌身離さず盾を身につけている奴がそんなに格好良く見えるのか。
あばたもえくぼ、見えたんでしょうね。 

センスはあるみたいです
萎縮していると言うよりも惚れた相手と対峙してテンパっているようにみえるこの男。
しかし普請のアイディアに織部は感心。
宗二が去って新たな数寄者が現れた、その名は小堀作介(のちの遠州) というところで次回です。

前半涙、後半笑いっぱなし。
何という絶妙な構成なんでしょう。作介が出てきた時には、
宗二が死んだ余韻が台無しじゃないか!
そう思ったんですが彼は新たな数寄者だったんですね。
世代交代を思わせるうまい演出にやられました。

次回は
へうげもの 第29話 『関東サーヴァイヴ』
です。 

公式サイトウィキペディア


参考:
ミカタンブログの記事
グッドスマイルカンパニーの記事

遂にあやせが来た。
桐乃、黒猫と来れば第三弾はこの人しか居ないでしょう、という感じの新垣あやせ。
桐乃や加奈子すら恐れる裏番長とも言うべき存在で、特に京介は何度も恐ろしい目に遭っています。

一見黒髪清楚なお嬢様風、なのに思い込みが激しくてともすればヤンデレ入ってるという性格が世のドMに受けているキャラクターです。
かく言う私も大好きなのですが、それは本性が何とも可愛らしいから。
原作第九巻は京介の視点中心だった今までと打って変わって各キャラクター目線での短篇集となっています。
当然あやせ編もあるのですが、これを見るとよく分かります。
あの短編はあやせや桐乃など普段の言動と心情のギャップが激しい人物ほど楽しめます。

あやせの場合は特に京介に対する態度と意識のギャップにかなり差があります。
元々初対面では積極的にメルアドを交換するなど、京介との関係は悪くありませんでした。
親友の優しそうなお兄さん、ちょっと憧れ目線も入ってるという感じです。

彼女もまた、素直じゃないんです。
しかし桐乃のオタク趣味を知り、更にそれが兄である京介の影響と誤魔化した為に一転して、
親友の桐乃をおかしくした元凶。
自分たちをいやらしい目で見るド変態野郎へと大幅に評価が下がりました。
以後表面的な京介への対応は酷さを増す一方。

・・・なんですが、行間を読むまでもなく京介への好意が漏れちゃってるんですね。
でも京介本人からは「あやせはヤバイ」と必要以上に恐れられている。
当のあやせが「私ってそんなに怖いのかしら」と傷つく程に。

身から出た錆とは言え、気になる相手に恐怖感を与えてしまった彼女が報われる日は来るのか。
最もその際には最高の親友である桐乃が最大の障害になりそうですが。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ねんどろいど 新垣あやせ (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


顔は三種類。
公式サイトやブログを見ると、顔は三種類あるみたいです。
ノーマルと困惑、怒りバージョンといったところですね。
ヤンデレ顔も欲しかったけど流石にそんな色々付けられないのかな。
小物としてカバンに携帯、メルル同人誌と手錠が付くみたいですね。
サンプルでは桐乃と手錠でつながってますが、手錠と言えば京介です。

男のねんどろいど出してどうするんだという気はするんですが、京介は出ないのかな。
桐乃・黒猫・あやせ全員と絡めることの出来る貴重なキャラクターです。
流石に京介だけ作って売ると厳しいので、次回作は田村麻奈実&京介セット、或いは二体同時発売でお願いしたいですね。

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメゲームきりりん黒猫

heuge-#28-1048.jpg

器が瀬戸物と呼ばれるまでは死ねん!
ファイヤーズって陶工の事か。
今まさに織部焼きが世に出んとするこの時期に小田原攻め。
織部がここで死ねば全ては水の泡、と生きることに固執する。
後世瀬戸物が本当に陶器の代名詞になっただけに凄いですね。

織部の名も上がりましたが、利休そして山上宗二もやる気満々。
そんな数寄者を大事にせよというのが病床の秀長。
小一郎は豊臣政権の縁の下の力持ちです。
ここで倒れると屋台骨が失われてしまいます。 

いっぽうで数寄者を疎んじているのがご存知石田三成。
権力は中央集権で良いとばかりに秀吉に次ぐ勢力は気に入らないんですね。
何かもう難癖付けるのが癖になっているという感じです。

秀忠登場。
10歳は数えでしょうから満年齢で8歳ぐらいか。
親に似すぎ&貫禄ありすぎです。
人生50年だから現代人より老けて見えるのは分かります。
それにしても小学2年生の恰幅じゃありませんね。

織部と細川忠興が京都の案内役を頼まれます。
出だしは借金ですが、徳川との繋がりも深まって来ましたね。

秀吉と利休の亀裂の原因は娘か。
鶴松が生まれたことで自身の子種に自身を深めた秀吉。
まだまだ子供を作るぞ!と性欲旺盛。
そして目を付けたのが利休の娘。
美人だけど父譲りなのがゴツく見える。
そして三成が秀吉と利休の繋がりを快く思っていない。

なんか騒動の火種になりそうな予感がしますね。
小田原攻めの後もみな色々考えている様で、というところで次回です。

heuge-#28-1374.jpg

山上宗二記は三成の手に渡っていた。
何か一番見せちゃいけない人の元に行っちゃったなって感じです。
それにしても「へうげもの」の石田三成はかなり厄介な人物として描かれていますね。
秀吉原理主義者と言う感じで一切の融通が効かなくて、上にも下にも噛み付いてくる。

秀吉以外にこいつ好きになる人居ないんじゃないの?
と言いたくなるほどの偏りっぷりです。
この人もそのうち物腰が柔らかくなる時が来るんでしょうか。
じゃないと関ヶ原なんて出来ませんよね。 

次回は
へうげもの 第29話 『関東サーヴァイヴ』
です。 

公式サイトウィキペディア

heuge-#27-1143.jpg

一笑一笑なんつって。
利休が白くなった。
あの仏頂面でギャグを飛ばすのは参りました。
上田左太郎が呆然としています。

一度筆頭茶道を辞めようとして秀吉に引き止められた事で心境が変化した様です。
茶会に招かれた織部は最初ビクビクしてますね。
前回未熟と叱責されて避けてたんだとか。

また何か怒られるのでは、と戦々恐々だった織部。
年をとってから叱られるのは辛いのう・・・という言葉が身に染みます。
大抵「いい年して」と枕詞が付きますからね。
年齢を重ねて尚「未熟」と言われるのは厳しいです。
ところが茶室に入って内部の白さはおろか利休が黒い服着てないのにビックリ。

私もまた、未熟。
齢60を過ぎても成長し続ける男、利休。
丿貫の戒めも効いているんでしょうか。
侘びを突き詰め過ぎて、周囲にプレッシャーとなる茶を強いていたのではないか。
実際その通りなんですが、誰も物言わぬ状況で自分で気づくのは凄い。

自ら織部に頭を下げて許しを乞う利休に何かを教えられた気持ちのする織部。
この一年何の精進もしなかったらしいですが、覚醒が始まった気がします。
後日の茶会では見事利休を唸らせていましたね。

そして商売っ気も旺盛。
織部と利休が二人でニンマリするシーンはこれまでの関係とは違う感じがして感慨深いものがありました。

天正長大判じゃないの?
バブル華やかりし頃 、時の首相・竹下登がふるさと創生一億円なる地方自治体への金のバラマキをやったことがありました。
秀吉の金賦りも似たような感じでしょうか。むろん太閤のほうが先ですが。

竹下元総理も顔が猿っぽい&人たらしの名人でとにかく敵を作らないと言われていました。
気配り・目配り・金配りで総理になった。
この言葉は端的に竹下元総理を表現した名言だと思います。最後の「金配り」という言葉が最高。
いろんな意味で秀吉と被る人物です。

この金配りに使ったのが天正大判。
子供の頃歴史の本で見た時は天正長大判(てんしょうながおおばん)て名前じゃなかったか。
実は天正大判には大きく分けて3つあり、その一つが天正長大判だと調べて分かりました。天正菱大判・天正長大判の画像

・天正菱大判・・・最初に作られた大判で、織部たちが貰ったのはこのタイプ。
・天正長大判・・・縦17センチもある史上最大の金貨と言われる大判。5枚ぐらいしか現存してない(時価一億円以上!)そうです。
・大仏大判・・・秀吉じゃなくて秀頼が作った大判。方広寺大仏殿を再建するために作られたのでこの名前が付きました。

自分が知ってる天正長大判は物凄いレアだったんですね。
また方広寺再建は徳川家が豊臣家の財力を削ぐためにやらせたそうです。

heuge-#27-1368.jpg

秀吉がダークサイドに堕ちていく。
織部と利休が分かり合ったのとはまさに対照的。
利休との亀裂は深まる一方で孤独を深めていく秀吉。
これで秀長が死んだらそりゃ暴走するだろうなという気がしますね。 

いちおう機嫌は良いんです。何せ茶々(淀殿)に男子が生まれました。
女好きにも関わらず今まで子が出来なかっただけに、自分に種があった&世継ぎが出来たという二重の喜び。
でも自分を揶揄する落書きは決して許さない。

笑ってても、言ってることが笑えない。
猿の落書きひとつで耳そぎ、鼻そぎのうえ打ち首獄門ですか。 
激怒するよりなお恐ろしい秀吉というところで次回です。

身分や立場を超えて腹の底から分かり合った織部と利休の二人が心地よかった。
半年以上このアニメを見て来ている訳で、思い入れがある分感動も深い。
今回てっきり小田原攻めかと思ったのですが、代わりに良いものを見せて貰いました。
そしていよいよ来週こそ北条戦ですね。 

次回は
へうげもの 第28話 『古田織部とファイヤーズ』
です。 

公式サイトウィキペディア

heuge-#26-187.jpg

立つ鳥跡を濁さず。
自身の死期を悟って身の回りのものを処分している丿貫。
道具はそんな貴重じゃないかも知れないけど、書物を火にくべるのは勿体無い。
織部なら涎垂らして欲しがると思うんだけど。

秀吉の褒美は無論お断り。死ぬにあたって何も残す気がない。
あるものを使いきって消えて行くという清貧ぶりは頭が下がりますね。
ホント悟りを開いた仙人みたいな人物です。

そしてこれが最後と弟弟子である利休に忠告。
過ぎたるは猶及ばざるが如し。
利休が織部に言った事だけど、利休自身にも当てはまる。
何でもかんでも詫び侘びって言いすぎだと。
この人に物が言えるのも丿貫ぐらいですよね。 

欲望こそ我が燃料。
一方で織部も何やら無気力状態。
こちらは別に悟りを開いた訳じゃありません。
例の北野大茶会以来全てに興味を失った虚無感に苛まれている。

小田原攻めも近いのにこんなボケた状態じゃ戦死しかねない。
自分の物欲を満たすものはないかと上田左太郎を連れて物欲し探訪。
頭巾姿であることといい、お供がもう一人いれば水戸黄門みたいです。

無欲で生きていける人が居る一方で、欲望がないと生きていけない人物も居る。
まあ大抵は後者ですが。

利休アポ無し訪問とかまぼこ。
このエピソードが来ましたね。
とある茶人宅へ突撃!となりの晩ごはんした利休。
急な訪問にも家は綺麗で心を尽くしたもてなしが出来る。
これぞ侘び、接待の心。
自身の提唱した侘びの浸透っぷりにちょっと自慢気な利休。

しかし続いて出されたかまぼこに顔を曇らせる。
アポ無しで当時高級品&日持ちがしない蒲鉾が出るのはおかしい。
この家主は利休が来るという情報を得ており、手ぐすねひいて待っていた。
しかも「おや、利休様!」とビックリした振りまでしてわざとらしい。
失望した利休は退席します。

でもせっかくのもてなしにケチ付けるとか、面倒な客ですよね。
一緒に飯食っても「俺の作法は大丈夫か、ダメ出しされるんじゃないか?」気になって味が分からなくなりそう。

やがて宣言通り丿貫が亡くなり、自宅の庭に石を積んだ菩提を弔う利休。
いくらなんでも粗末すぎないか、まるでペットの墓。
そんな丿貫の墓を前にして、あなたも(清貧を貫いた)過ぎたる人、と言うところで次回です。

heuge-#26-772.jpg

今回は出演者多かった。
家康と三成が轡を並べているのが感慨深いですね、後の関ヶ原の両雄です。
そして相変わらず三成は嫌なこと言って敵を増やしていました。

秀吉サイドが小田原攻めの準備に勤しむ一方で、小田原サイドの話も出ました。
北条幻庵の耳毛が凄いです。川内康範を思い出しました。
北条早雲→氏綱→氏康→氏政→氏直
五代に仕え、当時としては驚異的な97歳まで生きた人物。
早雲から氏直って後北条氏の歴史そのもの、まさに生き字引ですね。 

ここに転がり込んだのがあの山上宗二。
しかもここ小田原では「あの利休殿の一番弟子」とえらい持て囃されています。
俺の時代がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
宗二大喜びですが大丈夫かな。

更に三肩衝を揃え、帝の行幸まで叶って信長超えは成ったと有頂天な秀吉。
しかし本心では信長を暗殺した良心の呵責に苛まれている。
今は見てくれがやばいだけですが、そろそろ内面も拙いことになってきそうな予感です。 

次回は
へうげもの 第27話 『アナーキー in 日の本』
です。 

公式サイトウィキペディア

heuge-25-742.jpg

もう一度だけチャンスを下さい!!
目を引く名物は何も無いものの、完璧とも言える心遣いを見せた丿貫の茶に魅了された秀吉。
打算から神屋宗湛を無理矢理天下一に据えようとしたのとはレベルが違います。
しかし天下一の大茶人を決めるに当たり織部のちょっと待ったコール。
かなり見苦しかったのですが、意外にも秀吉は了承してくれた。
後日織部VS丿貫で決戦と相成りました。

無論秀吉は織部の意気に感じた訳じゃありません。
大勢の前で利休降ろしをするところを見られたくなかったから。
そこに都合よく飛び込んできた織部を利用した形です。

オカン登場でご破算。
しかし後日の決選投票では秀長が暗躍。
彼はまだ利休を降ろしたくない。
秀吉が丿貫の茶室を訪れるとそこに鎮座していたのは何と妖怪。
・・・もとい大政所、つまり秀吉のかか様。

たとえ天下人でも母親には勝てない。
大政所の利休大プッシュで秀吉の目論見は崩れ去りました。
それにしても何故大政所がこれほどまでに利休を推すのか。
理由は利休が好きだから。
さすが秀吉の母だけあって老いて尚お盛んというわけです。
・・・旭姫以上に想像したくないですが。 

どこのギャートルズだよ。
機嫌を損ねた秀吉はそこで帰ってしまった。
つまり織部の創意は発揮する場を失ってしまった訳です。
利休はじめ残った面子が一応来てくれました。
原始人が居た。
縄文式土器に着想を得たまたしてもイロモノ茶席。
細川幽斎はその場で激怒&退席してしまった。

利休はここまでやれば大したものとわりと感心した様子。
でも過ぎたるは及ばざるが如し。
これは侘びじゃない。アナタは未熟です。
上げて落とす、利休鬼ですね。
こんなバカやった挙句酷評されて織部大ショックです。

heuge-25-967.jpg

織部復活なるか。
自分では数寄と侘びを相当極めたつもりだった。
既に利休さえ超えていると思っていた。
そんなプライドは木っ端微塵に打ち砕かれてしまいました。

以来すっかり気が抜けた織部。
数寄への情熱が覚めた分、仕事はちゃんとやるようになって周囲には好評。
なんかもうこのままでいい気がしてきました。
でもそれじゃドラマとしてはお終いだけどどうするの、というところで次回です。 

ここ最近は織部の勘違いぶりが凄かったですが、ようやく目が覚めたという感じですね。
そのまま平凡な人生になっては面白くありません。
タイトルにもある通り、再び数寄の道へと舞い戻るんでしょうね。 

次回はへうげもの 第26話 『呪われし夜』です。 

公式サイトウィキペディア

 


第四巻のジャケットは伊達先生とヒデヨシ、とシロ。
公式サイトでBD/DVD第四巻ジャケットが公開されました。
公式サイト>商品情報>BD/DVD>戦国乙女~桃色パラドックス~ BD&DVD 第四巻
正直ヒデヨシ再登場は最後だと思っていただけに意外。
多分今後のジャケットの面子は、

第五巻・・・西国乙女三人衆。
第六巻・・・あけりんととくにゃん。
第七巻・・・全員集合。

こうなりそうです。 

ラジオ「戦国乙女~ラジオパラドックス~」第十三回(終)放送中&ラジオCD発売。
WEBラジオも最終回を迎え、9/20から放送中。
今回はパーソナリティの一人伊達マサムネ役の平田裕香のバースデー特集。

音泉>戦国乙女~ラジオパラドックス~紹介ページ 
音泉>戦国乙女~ラジオパラドックス~を聞く

こちらもお聞き逃しなく。
更にラジオCDが発売予定です。
この「戦国乙女~ラジオパラドックス~」全13話に加え、新規録音の特別版を追加。
公式サイト>商品情報>CD>「戦国乙女~ラジオパラドックス~」のラジオCDが発売!
こちらも楽しみです。

10/19(水)よりAT-Xで再放送決定。
毎週水曜日に2話ずつ1時間の放送、最後だけ第十三話一話のみの放送です。
奇数だからそうなりますよね。

AT-X>戦国乙女~桃色パラドックス~

最後まで見てから第一話を見直すと新たな発見があったりするものです。
本物のあけりんやとくにゃんに凄い違和感あったりとか。
こっちが本家なんですが、物語に絡んでくるのは戦国乙女の方なので何か変な感じです。
そんな訳で今からチェックです。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

遂にやってきた最終回。
喜翆荘は続くのか?女将は大丈夫なのか!?
そして上手く纏められるのかなど気になることが一杯ありますね。 

iroha-26-310.jpg

緒花メチャクチャ緊張。
対する孝一はリラックスムードでぼんぼり祭りをまわる二人。
明らかに告白しようとして力みすぎです。
私は孝ちゃんが好きです!!
対する孝一から回答はなし。
これ一話の孝一の告白に対する回答なんですね。
だから返事は不要と。

ようやくくっついた二人。
そして空気読んで焼きそばに紅しょうがでハート書いてくれたおっちゃんは出来る人。
見ている方も「やっとくっついたか」と胸をなで下ろした感じです。 

ぼんぼり祭り終了、そして・・・。
縁が喜翆荘の閉鎖を受け入れる。
でもこれは終わりじゃない、自分はまだ未熟だった。
いつか力をつけて、喜翆荘を復活させるという決意の表れ。その区切りだった。
自分の弱さを認められる男は強くなれます。
奥さん共々頑張って欲しい。

iroha-26-900.jpg

夏草や 兵どもが 夢の跡。
喜翆荘を閉めるということは、今まで一緒に居た仲間がバラバラになると言う事です。
前もって引退を宣言していた豆爺だけじゃなく緒花、民子、菜子も別の道を歩むことになる。

みんなが去った喜翆荘は物凄くガランとして寂しそう。
昨日までいろんな人がフロントや厨房で忙しく働いていたのに今や無人。
物悲しいですが、永遠に同じままの人間関係はありません。
特に女将にとっては人生の40年あまりがここにあった訳で、感慨もひとしおでしょう。

最後に緒花と女将ふたりだけが残り、やがて緒花も東京へ帰っていく。
女将は皐月から東京へ来ないかと誘われていたけど、これを拒否。
私はここでまた仲居として働くよ。
まだ働くの、やっぱ昔の女性はバイタリティありますね。

最後に業務日誌を手渡され、豆爺の後継者として認められた緒花。
初対面でビンタされたときにはこんな仲になるとは思わなかった。
女将が生きてるうちに縁が喜翆荘を再建し、嘗ての仲間が再集結してくれることを願って止まない。
こうして緒花は東京へ戻っていった、というところでおしまいです。

iroha-26-1413.jpg

喜翆荘従業員のその後。
こちら丁寧に描かれています。

豆爺・・・息子夫婦、そして孫に囲まれて楽隠居。忙しそうだったのにちゃんと家庭持ってたんですね。
次郎丸・・・小さい映画館で働きながら、執筆&応募。喜翆荘の顛末を半フィクションで書いたら受けそう。
蓮さん・・・新しい板場での仕事がスタート。あがり症だけに馴染むまでが大変そうですね。
縁と崇子・・・福屋で修行中。貯金して喜翆荘再建に向けて奮闘しているのかな。
巴・・・小料理屋で仲居。ぼんぼり祭りでは次郎丸や蓮さんとくっつきそうだったけど、まだ一人。
結名・・・世界を見たい、という希望から語学の勉強中。やっているのはフランス語ですね。
徹と民子・・・二人揃って割烹料理屋に就職?どこまでも徹を追いかける民子とまんざらでもない徹が良い感じです。
菜子・・・水泳教室のコーチ、将に水を得た魚。仲居でのコミュニケーション能力も生きてるみたいです。
緒花・・・皐月と東京で二人暮らし生活に戻った。半年で二回も転校したけど元の学校に戻れたんですね。

iroha-26-1254.jpg

アニメ「めぞん一刻」のラストを思わせる良いエピローグでした。
全員が新生活を始めているのが良いですね。
みんな夢に向かって頑張れ!
そう思わずにはいられない締めでした。

公式サイト / ウィキペディア

heuge-23-166.jpg

大名のお宅拝見。
聚楽第の大名屋敷が続々と完成し、めいめいが趣向を凝らした家がその姿を表しました。
秀吉はやっぱり金か。
マルコポーロがこれを見たら「黄金の国ジパング」と誤解すること請け合いです。
まあキンキラキンを除いても天下人だけに御殿みたいな豪勢な屋敷です。

そして細川忠興はやらかしました。
屋根から壁から真っ黒の墨屋敷。
利休の影響を受けて、しかも間違った方向に突っ走ってしまった。
カラスが止まっても迷彩で分かりませんね。
万年葬式ムードの家と評するのも最もです。

そこへ行くと織田長益は小奇麗に纏まっている。
朱塗りの門に弁天様。
実は秀吉の禁教令の影響で、南蛮好みを控えたため急遽手直したみたいです。
弁天様の前は西洋の女神をあしらっていたとか。

でも見方によっては凄くナンパ屋敷に見えないこともない。
家の顔である門に女性の絵って飛行機のノーズアートみたいです。

そうしていよいよ織部の屋敷。前には黒山の人だかり。
見ているこっちも期待が高まります。

THE あばら屋。
うわぁ、やっちゃった。
金と手間をかけてわざわざ廃墟みたいなボロ屋を作った。
どこもかしこも「凄く手が入っており」ボロっちいです。 

何というか、ケミカルウォッシュのジーンズとかこれみよがしに見せびらかされた気分です。
いちおう織部という大名が住む屋敷と考えると、わざわざボロ屋に住むとは考えにくい。
これは何か趣があるに違いない、とみんな首を捻ることでしょう。
しかし答えは永遠にやって来ない。
だって所詮ボロ屋だもの。京都の冬は隙間風がきついでしょうに。

細川忠興の事馬鹿にできません。
こっちは「丿貫(へちかん)」の影響をダメな感じに受けてしまっています。

heuge-23-1150.jpg

ああ勘違い。
センスがオーバーランした織部が不憫になってくる利休。
師匠が気を使ってるのに、ヤキモチを焼いていると誤解する織部。
相変わらず人の心が読めない男ですね。ある意味幸せですが。

織部渾身の屋敷は大好評(だと本人は思ってます)
更に度肝を抜いてやろうと長谷川等伯入魂の襖を初披露。
織部も知らされていないその襖絵は、原色バリバリの水玉模様だった。
目が痛くなりそう。
そして織部が呆けている。
ある意味この外のボロ屋とバランスが取れているかもしれない。
等伯が織部の「おっぱい茶碗」からインスピレーションを貰って描いた結果がこれです。

こんな物のために、命がけで稼いだ金を注ぎ込んだのか。
怒りのあまり刀に手をかける織部。
しかし意外にも「これはよい」と利休が賞賛。

これも単なる気遣いか、それとも本当に気に入ったのか。
「これは」つまり外見はダメだと暗に言っているので、本気で良いと思ったのかもしれない。
首がつながって等伯は利休に感謝、というところで次回です。 

heuge-23-1363.jpg

宗二大丈夫かな。
大枚はたいてオンボロ屋敷を作ったのは無駄じゃなかったらしく、織部の数寄者としての評判は上がりました。 
これに対し心のなかで異議を唱えるのは秀長屋敷の普請で大暴れした山上宗二。
織部に対抗心を燃やし、自身も「侘びの極意」を掴もうと必死です。
これが後の「山上宗二記」に繋がっていくのかな。

次回はへうげもの 第24話 『私を北野に連れてって』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-25-1286.jpg

仲居~四十万三代~。
遂にスイ・皐月・緒花の三人が仲居として揃い踏み。
バラバラだった家族が一瞬かもしれないけど一体化した瞬間。
見ていて微笑ましい光景です。

それにしてもフラりとやってきてスグに仲居が出来る皐月。
性格はアレですがやはり有能というか要領が良いというか。
真面目に働いている人から見てこれほど腹立たしい存在も無いでしょうね。

喜翆荘分裂。
閉める閉めないに端を発した女将とそれ以外のスタッフの確執。
成り行きで祭の準備に参加した緒花は「女将派」のレッテルを貼られて苦しい立場です。
今回は自身の暴走じゃなく、完全に巻き込まれた形の緒花が不憫ですね。

更に緒花は普段の振る舞いからアンチ女将の急先鋒と期待されていただけに風当たりがキツいですね。
勝手に期待されても困るのですが、これも普段の行いが物を言ったのかな。

しかも緒花には孝一をぼんぼり祭りに呼ぶというイベントが待っている。
スタッフとの亀裂を修復しておかないと、
「緒花は喜翆荘より男を取った」
なんて更に立場が悪くなりそう。

相手にすべきはお客さんなのに。
喜翆荘存続のために一丸となったスタッフの熱意はすばらしいものがあります。
しかしその意識が女将さんに向いているのはちょっと違う。
相手にするのはお客さんであって女将ではない。
ベクトルの間違った努力は逆効果になりかねません。

また少ない人員でありえない客を捌くというのは、全員が120%の力をフルに発揮し続けないと無理。
こういう余裕のない体制はそう長くは持ちません。
一人倒れれば大崩れしかねない危険な状態です。そう思ったら巴が怪我を負ってしまった。
大ピンチへの絶望感から不満が一挙に吹き出します。

崩壊寸前の危機を救ったのは女将とそしてフラッと現れた緒花の母・皐月だった。
憎たらしいほどのグッドタイミングです。

喜翆荘完全体。
とでも言えばいいんでしょうか。
四十万の女が三代揃った喜翆荘は無敵です。
こうして客を捌ききった面々は、緒花がなんとか繋いだぼんぼり祭りを全員で見物。
全てが丸く収まったように見える?ところで次回です。

iroha-25-1234.jpg

女将はやはり限界なのか。
いち仲居として助っ人に参加した女将。
口では強気なことしか言いませんが、あまり体調が良くなさそうです。
年齢というよりやはり何かしらの病を抱えている様に見えます。
気丈な彼女は緒花に何も語りません。
それがかえって心配です。 

次回は花咲くいろは 第26話(終) 『花咲くいつか』です。 

公式サイト / ウィキペディア

偽タイガーを倒したものの、能力が切れて逃げられなかったタイガー。
バーナビーの腕の中でゆっくりと目を閉じる。
前回のラストで大変なことになってしまった。

tb-25-683.jpg

あんまり痛くって気絶しちゃったよ。
・・・良かった、死んでおしまいなんて虎徹に似合わないよ。
それに大事な人がみんな死んでいくなんてトラウマをバーナビーに与えかねない。 

バーナビーと楓につづいてブルーローズが、
ぬぅわ~タイガぁぁあああ~。
と抱きついたのは良いシーンなのに笑ってしまった。
ホント好きなのね、いつか報われるといいな。

折り紙先輩大活躍。
偽タイガーは一体じゃなかった。
どうするんだ、他のヒーローはたった一体の偽タイガーにやられちゃったのに。
・・・結構善戦してますね。とくに折り紙サイクロンが凄い。

彼の能力は変身。つまり戦闘能力は全くありません。
なのにちゃんと渡り合っている。
つまり素で強いということですよね。
これは自信持って良いと思う。

逆にもっと頑張って欲しかったのがドラゴン・キッド。
彼女の電撃はロボットである偽タイガーに一番効果的。
なのに攻撃が当たらなくて今ひとつ活躍できていない。
自慢のカンフーと合わせてガンガン敵を倒して欲しかった。
まあ最年少なので未熟なのは致し方ないでしょうか。

ある意味理想の悪役。
マーベリックの能力は記憶操作なので、折り紙先輩同様攻撃力はありません。
着々と追いつめられる訳ですが、決して命乞いをせずに反撃を試みます。
やってる事は最低だけど、悪党はこうでなくっちゃ。
スグ命乞いをしたり、負けた振りして攻撃とかは悪党として一流とは言えませんね。

しかし人質を奪われ、自分の正体が街中に生中継。
アニエスが操られていたのは実はお芝居。
洗脳が解けてない振りをしてこっそり正体を暴く準備をやっていた。
あの記憶解除ってモニター越しでも効果あったんですね。
ずっと勘違いしてました。

最後まで自分が悪いとは認めないものの観念はしたらしく、最後は自ら記憶を消してしまった。
・・・これって楓の能力で戻せないのかな?
ともかくも犯人としてのマーベリックは最後まで自節を曲げずに逝ってしまった。

バーナビーは虎徹に依存しすぎ。
こうして事件はなんとか解決。
そして虎徹の引退宣言。
バーナビーもついさっき知った減退ですが、当然みんなショック受けてます。
特にブルーローズは辛いでしょうね。
虎鉄が田舎に引きこもったら付き合うどころか会うのもままならない。

そして何故かバーナビーも引退を宣言。
虎徹さんが辞めるなら僕も。
辞めることの是非はともかく、その理由はどうなの。
そんな主体性のない性格で今後どうするんだ。
虎徹の田舎に一緒に帰って鏑木酒店で働けば楓は喜ぶかもしれませんが。 

tb-25-1289.jpg

そして一年後。
虎徹とバーナビーが去っても残ったヒーローは活動を続けていた。
二人に代わって大活躍しているのが何とブルーローズ。
スカイハイが返り咲きじゃなかったの?
好きでヒーローやってるんじゃない、と言っていた娘がえらい頑張ってますね。
このアニメで一番成長したのは彼女じゃないんでしょうか。
・・・ところが二部リーグの捕り物に見知った顔を発見。 

引退を撤回したワイルドタイガーがそこに居た。
既に発動時間は一分程度まで減退。
装いはそのままに「ワイルドタイガー・ワンミニット」として復帰したのでした。

一生ヒーロー宣言。
スポーツ選手などで引退時期についての話がありますね。
余力があるうちに引退して有終の美を飾るか。
ボロボロになって誰からも見向きされなくなるまで続けるか。

タイガーが選んだのは後者。
たとえ能力が無くなって、バカにされてもヒーローを止めない。

そしてバーナビーもまた復帰。
タイガーさんが復帰するなら、ってホントに依存してますね。
どんだけ虎徹好きなのこの人。
ブルーローズの恋愛成就最大の障害は虎徹本人でも楓でもなくバーナビーかもしれない。というところでおしまいです。

面白かった。
最後の復帰は個人的にはちょっと蛇足だったかな?とも思うんですが、ホント面白かったです。
当初全くのノーマーク。
なのに終わってみると今期一番楽しんだアニメだったと思います。

世間的にも人気・売り上げ共にかなりのものでした。
続編が作られるのは間違い無いと思います。
今回で二人が引退して、二期で復帰すると格好良いのではと思ったので、ラストの復帰はう~ん?となった訳です。

tb-25-997.jpg

勝手に二期予想。
ここからは妄想です。テキトーに聞き流して下さい。
舞台は一期ラストから5年後。何でかというと楓が16歳になります。
ヒーローデビューしてもおかしくない年頃。

そしてバーナビーと新たにコンビを組む。
タイガール(タイガー+ガール)&バーナビーで新コンビ結成。
今度はバーナビーが先輩となって楓を導いていくわけです。
この頃虎徹はヒーロー学校の教官として熱弁を振るっている。
一生ヒーロー宣言したけど紆余曲折あってヒーロー支援に落ち着く。

そしてブルーローズは22~23歳。
虎徹と酒が飲める年齢です。
すっかり大人の女となった彼女は数年来の思いを遂げるべくタイガーに猛烈アプローチ。

ブルーローズは好きだけど、新しいママになると複雑。
一方で自分もバーナビーへの憧れが恋に変わって悩む日々。
そんな葛藤を抱えながら、一人前のヒーローになって行く姿が描かれる。

本当にこんな話になるかは分かりませんが、続編は是非見てみたいです。

公式サイトウィキペディア / 公式Twitter(#tigerbunny)

heuge-22-743.jpg

きたない織部さすがきたない。
真田の間者の助けを借りて、秋月の城に潜入した織部。
しかしお目当ての楢柴肩衝が見つからない。
代わりに秋月の娘をたらし込んで連れてくる。
そりゃ数寄者じゃなくて好き者なんじゃないのか。
彼女をダシに秋月を降伏させ、楢柴を手に入れようという算段です。

秀吉に手篭めにされるのではと恐怖する秋月の娘を守り通すと約束する織部。
その舌の根も渇かぬうちにあっさり秀吉に献上。
・・・男性不信に陥ってしまいそうです。

しかし秀吉も娘に手は付けず、父親と再会させてやる。
名家の娘は好きだけど、ブスは要らない。
まったくどいつもこいつも最低だぜ!
最後に娘からパンチ食らった織部だけど、鉄拳一発で済めば安いもの。
戦国の娘は強いですね。騙されたからと言って泣き寝入るするタマじゃなかった。

heuge-22-990.jpg

こういうのはちゃんと歴史で教えるべき。
九州征伐を終えた後、高山右近の手引きでパーデレ(神父)のコエリョと面会した秀吉。
宣教師とは思えないほど重装備の軍船に不信を募らせる秀吉。
試しに売ってくれと言うとあれこれ理由をつけて応じない。

いよいよ持って怪しいと船を調べると、船倉に鎖に繋がれた女性がいっぱい。
布教にかこつけて日本人を奴隷として連れだそうとしていた。
奴隷船だからこその重武装。おまけに宣教師は服の下に鎧を着込んでいた。
怒った秀吉はコエリョ達を国外追放。
これがバテレン追放令の切っ掛けです。

ここらへんは歴史で詳しく習わないんですよね(注:自分の学生時代はそうでした)。
何かある日突然秀吉とキリスト教の関係が悪化した、みたいにしか書かれていない。
理由としては「人は神の下、平等である」この考えが秀吉とは相容れなかったから、がせいぜい。
当時の ヨーロッパだって人は平等じゃないでしょう。
高山右近が言うように神父の全部が全部奴隷商人まがいとは思わない。
しかし日本人を外国に売り飛ばすというのは外国人ならではの発想。

たとえ少数だとしても、パードレを隠れ蓑に悪事を働く連中が居るのを見過ごす訳にはいかない。
こういった暗部もキッチリと教えてこその歴史だと思います。

何かいい話になってる。
楢柴肩衝を秋月から受け取るに当たり検分した織部。
その目は節穴じゃなかったらしく、蓋がニセモノなのに気づいた。
しかし秋月の小細工を逆用。本物の蓋を自らの懐に入れてしまった。
娘の件といい、織部は相変わらず録でもない奴です。

話変わってバテレン追放令の後、主だった大名にも秀吉が棄教を迫ります。
これに困ったのが前述の高山右近。
織部にとっては妹の婿、義理の弟だけに捨てては置けません。
最後の説得に赴くものの、棄教しないのは南蛮好みという数寄を全うしたいからという理由に脱帽。
方向性は違うけど、数寄なら仕方ないよね。

別れ際に取り出したのは例の楢柴肩衝の蓋。
これを餞別がわりにと高山右近にやってしまった。
秀吉の欲した名物は不完全、その事を知って気晴らしをせよとの気遣いです。
小悪党な振る舞いが多かった織部が最後に格好良く見える、というところで次回です。

heuge-22-1262.jpg

構成が巧みだった。
織部が単なる女たらしの盗人で終わる話かと思ったら、そうじゃなかった。
奴隷貿易の話もNHKでよくやったと言いたいです。
普通の戦国モノではないという利点がよく出た回だったと思います。 

次回はへうげもの 第23話 『カモナ・マイ・聚楽』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-24-279.jpg

ちゃんと孝ちゃんに言いたい!!
一人相撲で振ったくせに振られたと思ってたり、
再会した時一瞬ビビって逃げようとしたり、
いきなり泣き出したりと相変わらずKYぶりが炸裂している緒花。
しかし遂に告白の時。
ぼんぼり祭に来て!
なんじゃそりゃあ!!
ちゃんと言ってません。ここへ来てまだ引っ張るか。

孝一は告白をしよう&求めていたのであって、そんな答えは望んでいないでしょう。
しかもまたバイト代つぎ込んで金沢に行かなきゃならないのか。
そもそもぼんぼり祭りやる日に今から予約が取れるのか。

スタッフはラストで告白って流れにしたいんでしょう。
しかし緒花は自分の勝手な思い込みでず~っと孝一を振り回してきた訳です。
金使わせるなら尚の事「恋人」を確定させてからじゃないと酷いじゃないですかね。

恋人同士でぼんぼり祭見て絆を強めればいいんです。
女将が旦那とそうした様に。
私は空気が読めないが、さすがに分かる→分かってなかった、やはりKYだった。
これは捻りの効いたギャグか何かなんでしょうか。

皐月は世論操作のプロ?
金さえ貰えば提灯でも中傷記事でも書くという御用ライター。
なのに書く記事の効果は絶大。
彼女が喜翆荘のベタ褒め記事を書いた為に喜翆荘には予約が殺到。
これで借金を返せば店をたたまなくて済む。
にわかに沸き立つ喜翆荘ですが、女将が「閉じるのは決定」と首を立てに振らない。

確かに蓮さんや徹に巴など、再就職がスグ決まっているスタッフも居る。
しかし新しい環境で上手くやっていけるかの不安はあります。
何より未成年の緒花、民子、菜子にお呼びが掛かることは皆無。
就職を世話してくれるならともかく、宛のない面子も居る訳です。

悲喜こもごもになる位なら喜翆荘があった方が良いに決まってます。
一度閉じるって言ったから何としても閉める。
女将も意地になってるのかな。

iroha-24-1270.jpg

やはり病が篤いのか。
珍しく緒花を連れて墓参りに行く女将。
しかし強烈な日差しの所為なのか、途中で倒れてしまう。
もしかして退院したのは手の施しようが無かったからで、病は進行しているのか。
それで自分が全部の借金抱えて墓に持って行こうとしてるのか。
最後に女将が死んでしまいそうな雰囲気が漂ってすごく不安です。 

家業を持った家に生まれるという独特の悩みがあります。
誰かが後を継がねばならない。
子供にその気or才能がない場合は悲劇です。
サラリーマンの家庭なら皐月だって「家業が嫌で飛び出した」という負い目は無かったかもしれない。
そして不本意ながら縁が継ぐ羽目にもならなかったかもしれない。

でも現実として縁は宿屋をやっている。
結婚もして意識改革も成ってやる気満々。
確かに才能はあまりないかもしれないけど、ここまで浸からせていきなり放り出すのも酷くないですか。

喜翆荘が無くなったら、この先彼はどうやって身を立てたら良いのでしょう。
普通にサラリーマンにでもなれと言うんでしょうか。
辞めるなら継がせる前に言ってくれ。
引き返せない所まで引っ張っておいてそりゃ無いと思います。

女将VS従業員。
にわかに活気づいている喜翆荘を閉めてなるものかと縁が女将に叛旗を翻した。
それは良いです。
しかし「業務が忙しいからぼんぼり祭りに人を出さない」と旅館組合と喧嘩するのはダメでしょう。
祭には協力しませんが、恩恵は受けさせて頂きます。
こんなの筋が通るわけありません。
対立感情を旅館の外に飛び火させるとか愚行もいいところです。

喜翆荘の従業員や客がぼんぼり祭りから締め出し食らったらどうするんだ。
そしてその後組合から弾き出されたらそれこそ廃業コースです。
旅館を引っ張って別の土地へは行けないんですから。
ぼんぼり祭で告白しようと目論んでいる緒花も大ピンチ。
内ゲバ外ゲバで大揉めの喜翆荘、というところで次回です。

記事の大本はあの人達?
緒花が接した本物の覆面調査員とおぼしき母と娘の客が居ましたよね。
前回の記事・・・皐月が自分で書いたもの。
今回の記事・・・覆面調査員のレポートを元にしたもの。
という事でしょうか。

だとしたら努力がようやく身を結んだのに閉館というのは寂しいですね。
でも喜翆荘が続くと孝一と緒花は遠距離恋愛になる訳で、どっちにしろ悩みは尽きない感じです。

女将のあの技術は宣伝に使える。
一瞬でシャンプーや風呂桶を並べたあの魔法のような整理整頓法。
あれ見れせば地方のTVぐらい取材に来るんじゃないでしょうか。

それにしても最後の最後に女将の入浴シーンが見られるとは。
アニメだからでしょうが歳の割に綺麗な体してましたね。

次回は花咲くいろは 第25話 『私の好きな喜翆荘』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-24-880.jpg

私は押さない。
一人だけ助けるからボタンを押せと言われて完全拒否するブルーローズがカッコイイ。
元々彼女はヒーローの自覚が一番無かった。
そんなブルーローズが虎徹とバーナビーを信じ、仲間を信じる。
素晴らしい成長ぶりです。

・・・そして残念さが止まらないのがロックバイソン。
たぶん最年長者だよね。
なのに何回もボタンを押す誘惑にかられてしまう。
ヒーロー歴も長いだろうにメンタルが弱すぎます。
ランキング下位なのに長くヒーロー出来たのは、ある意味芯が強いからじゃなかったのか。

あとスカイハイも余計なことを言いましたが、彼は自分が助かろうと思ってないでしょうね。
虎徹に勝るとも劣らないほどヒーロー意識が高いですから。
しかし仲間を動揺させたのは間違いないわけで、やはり天然ちゃんです。

その銃って犯人殺しちゃうんじゃないの。
偽タイガーと戦闘開始したものの、虎徹もバーナビーも力が戻ってない。
100倍パワーが溜まるまで逃げまわる展開が続きます。
ちょっとこのへんは間延びしてましたね。
対決即100倍パワーでも良かったんじゃないかと。
ただそうすると捕まったヒーローの葛藤が見られないからでしょうか。 

偽タイガーの銃は超強力。
以前虎徹を助けたルナティックもこれで負傷したみたいです。
あれじゃ逮捕じゃなくて退治してしまう。
ヒーローじゃなくて「ワイルド7」になっちゃいますね。

最強の矛と盾ですか。
ようやくパワーが戻ったけど、100倍パワー+二人がかりでも敵わない。
偽タイガー強すぎる。
強化服に100倍パワーでもへっちゃらってどんな物質使ってるんだ。
それこそ「セイクリッドセブン」の力でもなきゃ不可能だと思います。

虎鉄が偽タイガーを羽交い絞め、そしてバーナビーに敵の銃で撃つように指示。
ドラゴンボールで見た構図。
俺ごと撃て!という奴ですね。
敵の装甲を敗れるのは敵の武器だけというのは納得です。

tb-24-1110.jpg

第22話で最後に楓に触れたのはブルーローズ。
楓はその力で拘束を解き、科学者を攻撃。
初めて使う能力なのに、ちゃんと制御できている。
まあ極限状態に物事が上手く行くというのはままあります。
ここはご都合主義という事もないでしょう。

しかし科学者を氷漬けにしたら勝手に爆弾が外れる。
これはご都合主義過ぎる。
そこは斎藤さんの力なり、爆発しないからとヒーローが自分で壊すなりで良かったのでは。

5分以上戦っていた気もするけど。
バーナビーが撃つと同時に避ける手筈でしたが避けきれなかった虎徹。
同時に力を開放したのに、虎徹だけ能力が切れてしまった。
能力減退の話をここで持ってきた。
虎徹が何故引退しようとしたかの真意を知って涙目のバーナビー。
でも嘘が下手なのに誤魔化そうとしたから話がややこしくなった気もする。

やがて捕らわれたヒーローや楓も集まってきたけど、
虎徹は眼を閉じて動かなくなっていた。
・・・さすがに嘘でしょ?体だけは頑丈じゃなかったの!?というところで次回です。

tb-24-1442.jpg

予告に虎鉄が出てない。
さすがに生死のネタバレはしませんね。
終盤なのに脚本が今ひとつでした。
今までのテンポの良さが殺されていた感じがします。
能力が回復するまでドタバタ逃げまわるのとか、ヒーローのボタン押す押さないのシーンが冗長。
ちょっと飽きてしまいました。
まあ大外しはしてなかったので良しとします。

あと2話って今回を除いて全26話と思っていたのですが、次回で最終回。
斎藤さんのクラッキングは通じたのか。
またそれをやるということは偽タイガーは壊れていないのか。
そしてマーベリックはどうするのか。
来週で収集付けて余裕のあるエピローグを迎えられるのかに注目です。

次回はTIGER & BUNNY 第25話(終) 『Eternal Immortality.(永久不滅)です。

公式サイトウィキペディア

heuge-21-462.jpg

初恋って誰のだよ!?
普通に考えたら主人公の織部かと思うんですが、彼にはおせんが居ます。
出来た奥さんですし、織部の溺愛ぶりを見てもおかしい。
というかあの奥さんに満足出来なかったらとんだ贅沢者です。
そう思ったら家康だった。

母と朝日姫を人質に出してきた秀吉にさすがの家康も折れた。
上京して臣従の証を立てるというよく知られたエピソードですね。
その後城見物をした折にお茶々と遭遇。
え?まさかこの人に横恋慕するの!?
これはフェイントだった。
ああいう派手で腹黒そうな女性は家康の好みじゃない。

そしてその後秀吉の正妻・大政所北政所と出会う。(※誤:大政所→正:北政所、です。以下同様に修正。)
飾り気がなく母性に溢れる様に家康はすっかり魅了されてしまった。
彼が幼少時に織田・今川の人質生活を送ったのもよく知られています。
つまり母の愛情に飢えていた。彼が女性の求めるのは母性だったんですね。
要するにマザコンですが、境遇を考えると仕方ないのかも。

貸しとか借りとか大変ですね。
聚楽第に屋敷を作る費用が嵩む。
そのうえ九州攻めにも兵を出さなきゃならない。
予め出す兵数が決められており、渋ったら出世に響くどころか今後も危うい。
大名も色々大変なんですね。

織部は数寄で天下を取ると決めた以上、屋敷を諦めるわけにも行かない。
そこで目を付けたのが上京の折案内した家康の件。
彼の北政所ラブに目をつけて、とりなす代わりに金貸してくれと催促。
領民の血税を己が色恋のために使ってしまうなんて。
そう思いつつも乗ってしまう家康が何とも人間臭い。 

いっぽうで織部にも家康に借りを作ったわけで、ある配慮が必要になった。
どの世界でも借りっぱなしは許されないんですね。

heuge-21-1290.jpg

真田信繁(幸村)来た!
家康は九州攻めには参加してませんが、息子秀康(のちの結城秀康)が初陣として参加している。
金を借りる代わりに家康から宜しく頼まれているわけです。

何としても秀康に初陣で手柄を立てさせないと家康の心象を害することになる。
秀康本人も知らない所で織部が奔走することになるわけです。
上田左太郎を通して目を付けのが真田信繁。
山城攻めには神がかり的な強さを発揮する男。

真田幸村という名前のほうが有名ですが、本人が幸村と名乗った記録はありません。
江戸時代の講談で付けられた名前と言われています。
よってニワカと歴史マニアを区別する一つの尺度となっています。

織部の交渉術が炸裂。
これから攻める秋月種実は三肩衝のひとつ「楢柴肩衝」を所有している。
信長の時代に博多の豪商・島井宗室が頑として譲らなかったものです。
本能寺の変でもこれ抱えて必死に逃げましたね。
しかし後に秋月に強奪されてしまっていた。

信繁は当初忍者を使って秋月の暗殺を目論んでした。
ここに織部が待ったを掛けてくる。
楢柴肩衝を手にいれれば秋月の命に匹敵する手柄になる。
実際秀吉は秋月よりも三肩衝を揃えることに執着していますしね。
これで「信長越え」が成ると考えているんでしょう。

但し盗み出したのがニセモノではお話にならない。
このミッションには「目利き」の同行がどうしても必要。
そうやって自分の入り込む余地を作り出す織部。中々口達者ですね。
こうして古田と真田の共同作戦が成立、というところで次回です。

heuge-21-655.jpg

織部頑張るな。
楢柴肩衝を手に入れて、手柄を信繁と秀康に折半させる。
数寄大名なのに色々頑張ってますね。
数寄と大名どちらも上手くやっていかなければならない。
武の道一辺倒の大名よりも大変そうです。 

次回はへうげもの 第22話 『悪魔のささやき』です。 

公式サイトウィキペディア

アスタロッテのおもちゃ!EX巻を少しだけ・・・

昨日9/7にOVAが発売されました。
まだ見ていない・買っていない人向けの記事です。
4月~6月に放送された「アスタロッテのおもちゃ!」。
ロリアニメかと思ったらほのぼの家族アニメでもあって、楽しく見ていました。
女性がほぼ貧乳か爆乳しか居ないという設定には苦笑しましたが。

このアニメには当初よりTV未放映話がOVAとして発売決定していました。
それも放送しなかったのではなく、放送できなかったと言われていた。
何故なら直哉とメルチェリーダが子作りする話だから。

物語上重要な明日葉の誕生秘話。
でもアニメで放送するには今の世情では厳しい。
だからOVAでやるんだと実しやかに囁かれていた。 

▼記事▼:『アスタロッテのおもちゃ!』OVAのジャケット公開。

表紙を見れば否が応でも内容に期待が高まるってもんです。
そしてその映像を一部YouTubeで配信しています。

公式ブログ>EX巻の映像公開

因みに当ブログに埋め込んだ動画は普通に見られますが、
YouTubeでは年齢制限が掛かっており、IDと生年月日を入れないと見れません。
そんな動画なのにブログに埋め込めるのはどうなんだろう。
いずれコードを発行しなくなる日が来るかもしれません。

公式サイト公式ブログウィキペディア


いよいよ発売。
アニメWEB配信の最終15話が5月に放送されてからおよそ3ヶ月。
原作第9巻が9/10に発売します。
まず気になるのは表紙。
ウェディングドレス姿の桐乃と、顔は見切れていますが正装した京介というこの格好。
表紙だから適当にコスプレさせたとかじゃなくて、内と関係がある衣装だと期待せざるを得ません。

なんとなく予想。
桐乃が結婚式の宣伝モデルになると。
そして桐乃が相手役に難色を示す。
仕事とは言え、好きでもない相手と花嫁衣裳なんてイヤ!

スタッフ「じゃあ、お兄さんお願いできますか?」
京介「え!?」
桐乃「他に相手も居ないし時間もないから兄貴で妥協してやるか♪」

こんな流れでしょうか。

あだち充「みゆき」。
という漫画があります。
血の繋がらない妹や、親不在だけど貧乏じゃないという設定。
後のハーレムアニメ等に大いに生かされることになった「義妹モノ」のパイオニアです。
劇中で義妹のみゆきが結婚式場のモデルを頼まれる会があるんです。
一緒に撮影することになるのはもちろん兄の真人。

他にも第七巻で偽の恋人になったり、第八巻で桐乃のカミングアウトを聞くと、
今風に味付けした「みゆき」に見えなくもない。
まああっちは義妹でこっちは実妹なんですが。
ともかくもあと数日で発売です、手にとって読むのが楽しみですね。

Crarisの俺妹原作テーマソング期間限定版が9/14に発売!
原作第9巻と平行して、関連商品が発売されます。
アニメのOPを歌ったCrarisの3rdシングル「nexus」の限定版です。
三曲+インストという構成でタイトルにもなっている「nexus」が俺妹原作をイメージしたテーマソングになります。
既にあるCDの焼き直しに見えますが、 

・ジャケットがアニメ版になる
・通常版と違いDVD付き

100円アップでDVDが付くというのはお得な感じがしますね。
ただ分からないのがその内容。
ミュージックビデオらしいですが、Crarisは顔出しをしない筈。
ジャケットにあるとおり、桐乃と黒猫によるアニメーションでしょうか。
12月末日までの限定らしいので、興味のある方はお見逃し無く。

そろそろ二期が作れそう。
アニメ第一期は原作5巻分を、アニメ全15話で消費しています。
通常アニメ1クールは12~13話です。
原作6~9巻までの4巻あれば第二期が作れそうな気がします。
それとももう1巻、第10巻まで出してまた15話ぐらいやるんでしょうか。
何れにしても遠い話ではないと思っています。 

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメゲームきりりん黒猫

iroha-23-320.jpg

叔母と姪(義理)。
そういやこの二人ってそんな関係になるんですね。 
にわかに親族となったこの二人の東京珍道中が始まります。

前回のラストで喜翆荘を閉める宣言をした女将。
理由は今だ不明。
・資金繰りが悪化しているのか。
・もしや女将さんって重病抱えてるの?

せっかく縁が所帯持ったばかりなのに、継がせない理由は何だろう。 

崇子は詐欺られた金を取り返すと上京。
緒花は母と会って今後どうするかを相談して来いと女将に言われ崇子に同伴します。

緒花の学費。
喜翆荘に来てからって誰が出していたんだろう。
湯乃鷺に来たんだから女将が出していると考えるのが順当です。

いっぽうで緒花が東京に戻っても皐月は学費を払えるのか。
よしんば払えたとしても、元の学校に転入なんて出来るのかな。
入試よりも転入試験のほうが難しいと言いますし。

東京に入れる学校が無いとなると、卒業まで湯乃鷺に居るしかありません。
但し喜翆荘は無くなるので、最低でも別な住居が必要です。
学費は女将から皐月に引き継いでもらえればOKですが、無理となると自分で稼がなきゃならない。
高校生以上になるとポンポン転校は出来ませんね。
アニメだから、ここら辺は考えなくて良いのかもしれませんが。

皐月と孝一。
こちらも珍しい組み合わせです。
お茶に誘われた孝一は終始どもったりキョドりっぱなし。
まるで成長していない・・・。
相変わらずヘタレのままか、そんな不安が頭をよぎります。

視聴者としては12話以来孝一が何をやっていたか分かりません。
そして本日久々の登場。
当然成長を期待したのですが、どうもダメ男のままっぽいです。 
残念ながら民子の言うとおり、徹とは勝負になりませんね。

いつの間にそんなコネが。
崇子と皐月には義理の姉妹というルートが出来上がっていた。
結婚式にも来なかったのにいつ仲良くなったんんだろう。
そして皐月から詐欺プロデューサーの居場所を入手。
遂に捕縛に成功しました。

問題は彼がどのぐらい金を残しているかなんですが、まずはお見事です。
まさか崇子に武術の心得があるとは思わなかった。 

東京は凄く広くて人が多いです。
崇子の元を離れた緒花と皐月の事務所を飛び出した孝一が歩道橋でバッタリ。
1000万都市で電話も使わずにこんな偶然あり得ませんが、そこはドラマなので野暮なツッコミは止めます。
いよいよ二人の関係もクライマックス、というところで次回です。

iroha-23-1342b.jpg

正直喜翆荘の行く末のほうが気になる。
なので緒花と孝一は手早くくっついて欲しいです。
ぶっちゃけあまり尺を使って欲しくありません。
何故なら前期の緒花と孝一があまりに残念すぎて応援する気を無くしてしまいました。
演出の所為もありますが、この二人あまり魅力的なカップルに見えない。
メインの男女が冴えない。
というのはある意味斬新ですね。

完全に両想いなのに勝手な思い込みと消極性で疎遠になっていたとしか思えません。
「私は孝ちゃんに片思いする!!」
全然片思いじゃないだろう。
突っ込みたくて仕方なかったです。

いっぽうで孝一と波子は結局どうなったのか。
そこだけは興味ありますね。

次回は花咲くいろは 第24話 『ラスボスは四十万スイ』です。 

公式サイト / ウィキペディア

heuge-20-289.jpg

試される大名。
あばら屋に落とし穴に簡素な室内と、利休の紹介で訪れた「丿貫(へちかん)」の家はひたすら粗末。
そしてその全てが織部への謎掛けだった。
何より口に入るものは絶品。
演出が凄く「美味しんぼ」みたいです。 

終始やり込められっぱなしだった織部ですが、最後に一矢報いることが出来ましたね。
それにしても人生五十年の戦国時代で、40を過ぎた男に「若造」とは・・・。
侘びって億が深いんですね。 

傲慢さと三杯の茶。
所変わって三成の茶会に招かれた利休と宗二。
新たに堺奉行となった三成は急速に改革を進めており、堺の商人にとっては面白くない。

前任の松井友閑はそんな言動をしなかった。
宗二の批判に対し、
自分の声は関白様の声、秀長の茶道の任を解かれたくなければ黙っていろ。
権威を傘に着た上から目線の物言い。

宗二自身も欠点の多い人物ですが、こんな言われ方されたらそりゃ怒る。
その後お茶を出すのですが、有名な「三杯の茶」のエピソード倣ったもの。

とある寺で休息した秀吉は茶を求めます。
小姓が持ってきたのは大きめの器にぬるめもお茶。
お代わりをすると少し小さい器に前より熱いお茶。
三杯目には小さい器に熱いお茶。
気遣いに感じ入った秀吉は小姓を自らの家来にした。
それが後の石田三成である。

これ自体は良い話なんですが、堺の商人にとっては状況が問題です。
しかし他の商人は三成の権威に縮こまっておべっか使うだけ。
宗二は非難したいものの言葉が出てこない。
そして利休が口を開き「型通りで面白くない」と面と向かって非難。

宗匠さすが!・・・え?
大喜びした宗二ですが、その後失望させられる。
面白きとは関白様のようなもの、説明は出来ません。
秀吉の名を使ってやり返すなんて邪道とガッカリ。

宗二の根本には堺の名物を根こそぎ取り上げた武士への憎悪があった。
侘びと真逆の黄金の茶室を作ったり、秀吉を持ち上げる利休にも納得が行かない。
理想主義の宗二と現実を見ている利休。
でも武士嫌いってのは茶とは関係ない訳で、宗二の見る目も歪んでいる。
今後の宗二に悲劇の予感がします。

heuge-20-1208.jpg

宗二大暴れ。
ストレスが限界を超えた宗二は聚楽第の秀長屋敷をぶち壊す。
同じ利休の弟子として止めに入る織部。
悪趣味に付き合わされて、このまま障害を終えるのは我慢ならん!
例え武士の世だろうと、ダメなものはダメと言いたい宗二。
その気持ちがちょっとは分かるのか、フォローしようとする織部。というところで次回です。 

織部のちょっといい所。
が見れたと思ったら、秀長屋敷の床柱をパクった。
やはり織部は織部。
そこらへんは変わっていませんね。

でも寸借とか横領とかこの時代少なくなかったと思うんです。
付け届けとか賄賂と贈り物の区別も曖昧でしたし。
だからこういう理由つけて上手くモノにする織部はあまり不快に感じませんね。
ダメはダメなんですが。 

次回はへうげもの 第21話 『初恋』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-22-555.jpg

大は小を兼ねない。
崇子用のウェディングドレス製作中の一コマです。
緒花は小さすぎて合わない。
結名は「婚期が遅れるから」と着たがらない。
ジンクス知ってて菜子に着せるとか鬼。
なのに着れなかったとかただ呪い受けて恥かいただけ。
・・・着れなかったということはまだ大丈夫なのかな。

全方位敵対外交。
緒花を嫉妬から一方的に嫌い、
菜子と結名が作ったウェディングドレスを振り払い、
徹からは仕事でミスって手伝いを外される。
端から見ても痛々しい民子は今日も間違った方向に暴走してましたね。

民子は徹の仲人か何かなのか。
緒花に限らず徹が気になる女は片っ端から「付き合え」と強要するつもりなんでしょうか。
相手の気持とか徹の気持ちとか全く考えないで。

しかしこれを収めたのも徹です。
自分が何かした訳でもないのにケツを持ってくれる、本当にいい男ですね。

気にはなってるけど好きに至らず。
徹から見た緒花と民子の印象はこんなところ。
一見いい加減に聞こえますが、現状そうなら仕方ないですね。
別に手を出したり二股した上で言ってる訳じゃないですから。
あと年齢的に微妙な問題があるので、簡単に応じる訳にもいかないですしね。

ほとんど民子が一人で騒いでいた感じのする不協和音も何とか収まって、無事縁と崇子の結婚式を迎えることが出来ました。喜翆荘挙げての結婚式は費用を抑えた割にかなり豪華に見えますね。
やはり老舗旅館いうロケーションの強みでしょうか。

手弁当の結婚式が滞り無く終了。
一段落した所で女将が「喜翆荘を閉めようと思う」と爆弾発言。
何もこんなめでたい席の直後に言わなくても。そして緒花はどうすりゃいいの?というところで次回です。

iroha-22-924.jpg

継がせるとは言ってない。
それって本気だったんですね。
結婚式で高まった雰囲気が一気に葬式ムードになってしまいそうです。
緒花も大変ですが、一番困るのは縁と崇子でしょう。
アテにしていた喜翆荘が無くなっちゃう。
結局縁は後継者として認められてなかったのか。

確かに女将は何も無い所から40年も旅館を運営してきた。
でも最初に無かったのと、あったものが無くなるのでは意味が違う。
或いは別の理由があるのかもしれません。
借金まみれでもう限界、という可能性もありますね。

次回は花咲くいろは 第23話 『夢のおとしまえ』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-22-391.jpg

ブルーローズはガチ、それに引き換えロックバイソンときたら。
ヒーローたちに俺を思い出して貰おう!!
虎徹の秘策その1:旧タイガースーツでアピール・・・コスプレ扱い。
虎徹の秘策その2:ヒーローの暴露話で仲間をアピール・・・これもストーカー扱いされて失敗。
ベンさんが頭を抱てるのが想像付く。
もうちょっと何とかならなかったのか虎徹。 

それでも必死にアピールした結果、ブルーローズが信じてくれた。
ホント良い子ですね。
一方虎徹をまるで信じなかったのがロックバイソン。
このゲス野郎が!!
もしかしてこれ日頃の鬱憤入ってる?
ホントに親友だったのかを疑いたくなりますね。

ここに登場した楓の能力で全員が記憶を取り戻します。
やはりマーベリックの力をコピーした事が役に立ちましたね。
そして虎徹もマーベリックがNEXTだと気づいた。
残るはバーナビーの記憶解除という訳です。

tb-22-890.jpg

スカイハイェ・・・。
ところが楓の能力が代わってしまった。
よくやったお嬢さん!!
スカイハイと触れて能力が上書きされてしまったから。
こうして肝心要のバーナビーの記憶を取り戻す術が無くなってしまった。

知らぬこととは言え、やらかしてしまうのがいかにもスカイハイという感じです。
そして薄情だったロックバイソンが虎徹の盾になって汚名返上しています。
覚悟を決めた虎徹がタイマン勝負を持ちかけて、あとは二人の戦いになりました。

虎徹に付いて行こうとした楓を止めたり、大丈夫よと声をかけたりしているブルーローズ。
これは楓への後妻アピールか。
ちょっとあざとい気もしますが、記憶操作されても虎徹を信じようとした彼女なら許されると思います。

斎藤さんも戻ってる。
ヒーロー以外に記憶操作されている人物の中で、斎藤さんだけは記憶を取り戻していた。
中継はマーベリックが切ったみたいですが、監視カメラで見ていたのかな。
そしてあの記憶操作ってモニター越しでも有効なんでしょうか。
或いはビルに居たから楓の能力解除を受けたのかも。
なんで僕のスーツ着ないでクソスーツ姿なの?
気にするとこはやはりそこか。

こうして新スーツに着替え直し、バーナビーを迎え撃つ虎徹。
残るヒーローたちの前には偽タイガーが立ち塞がる。
正直マーベリックかなり追い詰められている気がするんですが余裕ですね、というところで次回です。

tb-22-1350.jpg

バニーは最後。
思い出すの最初か最後どちらだろうと思ったら最後になりましたね。
それにしてもスカイハイの天然っぷりにやられた。
記憶解除の能力じゃなく、二人で戦っているうちに思い出す展開になりそうですね。

元々マーベリックの記憶操作は強力とは言い難いです。
一対一で疑問を投げかけていけば戻る気もします。
というか思い出しかけてね?
殴られた時文句言ってましたし。

そしてマーベリックの余裕の秘密は偽タイガーでしょうか。
間違いなくロボットだと思うんですが、そんなに強いのかな。
シスとは比べ物にならないぐらい強力なのかもしれません。 

次回はTIGER & BUNNY 第23話 『Misfortune never come singly.(不幸は単独では来ない)です。

公式サイトウィキペディア

heuge-19-1110.jpg

利休の限定品商法。
二週連続休みはキツかった・・・。
今回は千宗易改め利休の商売の上手さと信念が垣間見えましたね。

・利休が心血を注いで創り上げた四角い黒茶碗。
・大大名に献上し、珠玉の逸品であると印象づける。
・次に市井に公開するものの、非売品と称して売らない。
・それでも売って欲しい人物に対しても売り惜しみ。

茶人である前に商人という印象が強く出るシーンです。
しかし利休は単に物が高く売れればいいの人ではなかった。 
利休が心血を注いで創り上げた四角い黒茶碗こそ、舶来の名物すら及ばない一番の大名物にしたい。
今焼で古物に勝とうとする意気込みがハンパじゃありません。

そんな凄い茶碗を貰えることになった織部もかなりの高弟と位置づけて良い存在なんでしょうね。

heuge-19-722.jpg

秀吉のキャラソン?
信長ではなく秀吉による敦盛とは何とも珍しい。
明智光秀の「昭和ブルース」に続くキャラソン商法?無論冗談です。

※踊っていたのは秀吉ですが、敦盛を歌っているのは信長でした。
究極のパクリ。
信長や家康と併せてタイプの違う三人と称されることが多い秀吉。
しかし「へうげもの」の秀吉が目指すのは織田信長の模倣を極めること。
その為には真似して、真似して、猿真似しつくしてやるという強固な意思が垣間見えます。

幸い秀吉には弟であり優秀な補佐役である羽柴秀長が居ます。
個人的に秀長無くして猿の天下はなかったと思っています。
信長には彼のような存在が居なかったから中途で終わってしまった感じさえあります。

しかし秀長は病気がち。
残された時間はあまり多くはなさそうです。
朝鮮、明、果ては天竺を攻めるという野望はかなり厳しそうですね。 

聚楽第を絶賛建築中。
織部も大名屋敷を構えることとなり、えらく意気込んでいます。
何しろ「数寄の天下を取る」という野望がありますからね。
その為にはと接触したのが絵師・長谷川等伯
腕は超一流ながら狩野派の独占状態にある絵画の世界で不遇を囲っている人物です。

ちょっと本道から外れた最高の腕、というのがいかにも織部好み。
彼の仕上げた襖絵がどんな仕上がりになるのかが非常に楽しみです。

しかし等伯も織部の好みを理解するのは大変そう。
はにゃーって「おーい!はに丸」かよ?
これとおっぱい茶碗で何を理解しろと言うんでしょう。
数寄者同士でしか分からないセンスがあるんでしょうね。というところで次回です。

heuge-19-438.jpg

タイトルのウーマンって朝日姫なんだ。
秀吉が家康を従えようと、自分の妹を離縁までさせて送り込んでくる年増の嫁です。 
あのサルの妹という事と、大年増ということで「姫でありながらあまり美しく描かれることのない」人物です。
不細工・オバサン・陰気臭い。
このアニメでもかなり可哀想な描かれ方をしていますね。
もっとも境遇はそれ以上に可哀想なんですが。

しかしそれは家康とて同じ。
いくら結婚相手を望めない武家社会とはいえ、これ何の罰ゲーム?と言いたくなるような相手です。
それでも必死に契ったのはひとえに徳川家安泰の為。

よよと泣き崩れる朝日姫の気持ちは分からないでもない。
でも家康だって泣きたいんだよ。
必死に慰めて、慣れないギャグまで飛ばしたのに朝日姫は泣き濡れるばかり。
泣いてる顔も可愛くない。
この家康には本当に同情します。

次回はへうげもの 第20話 『わびの大穴』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-21-136.jpg

私たち、結婚します!!
プールの件は一時の冗談かと思ってた。
まさかの縁&崇子の結婚宣言。
Love saves the world.(愛は地球を救う)
24時間テレビに合わせて来たんだろうか。 
みんな色々言いたいことはありますが、本人たちはやる気満々。

映画撮影は崇子が持って来て、縁が金を出した。
喜翆荘に大損害与えたダメコンビじゃないですか。
この二人に権力与えたら間違いなく潰れそう。
将来を悲観して別な就職先探すスタッフが居ても不思議じゃない。
ドライな人なら福屋への再就職の道を模索するところです。

みんちがまた逆恨みしてるようで・・・。
意外ですが派手な外見に反比例して崇子は質素な結婚式で納得。
女将さんの厳命が無ければ式さえ挙げないで済ますつもりだった。
金銭感覚はまともだったんですねこの人。
そこで緒花の提案で、喜翆荘挙げての手作り結婚式が催される事になった。
学校祭から緒花の暴走は良い方向に向いてますね。

しかし面白く無いのがみんち。
表面上クールを装ってますが彼女は相当ミーハー。学校祭でも証明済みです。
結婚に沸き立つ喜翆荘の雰囲気に当てられて、自然と徹を意識する機会も増えます。

自分から徹に言い寄ることはできない。

徹が「緒花」の名前を出して不機嫌になる。

緒花シカトモードに入る。

緒花に徹と付き合えとヒステリーをぶちかます。 

面倒臭いよこの子、八つ当たりも甚だしい。

緒花よりも痛い子度がアップしている。
せめて徹に告白→玉砕してから嫉妬してください。
自分はなにもしないくせに、徹が勝手に言い寄って来て
「好きです付き合ってください」
と言うのを未来永劫待ってるつもりなんでしょうか。
その間徹と仲良くなった女性には全員嫌がらせするつもりなのか。
完全に横恋慕キャラじゃないですか。 

徹はエスパーじゃないから言ってもらわないと分からない。
或いは上下関係にストイックで、弟子に色恋沙汰と持ち込まない人かもしれない。
更に民子に惚れなきゃならない義務もない。
そんな理由で当たり散らされても訳がわからない。

恋愛は先着順じゃありません。
付き合っても居ないのに所有権みたいの主張されても困ります。
また勝手に押し付けられるのも迷惑です。
徹が緒花を気にかけてるとして、ホントに一人の女性として見ているのか。
手のかかるワルガキ程度の認識なら一人相撲もいい所です。

マリッジブルー?そして・・・。
式の準備に奔走する縁と喜翆荘の面々がいる一方で、日取りが近づくごとに虚脱状態の崇子。
挙句女将に結婚の取りやめを願い出ます。
自分は女将に認めて貰えそうにないからと。
女将ダシにしてるけど、面倒くさくなっただけじゃないの?
崇子は日に日に結婚への情熱が冷めている様に見えましたので。

そんな彼女に夫から貰った指輪を手渡す女将。
更に頭を垂れて縁をお願いしますと懇願。
自分は認められていないと思ってた、だから勝手にしろと言われたのだと。
誤解が氷解して崇子の目にも涙です。
うん、いい話だなー。
いや、継がせるつもりは無いよ。
・・・え、そうなの?というところで次回です。

iroha-21-1234.jpg

女将は真意はいずこ。
厳密には「そのつもりは無い」なので跡継ぎの件かはハッキリしません。
でも指輪くれるぐらいだから結婚はOKなんですよね。
そうなると消去法で喜翆荘の跡目はダメってことになります。

やりたきゃ別の旅館作ってやれという事でしょうか。
何かミスリードっぽい台詞にも聞こえるので、来週を見ないと何とも言えませんね。

それにしても回想の若女将は美しかった。
正直美人度は、翆>皐月>緒花ですね。 

次回は花咲くいろは 第22話 『決意の片思い』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-21-1316.jpg

俺がタイガーだ!!
記憶操作能力と正体不明だったことがアダとなり、誰も虎徹を覚えていない。
挙句偽タイガーまで現れて、ちょっと記憶を取り戻しかけたブルーローズも信じてくれない。
タオルあげたのは伏線だったんですね。
文字「鏑木酒店」の所までは言及しませんでしたが。

それなら思いださせてやる、と受け取ったクソスーツ(旧ワイルドタイガーのスーツ)を見にまとい颯爽登場。
ここら迄の一連の流れは見てて泣けてきます。
全てのヒーローが集結し、また復帰したバーナビーもいざ出陣、というところで次回です。
切り方も最高、盛り上がりも最高潮。
今まで以上に来週が待ち切れない幕切れとなりました。

tb-21-868b.jpg

ルナティック格好良い、ベンさん超カッコイイ!!
誰もが虎徹を忘れてしまった中で、覚えていたのがこの二人。
マーベリック社長もユーリ裁判官=ルナティックだとは知りませんからね。
但し正体を明かすわけには行かないルナティック。
間接支援が精一杯で「お前の正義を見せてみろ」と虎徹にハッパをかけます。

更にベンさんを待ち伏せしていた虎徹。
何とか彼のタクシーに乗り込むもののベンさんは終始無言。
まさか、ベンさんもマーベリックに洗脳されたんじゃ・・・。
落ち着け虎徹。
俺はずっとタイガーのファンなんだぜ。
俺がお前を忘れる訳無いだろうが!!
ここホント泣けます。
一瞬ヒヤッとさせられただけにグッと来るわけです。

そして彼が渡してくれたトランクには旧タイガーのスーツが入っていた。
しわくちゃだったけど虎徹にとって何よりのプレゼントでした。

あれロボットでしょ。
ニューバージョンと称して出てきた偽タイガー。
TIGER & BUNNY 第15話 『The sky's the limit...(限界は空高くに・・・)』
こちらでシスというロボット作ってた技術の応用っぽいですね。
スーツじゃなくてロボットだから形が変わる。
それを「ニューバージョン」だと誤魔化している。

親代わりの人を殺され、記憶を消され、両親の技術を悪用したロボットとコンビ組んで本当のパートナーと戦う。
バーナビーも不憫過ぎる人生送ってますね。

牛角さん・・・。
ドラマCDだと、虎徹と牛角さんは高校の時からの付き合いなんです。
なのに全部忘れたの!?
犯罪者の元同級生のインタビューのノリで「昔はこんなやつじゃなかったのに」ぐらい言ってくれると思ってた。
虎徹を攻撃する時の牛角さん、妙に生き生きしてるようにさえ見えます。

ドラマCDの設定は冗談だったのか。
或いはそこまで記憶を操作されているのか。
ブルーローズは思い出しかけたのに。
あまりにもあんまりな牛角さんの扱いに、別な意味で泣けてきそうです。 

tb-21-1181.jpg

楓が来た!!
お父さんはだらしなくて、約束破ってばかりだけど、絶対に人殺しなんてしない!!
ボロクソ言っても父を疑うことは無かった楓、本当に良かった。
そして遂に祖母から虎徹の正体がワイルドタイガーだと知らされる事になります。

シュテルンビルトにやって来た楓はバーナビーに助けを求めようとする。
そこに声を掛けてきたのがなんとマーベリック。
まさか虎徹の家族も調査済みで、近づいてきたのか。
楓大ピンチ!!

どうやらそこまでは調べてなかった模様。
頭をなでて去って行きました。
マーベリックが楓に触った。
つまり彼の記憶操作をコピーした訳ですね。
彼女がバーナビーに接触すると、記憶を取り戻すことが出来そうです。

次回はTIGER & BUNNY 第22話 『Bad luck often brings good luck.(人間万事塞翁が馬)です。

公式サイトウィキペディア

 

放送終了しましたが、まだまだ戦国乙女は終わらない。
8/14のコンサート「宴会乙女」も楽しかったみたいですね。
公式サイト>>コンサート『第14話!?宴会乙女』
公式Twitter>>宴会乙女、お越しいただきありがとうございました!
公式Twitter>>宴会乙女のフォト
『戦国乙女 歌謡祭 〜第14話!?「宴会乙女」〜』が開催!DVDが11/2に発売!!
『戦国乙女~桃色パラドックス~』コンサート「戦国乙女歌謡祭~第14話!?「宴会乙女」~」レポート
そして商品も続々登場です。


BD/DVD。
公式サイト>>商品情報>>BD/DVD情報
9/7に発売する、BD/DVD第三巻のジャケットはこちら。
武田シンゲンと上杉ケンシンです。
「第4話 対決乙女/第5話 怪談乙女」が収録されています。
やはりあけりんととくにゃんは後半に取っておいているのかな。


抱き枕カバー。
公式サイト>>商品情報>>その他
10月上旬よりコスパから、
ヒデヨシ抱き枕カバー
イエヤス抱き枕カバー
が発売されます。
個人的にはヨシモトを希望します。
追加で発売してくれると嬉しいです。 

抱き枕カバー:なんで二種類あるのか。
どちらもポリエステル素材ですが、「ツイル」「スムーズ」の二種類あるからです。
特に表記がなかった場合は「ツイル」みたいですね。 

抱き枕カバー:どうしてAMAZONだとアダルトカテゴリ(18禁)なのか。
どちらも裸ではありません。
なのに何故かAMAZONではアダルトカテゴリに入っており、 18歳未満は購入できません。
これは「抱き枕」という商品自体をアダルト扱いしている為じゃないでしょうか。
そして中には過激なデザインも有るため、巻き添えを食った形です。
他のサイトでは特に18歳未満購入禁止という訳ではないらしいです。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

iroha-20-1193.jpg

がんばれ民子。
学校祭の準備の最中、民子の厨房班に不穏な空気。
ひとりぼっちで料理する羽目になるのか。
我らが緒花がこの状況を座視している訳がありませんね。
当然首を突っ込んで来る。

しかしこれが意外な効果を生みます。
民子の怒りの矛先が緒花に向いてしまい、昨日喧嘩したユキとの確執はウヤムヤに。
更に心配で駆けつけた菜子の一言。
「オムライス食べたい」
水野さんの絵のイメージが騒動の原因であるオムライスと合致。
うまく誘導する形でオムライスに持っていけました。

特攻の代償。
調理室では作れるけど、教室では作れない。
それならばと緒花と菜子がアレンジを加え、無事完成。
融通が利かない民子を上手くフォローしましたね。

そして緒花にはひたすら試食また試食の嵐。
しゃしゃり出た対価をきっちり払わされることとなりました。
しばらくオムライスは視るのも嫌になりそう。

徹が来た。
しかもオムライスを指定。
他のメニュー(和食ばかり)と毛色が違って気になったのか。
民子ガチガチになりながら作って震える手で「LOVE」を書いているのが容易に想像付きますね。

ケチャップの文字にぎょっとした徹ですが、他のオムライスも同じだと納得しちゃったみたい。
多少なりとも意識してくれる切っ掛けになるんでしょうか。
民子が自分で持って行けば良かったのに。
そして目の前で文字描けば完璧だった。
テンパって失敗しそうですが。

いい絵でしょ。
こうして学校祭は無事終了。
まあ2-Aは大盛況でしょうね。
あまり描かれてなかったけど、結名効果が大きかったんだろうなあ。

菜子のクラスはそれなり・・・でしょうか。
でも水野にとっては大きな意味があったんでしょうね。
自覚ないけど菜子かなり好かれている感じがしました。
しかし彼女の絵はサッパリ分からん。
水野の太陽=菜子って事なのかな?
抽象画ってやはり難しい、というところで次回です。

iroha-20-934.jpg

オムライス一口食べた所で終わっちゃった。
ので徹が味を評価するシーンは無し。
是非感想を聞きたかったですね。 

喜翆荘の三人娘は高校生ながら全員料理が出来ちゃう。
二人は仲居もやってるし家事技能高いです。
嫁の貰い手には困らないでしょうね。

次回は花咲くいろは 第21話 『蘇る、死ね』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-20-1219.jpg

ひとりぼっちのタイガー。
大変な事になってしまいました。
結局バニーは記憶操作されちゃいました。
マーベリックにとって残る邪魔者は虎徹とサマンサ。
この二人を一気に片付けるべく、

・サマンサ殺害
・罪を虎徹に擦り付ける
・ヒーローTV関係者全員から虎徹=タイガーの記憶消去

誰も自分を覚えていない。
挙句犯罪者として追われる。
実家でテレビを見ていた母安寿と娘楓もビックリです。
マーベリックえげつない事しますね。

でもこれが致命傷になりそう。
バーナビーの両親の件は、行きずりで殺してしまってから記憶操作したものです。
今回は虎徹を陥れるためにわざわざサマンサを殺害した。
目的と手段が逆、同じ殺人でも意味が全然違います。 

しかも虎徹の関係者全員の記憶操作には無理がある。
4歳児とおばさん一人の記憶操作ならまだしも、虎徹は30代半ばでしかもヒーローです。
当然人間関係は広いです。
ヒーローTV全員の記憶を完全に書き換えるのは無理があります。
ドラマCDによると、牛角さんとは学生時代からの付き合いです。
矛盾が出てこない訳がない。

いらぬ欲をかかないで、普通に記憶操作すれば良かったのに。
色気を出して身の破滅というパターンだと思います。

でも大ピンチには変わらない。
ヒーローの正体を隠していたことがアダとなってますね。
タイガーが虎鉄だと知っているのは今や鏑木家の面々と嘗ての上司ベンさんだけ。
更に虎徹の能力は絶賛減退中。
弱体化したハンドレッドパワーで逃げ切れるのか不安です。

そして記憶を失ったヒーロー仲間が虎徹を「単なる犯罪者」として追いかけてくる訳です。
嘗ての仲間が話も聞いてくれないのは辛い。
そして最近ご無沙汰のルナティック。
殺人犯となれば、当然彼の制裁の対象となります。
まさに八方塞がりの状態です。

tb-20-1411.jpg

ルナティックは味方になるかも。
しかしわずかな希望があります。
ちょっと気になることがあって調べました。

第5話で虎徹の器物破損に対して裁判が開かれた時です。
虎徹は素顔で裁判を受けていた!
つまりユーリ裁判官(=ルナティック)も虎徹=タイガーだと知っている人物の一人。
そして現状マーベリックが記憶消去したフシは無し。

当然虎徹がタイガー扱いされない報道を見たらおかしいな、となる訳です。
一度激突した後で一時共闘、という展開が期待されますね。というところで次回です。

切っ掛けは何だろうか。
バニー達ヒーローTVの面々が虎徹を思い出すアイテムは何だろう。
写真?ビデオ?何かあったでしょうか。
今までの話で出たものが伏線になる気がする。
考えたのですが、今のところ思いつきませんでした。

tb-20-1401.jpg

鏑木家は大丈夫か・・・。
特に楓が心配です。
学校で虐められないでしょうか。
兄や母が嫌がらせを受けるのでは無いでしょうか。
父がヒーローと知る前に殺人犯にされちゃうとか可哀想過ぎます。
虎徹が父だと言ってなくても、鏑木って珍しい苗字だから直ぐバレそうで心配です。

次回はTIGER & BUNNY 第21話 『Heaven helps those who help themselves.(天は自ら助くる者を助く)です。

公式サイトウィキペディア

iroha-19-1025.jpg

田舎の高校の学校祭にしては大盛り上がりの2-A。
何故なら学年ツートップの美少女・結名姫と民子姫が居るから。
他は菜子のクラスのように、一部の人間に押し付けて客に徹するみたいです。 

2-A接客班は順調。
結名をリーダーに、緒花をブレーンという配置。
まさに適材適所です。
緒花をリーダーにすると最初は盛り上がるかもしれませんが、どこかで暴走してドン引き。
そんな末路を想像しちゃいます。

喜翆荘の制服を持ちだして和気あいあいと準備が進んでいく。
良い意味で女子が結束していますね。

2-A調理班は暗雲。
リーダーの民子は確かに腕が立つでしょう。
でも社交性は乏しいので、一歩間違えると孤立してしまう。
なんでオムライス入れてくれないの!?
ユキという女性とが猛反発。
民子は単に学校の道具じゃ作れないから、と外しただけ。
オムライスオムライスって何でそんなに拘るのか。
どうやら片思いの男の子に好物のオムライス作ってアピールしようと密かに画策していた。
目論見が崩れてヒステリーを起こしています。

iroha-19-1224.jpg

まあユキという子がアホなんですが。
中学からキリトくんなる男の子が好きなんだそうです。
学祭をこっそり私物化しないで、普通に告白してください。
しかもそのキリトという男は修学旅行で民子に告白して振られた。
その様子を忸怩たる思いで見つめていたと。
知ったこっちゃ無い。
好きでもないキリトに告白され、その事でキリトに惚れているユキから逆恨みされる。
民子にとってはいい迷惑です。

そもそもユキに見向きもせずに知りあって浅い民子に告った時点で望み薄じゃないのか。
恋愛は先着順じゃありません。
仮にユキの小学生からの好きでもない同級生が
「俺のほうがキリトよりずっとユキが好きだから」
と告白したら受けるのか、と聞きたいです。

でも対応が拙かった。
民子だって学祭で徹にアピールすることを狙ってるわけです。
ただし民子は自身の及ぶ権限の範囲、ユキはただの我侭ですが。
そこを全く察してやれないのは拙かったですね。

更に民子はモテます。何せ姫ですから。
モテる女子とモテない女子、どちらが多いかと言えば後者。
恋愛絡みの話になると民子はある意味少数派なんです。

民子の言ってることは正しいんですが、味方を増やせない物言いはダメでしたね。
その上仕事の延長と考えている民子と、内心お祭り気分の他の子とは意識に隔たりがある。
これが一気に吹き出して、調理班崩壊の危機。というところで次回です。

iroha-19-1282b.jpg

ガンバレ水野さん&菜子。
菜子のクラスでは画家の卵である水野の絵を展示。
大人しい二人で淡々と準備が進んでいく。

・・・抽象画ですか。正直素人には評価に困る絵です。
下手すりゃ落書きにしか見えないんで。 
実際菜子が絵を上下逆さまにしたり、名前を付けてと言われてテンパってますね。
本人も逃げ出したい様で、やけに「私仕事してもいいです」と弱いアピールしてるのが笑える。

菜子は気づいていないけど、水野さんは一緒にやってくれる菜子が気に入った模様。
じゃなきゃ作品の名付け親なんて頼まないですね。

次回は花咲くいろは 第20話 『愛・香林祭』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-19-514.jpg

今回も内容濃かったですね。
いろいろありますが何より印象的だったのは、虎徹が最低だったという点です。

なんでキチンと説明しないの。
娘との電話を聞かれ、虎徹が辞めることを知ったバーナビー。
自分から言えず電話越しの会話でバレちゃうのが何とも格好悪い。
当然詰め寄ってくるわけです。

今やバーナビーの虎徹への信頼は絶大です。 
そしてバーナビーは記憶が混乱して大変な状態。
本人は明言しませんが相棒として頼りにしているんです。
ボクちゃん土日休みたいから。
そんなウソ付かれたらそりゃ怒りますよ。

バレたんだから誤魔化す必要なんてありません。
俺の能力は減退している、
口に出すと認めてしまうようで今まで言えなかったんだ。

そう言えば良かったんです。
本人もショックを受けているとは言え、誤魔化そうとしたのは拙かったですね。

信じていたのに。
まず辞めることを話してくれなかった事について。
これはタイミングや言いづらさもあるでしょう。
しかしウソの理由を言ったのは完全に故意。
信用されてないと思われても仕方ありませんね。

信頼の裏返しから罵声を浴びせるバーナーに手を出してしまう虎徹。
男相手にビンタは無いだろう、一応手加減しているつもりなんでしょうか。
ショックを受けたバーナビーはハンドレッドパワーで飛んでいってしまいます。
炎がトリガーになって記憶が戻った時も同じことやってましたね。
ネットじゃブルーローズの「キューティーエスケープ」をもじり「ハンサムエスケープ」とか言われていました。

もう頼れるのは叔父さんしか居ない。
記憶が混乱していることを話すバーナビー。
まあ、落ち着けと飲み物を勧めるマーベリック。
一服盛られているのかと思いましたが気のせいでした。
※見直すとやはり一服盛られていた様です。能力発動までの時間稼ぎと思われます。 

このタイミングで元メイドのサマンサから連絡が入ってくる。
両親が死んだ日の写真を見つけたとか。
そこには記念撮影するバーナビーとサマンサ。
記憶だとマーベリックと行った筈だったのに。
そしてサマンサは風邪を引いて休んだんじゃなかったっけ。

tb-19-1274.jpg

叔父さんの正体。
マーベリックは記憶操作能力を持つNEXTだった。
斎藤さんのリフレッシュマシンが怪しいと思ってました。
自前の能力だったんですね。
そして事の顛末を話し始めるマーベリック。

今でこそ盛況なヒーローTVも、開始当初は不人気で視聴率も上がらなかった。
NEXTへの偏見が強かったのもその一因。
そんな不遇の時代を支えてくれたのは友人だったバーナビーの両親であるブルックス夫妻。
ヒーロースーツの素材を提供するなど一役買ってくれていた。
こうした協力にも関わらず番組は低迷していた。 

そこでマーベリックは犯罪組織に派手で凶悪な事件を起こすことを依頼。
これをヒーローに解決させて注目を集める事にした。
要するにマッチポンプ、自作自演です。
その相手こそウロボロス。
ブルックス夫妻の技術も横流しして「強い犯罪者」の育成に一役買ったわけです。
しかしこれをブルックス夫妻が嗅ぎつけてしまう。

君の両親は正義感が強く、青臭い人だったよ。
烈火のごとく怒った夫妻は自首を迫ってくる。
進退極まったマーベリックはブルックス夫妻を手にかけてしまった。
今考えると、犯人がジェイクなら銃を使う必要ありませんよね。
能力があるんですから。

あとはバーナビーとおそらくサマンサの記憶を改ざんして自身の犯行を揉み消したわけです。
ただこの記憶操作は矛盾を感じると揺らいでしまうものらしく、今のバーナビーがまさにそれ。
じゃあ新しい記憶を上書きしよう。
マーベリックの魔の手が迫る、というところで次回です。

tb-19-576.jpg

こんな虎徹なら確かに帰ってこなくていいや。
変なウソつかなければバーナビーがマーベリックの元へ行くことも無かった。
マーベリックのウソに面前で気づく事も無かった。
知らぬとは言え物凄い大失態を演じたものです。

おまけに娘からも罵声の嵐です。
虎徹の「帰る帰る詐欺」も通用しなくなりました。
もう辞めるんですし、自身がワイルドタイガーだと話して良いと思うんですが。
バーナビーが困ってると知ればこうもボロクソ言われないでしょうに。 

来週バーナビーが能面みたいな顔で「何も問題ありません」とか言い出したらどうしよう。
記憶は消されるのか、それとも上手く逃げられるのか。
また一週間が長いですね。

次回はTIGER & BUNNY 第20話 『Full of courtesy, full of craft.(口に蜜あり、腹に剣あり)です。

公式サイトウィキペディア

今週のへうげものは凄かったです。とにかくいろんなネタが満載です。
ちょっと面白いアニメにすぐ神回神回言う人が居ます。
しかし今回はまごう事無き神回です。

heuge-18-373b.jpg

サル、抱くがよい!!
お茶々が遂に折れました。
何もしないで生きるより、秀吉を受け入れて権力を手に入れたい。
プライドが高いので当然上から目線です。 

しかし秀吉には通用しない。
まずは一献と渡されたワインに一服盛ってあった。
へろへろになった茶々の喘ぎ声がエロい。
凄いぞNHK、いつのまにこんな大サービスする様になったんだ。
茶々を演じる小笠原亜里沙の演技がエロ素晴らしい。

秀吉が取り出したのは縄でしょうか。どうも縛っているみたいです。
お高い女を弱らせてから落としにかかるとは、何という好き者なんでしょう。
流石にここらへんはぼかしていました。当然行為自体の描写も無しです。

heuge-18-361.jpg

ちょっちゅね加藤清正役:具志堅用高。
まず絵を見て吹きました。
具志堅用高そのまんまじゃん。
更に喋りが凄い棒読み。しかもちょっちゅねちょっちゅねばかり言っている。
でも演技は酷いのに、妙に惹きつけられるその喋り。

それもそのはず、担当声優が具志堅用高本人だった。
許可取るなら、いっそ本人にやってもらったらいいんじゃね?
打ち合わせでそう決めたに違いありません。 

heuge-18-1032.jpg

千宗易の野望は止まらない。
たった一輪の朝顔にそんな恐ろしい意味を込めないで。
帝という花と関白という花。2つは多すぎるのです。
おもむろに差し出したのは南蛮謹製・証拠の残らない毒薬。
意味:これで帝を亡き者にしてください。
臣下とは思えぬほどの大それた申し出に秀吉激高、短刀で宗易をブスリ。

まったく痛がらない宗易は人か魔か。
さらに頭を垂れてこの行為を賞賛。
なんか関白よりも宗易が恐ろしくて仕方ありません。

そして訪れた帝の茶会。
一度は毒を盛ろうとする秀吉ですが、そこに帝がオーラをまといつつ一言。
藤原から豊臣となり、ようやく真の同胞(はらから)となった気が致します。
この言葉に秀吉はすっかり気を抜かれてしまった。

帝のオーラは宗易の暗黒面を凌駕したんですね。
ともかく良かった良かった。

heuge-18-1306.jpg

見苦しい争い。
一方我らが織部は余命いくばくもない荒木道糞と再会。
子供に事伝を頼む代わりに、名物を一つやると取引を持ちかけられる。
タダで引き受けます、と織部。
タダでは申し訳ない、と道糞。

言った途端、道糞一番のお気に入りに手を伸ばす織部に吹き出しました。

しかしそれは序の口だった。
それだけはダメだ!
何でもくれると言ったじゃないか!!

情けないほど子どもっぽい奪い合いを繰り広げる二人。
結果名物の一部がポッキリ折れました。オモチャを取り合って壊したガキそのもの。 

でもこれで二人とも正気に戻りました。
そして織部は道糞の遺言を受け取った、という所で次回です。

今回は見どころ十分、いや十二分でした。
エロからギャグからシリアスまで何でもあり。
とにかく密度が濃かったですね。
戦闘シーンの無い戦国もので、ここまで惹きつけられた話は初めてです。 

次回はへうげもの 第19話 『ウーマン・フロム・ナゴヤ』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-18-681b.jpg

ようやく巡ってきた菜子の回。
変身願望の強い彼女が結名のオススメを着たら・・・うん、良いね。
こんなに可愛いくてスタイル抜群なのに学校じゃ民子より話題ならないのが不思議でしょうがない。

もしかして家は貧乏・・・でもなかった。
自宅での菜子は兄弟の世話やご飯の準備に大わらわ。
こんなに忙しいのに旅館のバイトまでしているとは余程家系が苦しいのか。
片親とか、貧乏の子だくさんという単語が頭を掠めます。
奥座敷にちゃんと両親が居て教育論をぶっている。
どうやら二人とも教師らしい。

地方で公務員の共働きなんてかなり裕福なはず。
というかお前らはくっちゃべって無いで家事と子育てをやれ。
菜子におんぶに抱っこして成立しているのが押水家みたいです。
よく怒りが爆発しないものです。
家での彼女はテキパキと指示を出し、喜翆荘での気弱な様子はまったくありません。

つまり内弁慶なのね。
ところが家を一歩出ると、ご近所さんと挨拶もまともにかわせないほど縮こまってしまう。
喜翆荘でも客の問い掛けに口ごもってしまい、客に気を使われる始末。
随分と極端な内弁慶ですね。 

一方で気を許している相手、特に緒花には遠慮のない一言をつぶやくこともしばしば。
緒花ちゃんは褒めると図に乗るタイプだから・・・いい意味で。
緒花ちゃんも友達居なさそうだから・・・いい意味で。
敵も多いかも・・・いい意味で。

どこにいい意味があるのか。
菜子も地味に敵を作るタイプかもしれない。

だから人魚姫には憧れない。
自宅でしか素を出せない自分が思い切って外の世界に飛び出すなんてとんでもない。
増して声を引換に王子様に会いに行ったりしない。
そもそも王子様を助けたりしない。
そんな内向きの彼女に変化の切っ掛けが訪れる。
なんと給料の増額。

自己を過小評価している菜子は困ってしまう。
緒花なら脳天気にチロルチョコ箱買いしそうなのに。
何で自分が・・・と激しく疑念を持つわけです。

菜子の努力は実っていた。
喋りがダメでも手紙なら、とお客さん相手に花の見所を調べて地図を書いて渡していた。
これがいたく好評で、後日丁寧な手紙による感謝の意が女将にもたらされる。
心遣いの出来る良い仲居である、女将はそう評価して給料を上げたと。

成長を見越した先払いではなく、今の菜子に対する評価としての給料アップだった。
自分に自身が無かった菜子が、少しだけ前向きな姿勢を見せたところで次回です。 

iroha-18-1307.jpg

やっぱり菜子良いよなあ。
ホビロン前回の緒花や言動が刺々しい民子に比べりゃ毒舌ぐらい何てことありません。
可愛いのに自分の魅力に気づいていない娘って最高ですね。
泳ぎが好きなので、恥ずかしながらも水着姿をたくさん見せてくれそうな所もポイント高いです。
そんな菜子の魅力がぎゅっと詰まった30分でした。

そしてラストの気持ち悪い菜子、つうしょう「きもなこち」。
ホビロンとかぼんぼるとか流行りそうもない造語を乱発していた緒花ですがこれは笑った。
「きなこもち」から「きもなこち」に繋がるとは、チロルチョコ侮りがたしです。 

詐欺はあれで終わり。
みたいです。今回崇子の出番はなく、縁は金を失ったまま。
菜子の給料アップに異論を挟んだ縁は「お前が言うな」と女将にやり込められる。
尻切れトンボみたいですが、実際の詐欺事件もこんなもの。
例え犯人を捕まえても金は戻らないということでしょうね。

次回は花咲くいろは 第19話 『どろどろオムライス』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-18-591.jpg

クリーム昏睡してたの?
以前「沈黙を守ってます」と報道されてたんで、てっきり黙秘してるだけだと思ってました。
頭がツルッパゲになっているのは能力を封じるためなのか治療の結果なのかは分かりませんね。
ジェイク様はあなたの両親を殺していない。
この一言にバーナビーは衝撃を受けます。
何故ならバーナビーの両親が殺されたその日こそ、クリームがジェイクに誘拐された日だったから。 

NEXT能力者として同級生はおろか両親にすら疎まれて育ったクリーム。
髪の毛で人形を操作する能力って暴走させようも無いと思います。
髪の毛+人形+通信機
発動にかなりの条件が付くからです。
それこそ黙っていれば誤魔化し通せるぐらい穏便な能力です。
なのに随分と嫌われたものですね。
制御できないハンドレッドパワーのほうが余程始末に負えないと思いますが。

ともかくも誘拐をコレ幸いと両親に見捨てられたクリーム。
世を儚んで殺してくれと言った彼女をジェイクは殺さなかった。
そして現在に至るわけです。 

振り出しに戻る。
犯罪者の言うことですから、一概に信用は出来ません。
でも誘拐の届出が出ていたのは事実です。
クリームは装置を外して自殺気味に死亡して真実は闇の中。

その後クリームの証言を聞いたバーナビーの記憶が混乱。
ジェイクの顔がお手伝いさんや虎徹に変化するようになってしまった。
斎藤さんのリフレッシュマシンが怪しい。
やはり黒幕はマーベリックなのか。

先に言われた。
混乱の挙句旧知の人物のアリバイを全部調べようとするバーナビー。
見かねた虎徹が止めるのですが、衝撃の一言。
こんなんじゃ仕事にならない。
僕はヒーローを辞めたほうが良いかもしれない。
言おう言おうと思ったら先に言われてしまった虎徹。
実は俺も・・・とは言えないですよね。

無論納得しないのは実家の楓と母。
どうやら楓がNEXTに目覚めたのはこの前が初めて。
能力が制御できなくて家が壊れそう、と悲痛な叫び。
虎徹の一日も早い帰還を待ち望んでいる。
あっちもこっちもてんやわんやで虎徹も爆発しそう、というところで次回です。

tb-18-1278.jpg

辞めづらい雰囲気。
になるとは思ってました。
ジムに行っても、いの一番に相談したいバーナビーは居ない。
他のメンバーからは「居なくて寂しかったよ!」と帰還を歓迎されて言いづらい。
合流したバーナビーは両親の仇がジェイクじゃないと知らされて情緒不安定で言いづらい。

でもまさかバーナビーから辞めると言い出すなんて。
自分どころの話じゃ無くなってしまった虎徹。
実家に正直に理由を話しても今までが今まで。
オオカミ少年よろしく約束を破り続けたので楓は信用してくれない。

tb-18-235.jpg

ブルーローズが霞んでる。
ゴタゴタが多すぎてブルーローズのくだりは虎徹完全スルーといった感じです。
「タイガーいつ帰ってくるの?」
「その電話、もしかしてタイガー?」

タイガーの帰りを一日千秋の思いで待っていたブルーローズ。
可愛いよ、可愛いんですけど他に重要な問題が多すぎて虎徹の記憶に全く残って無い気がする。 

これで辞めると知ったら彼女も凄いショック受けちゃいそう。
あと忘れかけてたけど長年の親友ロックバイソンも多分凹むんでしょうね。 

次回はTIGER & BUNNY 第19話 『There's no way out.(袋の鼠)です。

公式サイトウィキペディア

heuge-17-479.jpg

珍獣がおる。
豪華絢爛な大阪城に登った左介を待っていたのは、ダメな方向に着飾った猿だった。
お歯黒にヒゲリング。孔雀の羽は信長の真似か。
でもヒョウ柄を好む茶々とはお似合いかもしれない。
とりあえずこんな人出てきたら笑う。
吹き出すのを我慢するのは拷問かもしれない。

そんな秀吉から大名にしてやる旨と官職を賜ることになる左介。
齢40にしてようやく一国一城の主になることが出来ました。
官職を冠位で選ばないところがミソです。

一生使うものだから、変な役職だと恥ずかしい。かと言って名前負けするような名称もよろしくない。
DQNネーム付けてる親に聞かせてやりたい。
ここで高山右近とのやりとりが生きてくるわけです。
オリーブ色の服を見せられたことから「織部」を選択。
遂に古田左介改め古田織部が誕生しました。 

パクリはダメよ。
ようやく自分の茶会を開いた織部。
しかし千宗易に渋庵は大庵の模倣だと見ぬかれてしまう。
少し前から「自分なりの数寄」を模索し始めた織部ですが、まだパクってる部分もある。

いきなり全部独自性出せと言ってもそりゃ無理じゃないでしょうか。
でも伸びシロが無いわけじゃない。
山上宗二は笑ってますが、宗易は織部の将来性を買ってますね。

織部十作を新たに定める。
その一環として窯元に投資して独自の茶碗の創作にいそしむ織部。
出立に丁度はち合わせした上田左太郎(信長LOVEのぼりが気に入った人)も連れて窯元へ向かいます。

こちらも構想自体は織田信長の「瀬戸六作」のパクリです。
しかし信長亡き後、今焼はすたれようとしていた。
その救済、雇用創出も含みます。
そしてその茶碗は「織部好み」として作られるので、全く違う趣になるはず。 

最初は焼き物に金をつぎ込む織部に怪訝そうだった左太郎。
そこまで深い考えがあったのか!
すっかり魅了されたところで次回です。

heuge-17-508.jpg

お茶々様がエラく成長したようで。
でもヒョウ柄。趣味は変わっていないんですね。
彼女だけ別のアニメのキャラクターみたいです。
目や髪型が特徴的だからそう思うのかな。

一方で本日も賢妻ぶりを発揮していたおせん。
お主が居るから左介がどうにか外道に堕ちずに済むのだ。
織部の父からもおせんの評価は高くて良かった良かった。

また今回より「左介」表記から「織部」へと改めて見ました。
以後古田織部の活躍に期待です。 

次回はへうげもの 第18話 『世界で1つだけの華』です。 

公式サイトウィキペディア

サバサバしてるようで、けっこうウブだったり。
縁の不意打ち抱擁に顔を赤らめる崇子が結構可愛い。
そして透けブラで結構な巨乳である子が判明。
加えてアイシャドウは無いほうが良いですね。

あの電話は皐月だった。
女将にプロデューサーが怪しいと告げるものの、縁に任せてあると冷静。
縁に経験を積ませる。
胡散臭いのは最初から分かっていたみたいですね。

それにしてもどんな映画なんだろう。
結名が旅館から飛び降りたり、緒花と一緒に撃たれたり。
サスペンスで銃が使われるのは結構珍しい。
緒花と結名に弾着コード付いてるのが凝ってますね。

そしていよいよ出資契約。
ここまで作り上げてきた縁と崇子は二人で契約書を手渡し。
二人の初めての共同作業。
ケーキ入刀みたいな雰囲気が漂ってる。
・・・そしてプロデューサーは消えてしまった。

縁と崇子に亀裂?
撮影まで始まってるのに騙すとかあるのか。
そう思ったら俳優たちも騙されるという規模の大きい詐欺事件だった。
対応に追われる縁だけど、崇子の反応が冷たい。
自分は仲介しただけ、取引したのはあくまで縁。

紹介した人間が無責任で居られる訳無いでしょう。
口だけ出して後は知らないという態度じゃコンサルという職業の意味が無い。
頭に来て思わず手を挙げる縁。
気弱君が遂にガツンとやっちゃうのか!
・・・反対に殴られました。やはり縁は縁なのか。

崇子は東京に逃げるのではなく、談判に行くつもりだった。
用意したのもここぞ、という時に持ち出す勝負服。
彼女もこの件には本気だった。
嬉しさのあまり抱きついてしまう縁。
そして意外や意外、顔を赤らめて照れる崇子。
縁の一人相撲かと思ってたけれど、この二人付き合ったりするのかな。というところで次回です。

あれ、ここで終わり!?
てっきり解決まで行くのかと思ってた。
よーし頑張るぞーという尻切れトンボで終了。
姉が所在を掴んで取っ捕まえるとか思ってました。
打ち切り漫画みたいでちょっと心配になりましたが、来週は解決するんでしょうか。
それとも訴訟起こしてわりと長いスパンで描く話になるのかな。
或いは「縁の勉強代」として済まされてしまうんでしょうかね。

iroha-17-1024.jpg

緒花突撃しろよ!
喜翆荘が詐欺に引っかかった件は湯の鷺でも話題になっている。
心配した結名が訪れるものの、緒花はあまり気にしてない。
自分の出演シーンが世に出なくて残念程度の反応です。

バイトだから出資してるの知らないのか。
自分たちが汗水垂らして稼いだ金を根こそぎ持って行かれた。
と言うのをを知ればもっとヒートアップするはず。
何より明らかな詐欺事件です、これは怒っていい。

これまで事あるごとに沸騰していた緒花。
いまこそ殴りこみの時。
崇子に付いて行って「どうなっとんじゃゴラァ!」と問い詰めないと。
大人し過ぎる緒花に拍子抜けしてしまいました。

縁と崇子がくっつきそうだけど。
従業員は歓迎しないだろうなあ。
旅館の信用と金を失った若旦那と詐欺話を持ち込んだコンサルですよ。
悪意がなくても能力的に厳しすぎる。
そんなコンビに権力を与えたら悲惨な末路は目に見えている。
せめてこの二人が汚名返上する大手柄上げないと誰も祝福できないでしょうね。 

次回は花咲くいろは 第18話 『人魚姫と貝殻ブラ』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-17-540.jpg

虎徹故郷へ帰る。
迎えに来た兄さんが成長したジャイアンにしか見えない。
しかしこの兄さん包容力が高いですね。

虎徹が何か言いたくて、でも言いづらそうにしているのを見抜いています。
これは母も一緒ですが、こちらは無理に聞き出そうとはしない。

しかし兄さんはあくまでも追求します。
逆切れして誤魔化そうとしても全く怯まずに冷静。
長男の風格が見て取れます。
でも金にはがめつい、弟から呑み代取るなよ。 

お父さんなんて大嫌い!
楓もすでに9歳、そろそろ思春期にさしかかろうという歳です。
しかし虎徹の中の楓は幼児のまんま。
勝手に部屋に入って怒られたり、赤ちゃん喋りをやめてくれと言われたり。
不在だった溝が出来ているのがよくわかる演出ですね。
それにしても9歳とは思えない。「異国迷路のクロワーゼ」の湯音(13歳)と年齢が逆な気がします。 

祖母が腰痛で倒れて大騒ぎする楓と虎徹の認識のズレもそう。
大怪我したわけじゃないと軽くあしらう虎徹に対し、反発する楓。

tb-17-748.jpg

虎徹の俺が要る、は通用しないんです。
楓から見れば故人である母は勿論、父である虎徹も「居ない人」なんです。
そんな楓にとって祖母は唯一の肉親に等しい。
おばあちゃんに何かあれば一人ぼっちになってしまう。
そのことを兄から指摘されて、しょげてしまう虎徹。

妻である友恵は、自身が病床にあっても虎徹にヒーローであることを求めた。
おかげで虎徹は死に目にも会えなかった訳です。 
彼女はそれで満足かもしれませんが、楓にとって父親とはいつも一緒に居てくれる人なんでしょうね。

楓のヒーローになる。
神社で必死に祖母の平癒祈願をする楓。
折しも振って湧いた豪雨で身動きが取れなくなる。
簡単に土砂崩れ起こすなんて、神社の立地に問題がありすぎです。
更に山の中でもないのに携帯が通じない。
これはソフトバンクへの皮肉なのか。

100倍パワーで聴覚を強化した虎徹は必死に楓の声を探します。
任意の音だけ大きく出来るのかな?
じゃないと雨音で耳が破裂しそうです。
無事楓を見つけてお互いのすれ違いも何とか和解。
このとき虎徹の中である決意が芽生えます。

いったん戻るけど、会社辞めて戻ってくる!
別れを惜しんで電車を追いかけた楓はNEXT能力を発動。
虎徹と同じ100倍パワーかと思ったら、宙に浮いているので別な能力みたい、というところで次回です。

tb-17-1321.jpg

世代交代?
楓に能力が発現したことと、虎徹の能力が減退したのって関係あるのかな。
そして二代目タイガーの可能性が出てきましたね。
来週は虎徹の辞職騒動になりそうです。
バニーはどうするのか、そしてブルーローズは失恋しちゃうのか。
気になって仕方ありません。 

あと神社に閉じ込められた楓が女だらけの戦国時代にタイムスリップしちゃう。
声優つながり(戦国乙女)でこう思ったのは自分だけじゃないはずです。

次回はTIGER & BUNNY 第18話 『Ignorance is bliss.(知らぬが仏)です。

公式サイトウィキペディア

heuge-16-1033.jpg

酒井忠次の「海老すくい」踊りが凄かった。
ひょっとこみたいな顔で舞うんですが、動く動く。
ぬるぬる気持ち悪いほどローリング。
左介は怒り爆発させそうになりましたが、私は笑いっ放しでした。 

賤ヶ岳やらないの!?
いきなり時間が2年飛びました。
その間に賤ヶ岳の戦いがあり、義兄中川清秀も柴田勝家も退場済み。
兄さんと権六の最後無しかよ!
左介に出番がなかったからという事でしょうか。
まあ合戦が売りの作品じゃないのは分かりますが、思い切りが良いというか何というか。

小牧・長久手の真っ最中。
織田信雄が徳川家康と結び、豊臣秀吉と戦っている最中に呼び出されたのが左介。
信雄と和睦したため、それを伝えって家康とも和睦して来いという内容です。
左介と家康には因縁があります。
嘗て明智光秀主催で家康を接待した折、左介の「安土盛り」が逆鱗に触れたことがあったからです。
貴様はいつぞやの!といきなり険悪ムードになりかねない。 

これは無理、断りを入れようとする左介。
しかし秀吉は三肩衝のひとつ「初花」を見せびらかし、成功したら貸してやると強烈に誘惑。
この初花に心揺さぶられる左介の描写が面白い。
まるで催眠術に掛かったかのような顔ぶりです。 
趣向が変わっただの質素もまたよしと言いながら、名物には抗えないんですね。

heuge-16-1009.jpg

家康の挑発。
秀吉の使者となった左介を表面上丁重に迎えた家康。
あっさりと和睦は成立し、饗応を受けることとなりました。
ところが出された食事がもの凄かった。

鯛の御頭付きに味噌田楽、そしてオヒツ一杯分はあろうかというてんこ盛りの飯。
てっぺんに梅干が一つ乗っており、どうみてもおっぱい、物凄い巨乳ですね。
楽な戦争だったから、兵糧が余って余ってと自慢気に話しています。

加えて酒井忠次がふざけた踊りを舞い始め、歓迎とみせかけてコケにされているのは明らか。
嘗ての無礼を謝罪しておきながら、更におちょくってくる家康。
俺は仮にも豊臣軍10万の名代だぞ!!
仕返しとばかりにお膳をひっくり返したい衝動にかられます。
以前の左介なら「馬鹿にするな!」とぶちまけていたでしょう。

左介は気づいた。
馬鹿にしたような食事を出し、ふざけた踊りを披露する徳川も必死だと。
兵力から言えば豊臣が圧倒的に有利。徳川に余裕があろう筈がない。
にもかかわらず挑発を繰り返すのは、和平に一も二もなく飛びついたという無様な所を見せないため。
そんなに言うなら戦争を止めてやってもいいよ、という命がけの芝居だった。

真相を知って穏やかに去っていく左介。
これを見た家康も、左介の器の大きさに気づいたみたい、というところで次回です。

heuge-16-498.jpg

誰この能面→石田三成だった。
プライドが高く、左介を見下しているのがかなりあからさまです。
光秀と違ってこちらはあまり善人っぽく無いですね。
演じる関俊彦の抑揚のない喋り方が物凄く不気味でした。

次回はへうげもの 第17話 『チェンジング・マン』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-16-1304.jpg

崇子がデカい話を持って来た。
大言壮語の割に空振りが目立っていた コンサルの川尻崇子。
何とプロデューサーを連れて映画の話を持って来た。
但し制作費の1/10は喜翆荘の出資。
凄く詐欺臭い。
お金払ったらドロン、のパターンじゃないのか。

ものすごく不安ですが、これこそ起死回生の策だと縁さんは大乗り気です。
意外ですが、女将もお前に任せると了承してくれた。
若旦那のテンションがどんどん上がっていきます。

旅館内では映画の話で持ちきり。
当然緒花は浮ついてるのですが・・・菜子のほうが凄かった。
女スパイで女優デビューとか妄想が膨らんでます。
大人しい人がふとした切っ掛けで爆発することがありますが、今がそうなのか。
バッカみたいと斜めに構えている民子も例によって嬉しいのは一緒。
まあ徹のカッコ良い姿が見たいだけなんですが。

俳優がホントに来た。
組合の共同出資を断ってまで喜翆荘の独占契約を交わした縁。
こりゃいよいよドロンで涙目と思いきや、監督も俳優も来て本当に撮影がスタート。
すみませんヒゲのプロデューサー、絶対嘘だと思ってました。

しかも主演女優に喜翆荘は好評で、女将の顔もほころんでいる。
自らもエキストラ出演を快諾するなど表情は崩しませんが上機嫌。
順調過ぎる撮影に感慨深い縁は、崇子に昔話を持ちかけます。

嘗て縁は大学で映画研究部に属していた。
撮った映画はたった一本だけ。
本人は大真面目でしたが、傍からみるとちょっと問題ありの内容だった。
それでも夢を持っていた。
形は変わってこそ居ますが、それが実現しつつある。

更に言えば夢は叶わず旅館を継いだものの、自分より姉が適任であることは分かっていた。
夢破れて家業を継いでその仕事でも喘いでる自分。
姉は美しく・聡明で・輝いてた。
一歩間違えばシスコンの謗りを受けそうですが、本当の意味でのコンプレックス(引け目)だったんでしょうね。
普段とは違う雰囲気に崇子もクルものがある様です。

そして電話が鳴る。
撮影に遣うため、プール掃除に勤しむ緒花たち。
今回のサービスシーンはこれですか。
可愛らしく瑞々しい少女たちの戯れ。
これこそ縁の原風景。

三人娘は水撒きでズブ濡れになって楽しんでいます。
そんな折に電話が鳴る、というところで次回です。 

iroha-16-1136.jpg

前半ハラハラ、後半ホロリ。
当初はとにかくいつ騙されるのかと気が気じゃなかった。
要領は悪いけど縁は努力家の善人です。
際立つ才能が無くても何とか喜翆荘を盛り上げようとあの手この手を駆使しています。
そんな人が金も信用も失ってボロボロになっていく所とか目も当てられない。

一方でBパートは縁と崇子の昔話。
調子にのって口説きモード入った感じしましたが、崇子のリアクションは薄かった。
むしろ姉に対するコンプレックス話の方が彼女の心に響くものがあった気がします。
夢叶わずに、家業を継いで、それも上手くいかなくて四苦八苦。
崇子相手ならちょっと弱い部分見せた方が仲が深まりそうです。
でも縁には巴のほうが似合ってる気がしますがね。

次回は花咲くいろは 第17話 『プール・オン・ザ・ヒル』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-16-989.jpg

ユーリの父こそレジェンドだった。
表の顔は裁判官、裏の顔はルナティックとして犯罪者を殺害。
そんなユーリの父こそ、虎徹にとって憧れのレジェンドその人だった。
伝説のヒーローの息子が何で殺し屋なんてやってるのか。
この時点で物凄い嫌な予感がしてなりません。

初代ヒーローとして数々の記録を打ち立てたレジェンドですが、現在の虎徹同様能力が減退。
能力が落ちてからは仲間のヒーローに追い詰めてもらい、美味しいところだけ掻っ攫って名声を維持していたというのです。衰えと重圧から酒浸りとなり、挙句妻に怒鳴りちらし、暴力さえ振るう有様。
これをユーリ少年が目の当たりにしたとき、彼はどうしたか。

悪事を見て見ぬふりをしてはいけない。
父が立派なヒーローだった時、ユーリ少年に言って聞かせた言葉通りにしたんですね。
母に暴力を振るうレジェンドをその業火で焼き殺してしまった。
見るに見かねての行動だったのですが、逆に母は精神を病んでしまう。

今ではうわ言をつぶやく一方でヒステリーを起こしてユーリに罵声を浴びせる日々。
こんな母抱えてよく精神がおかしくならないものです。
或いはその捌け口がルナティックという事でしょうか。 

虎徹ダブルショック。
レジェンドの能力減退と八百長はベンさんを通じて虎徹にも伝わっていました。
・自分の脳力が衰えて、持続時間がどんどん短くなっている。
・憧れのレジェンドも同じ能力減退の挙句、インチキをやっていた。

どちらも信じたくない事実だけに声を荒らげるのも無理ないでしょうね。

いつか娘に「パパ格好良い」と言われたい。
そんなささやかな希望すらおぼつかない状況です。

レジェンドを超えるポイントを稼ぎ、今や新世代のヒーローとして飛ぶ鳥を落とす勢いのバーナビーとは雲泥の差。
そしてバーナビーはそんな虎徹の心境を今だ知る由もありません。
何せ自身の能力減退を隠すために、敢えてバーナビーに功績を譲っているのですから。 

tb-16-1212b.jpg

コンビの明暗。
ヒーローTVの呼び出しと別口で犯罪者を追っていた虎徹。
取り込み中と出動を拒否して一人で犯人逮捕に望みます。
しかし途中でパワーダウン。発動時間はどんどん短くなっている模様です。
一般人も捕まえられないならヒーローなんて辞めちまえ。
犯罪者にまでバカにされる始末。

一方でバーナビーは逮捕に成功して記録更新。
更に虎徹が取り逃がした犯罪者がルナティックに殺されたことも知ってしまう。
ショボ暮れる虎徹に冷たい雨が降り注ぐ、という所で次回です。

ホントに引退?それとも回復?
レジェンドの顛末が虎徹と被るだけに、後の悲劇が思い浮かんで怖いです。
或いは一時的に落ちるだけで減退じゃなかったという明るいオチが待ってるのか。
そしてバーナビーは虎徹の能力減退をいつ知るのか。
次回が気になって仕方ありませんね。

次回はTIGER & BUNNY 第17話 『Blood is thicker than water.(血は水よりも濃い)』です。

公式サイトウィキペディア

heuge-15-588.jpg

上様を殺ったのはこの俺よ!!
これまで左介と秀吉は立場を超えて「馬の合う者同士」という描写が多かった。
しかし今回は左介の顔を見るなり不機嫌さを露にしてピリピリムード。

弥助の助命嘆願という名目ですが、左介は秀吉の信長殺しを知っている。 
これを既に見抜いていたからです。
でもまさか自分で言っちゃうとは。
しかしそれは一歩間違えば即首が飛ぶ、左介に大ピンチが訪れた事を意味します。
羽柴様の乱世に生きる者としてのの非情さには感服いたします。
ここを何とか凌いだ左介も大分成長しているみたいですね。

光秀は死後首を晒されているみたいです。
ただその首の真贋には疑問があるみたいです。
家康が独自に弔ったのか、こちらの顛末か気になります。 

柴田勝家役が柴田秀勝。
この配役を見るともしや子孫なのかと気になってしまう。
清洲会議で秀吉にすっかり主導権を握られたあとのシーンです。 

勝家は大の猿嫌いでこの作中でもその通りなのですが、全く認めていない訳ではない。
柴の字をくれてやった身としては嬉しくもあるのだ。
羽柴とは「丹羽(長秀)」と「柴田(勝家)」から一字ずつ取った苗字です。
光秀同様、倒される側の武将がかなり善良に描かれているのがへうげものの特徴でしょうか。

heuge-15-723b.jpg

そしてお市様登場・・・顔が怖ぇぇええ!!
絶世の美女じゃなかったのか。
当時と現在の美人の価値観が違うにしても、ずいぶんな悪女顔です。
サルに天下を取られては、柴田の元に嫁いだ意味が無い。
野心もバリバリで、「宋家の三姉妹」みたいです。
信長の妹ならばこれで当然なのかもしれませんが。 

また茶々(後の淀殿)も初登場。こちらは可愛い。
成人していないからか、引眉もなく髪型もシャギー入っているように見える。
一方で内面はお市と一緒、気性が激しいみたいです。

そのお転婆ぶりには長益も困っている様子。
あんな女子が天下人の妻になったら・・・その懸念は現実になるんですがね。

そしておせんは相変わらずの賢妻ぶり。
こんな嫁が欲しい!
そう思ったのは自分だけでは無い筈です。
それに引眉でも全然問題なし、現在の価値観でも十分美人に描かれていますね。

左介の数寄も変わってきた様で・・・。
これまでは信長の後追い的な価値観で物を見ていた様ですが、先週あたりから変化が生じていました。
素朴さやひび割れに趣を感じる独特の美意識。
自身の価値観による「織部好み」がここから始まったんでしょうね、というところで次回です。

主人公が左介という事もあり、清洲会議の件は省略されていましたね。
そして次は賤ヶ岳の戦いですか。
中川清秀の予言めいた物言いが凄く気になりますね。 

次回はへうげもの 第16話 『別離のつぶやき』です。 

公式サイトウィキペディア

iroha-15-942.jpg

特攻野郎松前緒花は止まらない。
修学旅行先の旅館・福洋で仲居が大量離脱。
そこでスタッフルームへ自分が手伝うと突撃
・・・当然ながら断られます。

好意は嬉しいんですが、福洋としても簡単に受けられないんです。
正式な雇用契約が無いまま彼女を使ったとします。
万が一事故やトラブルを起こしたらどうするのか。
自主的に手伝っているだけなら損害賠償は緒花個人に行くことになる。
企業としても雇ってもいない人間の不始末まで責任負えないんです。

次に土産物屋で辞めたバイト連中を見つけて突撃
「アイスの組み合わせが有り得ない」と言うその理由が有り得ない。
更にどうにも福洋の行く末が気になって仕方がない緒花。
勝手にクラスから抜けだして福洋に取って返し、再び事務所に突撃

・・・ノックもせずに事務所に入っていくなど
「礼儀って何?常識って美味しいの?」
というホビロンっぷりは健在です。
しかし組合の応援も頼めなかった福洋は遂に緒花の申し出を受けます。

洋輔の成長。
緒花の独走に民子と菜子も手を貸して、更に食事の時間をずらすことで危機を回避しつつある福洋。
強引さはともかく、彼女の旅館業に対する情熱は洋輔にとっても心地良かった。
彼が結名に求めて得られなかった物を、緒花が持っているから。
バイトに尊大に振舞っていた事も忘れ、自ら風呂掃除に勤しむなど良い傾向が出ています。

戻ってきた結名がそんな洋輔に話しかけてきますが、正直邪魔だろうなあ。
仕事中だし、その上さっき振られた相手に話しかけられて嬉しい事なんて無いでしょう。
でも洋輔には余裕が出来ているのか、わりと普通に応対していますね。 

iroha-15-923.jpg

結名の成長。
デザイナーとか、クリエイターとか、アーティストとか。
正直ガキのタワゴトにしか聞こえない。
真面目にそれらを目指すなら、高校生で既に進路決めてアクション起こしてなきゃダメです。 
しかも才能がかなりのウェイトを占める職業なので、いくら努力してもムダになる可能性大です。

挙句「昔の約束は忘れてくれ」と洋輔からダメ出しされる結名。
あのモジャ毛(=緒花)みたいな、旅館が好きで一生やっていける人物じゃないと結婚出来ないからと。

振ったことはあっても振られたことは無さそうな結名。
更に自分にプロポーズしていた人物から緒花の方が良いとまで言われて大ショック。
私はやらないだけ、やれば出来るもん!
子供じみた意地を張って初めて旅館の仕事に参入です。

お礼は露天風呂貸し切り。
喜翆荘チームと結名に洋輔からのプレゼントです。
視聴者的にも嬉しいプレゼントです。
激しい動きをしても決して乳首を見せないところにスタッフの執念を感じます。

疲れもしたし汗だくになった。
しかし労働のあとの心地良い疲労感に結名も気づいたみたいです。
洋輔との関係も修復したみたいですね。

但し彼女の次の目標は福屋の跡継ぎとしてぼんぼること。
簡単に洋輔の嫁に来るという話にはなりません。
いっそ合併するという手もありますけどね。 
こうして修学旅行は 終わり、緒花たちは去って行きました、というところで次回です。

今回も緒花はムチャクチャだった。
但し周囲には良い方に作用してましたね。
洋輔の意識改革や民子・菜子に留まらないクラスメイトの協力などホビロンの有効活用。
そして結名に労働意欲を植えつけた。
いっぽう本人が成長したのかはよく分からないです。 

次回は花咲くいろは 第16話 『あの空、この空』です。 

公式サイト / ウィキペディア

heuge-14-406.jpg

もっと戦いが続くと思ってた。
前回のやり取りで山崎の戦いは終わり、光秀は敗北と相成りました。
直臣以外はほぼ四散、駄賃代わりと食料の持ち出し(=つまり横領)も相次ぎ兵糧も尽きました。
芋茎(ずいき)の縄と味噌だけの粗末な味噌汁だけで飢えを凌ぐ有様が「最後の晩餐」を彷彿とさせます。

敗走中の貧しい食事にも関わらず、明智勢の雰囲気は非常に良いですね。
これも光秀の人徳でしょうか。
実際光秀は部下の面倒見が大変良く、怪我をした配下への見舞いの書状が何枚も残っている。
戦国武将でもここまで気遣いが出来た人物は稀だそうです。
その為直臣は最期まで光秀に付き従った人物が大半だとか。

更に内政でも手腕を発揮、領民にも大変慕われていた。
嘗ての領地である亀岡市や福知山市では大河ドラマで光秀をやって欲しいと署名活動までやっています。
大河ドラマ「明智光秀」これは是非見てみたい。
特に謎が多い前半生がどう描かれるのか凄く興味がありますね。 

一筋の光明。
史実だと逃亡途中に土民の落ち武者狩りに遭って命を落とした光秀。
へうげものでは何と叡山が使者を差し向け、光秀の保護を申し出てくる。
秀吉より光秀の方が仏教の保護に熱心であろうという目算からです。

言うまでもありませんが、光秀は信長による叡山焼き討ちに参加しています。
堂塔伽藍の悉くを焼き、生くるもの無からしめよ。
女子供も含めた撫で斬り(=皆殺し)という悲惨極まる光景だったと言われています。

これに加わった光秀を敢えて助ける。
光秀自身は本意でなかったという意を汲んでの救いの手だった。
しかし叡山も一枚岩という訳では無い様で、使者二人のうち若い僧侶は光秀に批判的。

やりたくないのに焼き討ちに参加した光秀。
助けたくないのに光秀救出に来た若い僧。
みんな思い通りには行かないんですね。

家康どうすんの。
手勢を連れて光秀に加担すべく京へ向かった家康ですが、既に光秀が敗走したことを知ってしまう。
その上で羽柴勢が4万にまで膨れ上がったという報告まで入ってくる。

・光秀とどこで会えるか分からない。
・既に負けているので今から肩入れしても焼け石に水。

心情的には明智に手を貸したいけど、もうどうにもならない。
道理だけで秀吉に抗うことも出来ない。 
何とも無念です。

左介丸坊主。
そして我らが左介は何処で何をしているかと言うと、秀吉の命により坂本城下に居ました。
留守を預かる明智秀満の名物明け渡しの鑑定人に狩り出されていた。
先週の秀吉に続けとばかりに頭を丸めての登場です。
細川親子から始まって、坊主になる事で信長への喪に服しているという忠誠心のアピールでしょうか。

信長に及ばないにせよ旧来の左介なら垂涎の名物を前にしながら今一つ興奮しない左介。
どうやら左介の数寄は信長の数寄に乗っかったものだと気付いたみたいですね。
ここから独自の数寄に目覚めていく切っ掛けになるんでしょうか。

左介の姿を認めた秀満は、先日の口論のお返しとばかりに八角茶釜を大遠投。
見事左介のハゲ頭に命中して憂さ晴らしするのが笑えます。

heuge-14-1251.jpg

月さびよ、明智が妻の話せん・・・。
襲い来る落ち武者狩りの土民を退け、その途上で何人も部下を失いながら叡山を目指す光秀。
迎えの僧兵と合流して一安心と思いきや、彼らも光秀に襲い掛かる。
叡山も一枚岩ではなかったと先ほど言いましたが、口ではなく槍を突き出してくる武闘派も居たのでした。
悪態を付いた若い僧侶を敢えて庇い、光秀は槍の餌食となってしまう。
最期まで光秀は弱きを助ける正義の人なのでした。
下の句など、蛇足・・・。
上の句だけの辞世を唱え、遂に謀反人・明智光秀は斃れます。
なおも襲い掛かる僧兵に一撃を加えたのは、少数で京を目指していた家康だった。
というところで次回です。 

信長に続き光秀も倒れ、いよいよ秀吉の天下へと移り変わっていく。
その中で家康や左介がどう身を処していくのか、まだまだ興味は尽きませんね。
因みに「月さびよ・・・」は本来後世の俳人・松雄芭蕉が歌ったもので、明智光秀の妻煕子による内助の功が元になって居ます。

次回はへうげもの 第15話 『時代は変わる』です。 

公式サイトウィキペディア

公式ブログで8月26日発売予定のOVAのジャケットが公開となりました。
アニメにおいてはBD/DVD第3巻と第4巻の間に挟まるEX巻(3.5巻)という扱いです。

EXのジャケットUP!
葉賀ユイ先生のミニ連載!
EX巻にメルチェさん登場

Astaroth_ex.jpg

エロい、期待以上にエロ過ぎ。
直哉とメルチェリーダの出会いについて描かれるという話から、
当然TVで放送しづらい子作りシーンが入ってくると予想されていました。
ジャケットを見る限りこれは大いに期待できそうです。

アスタロッテを知らない人にとっては、
安易なエロシーンで集客か、と考える人も居るかもしれません。
違います、アスタロッテの内容的にこの子作りシーンは超重要。
どれ位重要かというと、
ターミネーターのサラ・コナーとカイル・リースのラブシーンぐらい重要。
脈絡無く裸を出してきた訳では無いのです。
絵コンテを見ると裸で上に乗っかってるっぽい場面もありますが、あくまでも必要なシーンです。
その上でエロティックな魅力を感じたとしても、何も悪いことじゃありませんね! 

アスタロッテのおもちゃ!ハーレムビジュアルブックが7/29発売。
内容についての情報があまり無いのですが、ざっと分かっている仕様は以下の通りです。

Astaroth_vfb.jpg

・尻を突き出したアスタロッテと言う、都条例的にアレな感じの表紙
・発売は7/29、値段は3,400円
・AMAZONでは取り扱っていない。
とらのあなでは18禁扱いらしく、サイトで年齢認証がある。
げっちゅ.comによると、おしりマウスパッド&パンツ型カバー2種付。

表紙も含めて購入するハードルがかなり高そうです。
まあ通販してしまえば大丈夫ですが。 

公式サイト公式ブログウィキペディア

iroha-14-176b.jpg

やって来ました水着回!!
修学旅行で南国へやってきた緒花たち。
ある意味リアルなんだけど、巨乳が全然居ないから寂しい。
菜子は?菜子はどこへ行ったのか・・・違うクラスか。 

修学旅行を好機と捉え、結名と民子に告白する男が続出。
しかし片っ端から振られてしまう。
告白する勇気は立派だし、振られた事はその後の糧になる。
やらずに後悔するよりやって後悔しろです。
でもこれに時間が割かれて水着分が更に減ったのは残念だった。 

婚約者登場。
いざ宿に到着すると、結名に声をかける男が居た。
なんとこの旅館、結名の親戚が経営しているんだとか。
そして番頭の洋輔は結名の婚約者だった。
同じ旅館の子供でも、結名と違ってやる気マンマン。 

しかしかなり空回りしている気がする。
やる気の無いバイトを叱責するのはともかく、客の前でやるな。
更にひょっこり顔を出した緒花までどなりつけるなどちょっと自分に酔ってるフシがある。
働けゴラァ!って激を飛ばす俺カッコイイ。
そう思ってるのは多分本人だけなんだろうなあ。 

しかもこの番頭、仕事をバイトの仲居に押し付けて、自分は結名を連れて逢引。
携帯がどうのってレベルじゃないよ、勤務中だろう。
流石に顔をしかめる緒花。
そしてバイトの子たちも不満そう。
他人に厳しく、自分に甘く。
こんな人が上に立ったら不幸以外の何者でも無いですね。
増してボンボンとくりゃ反発もひとしお。

ああやっぱりね。
案の定、バイトの仲居は示し合わせて一斉に辞めてしまった。
頼むから玄関前で揉めないで。
凄く雰囲気悪いから。

この状況で結名が洋輔に言って聞かせる。 
お金貰ったって、好きじゃなけりゃ続かないよ。
そして結名自身も旅館業にまるで興味が無いことを伝える。
洋輔バイトにも婚約者にも逃げられた。
今回やたら男が振られる回だなあ、というところで次回です。 

思ったほど水着回じゃなかった。
更に巨乳の子が少ないことと、水着が大人しめでちょっとしょんぼり。
むしろ想定外の風呂シーンにビックリした。
次回こそは菜子の水着(ビキニ熱望)を期待します。

次回は花咲くいろは 第15話 『マメ、のち、晴れ』です。 

公式サイト / ウィキペディア

tb-7-430.jpg

彼の名はライオネル・ホーク。
第7話の「ヒーローによるヒーローショー」をすっぽかしたバーナビー。
今回の楽屋ドロは、その代わりにあてがわれたバイト君です。
ガクブル状態でしたが、急遽駆けつけたブルーローズのお陰で舞台に立つことはなかった。
このときは震えていただけで台詞はありません。

しかし随分格好良い名前ですね。日本名だと「鷹山獅子夫」とでも言うんでしょうか。
透明化という素晴らしいNEXT能力を「楽屋泥棒になるしかない」と曲解するダメ男なのに。
そんなライオネルを演じたのはラーメンズの片桐仁。
上手いですね。名前見るまで普通に声優だと思ってた。

公式サイト>スペシャル>インタビュー2

本人も家族一緒に見て居るそうで、楽しい収録だったみたいですね。

tb-14-655.jpg

タイバニとは全く関係ない「鏑木酒店」のサーバーがクラッシュ。
これ当人は全く意味が分からなかったでしょうね。
カリーナのタオルをパーにした虎徹が代わりのタオルを持ってくる。
広げてみるとヘビのイラストに「鏑木酒店」。
実家が酒屋で粗品として配っていそうな手ぬぐいでした。

これを見た視聴者が一斉に「鏑木酒店」を検索。
たまたま引っかかった実在の酒屋さんのページにアクセスが集中。
結果サーバーが落ちてしまった。

検索「鏑木酒店」
ReTwitter!【速報】鏑木酒店のサイトの鯖が落ちた
スマホTogetter一般商店鯖落ち後のタイバニクラスタの反応

流石にこれは相手が困るでしょう。
少し前にドラマ「仁-JIN-」でヤマサ醤油が出てきたとき、同じようにサーバーが飛びました。
劇中のヤマサ醤油は設定上、現代のヤマサ醤油に通じているからまだ分かります。
ところがこの鏑木酒店はタイバニと全く縁もゆかりもありません。
タイアップでも無ければモチーフですら無く、言うなれば赤の他人。

仮に「佐藤酒店」とかだったら沢山あったでしょうから、一箇所にアクセスが集中することも無かった。
珍しい苗字+酒屋だったことがこのお店の不幸と言うわけです。
せめて今回の件で知名度が上がり、売上が伸びてくれればと祈るばかりです。 

tb_ustream01.jpg

Ustreamの視聴者数がウナギ登りで遂に50,000人達成!!
これは凄い。
何が凄いって第1話のアクセス数を見てください。たった1,500人しか居なかった。
それが回を重ねるごとに視聴者数が増え続け、第12話ではサーバーが落ちてしまった。
そして先日の第14話で遂に50,000人。
1,500人から50,000への右肩上がりというのはUstreamでも無かったんじゃないでしょうか。
じゃなきゃサーバーが対応できないとか 起きませんから。
まさに嬉しい悲鳴です。
正直言うともうちょっと画質を上げて欲しい&ニコニコみたく数日視聴可能にして欲しいというのはあります。
改良できるところは改良して、今後も視聴者を増やす努力、盛り上げる為の尽力をしてくれれば有り難い限りです。

バンダイチャンネルで7/6まで第1話~第13話無料配信中!

TIGER&BUNNY 1~13話一挙無料配信中(バンダイチャンネル)

こちらだと全画面(フルスクリーン)でもあまり粗くなりません。
見逃した方は今度こそお見逃し無く。 

公式サイトウィキペディア

tb-14-692.jpg

あれから10ヶ月。
現実でのアニメの放送時間を足して、最初から13ヶ月経過したということでしょうか。
ジェイク事件からタイガー&バーナビーのコンビは完全に噛み合って以後大活躍。
ポイントでタイガーが4位、バーナビーはぶっちぎりの1位を獲得。
スカイハイがキングオブヒーローじゃなくなっちゃったのか。
見切れ職人の折紙サイクロン(昨年最下位)も頑張っているみたいです。
今回ドベになったのは牛角ことロックバイソンなんだとか。
二人が絶頂の只中にあるところからスタートです。

バーナビーが気持ち悪いぐらい虎徹を信頼している。
そしてブルーローズことカリーナの虎徹への恋心も膨らむ一方。

知らぬは虎徹ばかりなり、という嬉しいようで何か危うい状況。
全てが上手く行き過ぎて、ここから転がり落ちていくんじゃないかと言う不安がよぎります。

ヒーロー人気もうなぎのぼりで志願者が増えたらしく、二部リーグまで作られていた。
軽犯罪には彼らが対処、重犯罪にはタイガー達が対処すると言う二段構えです。
たった8人じゃ人手が足りな過ぎて過労死しそうなので、これは当然でしょう。

カリーナが虎徹好き過ぎてもうヤバイ。
タイガー&バーナビーが引っ張りだこの大人気、お陰で最近話す機会も無い。
そんなカリーナに降って沸いた大チャンス。
ブルーローズとタイガー&バーナビーによる歌手ユニット(B.T.B)の結成。

しかし虎徹はダンスもヘタッピでそのくせマイペース。
レッスンの後に声を掛けられても居残り特訓に付きあわされるだけ。
格好良いところなどまるで無いうえに女扱いされず、イライラは募る一方です。

でも虎徹は年相応の対応してるだけなんですよね。
カリーナは10代半ば、虎徹は30代半ば。
増して死別とは言え虎徹は子持ち+既婚者という意識が抜けてないでしょう。
今だに指輪を外さないのがその証左。
20近く年下の娘に色気を感じたり、色目を使ったりするほうがおかしい。

カリーナが虎徹を気にしてしまう理由は、
・ヒーローをやっているもの同士という秘密の共有。
・年齢差を感じさせない程、素で付き合える。
・実の父とまるでタイプが違う為、年長者として見れない。

といった所があるんでしょうね。

年齢で言えばカリーナはドラゴンキッドの次に年少です。
しかし今時の女子高生らしく誰にでもタメ口。
そんな中でも一番話しやすい、また好き勝手言える相手が虎徹。
何でも話せて、ワガママ言っても怒らなくて、自分が気落ちして居る時はおせっかいを焼いてくる。
そりゃー惚れるよね。
環境とか性格とかでバッチリハマった相手と言う訳です。

あたし、ホントに好きなんだ・・・。
しかし素直じゃない彼女のことですから簡単には認められない。
ところが楽屋に泥棒が入り、ブルーローズのカバンが盗まれてしまう。
大したものは入ってないから別に構わない・・・そう思いかけてハッとする。

カバンには虎徹から貰ったタオルが入っていた。
ダンスの練習中にカリーナのタオルにコーヒーをぶっ掛けた虎徹。
後日代わりにと持って来たのは「鏑木酒店」と入った自前のタオル。
それタオルというより手ぬぐいだろ、しかも実家で配ってる粗品。
なのに盗まれたのが悔しくて涙まで流してしまう。

tb-14-813.jpg

お前もヒーロー目指せよ!
楽屋泥棒の正体は姿を消せるNEXT、しかも虎徹には見覚えがあった。
その昔バーナビーの代役で来たガリガリのホクロ男。
そんな力があるならちゃんとヒーロー学校へ行ってまっとうな修行しろ。
攻撃力は無くても、透明になれるって凄い能力じゃないですか。
ちゃんとしたヒーローになってブルーローズに会いに来ればいいのに。
ヒーロー学校にはしょっぱいNEXTが多い反面、犯罪を起こすNEXTにはいい能力者が多いというのが皮肉ですね。

追いかける虎徹ですが、パワーが出すぎて制御不能。
しかも5分と言う時間制限すら持たずにパワーダウンしてしまう。
結局事件を解決したのは虎徹に代わって崖っぷちだったロックバイソンと言うオチ。
久々、というか視聴者的には初めての活躍にご満悦のロックバイソン。
手柄を譲るなんて優しいね!と勘違いするバーナビーとカリーナ。
何か良く分からないけど「俺パワーアップしてる?」と嬉しそうな虎徹、というところで次回です。

消える前のローソク。
は一時的に激しく燃える、虎徹の能力アップはそういう気がしてなりません。
NEXTの能力に寿命があるのかという話は今まで全くありませんでした。
アニメ「ストライクウィッチーズ」では20歳で能力が消失するという話をやっていた。
虎徹にもそれが近づいているのではないか、という心配がありますね。
第2クールは虎徹の引退話なんじゃないかという気がします。 

次回はTIGER & BUNNY 第15話 『The sky's the limit...(限界は空高くに・・・)』です。

公式サイトウィキペディア

gosick-24-1429.jpg

(精神的)苦痛の為に白髪と化したのか。
金髪の少女として追われていたヴィクトリカは見事追跡をかわしました。
彼女はブライアンBとともに逃亡を続けていたのですが、自身の立場に不満を持つブライアンBはヴィクトリカを手に掛けようとする。

双子のブライアンAはコルデリアと命運をともにした。
一方の自分はそれを尻目ににっくきブロワ侯爵とコルデリアの娘を逃がす為に奔走。
まあブライアンBが納得行かないのも無理はありません。

もみ合った末に崖下へ転落したブライアンBを敢えて助けるヴィクトリカ。
致命傷を負いながらも、以後ヴィクトリカを殺害しようとはしなかった。
結局船の途上でブライアンBは死去、ヴィクトリカは独りになってしまう。

また港でヴィクトリカを捜索中のグレヴィールにも見つかってしまうのですが、腐っても兄。
見て見ぬフリをして見逃してくれました。
更に船中で同じく逃亡中のヴィクター・ロジェと再会し、届かなかった久城からの手紙を渡してくれる。
こうして当ても無く逃げていたヴィクトリカは一路日本へ向かいます。
やはりエンディングにあるとおり、二人で桜を見るエンドなのか。

16歳で出陣とか早すぎないのか。
戦国時代じゃあるまいし、召集はともかく高校も出ない歳で戦場に駆り出されるとかあるんでしょうか。
もし学徒出陣だとしたら、日本は相当劣勢になりますね。
或いは軍人の家系故に若年で志願させられたのかもしれません。
ともかくも久城は戦地送りになったみたいです。

ただGOSICK内では勢力図が全く描かれていない為、
・連合国と枢軸国の振り分けはどうなっているのか(ドイツとソビュールが組んでいるのしか分からない)
・久城がどの国と戦って、どの戦場に居るのか
ここらへんが不明です。 
第二次世界大戦の様相が現実世界と異なるので、ここは説明して欲しかったです。

ともかくも戦地を走り回り、負傷したこともありましたが何とか生き延びたみたいです。
既に別れから4年が経過した1929年(史実では第二次世界大戦は始まってすらいません)、遂に戦争が終わりました。

gosick-24-1400b.jpg

ヴィクトリカが節子(火垂の墓)みたくなってる。
復員兵を待つ家族の中に「久城」と名札を付けたもんぺ姿の女性が二人。
一人は久城の姉で、いまひとりは防災頭巾を深々と被り、顔を隠している。

そして彼女に近づく兵士が一人。
入隊時には坊主だった頭も元通り、一回り逞しくなった久城だった。
彼が頭巾を取ると、長い銀髪が露になった。
ヴィクトリカ・・・!?
久城がちょっと意外そうな顔しています。
一体誰だと思ったんだろう。自分より年下の女の子なんて居ないだろうに。
もしかしたら姉の子供かと思ったんだろうか。 

名も無き村のセルジウス村長が言った通り、
「二人は離れ離れになるだろうが、心は決して離れまい」 
心は常に共にあった二人は遂に再会を果たしたのでした。 
桜花咲く季節の中、雪のような長い銀髪をなびかせてヴィクトリカと久城は歩いていく、というところでラストです。 

gosick-24-1035b.jpg

余裕を持って感動もあった最高のエピローグ。
やはりヴィクトリカは日本に来ましたね。
GOSICK世界の日本は異人(西洋人)には偏見無いんでしょうか。
羨ましがられこそすれ、絡まれたりはしませんでしたね。

また久城の姉が女学校で習った英語や仏語でも意思疎通が出来なかったとか。
4年あればヴィクトリカなら日本語覚えられるだろう。
わざと覚なかったフシがありますね。
言葉も分からない娘を庇護しつづけた久城の家も偉かったです。

他のキャラクターのその後も殆どが網羅された、余裕を持ったエンディングでした。
久城にはエピソードの序盤でイライラさせられ、終盤の活躍でトントンという場合が多かったですね。
でも戦場で一皮剥けた久城なら、また同じく苦難を経て成長したヴィクトリカの二人なら今後は上手くやっていけるのかな。

余話を作る余裕があるのなら、その後の話とかソビュールの人々との再会とかも見てみたいですね。
特にアヴリルが不憫すぎるので。
なんかもう二人の頭から抜けちゃってるんじゃないかと思うほどです。

gosick-24-1479.jpg

後番組に吹き出した。
新番組の「ダンタリアンの書架」。あからさまに「GOSICKみたいなの」を狙いすぎな気がします。
しかもヒロイン役がコルデリアを演じていた沢城みゆき。
もしやこれは「新GOSICK」なのか。

そう勘違いする人が居てもおかしくないでしょうね。

元々ヴィクトリカ自体、「ローゼンメイデン」の真紅(声:沢城みゆき)にソックリと話題なったキャラクターです。もしかしてこの次はまた悠木碧演じるゴスロリキャラを用意してるのかもしれません。 

公式サイトウィキペディア

ゼルエルにベルゼブブのグリモアを奪われた!
何も知らない佐隈は消えたベルゼブブに?状態。
モロクに続いてべーやんも去ってしまうのか。いよいよラストです。

azazel-13-246b.jpg

最終回なのに新キャラが多い。
大喜びで天界に帰還したゼルエルは今までの親不孝を詫びて意気揚々と報告に向かう。
そして取り出したのは・・・札束だった。 

実は大家さんはグリモアを盗み出したものの、人の物を取るのは良くないと思い直していた。
代わりに佐隈に渡しそびれた300万を入れておき、これで本買ってちょうだいという判断。
良かった、佐隈がカネ受け取らなくて。
ともかくもグリモアは無事で、ベルゼブブは消えてなかった。

ではベルゼブブは何処?
来た道をアザゼルと戻っていく佐隈はとある路地裏でベルゼブブを発見。
道グソ食ってた(本当の意味で)。
呆れ果てて軽蔑の眼差しを送る二人。
たかが道草で何でそこまで言われるのと逆切れしたベルゼブブ。
死ぬ寸前だったとは知らないので、両者の温度差が激しいですね。

頭にきたベルゼブブは全身に黄金(=アニメ的ウ●コの婉曲表現です)を纏いながらアザゼルと佐隈に突撃。
グリモアの力を使ってベルゼブブは木っ端微塵。
辛くもクソまみれは避けられたけど、絶対少しかかってる気がする、というところで終了です。

人気も売れ行きも好調でなにより。
どっちみち死んだように見えますが、グリモア以外で悪魔は不死身なのでベルゼブブは復活します。
しかし最後までひたすら下品だった、何せ神まで下品。
だが、それがいい。

最初から最後までホント笑わせてもらいました。

放送当初は注目度ゼロに近かったこのアニメ。
終わってみれば人気もBD/DVDの売上も上々みたいです。
スタッフによる打ち上げも大変盛り上がったとか。

▼記事▼:『よんでますよ、アザゼルさん。』BD/DVDの売れ行き好調
水島努ブログ(放送前)
水島努Twitter(放送後)

監督の努力が実って良かったです。
二期は原作のストック次第、あとシモネタが相変わらずキツいのでどう表現するかに掛かってるみたいです。
是非実現して欲しいですね。

公式ウィキペディア

先週お休みで、今回は2話連続放送になります。
ヘンテコな登場人物が多い反面、やってることは日常系に近い本作ですが、どんな締めになるんでしょうか。

第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』

denpagirl-11-203b.jpg

前川さんはもっと積極的になっていいと思う。 
玄関でたら前川さんと遭遇。虚弱体質なので日傘は必需品でしょうか。
でもへそ出しミニTシャツにマイクロミニのデニムスカート。
露出が高めであんま意味無い気がします。 

彼女に招待されて前川宅へ昼食を呼ばれる真がホント羨ましい。
・家族に紹介しようと思った
・誰も居なくて二人っきり
どっちにしろラッキーな気がする。
真好かれてますね。
今までエリオやリューシに遠慮していた前川さんですが、もちょっと積極的に攻めてくるみたいで楽しみです。

最後にまた呼んでもいいかな?と今後が楽しみな展開。
エリオやリューシさんも呼ぼうか?
前川さんは二人で過ごしたいに決ってる。
青春ポイントとか言ってる癖にこの鈍さはあり得ない。 
真はアホだと思います。

denpagirl-11-776.jpg

エリオとリューシはやはり相性が悪いのか。
そりゃ恋のライバルなんだから当たり前ですね。
ヒロイン同士の仲が良い他のハーレム物の方がおかしい。
でもエリオの嫉妬は貴重かも、そしてメチャクチャかわいい。 

前々から話していたバスケの試合見物ですが、エリオは同行しませんでした。
せっかく来てもエリオと一緒じゃリューシも嬉しくないでしょう。
その方が都合がいいですね。

でも何故か社が要る。
前川さんの庭にも出没してましたが、彼女は真をコッソリ付け回しているのか。
そしてあんな異様な風体の娘を追い出さない学校も警戒心が無いと言うか何というか。
やはり変人耐性が高い町なんでしょうか。

更に中島と花沢まで居る。
しかもこの二人恋人同士だと言うじゃありませんか。
・好きな男が来てる
・その横に宇宙服来た変な女が居る
・自分を振った男が居る
・しかも彼女連れ

この面子厳しくないですか、リューシやりづらそう。 

denpagirl-11-1313.jpg

真はよく追い出されなかったな。
初出場の上にトラウマになりそうなギャラリーの所為かリューシ空回り。
普段の半分も実力が出せていない感じです。
せっかく取ったフリースローも「外したらどうしよう」と不安で一杯。
リューシさん、頑張れ~。
以後真の長くて痛々しい叫びが続きます。
かっけえ。
中島、お前はおかしい。
と言うかよく真はつまみ出されなかったものです。
この町の人はやはり変人受容力が高い気がする。

でもリューシにとっては最高の応援だったらしく、見事決めました。
彼女は歩みこそ遅いが、持っている者だ。
横で社がまた電波な事を言ってます。
これが超能力の成果といいたいのか、というところで次回です。

真がサッカーに挫折したことが、リューシに対する応援の原動力になったのかもしれない。
でも1年ぽっちで辞めるな。
それで才能が無いとか甘いと思う。
引き続き12話(終)へと続きます。

第12話 『秒速0.00000000198センチメートル』

いよいよ草野球最終決戦。ここで勝利した方が祭りを主導。
ただ真に取って何が何でも勝たなきゃという理由は無い。
勝ち負けに関わらずリューシとは祭りデートするでしょう。
前川さんは勝てば出店の手伝い、負ければ祭りに近づかない。
エリオは・・・とくに祭りの言及無し。
このアニメでそんなカタルシス求めても仕方ないかもしれませんが。

denpagirl-12-424.jpg

女々(ジョジョ)監督就任。
助監督に掛けたシャレですが、分かる人あまり居ないかも。
最終戦を前にピッチャーの前川パパが逃亡。
・いくら投げても相手の女子高生(花沢さん)には勝てない。
・負けた責任は大抵ピッチャーの所為。
普段強がってるのは虚勢だったと言う困ったおじさんだったんですね。
困り果てた商店街チームの前に颯爽とメタ発言をかましながら女々登場。
最近出番が少ないから。
持ってるバットが凄く長いですね。 

一言多い真がうっかり口を滑らせて、補欠にされてしまった。
これは格好悪い。
エリオや前川さんに加え、応援返しにやってきたリューシさんも居るのに。
代わりに与えられたのは前川パパの捜索。
ある意味これは適任です。

真自身も軽い気持ちで引き受けたとは言え、これまで全く活躍できていない。 
ただひたすら前川さんのタダ飯食らっていただけ。
このまま何も出来ずに終わるなら、出られなかった方がいいかも。 
それじゃダメだ。
思い直して前川パパを連れて戻ってくる。 

これが真の超能力なのか。
第1話放送当初から真のクドい喋りが気になって仕方なかったです。
正直電波女連中の言動より気になります。
ライトノベルの主人公にありがちですが、どうしてこうも無駄口が多いのか。
もしかしてあれは言霊系の呪文だったのか。
社は真にも超能力はある、と言いました。
その根拠の無い発言を信じ、代打に立った真。
長台詞ののちにバット一閃ホームラン。

最後に一応ヒーローになったのか。
まだ試合は終わってないけど大盛り上がり、というところで終了です。

denpagirl-12-1281.jpg

スーパーブツ切りエンド。
試合の決着は?
夏祭りは?
青春ポイントも無し?
次の番組の予告が始まって本当に終ってしまった。
まさか野球やってる途中で終了とは。
わざわざ変な山場作るのも何ですが、いくら何でもブツ切り過ぎる。
おっさんと追いかけっこする尺があるなら他にもっとやる事があったのでは。 

asakonishida 西田亜沙子(キャラクターデザイナーのTwitter)

実はコレ全13話だったらしいんです。
それも温泉話とかの余話じゃなくて本編が13話。
しかし地震で前番組がズレ込んだ為に放送がお流れ。
そんな訳で残りはBD/DVDで楽しんでくださいというオチでした。 

最強のキャラアニメだった。
キャラクターが可愛いだけ、内容はクソ。
そんなアニメ、過去にいくつもありました。
ご多分に漏れず、このアニメもまごうこと無きキャラアニメです。
しかしキャラの可愛さがそんじょそこらのキャラアニメと次元が違う。 
ブリキ絵(=原作の絵師)をここまで再現できるのか。
このアニメの凄さは単にこの一点突破にありました。 

基本的に脚本とテンポ重視だった自分がキャラクターを見ただけで視聴決定した程凄かった。
キャラクターの破壊力をこれでもかと見せ付けられたアニメでした。

denpagirl-12-32b.jpg

特にエリオが強力すぎてヤバイ。
ヒロインとしての魅力なら個人的には前川さんが最高です。
しかしエリオの可愛さがどうにも凄まじくてグラつきます。
イトコーイトコーと言いながら「すててててー」と走ってくる。
これだけでノックアウトされそうです。

そりゃ女子は嫉妬しますよ。
キャラ萌えってのは、こういうことだ。
というのをまざまざと見せ付けられました。

同じブリキが絵を書いている「僕は友達が少ない」もアニメ化が決まっています。
しかしこの電波女のキャラクターデザインに対抗できるのか。
随分ハードルが上がった気がします。

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)

人気があるとこうも太っ腹になるんでしょうか。
バンダイチャンネルがこれまで放送した1~13話を無料配信しています。
期間は6/29 12:00~7/6 11:59迄です。 

TIGER&BUNNY 1~13話一挙無料配信中(バンダイチャンネル)

後で興味が出たけどずいぶん見逃したし・・・。
そういう人は今からでも遅くはありません!
こちらでTIGER&BUNNYの魅力を知って下さい。

確かに受けるとは思わなかったです。
企画段階で、
『ヒゲのおっさんが主役で深夜なのに、特撮チックなヒーローものとか誰が見るの?』
と散々言われた。(尾崎P)

しかし蓋を開けると大人気。
実在の企業をスポンサーにするという新しい試みも好意的に受け入れられています。

例えばブルーローズのスポンサーであるペプシは自社サイトにまで出演させ、
ロックバイソンのスポンサーである牛角も「弊社のイメージにピッタリ」とご満悦。
実在のスポンサーが入ると脚本に制約が入るのでは?
そんな懸念も無さそうです。(例:ロックバイソンの扱いが酷い) 

tb_cell01.jpg

初回限定版BDが売り切れ。
例え内容の評価が高くても、BD/DVDが売れるかと言うとそれは別問題。
やっぱりお色気とか萌え要素が無いと・・・そんな懸念も吹っ飛ぶほど売れてます。

制作会社にも予想外だったらしく、初回限定版BDが早々に品切れ。
ネットオークションでプレミアが付くほどの品不足になってしまった。
それにしても元の10倍の値段って・・・。
こんな機会損失するなんてメーカーも思ってなかったんでしょうね。 

公式サイトウィキペディア

 


BD/DVD第2巻&サントラのジャケット。
7/6にBD/DVD第1巻が発売されますが、BD/DVD第2巻はノブナガとヨシモトのツーショットです。
何故私とお館様ではないのだ・・・とミツヒデが嫉妬しそう。
順番から言えばノブナガとミツヒデというのが妥当に思えます。
人気+登場回ということからヨシモトを優先した気がします。

TVアニメ『戦国乙女~桃色パラドックス~』BD&DVD第二巻、2011年8月3日発売決定!!

サントラは広げると一枚絵になる表裏一体型。
裏面でヨシモトがセンター取ってるのが個人的には嬉しい。 

アニメ「戦国乙女~桃色パラドックス~」劇伴『戦国乙女 音絵巻』

第14話はコンサート!
アニメ放送は全13話で終了しましたが、第14話と銘打って開催されるのが、
戦国乙女歌謡祭 第14話!?「宴会乙女」
になります。

コンサート開催決定
コンサート詳細

まだまだ戦国乙女は終わりません。

見終わっての感想とか。
パチンコ原作のアニメということと、知名度が低いこともあり、当初まるで注目されていなかった。
私自身これを見た切っ掛けは、同じパチンコ原作である「Rio RainbowGate!」がそこそこ面白かったから。
しかしこちらも一般的な評価はあまり高くはありませんでした。

まあ軽い気持ちで見始めたのは確かですね。
済みませんでした、戦国乙女ナメてました。
最後までテンションが下がらずに綺麗に纏まっていました。

本当に面白かったです。

第十三話のあらすじを公開しました。

魅力的なキャラクター。
主人公のヒデヨシがひたすら天真爛漫で可愛かった。
最近はツンデレだのヤンデレだのといったヒロインが幅を利かせています。
ちょっとキツい性格どころか理不尽に殴る蹴るする危ないヒロインも少なくありません。

そんな中で甘ちゃんだけど裏表の無い明るい性格、強くないけど勇気と実行力はあるヒデヨシは見ていて実に心地良い主人公兼ヒロインでした。 更に真の主人公とも言うべき織田ノブナガ。強く豪快な性格で言動に一切ブレが無くひたすら男前でした。
その上今川ヨシモトの存在。

従来の今川義元像といえば白粉に麻呂眉といった公家かぶれの軟弱キャラというのが大半。
史実の桶狭間で信長に敗れたこともあって暗愚なイメージが強かった。
これをちょっと抜けたお嬢様キャラにして、大幅にイメージアップしたのは大きいです。
後継者争いに勝利して、駿府を中心に三国を纏め上げた今川きっての名君と言う側面がありますし。

更に明智ミツヒデも忘れてはいけませんね。
彼女はギャグ主体のこのアニメに、違和感無くシリアスを持ち込んでいます。
ノブナガを慕うあまりヒデヨシの存在に焦り、嫉妬の挙句暴挙に及んでしまう。
その過程が非常に丁寧に描写されており、見ていて納得の行くものがありました。

そして西国乙女。
方言を喋らせる為にご当地声優をキャスティングするという技が見事です。
しかもこちら、台本は標準語で声優自らが方言に直していたらしいです。
キャラクター的にはキリシタン大名の大友ソウリンが容姿と声の可愛さが相まって非常に人気がありましたね。
個人的には長宗我部モトチカの土佐弁が素晴らしかったです。


快盗天使ツインエンジェルはどうかな。
パチンコ原作のアニメとして次に放送予定なのがこちらです。

快盗天使ツインエンジェル・アニメ公式サイト

見た感じ魔法少女モノっぽいですね。
実は今回のアニメに先駆けて2009年にOVAが上下2巻で発売されています。
因みに監督は長井龍雪。
今期「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を作ったあの人物です。
但しTV版は別の人が監督するみたいですが。 

メインの三人を見てみると、
水無月遥・・・田村ゆかり
神無月葵・・・能登麻美子
葉月クルミ・・・釘宮理恵
何とも豪華な声優陣です。 
パチンコと言う共通点はあるけど繋がりはあるのかな・・・とは思いますが、こちらにも期待しています。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

heuge-13-266.jpg

謀ったな、秀吉!・・・という訳でもなかった。
書状のやり取りこそしていたものの、ハッキリと手を組んだ訳じゃなかったんですね。
手を貸すならそれもよし、攻撃してくるなら打ち破るのみ。
光秀にとって秀吉はそういう相手。
しかし手勢一万以上という数を聞いて顔色が変わりました。
備中から僅かな供を連れて来たのかと思ったらほぼ全軍。
ここへ来てようやく光秀は自分が嵌められた事に気が付きましたね。 

代わりに家康が来た。
明智は世直しをやっている、羽柴は天下獲りをやっている。
そう感じた家康は光秀に正義ありと、何と明智に加勢しようと出陣してくる。
この解釈にはぶったまげました。

本能寺の変当時の家康は堺見物をしており、信長同様わずかな供しか居なかった。
その為襲撃に怯えながら、命からがら自国まで戻ったんです。
これを「神君伊賀越え」といいます。

一緒に堺見物していた穴山信君(梅雪)という武将は家康と別れた後、落ち武者狩りに遭って死んでいます。
まかり間違えば家康もこうなってた。
そんな羽目に遭いながら光秀に手を貸すというのは何とも斬新ですね。 
但しへうげものの光秀と家康はどちらも正義の人なので納得の結果です。 

左介空回り。
せっかく信長の仇討ち、そして立身出世を目論んでいたのに。
いきなり落馬させられて笑いました。
更に言えばこれまで使い番という交渉役ばかりで戦っている描写が殆ど無かった左介。
部下も揃えて小なりとも武将っぽくなってきたと思ったらこのザマ。

そう思ったら意外な助け舟が入りました。本能寺を辛くも脱出した弥助です。
当時の日本で黒人はさぞや目立つだろうに、よくここまで来れたものです。
そして弥助の口からノブ(信長)を殺したのが本当は秀吉であると知らされる左介。 

heuge-13-1287.jpg

左介はこんらんしている!
でも戦っている。左介が槍働きしているシーンは本当に珍しい。
さっきは肩透かしだったけど、戦闘シーンはきっちりやってくれた。
しかもこの戦いが凄く凝っているので魅入ってしまいました。

・弓で撃たれる
・刀で切りかかったら折れる
・組み敷いて脇差でトドメを刺す
・石をぶつけられる
・尖った兜で敵兵を突き殺す

実に泥臭い、多種多彩な戦闘が見られます。
戦国時代が舞台なのに、合戦シーンそのものは少ない。
へうげものであまり見られなかっただけに新鮮です。

しかし左介の頭の中はグラグラです。
弥助の口から語られた「犯人は秀吉」という言葉に激しく動揺しています。 
信長の仇である光秀を討つべく、秀吉に協力して旗まで作ったのに、逆だった。
さりとて今から敵は秀吉と方向転換する訳にもいかない。
今は生き延びるのだ。 
目の前の戦いに集中するしかないというところで次回です。

heuge-13-677.jpg

あの旗超カッコイイ。
左介の「信長LOVE」の旗は諸将に不評だったのですが、ありえない位食いついた武将が居ました。
なんと言う斬新な旗・・・。
あれを考えたのはいかなる人物か。
彼は上田左太郎。丹羽長秀の家臣です
見た目数寄とは無縁の無骨な人物に見えるのですが、今後左介と関わっていく事になりそうです。
左介と左太郎、同じ字も入ってて相性は良さそうです。

次回はへうげもの 第14話 『悲しみのミッドナイト・パープル』です。 

公式サイトウィキペディア


これはちょっとビックリしました。
アニメBD/DVDウィークリー
2011/07/04付(集計期間:06/20~06/26) 

【Blu-ray】
*1 - ● 51,840 51,840 魔法少女まどか☆マギカ 3(完全生産限定版)
*2 - ● 22,685 22,685 TIGER & BUNNY 2(初回限定版)
*3 - ● 22,197 22,197 IS<インフィニット・ストラトス> 第3巻 
*4 - ● 16,731 16,731 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7(完全生産限定版) 
*5 - ● 11,802 11,802 STEINS;GATE Vol.1 11/6/22 FTW
*6 - ● 11,590 11,590 とある魔術の禁書目録Ⅱ 第5巻(初回限定版) 
*7 - ● 10,150 10,150 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(初回限定版)(11.06)
*8 - ● *9,463 46,130 借りぐらしのアリエッティ 
*9 - ● *7,318 *7,318 青の祓魔師 1(完全生産限定版)
10 - ● *6,511 *6,511 夏目友人帳 Blu-ray Disc BOX 
14 - ● *5,649 *5,649 よんでますよ、アザゼルさん。 VOL.1 
15 - ● *5,267 *5,267 電波女と青春男 1(完全生産限定版)
16 - ● *5,089 *5,089 AKIRA(11.06) 11/6/22 GUE
17 - ● *4,892 *4,892 STAR DRIVER 輝きのタクト 6(完全生産限定版) 11/6/22 ANX
18 - ● *4,826 *4,826 OVA BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail 005 
20 - ● *4,007 *4,007 緋弾のアリア Bullet.1

【DVD】
*1 - ● 48,766 176,131 借りぐらしのアリエッティ 
*2 - ● 20,214 20,214 ONE PIECE Log Collection “SKYPIEA" 
*3 - ● 10,892 10,892 青の祓魔師 1(完全生産限定版) 
*4 - ● *8,528 *8,528 魔法少女まどか☆マギカ 3(完全生産限定版) 
*5 - ● 7,758 7,758 IS<インフィニット・ストラトス> 第3巻 
*6 - ● 6,891 6,891 SKET DANCE 体験入学版 
*7 - ● 4,574 4,574 世界一初恋 特装版 第1巻
*8 - ● 4,132 4,132 とある魔術の禁書目録Ⅱ 第5巻(初回限定版) 
*9 - ● 4,108 4,108 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7(完全生産限定版) 
10 - ● 3,297 3,297 G-SELECTION 機動戦士ガンダム/第08MS小隊 DVD-BOX 
11 - ● 2,947 2,947 BLEACH 破面・滅亡篇 5 
12 - ● 2,855 2,855 Starry☆Sky vol.5~Episode Taurus~(スペシャルエディション) 
13 - ● 2,592 2,592 よんでますよ、アザゼルさん。 VOL.1
14 - ● 2,349 2,349 緋弾のアリア Bullet.1
15 - ● 2,283 2,283 STAR DRIVER 輝きのタクト 6(完全生産限定版)
16 - ● 1,699 1,699 フリージング Vol.4
17 - ● 1,504 1,504 EMOTION the Best 重戦機エルガイム DVD-BOX
18 - ● 1,361 1,361 電波女と青春男 1(完全生産限定版) 
19 - ● 1,340 1,340 OVA BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail 005 
20 - ● 1,336 1,336 殿といっしょ~眼帯の野望~ 第2巻 

アザゼルさんが合算で8,000枚も売れている!
ギャグは売れないとか、15分アニメじゃね・・・という下馬評を覆す大健闘です。
私自身も「面白いけど、多分売れないだろうな」と思ってました。
しかもこのアニメ、放送前に一切取材が来なかったほど注目されてなかった。
監督自らそのスルーっぷりを嘆いていた程です。

監督のブログ(アニメ開始前)

監督が頑張った。
「よんでますよ、アザゼルさん。」を監督した水島努と言う人は「侵略!イカ娘」を監督した人です。
こちらもアニメ化以前はあまり注目されていなかったのですが、人気も出てBD/DVDも売れ、第二期が決定しています。
原作つきアニメを上手に映像化する監督なんだと思います。

更に言えばこの監督は以前に「撲殺天使ドクロちゃん」「大魔法峠」「ムダヅモなき改革」も作ってる。
ブラックジョークが売りのギャグ漫画とは特に相性が良い。 
その上原作が好きでアニメ化の話には1も2も無く飛びついたんだとか。 

原作コミックスを完全再現!? 禁断のアニメ化がついに実現! 監督、キャスト陣が語る『よんでますよ、アザゼルさん。』

能ある人が好きなアニメを作って受けた、将に万々歳の結果です。

公式ウィキペディア

イエヤスの暴走は皆の協力でストップ。
その所為でお館LOVEになってしまい、ミツヒデは心中穏やかじゃない。
一方で甲冑はまだ残っているけどどうなるか、いよいよ最終回です。

sngk-13-537.jpg

伊達先生の往生際が悪すぎる。
こっそり鎧を回収し、尚も野望を燃やす伊達先生。
みんな自分の事ばかり。
先生が一番身勝手です。
私が正しい世の中にする。
誰も先生の作る世の中なんて望んでない。
抵抗するなら力づくでも従わせる。
それ完全に独裁です。
可哀想なぐらい言ってることが支離滅裂です。

そもそもノブナガは甲冑なんて必要ないほど強いです。
全員攻撃の後とは言え、甲冑を着た妖術使いのイエヤスを倒しています。
一般人の伊達先生が叶うとは全く思えません。

お館が何処までも格好良いですね。
前に甲冑を着たものは天罰を食らったし、そうでなくとも力づくでは天下は収められない。
ノブナガが天下布武を否定しちゃった。
そして出した答えは甲冑の破壊。
甲冑を盲信していた伊達先生の心の呪縛も、ようやく解けたみたいです。

ヒデヨシは二人の間で「喧嘩は止めて~」と言うだけで、相変わらず役に立っている様には見えません。
でもそういう事を、特にノブナガに向かって言えるのもヒデヨシだけなんですよね。
人たらしの猿らしく、口先で意外と人の心を動かしているのかも知れません。 

sngk-13-130.jpg

それぞれの別れ。
安土の復興が一段落すると、武将達もそれぞれの領地へ帰っていく。
イエヤスが今だヨシモトにくっついているのがちょっと意外。
あれこれ理由を付けて安土に居座るかと思いました。
でも腹黒なのは変わっていませんね。違うのはみんなにバレているという事ですが。

そしてヒデヨシも帰還することを決意。
これをあっさりと認め、リアクションも薄いノブナガにちょっと冷淡ではと伊達先生。
お館はシャイなんですよ。
ヒデヨシは先生より余程人の気持ちが分かる子みたいです。

最後までお館は冷静でしたが、きっとまた会えるからと信じている様ですね。
逆にあれだけヒデヨシを目の仇にしていたミツヒデの方が感極まっているように見える。 
こうして二人は元の世界に帰還し、何事も無かったかの様に本来の生活に戻って行きました。 

最後にあの神社に立ち寄ると今度は伊達先生ではなくシロと遭遇。
なにやら企てがあるようで、実は・・・と耳打ち。
ここで劇終(右から終劇と書いてある様にも見えます)となりました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーっぽいラスト。
とりあえず戻らなくて良かった。
アスタロッテはアッサリ戻りました。
あれだと感動の別れは何だったのとゲンナリしてしまうので。
でも他の異世界モノと違い、戦国乙女の場合は伊達先生の機械使えば簡単に戻れそうです。

今期の中では上手に締めたアニメだと思います。
そして話も毎回面白かった。
始まる前は殆ど注目されていなかったので、大健闘と言えるんじゃないでしょうか。 
ヨシモトや西国乙女の活躍をもっと見てみたい、是非続きを作って欲しいと思います。

sngk-13-950.jpg

結局シロは何者だったのか。
最初はヒデヨシと同じ世界から来た人間の男だと思っていました。
あの世界に男が入ると動物に自動変換されるとか修正力が働いてしまう。
一緒に元の世界に帰ったら少年の姿に戻ってヒデヨシと良い仲になるのかな、とも期待していた。 

しかしラストを見る限り、全く別の世界から来た可能性もありますね。
自分の意思で時空移動できるみたいなので、ヒデヨシの世界も知っていたと。
二期があれば正体が分かりそうですね。

伊達先生の胸は何故増量したのか。
今すぐにでも知りたいです。
ヒデヨシが正体を知る前のマサムネの胸を見て「先生はこんなにおっきくないよね」と言いました。
しかし二人は同一人物だった。
この謎は是非ヒデヨシから先生に聞いて欲しかったです。 

公式サイトウィキペディア

 

第四夜を見逃した・・・。
てっきり24:00以降だと思ったんです。
丁度ドラマ「仁-JIN-」が最終回二時間スペシャルを見ておりそのあまりの出来の良さに感動していた余韻もあったのですが、見に行った頃にはもう終わってた。
ホント不覚です。 
一番盛り上げる二話を見逃したのはダメージが大きいですが、嘆いても居られません。

今夜は間違えない。
第五夜:6月27日(月) 23:30~24:30 11話~12話
戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(終) 『陽光乙女』:テレビ東京 6月27日(月) 26:00~26:30
この流れです。

面白かったのが前回のサブタイトル。『戦国乙女』です。
普通メインタイトルと同じサブタイトルが付くのは大抵最終回。 
それをラス前に持ってくるのはセンスあるなと思いました。
ヒデヨシと伊達先生は現代に帰れるのか、或いはこの時代に居残りか。
そして今だ力を失って居なさそうな鎧がどうなるかなど見所は尽きません。
最後まで楽しみたいと思います。

ラジオの出張収録もあるよ。
本日最終話の放送ですが、ラジオはまだ終わりません。
それにコンサートもありますしね。

「戦国乙女〜ラジオパラドックス〜」がアキバへ出張収録!
音泉・出張収録紹介ページ 
戦国乙女~ラジオパラドックス~

アニメの予告と同様、ヒデヨシ役の日高里菜とマサムネ役の平田裕香の二人がパーソナリティです。
現在第6回が放送中で、第11回放送分までの内容を網羅しています。
こちらも聞くと戦国乙女がより楽しくなること請け合いです。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

先々週に円佳が振られ、先週伊吹が失恋。
着々と初エンドへのお膳立てが整いつつあるように見えます。
しかし肝心の二人の気持ちが殆ど描かれて来ませんでした。
一方でお祭りの女神と介添えに選ばれたつむぎや陽菜にも可能性がある様に見える。
今回で纏まるんでしょうか。 

hsz-12-290.jpg

これはスタンド攻撃か何かなのか・・・!?
アバン入ったらいきなり一馬と初がよそよそしい。
一体何がどうなってるんだ。
二人がこんな風になる原因がまったく思い当たらない、そもそもここ二週間あまり顔合わせてないし。

もしかして自分は一週見逃したのか。
先週一馬と初が互いに意識するような恋愛イベントが存在したのか。
そんな訳ありません。とにかく、
二人が惚れ合っているという結果があり、過程が全く存在しない。
キングクリムゾンのスタンド攻撃(時間を吹っ飛ばす)を食らったらこんな気分になるんだろうか。

外堀がどんどん埋められていく。
仮病で女神役を初に譲るつむぎ。
一馬の為に、初に告白する為のラブレターを書き上げる円佳。
松岡修造ばりに告白しろと発破をかける伊吹。
何か当人よりも周りが無理やりくっつけようと必死です。
円佳や伊吹は自分の好きな男を取られるのに頑張り過ぎです。
普通頼まれたってこんな役割引き受けないでしょう。
何が彼女達をそうさせるのか。

hsz-12-1237b.jpg

一馬と初は「やらされている」「言わされている」感がバリバリです。
「(良く分からないけど俺は初が好きらしい。)好きだー!」
「(みんなが言うから私はカズ君が好きみたい。)私も大好き!!」

どうにもこんな風にしか聞こえない。

祭りでカップルが誕生したぞ!
めでたしめでたし、今年も豊作じゃあ!!
そしてエンディング代わりにオープニングが流れて、完。
・・・しばらく何が起こったのか全く分からなかった。

何じゃこりゃあ!!
我に返って最初に思ったのがこの言葉。
スタッフ大暴走の上大暴投。
見てるこっちは完璧に置き去りにされました。

そりゃ初はあまり好きなキャラクターじゃありません。
だって最初から最後まで食ってばっかりで、色恋と無縁だったじゃないですか。 
これまでに段々と一馬を意識して、更に一馬も初が気になって・・・という描写があれば納得もします。
最終回でいきなり二人は恋に落ちた。
競馬に例えると、最後尾走っていた馬が突如瞬間移動したかのようなゴールイン。 
アニメスタッフに一体何があったのか、脚本家が発狂でもしたのか。

もっと自然に出来たんじゃなかろうか。
例えば先々週に円佳、先週は伊吹を振る話がありました。
あれをやる代わりに一馬と初が仲良くなるイベントを盛り込めば良かったじゃないですか。

祭りには初、円佳、伊吹が選ばれる。
そこで一馬は初を選ぶ。
やっぱり初だった、私達振られちゃったね。
一人ずつ無理やり振らなくたって、これで一気にカタを付けられるじゃないですか。

携帯が鳴ってリモコンと間違える円佳。
カメラマンとして張り付いていたかさねを介添え役に抜擢。
こんな細かい演出が出来るのに、肝心の恋愛描写が超適当って何故!?
力の入れどころを完全に間違っていた気がします。

hsz-12-417b.jpg

スタッフに是非聞いてみたい。
唐突に二人がモジモジし出したのは何なのか。
初がヒロインなのに恋愛がらみのイベントが少なかったのはどうしてか。
最終的に誰をヒロインにするかで議論などはあったのか。

スタッフ同士のコンセンサスが取れてない為にこんな急展開になった気がするんです。 
ブログやTwitter、イベント等で語ってくれるとありがたいですね。

後から見たら面白くて、遅ればせながらレビューを書いておりました。
正直最後でガックリさせられたという印象で一杯です。
それでもつむぎさんや陽菜先輩、円佳に円佳ママなど魅力的なヒロインが沢山居ました。 
ホント、途中までは良かったんですがねえ・・・勿体無かったです。

公式サイトウィキペディア

直哉と明日葉と言う異物を抱えた所為でユグドラシルの樹が暴走。
止む無く二人は人間界への帰還を決意。
それを前にアスタロッテが勇気を振り絞って直哉をデートに誘いました。

大好きな直哉と最後に思い出作りがしたい。
その為に素直になったアスタロッテは可愛かった。
但し直哉の方にちょっと問題が・・・。

ast-12-461.jpg

10歳の娘を持つ直哉は10歳の女の子に恋をする。
但しイケ面に限・・・らないって!
普通捕まるから!! 
妖魔だからにしてもちょっと厳しい感じがします。
僕は貴方に恋をしています。
って流石に可笑しいでしょ。

僕も姫様が大好きです、ぐらいだったら良かったのに。
それ以上の話はロッテが大きくなってからで良いじゃないですか。
血縁上は赤の他人ですがタネ違いの娘とも取れる関係です。
何より同い年の子供を持ってる身の上ですよ。
さすがにこの直哉は気持ち悪すぎました。
原作でもこんな事言ってるんでしょうか。

イニにお任せ。
こうして人間界に戻っていった直哉と明日葉。
しかしユグドラシルの苗+イニが改造した直哉の携帯で連絡を取れるようになる。
更にイニがユグドラシルを解析して今度こそ完全な人間界へのゲートを作り上げる。
都合良過ぎ&早過ぎです。
こうして直哉は再び妖魔界に帰ってきたのでした、というラストです。

今までずっと楽しんできたのですが、最後の最後でやらかしちゃったという感じです。
今期釘宮理恵がヒロインを勤めるアニメはもう一つ「緋弾のアリア」があります。
比較されることも多かったですが、人気は地力に勝るアリアのほうが上です。
それでも私はアスタロッテが好きでした。 

ガンアクションが酷過ぎるからアリアが好きでないのもあります。
それ以上にアスタロッテの方が遥かに可愛いくて性格が良いから。
・誤解の原因は種族や身分の違いによるところも多い。
・基本的に暴力は振るわない。
・あまりに理不尽な要求はしない。
・あくまでも直哉を養っている立場である。
・言い過ぎたときには後悔も反省も謝罪もする。

一方のアリアはツンデレと狂人を履き違えた駄目な釘だと思っています。
例えフィクションだとしても、許容範囲というのがあります。
むろんキャラクター設定がそうなのであり、声優に責任はありません。

ast-12-1374.jpg

それだけに最後の、
取ってつけたような山場&ご都合主義が最初から見え見えの解決。
これにはしょんぼり。
直哉のマジ告白と併せ本当に首を傾げました。
といっても最後のアスタロッテの笑顔を見ると怒りは大分収まって来ちゃいますが。 
ロリ御用達かと思ったら、しっかりホームドラマしている良作で、最後に凡作化。
そんな印象でした。
ストーリーへの意見はこれくらいにして、小ネタに移りたいと思います。 

実はタダ働きだったんじゃ。
月50万円という破格の給料、但し支払いは宝石。
これ換金出来ないと宝の持ち腐れです。

ところが人間界では鑑定書や刻印の無い貴金属は普通買い取ってもらえない。
出所が分からないと品質が怪しかったり、犯罪の匂いがするからです。
紛争ダイヤモンドとか国際問題になってますよね。
直哉は結局無収入だったのでは、とずっと気になってました。

これでアスタロッテのアニメは一旦終了ですが、実は本編BD/DVDとは別に、メルチェリーダと直哉の馴れ初めを描いたOVAが発売予定です。
EX巻にメルチェさん登場
出会いから子作りに至る話であり、TVでは描写しづらいシーンが必須。
それ故のOVAかと期待が高まります。
ラストが不満だっただけに、こちらで解消できればと期待するばかりです。 

公式サイト公式ブログウィキペディア

まずタイトルが珍妙で気になりました。
何か演歌とポップスのタイトルをごっちゃにした様なタイトルですね。 

iroha-13-993.jpg

緒花が帰って来た。
物理的に湯之鷺に帰って来たのもあります。
それよりも先週までの変な緒花、特に「ぼんぼる」成分が抜けたという意味で良かった。
鼻息を荒くすればするほど間違ったベクトルに突っ走っていた感のある緒花。
ようやく初期の戸惑いながら頑張る娘に回帰です。

そして松前皐月(緒花ママ)と言うのはどれほど恐ろしい存在なんでしょうか。
女将を始め全員が浮き足立っています。
誰が来ようと通常営業。
そういった女将自身が接客を拒否しているのはズルくないですか。

本当に厄介な存在だった。
弟の縁にとって昔からのトラウマというのは薄々分かってました。
・姉の宿題をやらされる
・お年玉をカツアゲされる
酷い姉です。特に後者は立派な犯罪です。
女将止めさせられなかったのか、縁はよくグレなかったと感心してしまった。

ドMだからお姉さんに似てるコンサル女に惹かれるのね。
巴にまでそう指摘され、同情すらしてもらえないのは可哀想過ぎる。
でも縁と巴の方が似合っていると思う、巴も気は強いですしね。 

実家を飛び出して何年も帰っていないにも関わらず、喜翆荘の不満点と改善案を的確に指摘してしまう。
従業員にとっては面白くない存在です。
ただその言葉には筋が通っており、説得力がある。
だから余計に厄介です。

美人は得。
というのを皐月は最大限利用しているんだと思います。
傍若無人に振舞ってもどこか共感される。
ボロクソ言って逆にやる気を出させて最高を接待を引き出す。

子持ちのいい年したおばさんであり、緒花の母親なので巨乳でもありませんが、何やら色気を感じさせたりします。
散歩に同行させるわ、夜は母と娘に酌を要求するわと金額以上にコキ使いまくりです。
それでいて妙に人懐っこくて決定的には嫌われない。
コンサル以上に人の心を掴んでくるこの性格は本当の意味で恐ろしいですね。
緒花も修行次第では前回までのKYぼんぼる娘からこんな「イイ性格してる女」へと変貌するのでしょうか。 

部外者にも関わらず一人で喜翆荘の従業員全員を使いまくり、そして彼女は帰っていきました。
最後に緒花に託した手紙には、最高の賛辞が書かれていました。
一同大喜び。
あれほど嫌がっていた皐月の評価に嬉しくなってしまう。
これこそ彼女がいかに恐ろしいかを物語っている気がします。

iroha-13-1342.jpg

祖母と母の影響で恋愛経験値アップ。
孝ちゃんに振られた振られた言ってますが、思い込みという気がします。
孝一は振ったと思ってないでしょうし、あっさりメガネ女になびくとも思えません。
しかも三世代で飲んだ(緒花はジュースです)夜に、
四十万の女は一度や二度振られたって諦めない。
女将から恋愛成就の奥義を伝授されています。
これでお終いとも思えませんね。というところで次回です。

1クールの締めの話としては綺麗に纏まっていたと思います。
何より緒花にイライライライラさせられた先週までの不満が一切ありませんでした。
一皮向けた緒花が見ていて気持ちの良くなる活躍をこれからも期待します。 

次回は花咲くいろは 第14話 『これが私の生きる道』です。 

公式サイト / ウィキペディア

友情とは成長のおそい植物である
それが友情と言う名の花を咲かすまでは
幾度かの試練・ 困難の打撃を受けて
耐えねばならぬ――― 

タイトルでキン肉マンのラストを思い出しました。

能力は使わない。
試合再開で出て来たバーナビーはハンドレッドパワーを使わない。
同じ能力を持った虎徹が負けている上、ジェイクに攻撃が当たらない謎が解けていない。
他のNEXTと違って「5分経ったらタダの人」であるハンドレッドパワーを勝算も無く使うのは拙い訳です。

打つ手なしで困っているバーナビーにジェイクは大喜び。
俺は能力を二つ持つことを許されたんだ!!
能力のヒントを故意に漏らしてしまう。
但し具体的な力については教えてくれない。
とことんイイ性格してますね。

能力はひとりに一つというのが常識だった様で、ヒーローも驚いている。
まあ二つも能力を持ってて、そのどっちも凄く使えるというのはまさに奇跡なんでしょうね。 

tb-13-527.jpg

今回のブルーローズは善い子
ボロボロのアンタに来られても超・迷惑!
パートナーなんだからジェイクを倒す方法でも考えてよ!!
前回ボロクソ言っていたのとは違います。
虎徹を心配しつつ照れ隠しに怒るという正しいツンデレです。

ヒントを貰ってもピンと来ないヒーロー達の中で、虎徹は何か気付いた様子です。
ハンドレッドパワーで治癒力100倍、無理やりキズを直して出て行ってしまう。
そんな使い方があったんだ。
但し傷が塞がっただけで蓄積したダメージは消えません。正直ヤセ我慢です。

アニエスって実は凄い人なんだと思う。
単に視聴率が大好きなだけのプロデューサーではありません。
潜入したオリガミから情報を収集。
軍用ロボット対策を考える。
その時間稼ぎをする。
作戦をヒーローにリアルタイムで指示する。
いわば戦闘指揮官を兼任しています。
素人の生半可な指図ではヒーローが負けてしまいますし、我の強い連中が従うとも思えない。
一体どこでそんな能力身に着けたんでしょうか。

お前が信じてくれることを、俺は信じている。
自分が信じなくて関係を悪くした虎徹なのにちょっと強引な話です。
グレンラガンでカミナの言った台詞「俺が信じる、お前を信じろ」にもちょっと似てるかな。
ヤツの力は超・聴力だ、ムチャクチャ耳が良いんだよ!
聞いた途端に「なんじゃそりゃ」と思ったのは自分だけじゃない筈です。
恐らくバーナビーも虎徹を信じる信じない以前に「何言ってるのこのおじさん・・・」という気分になったんじゃないでしょうか。 

それでも真剣な虎徹の勢いに気圧されたのか、何だかんだでお人よしなのか。
虎徹から渡された斉藤謹製の音波弾で攻撃。
音波弾は大嘘、閃光弾でした。
この隙を突いてジェイクを攻撃すると簡単に当たりました。
虎徹の指示で反射的に繰り出した攻撃だからでしょうね。
しかも耐久力が無いらしく一撃でダウン。そりゃバリアのお陰で殴られるのは慣れて無さそうですし。

tb-13-1056.jpg

虎徹は知っていた。
敵を欺くにはまず味方から、という言葉があります。
虎徹はジェイクに本名(非公開)を呼ばれたことから「読心術」使いであることに気付いていた。
しかしこれをバーナビーに教えると当然ジェイクにもバレてしまう。
だから敢えてウソ情報を伝え、それをジェイクにも読ませて油断を誘ったと。
でも信じて欲しいと言って置いてそりゃどうなんでしょう。
俺を信じて騙されてくれ。
言葉にすると何ともシュールな話だったんですね。 

因みに今回の虎徹の考えは読まれなかった。
一度に心を読めるのはひとりだけとか、読む相手の距離には限界があるとかがありそうです。 
ただもう能力を調べる必要は無いのかもしれません。
自身のミスでヘリを墜落させてしまい、結局生死不明になりましたので。 

ともかくもジェイクを倒し、バーナビーは本懐を遂げました。
その上虎徹と名前で呼ぶ様になっています。
もうおじさんでもバニーちゃんでもありません、というところで次回です。 

ジェイクは復活するんだろうか。
1クールの終わりで中ボスのジェイクを倒すというキリの良い展開でした。
それにしてもバリアと読心術を持つジェイクをレジェンドはどうやってとっ捕まえたのか。
今より貧弱な装備なうえ、たった一人でバックアップ体制すら無かったんです。 
能力を3つも4つも持っているような超絶ヒーローだったのかも知れません。 

あと、
お前たちの掲げる正義とはこの程度か→やはり、悪は滅びる定めだ。
ルナティック裁判官の手のひら返しには笑いました。 

次回はTIGER & BUNNY 第14話 『Love is blind.(恋は盲目)』です。

公式サイトウィキペディア

1925年でもうドイツがポーランド侵攻。
ちょっと待て、史実より14年も早いんだけど。
戦争戦争ってずいぶん先だろうと思っていたら、凄く前倒しで来ました。 

gosick-23-1339.jpg

ブロワ侯爵わが世の春。
件の形見箱で科学アカデミーのジュピターロジェを失脚。
更に王からの信任を獲得し、挙句王はブロワ侯爵の言いなり。
国内の不穏分子を自身の味方に取り込む。
灰色オオカミの知恵を拝借してやりたい放題ですね。

それにしてもソビュールがドイツと同盟したのにはビックリしました。
枢軸国側じゃないですか。
多少歴史を弄ってる様ですが、恐らく負けますよね。
更に言えばソビュールはフランス語圏です。
ドイツと組むのはちょっと考えにくい。
・・・もしかしてヴィクトリカは嘘を教えているのかもしれない。

そして復讐の時。
モンストル・シャルマンに仕立て上げられたヴィクトリカのお披露目式に臨むブロワ侯爵。
しかしそこに現れた人物は、ヴィクトリカと入れ替わったコルデリアだった。
散々に罵倒された挙句ロスコーが火を放って式典はメチャクチャです。
かなりえげつない方法ですがブロワ侯爵のやった事を考えれば甘いくらいでしょうか。

この時ブロワ侯爵はソビュールの首相です。
演説している場所といい、ナチスドイツのアドルフ・ヒトラーと物凄く被るシチュエーション。
多分モチーフにしているんだろうなあ。
そしてそれ程の重要人物にも関わらず、護衛があまり居ませんね。
ヴィクトリカを掌中に収めてすっかり油断していたのでしょうか。
結局刺し違えるような形になってしまった様ですが、コルデリアには死なないで欲しいですね。

しかしたった1話で全権掌握し、あっという間に灰になってしまった。
ブロワ侯爵の栄光と凋落の日々が激しすぎますね。 

あやうしヴィクトリカ。 
ロスコーAはコルデリアと一緒にブロワ襲撃しています。
いま一人のロスコーBはヴィクトリカを連れて逃げている。

何で俺はあのブロワの娘を護衛せねばならんのだ。
ロスコーBは完全に貧乏くじ引かされた形です。
馬車を止めた挙句ヴィクトリカを手にかけようとするところで次回です。

gosick-23-925.jpg

久城が坊主だ。
描写がかなり省略されていましたが、久城はあの後日本へ送り返されたみたいです。
そして軍隊でのシゴキの毎日。結局入ったんですね・・・というか父親に入れられた?
しかも要領が悪いらしく、上官にいびられています。
ここはKY久城の面目躍如と言うべきなんでしょうか。 

名もなき村(灰色狼の故郷)で村長に言われたとおりすっかり離れ離れになってしまった二人。
ここからどうやって巡り会うのかが気になりますね。 
話自体は理解できたものの、展開がちょっと駆け足に感じました。
もうちょっと変貌していくソビュールをじっくり見たかった気もします。
何れにしろ来週で最終回。大団円に期待です。 

次回はGOSICK─ゴシック─ 第24話(終)『死神の肩越しに永遠をみる』です。

公式サイトウィキペディア

azazel-12-120.jpg

クリーンなババアと黒いさくちゃん。
お世辞並べて大家をヨイショするぐらいならいいですよ。
しかしニセの昔話で情に訴えるのは外道過ぎる。
どんな強欲ババアでも孫には弱いんだから。 

そんな訳で「善い大家」発言を引き出してサラマンダーの言霊を発動。
晴れて「クリーンなババア」が誕生しました。
何か後で大変な事になりそうです。

大家さんが善人になったという事は、誰の言うこともホイホイ聞いてしまう事を意味します。
案の定再び訪れた天使ゼルエルに世話を焼き始めた。

こうして大家さんはビルには入れない天使の代わりにグリモアを回収。
芥辺が気付いた時には時既に遅し。
何も知らずに買出しに出ていたベルゼブブが消滅したところで次回です。

azazel-12-606.jpg

佐隈が迂闊過ぎる。
モロクに続いて佐隈のチョンボから二人目の悪魔消滅です。
いくら見習いでもセキュリティが甘すぎるんじゃないでしょうか。
こいつとは絶対契約するな!
ダメ悪魔使い部門第一位!!

悪魔間でランキングとかあったら間違いなくさらし者だと思いますね。

因みに悪魔って、天使への対抗手段とか何も無いんでしょうか。
一方的にやられるだけの関係ならまさに天敵、ものすごく恐ろしい存在です。
名前聞いただけで脂汗流して小便漏らすぐらいビビっても可笑しくないですね。

次回はよんでますよ、アザゼルさん。 第13話 『べーやん』です。 

公式ウィキペディア

千歳のラケット直撃に始まり、来栖の拷問装置で拍車が掛かった明日菜の記憶喪失。
最終回なのに主人公が前後不覚で大丈夫なんでしょうか。

荒療治。
眠り続ける明日菜の中で、1年前の回想が続きます。
空手の強さを鼻に掛け、ワガママ放題の琴音。
確かに明日菜のストーキングじみたペア要求は気持ち悪いです。
しかしそれを差し引いてもテニスを舐めているとしか思えない態度です。

煽てて練習試合に持ち込んだ所で岡部長の本領発揮です。
力任せの琴音は、全くコートに入れることが出来ない。
・・・ワクにボールが飛ばない状態で琴音は自信満々だったのか。
一方でパワーが弱いと言われていた明日菜はちゃんと枠に飛ばしてまがりなりにもテニスが出来ている。

琴音にはテニスの才能が全く無いな。
容赦なく罵声を浴びせられる琴音。
何かまた「まどか☆マギカ」のさやかみたいな事言われてます。
ともかくもこんな下手糞が「私はシングル」とか、部長から見ればお笑い草なんでしょうね。

ボロクソ言われて沈んでいる琴音をフォローしたのが明日葉。
コントロールは良いけどパワーに欠ける明日葉。
パワーは強いけどコントロールが無い琴音。
協力させるために敢えて西岡部長は琴音の鼻っ柱を折ったんでしょうね。
以来琴音にとって明日菜は唯一にして大切なパートナーになったという訳です。

たまに腕を披露するだけで基本放ったらかしのみっしーよりも指導者らしいですね。
・・・それにしても今回みっしー出てきませんが、どうしたんでしょう。

softenni-12-417.jpg

赤玉中学テニス部が良い人過ぎる。
碌に話していない人も居るでしょうに、全員でお見舞いに来てくれます。
何とも情に厚い連中です。
テンパって昏睡状態の明日菜をマッサージしようとした玲緒を退場させたのもグッジョブです。 

他にも黒玉中学の部長と他一名も来ています。
ライバル関係と言う割にアットホームな連中ですね。
結局琴音とコンビ結成を回想し終わったところで目が覚めて一安心、というところでラストです。 

これはゾンビですか?に似ている。
ギャグはそこそこ面白いのですが、シリアスパートがいまひとつな所がです。
正直今回のエピソードは最終話にも関わらず面白くなかったです。
今まで散々テキトーなテニスしてたのにこんな真面目な話されてもちょっと困る。

あのおふざけ連中がこんなにも真面目にやっているというギャップを狙ったのかもしれません。
残念ながら今までの荒唐無稽なテニスとの落差が凄かったです。 
ギャグなのかシリアスなのか、路線をどちらかに絞ったほうが良かっのでは無いでしょうか。
個人的にはギャグとお色気に徹するのがベストだったと感じました。

ただ原作では色気やギャグは抑え目で普通にテニスをやっているらしいです。
二期を見越して最後に路線を修正してきた可能性もあります。
仮に二期があって、本格スポーツ物に出来たとすればこの最終回も意味が出るんでしょうね。

公式サイト公式Twitter / ウィキペディア

遂に完成した花火が超平和バスターズの願いを乗せて飛んでいく。
しかしめんまは消えなかった。
これも違ったのか。それぞれが色々な想いを抱きつつ、いよいよ最終回です。

anohi-11-1272.jpg

本音暴露大会。
とりあえず消えなかっためんまを家に連れて帰ったじんたんは、その後こっそりゆきあつに呼び出される。
また難癖付けられるのかと思ったら、夜の神社に全員勢ぞろいしていてびっくり。
そして大反省会が始まった。

あなる:じんたんとくっつきたいから、めんまに成仏して欲しかった。
ゆきあつ:じんたんにしか見えないめんまは消えてしまえばいい。
つるこ:あなるがじんたんとくっつけば自分はゆきあつの一番になれる。
ぽっぽ:めんまの死亡事故に居合わせたが何も出来なかった。怖いので成仏して欲しい。

めんまの為といいながら、成仏して欲しい理由はエゴ丸出し。
だから上手くいかなかったのではないか。
じんたんもめんまを独占したい、ホントは消えて欲しくないと考えていた訳で、思い当たる節はあります。

本当の願い。
全員の気持ちが一つになった一方で、倒れて消えかかっているめんま。
そして遂にめんまが願い事を思い出す。

それはじんたんのママから頼まれた事であり、
めんまが事故に遭ったのはその相談をする為であり、
今回幽霊?として蘇ったのもこれを満たす為というのは間違ってなかった。

更に言えば、その願いは既に叶っていたんです。
消えなかったのは単なるタイムラグでした。

ここで消えては溜まらんと、めんまを担いで秘密基地に向かうじんたん。
必死に連れてきた筈ですが、めんまが居ません。
・・・違います。消えかけている影響でじんたんにも見えなくなっていた。
状況が理解出来ずにめんまをどこかに放り出したものと誤解して、周囲を探し回るのがなんとも悲しい。

anohi-11-1131.jpg

見える・・・めんまが見える!!
ただ一人状況を理解しているめんまが全員に手紙を残していく。
満足に動かない腕で苦労して書いた手紙に一同が泣き崩れる。

そして次の瞬間、めんまの声に全員が反応。
消え行く前の奇跡でしょうか、遂に全員がめんまの姿と声を聞くことが出来た。
たぶんこれが超平和バスターズが本当の意味で一つになった瞬間だったんでしょうね。
そしてめんまは「生まれ変わって皆に合いに来る」為に消えていった。

その後本格的に通学を再開したじんたん始め、前向きに生きてる超平和バスターズの面々、と言うところでラストです。

分かってても感動させられる。
ぽっぽの負い目とめんまの本当の願いこそ分からなかったものの、最後に全員がめんまを見られるようになる所。
その後のじんたんとあなる、ゆきあつとつるこの関係などかなりお約束の展開が多かった。
しかし脚本と台詞回し、声優の熱演が素晴らしかったので、引き込まれましたね。 

anohi-11-53.jpg

他方で納得が行かなかったのは、本間家にもめんま見せてやれよ、って事です。
めんまは皆に好かれていた、大事な友達だったのは良く分かります。
それでも本間夫妻と弟が追った計り知れないダメージには遠く及ばない。
やはり肉親と言うのは特別だと思うんです。
せめて一目だけでもめんまに会わせてやりたかったですね。

それを差し引いても見ごたえのある良いアニメでした。 
BD/DVDなどで後日談があれば言う事が無いのですが、どうでしょうか。 

公式サイトウィキペディア

信長を討って安土城に入った光秀。
その光秀と結託しているように思わせておいて踏み台にするつもりの秀吉。
両者の味方集めが静かに進行中です。

heuge-12-158.jpg

光秀に付くか、秀吉に付くか。
諸将にとって将来が掛かっている。万が一負けるほうに付けば身の破滅です。
真偽も情勢も確かでないうちからおいそれと協力要請には応じられない。
一方で光秀と秀吉は一人でも多くの味方が欲しい。
両者による水面下の綱引き・駆け引きが進行している訳です。

人たらしの天才たる秀吉の手練手管が凄すぎるとしか言い様がありません。
中川清秀にやんわりと人質を要求する。
いざ引渡しの段になって無用でござると撤回して好感度アップ。
更にこれを見せびらかすことで、他の将の忠誠心に揺さぶりを掛けるのに利用する。
最初から人質を取るつもりなんて無い、いわば人心を掴む為の芝居。
えげつなさ過ぎて感心するレベルです。

一方の光秀ですが、秀吉が指摘する通り彼は立派過ぎます。
「世の為人の為に信長を討ちました。
みんなが明るく暮らせる世の中を作ります。
だから力を貸してください。」

人間は多少なりとも損得が絡んで動くものなんです。
あまりにも清廉すぎる人の考えを理解するのは難しいんです。

いちおう家康に「初花」を贈り、物で気を引こうともしています。
しかし華美を好まない家康に三肩衝の大名物をいきなり贈ってしまうのは如何な物か。
相手のニーズを理解していない気がします。 

帰ってきた俗物王。
ここへ来て意外な人物が秀吉に面会を求めてきました。
嘗て信長に謀反を起こし、蹴散らされた荒木村重。
今は出家して荒木道糞(あらき・どうふん)だそうですが、足利義昭の親書を持ってきた。
まるでドラマの様な復活劇ですが、こちら史実です。

謀反に失敗した村重は家族親族全員見殺しにして自分だけ逃げおおせたんです。
それでも武士かと突っ込みたくなるほどのエゴイストです。 
今回も将軍の親書に加え、お得意の賄賂で自身の命乞いを平然とやってのける。

媚びへつらっても生きられれば良し。
死んだ信長に出来ない事を生きてる俺は出来るんだ。
碌でもない人間なのは間違いありませんが、さりとて嫌いにもなれない不思議な魅力がありますね。

heuge-12-1354.jpg

信長LOVE
佐介は秀吉の命により、主君の仇討ちと強烈にアピールする為の旗指物を作るように言われていた。
キリシタン大名たる高山右近からヒントを貰って作った旗が、
「ハートマークに信長の『信』の文字入り」というアイドル親衛隊みたいな旗。
果たしてこれは受けるのか。かなり不安ですが次回へ続きます。

いよいよ山崎の戦い(別名:天王山の戦い)が幕を開けそうです。
秀吉に利用されたと気付いた時、光秀はどうするんでしょう。こちら凄く楽しみです。 

次回はへうげもの 第13話 『スキヤキ』です。 

公式サイトウィキペディア

 

先ほど書いたニコニコ生放送に参加してみる事にしました。
TIGER&amp;BUNNY目当てでUstreamの生放送は見てますが、ニコニコは初めてです。
ニコニコ動画は見た事がありますが、生放送はサッパリ見た事が無かった。

nikonama-01.jpg

始まる前から何か賑やか。
やはりコメントを付けられるというのは面白いですね。
UstreamでもTwitterと連動はしています。
こちらは生放送自体とTwitterのどちらにもコメントできる優れもの。
但し私が使っているGoogle Chromeだとコメントのかな入力が時々死にます。
案の定、今回もアルファベット入力しか受け付けない。
結局コメントもTweetもテキストエディタからコピー&ペーストする羽目になりました。 

視聴自体は快適でした、が。
Ustreamより画質が良いですね。
それにサクサク動いている。ロードが遅くて不具合の多いニコニコで生放送という不安が嘘みたい。
これは凄いやと見直したのですが、一話Bパートで追い出されました。
プレミアム会員優先の為、通常会員は時々はじき出されます。 
でも「戻るボタン」でガチャガチャやったらまた見れます。
都合3話見終わるまでに3度追い出されました。 

nikonama-02.jpg

止まるよりはマシなのかな。
Ustreamでは前回視聴者が多すぎた所為か止まってしまいました。
あれに比べると時々ほっぽり出されるぐらいは大目に見たほうがいいかもしれません。
何より最終話直前で1話に立ち返ると、前に見るときより随分違って見えます。
ヒデヨシの同級生である本物のあけりん&とくにゃんに感心してしまったり。

更に監督がインタビューで触れていますが、あの戦国時代に迷い込んだヒデヨシがカルチャーギャップに悩むところ。
トイレ、照明、食事、お金、馬と、かなり丁寧に描かれているのが分かります。
一見荒唐無稽なフィクションでも、こういう細かい所をキッチリとやっておく事で説得力が増すんだと思います。

面白かったので今日も見たいのですが、今日はアニメ大渋滞の木曜日です。
・・・そう思ったら電波女(とあと緋弾のアリア)はお休みでしたっけ。
でもあの花とそふてにっが最終回です。 

第一夜:終了
第二夜:6月23日(木) 24:30~26:00 4話~6話
第三夜:6月24日(金) 25:00~26:00 7話~8話
第四夜:6月26日(日) 23:30~24:30 9話~10話
第五夜:6月27日(月) 23:30~24:30 11話~12話

今日はどう見るかちょっと悩みますね。

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

 

イベント充実してるなあ、そう言ったらまた新しいのが来ました。
最近戦国乙女の記事が多すぎないか、多いです。
それだけ動きが激しいからです。

来週で最終回の戦国乙女ですが、今晩からニコニコにて5夜に渡って1~12話までの生放送を行います。
最終回直前!第1話から第12話までを5日間にわたって生放送配信!!

第一夜:6月22日(水) 24:30~26:00 1話~3話
第二夜:6月23日(木) 24:30~26:00 4話~6話
第三夜:6月24日(金) 25:00~26:00 7話~8話
第四夜:6月26日(日) 23:30~24:30 9話~10話
第五夜:6月27日(月) 23:30~24:30 11話~12話

土曜日のお休みを挟んで、6日間に渡るイベントです。
第五夜を見終わると、丁度最速で第13話の放送に繋がります。
見逃した人もまだ間に合う、と言うわけで本日の深夜からスタートです。

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

 

いよいよ来週で最終回。
このアニメは本当にダークホースだった。
始まる前はこんなに面白いとは思いませんでした。

監督インタビュー
監督を務める「岡本英樹」と言う人も、あまり聞いたことがありません。
「ながされて藍蘭島」の監督だった人、と聞くと少し分かるぐらいでしょうか。

パチンコ原作でキャラクターはあるけどストーリーらしきものは無い。
そんな特殊な題材を扱うに当たってどうしたのか等がこちらで述べられています。 
今回は監督の岡本英樹氏に、最終回直前のお話を伺った。
かなり苦労があったみたいですね。

コンサート&クランクアップコメント
更に公式サイトの「人気投票」だったバナーが「コンサート開催」に変わりました。 
コンサート開催

加えてスペシャルには最終回のアフレコを終えた声優たちのコメントが掲載されています。
最終回キャストコメント
キャラクターで紹介されている全キャストのコメントが載っています。

個人的には男で一人だけ参加した佐々木望のコメントが興味深かった。
女ばかりと言う設定なので、ガヤ(モブ声)にも出られない、と見せかけて実は小声で出てたとか。
男がもう一人ぐらい居ると違った気分なんだろうなあ。 

後は大友ソウリン役の野中藍のコメント。
西国乙女の方言は、担当声優が自分で直しました。
台本じゃ標準語だったという事でしょうか。
だとしたら皆凄いですね、特にモトチカを担当した沖佳苗には拍手喝采したいです。 

イベントや更新頻度は一流アニメ並み
人気投票に壁紙配布、メイドカフェとのコラボ企画にコンサート。
確かに予想以上に人気は出たと思いますし、現場も何か楽しそうです。
それを差し引いても、アニメの知名度に比して、イベントが充実し過ぎと言う気がします。
・・・やはりこれがパチンコの力なんでしょうか。

そのパチンコでは二号機が出たみたいです。
正直全くやらないのですが、ちょっと興味が出ましたね。 

またちょくちょく紹介していたアニメワンの人気投票が締め切られました。
美しき美女たち♥戦国乙女で可愛い・綺麗なキャラランキング
ヨシモトは好きですが、流石に一位はやりすぎな気がします。
もしかしてこのページで宣伝したのが拙かったかとちょっと考えてしまった。
ミツヒデがイエヤスを抜いて3位というのは興味深かったです。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

ヨシモトにシンゲンとケンシン、更に西国乙女までやってきて、全員でラスボスを倒さんとする展開。
この辺はスタッフ分かってるなという感じがします。

元からです。
真紅の甲冑を手に入れたイエヤスは、ハンゾウすら切り捨ててしまう。
いくら強くても身一つじゃ出来ないこともあるでしょうに。
殿は甲冑の所為で変わられてしまった・・・。
最初からこんな性格です、猫被ってただけです。
徳川の妖術は完璧に宝玉の代用になったらしく、暴走もしてません。
ひょっこり現れたヨシモトがイエヤスを説得しようと試みるのですが、受け入れるはずもありません。

sngk-12-977b.jpg

文句は言うけど見てるだけ。
イエヤス殺害も止む無しという雰囲気の中、ヒデヨシが異を唱えます。しかし、
戦争は無条件で悪い、人を殺すのは何があってもダメ。
そんな甘ちゃん現代人っぽい価値観だけで文句言ってる気がします。
倒さないと世界が危ないからという事まで考えてないんだろうなあ。
でも受け入れちゃうノブナガ。
何だかんだでヒデヨシに甘いです。 

でもその後の見てるだけのヒデヨシにびっくりした。
言い出しっぺなのに何もしないの!?
今までヒデヨシが口を挟むと「じゃあ、お前がやってみろ」と仕事を任される。
口を出すなら手も動かせ。
ここらへんがキッチリしているところが好きだったんです。
なのに最後に限って何もしないのか。

この世界の武将は殆ど超人なので、力技でヒデヨシが貢献出来ることはありません。
だからと言って、主人公がクライマックスで傍観者じゃ締まりが悪過ぎます。
ヒデヨシと言えば調略なんだから策の一つぐらい出して欲しかったです。
そして「私が甲冑を一番上手く使えるんだ!」の伊達先生からもアドバイスありません。 

私にいい考えがある!
代わりに策を出してきたのがミツヒデ。本能寺で一皮剥けたのか、頼りになりますね。
みんなでタコ殴りにしよう。
・・・前言撤回、これは策と呼べるのか。 
そう思ったら何とかなってしまった。

というよりノブナガがバケモノ過ぎてイエヤスも想定外という印象です。
雑兵がまるで太刀打ち出来ない門をあっさりぶっ壊した事といい、イエヤスの結界が全く通じません。
もしかしてタイマンでも何とかなったんじゃなかろうか。
他の武将全員<真紅の甲冑を着たイエヤス<ノブナガ
逆にノブナガが甲冑を付けたら、誰も太刀打ち出来ない気がする。

sngk-12-1290b.jpg

ヨシモトが可哀想。
イエヤスが嫌々ながらも全員に詫び入れして一件落着。
しかしここからが予想外だった。
ノブナガお姉様こそ私の運命の伴侶です!!
自称姉のヨシモトはほんとに只の年増扱いだったのか。
そしてミツヒデは新たなライバルが出現に思いっきりテンパってます。
騒がしい事になってますが、まだ真紅の甲冑絡みで何かありそう、というところで次回です。

脚本は残念、演出は良かった。
ミツヒデが本能寺の変を起こす時の絶妙な伏線は何処へ行ったのか。
そう言いたくなる程甲冑絡みの脚本は雑ですね。
宝玉が無くてもちゃんと作動しますし、皆は暴走と勘違いしてますが、イエヤスは正気で100%通常営業です。
ヒデヨシはおろか、甲冑に詳しい伊達先生も全く役に立つこと無くノブナガが力技でKO。

一方で全員が集結したり、必殺技のオンパレードが見れたりと、外しちゃいけない王道パターンを見せてくれたのは良かった。
そこにヒデヨシが一切絡んでいないという事だけが心残りですが。 

次回は戦国乙女~桃色パラドックス~ 第13話(終) 『陽光乙女』です。 

公式サイトウィキペディア

前回円佳がばっさり振られてしまった。
そして予告を見る限り、今回は伊吹が振られそう。
やっぱり初エンドなんでしょうか。 

hsz-11-794.jpg

つむぎさんは女神。
祭りでの配役です。因みに初と陽菜は介添え。
無論相手役は一馬です。
見方によってはつむぎさんがヒロインに躍り出たようにも見えます。
振られるキャラが居る一方で、別の可能性を持たせてくれる中々ニクイ演出です。 

陽菜先輩とか、こよりちゃんとか・・・。
ボヤボヤしてると一馬を取られると、初をけしかける伊吹。
こっそり自分を混ぜるのは分かりますが、なんでつむぎさんが出てこないんだろう。
もしかして伊吹は自分が勝てそうな女の子だけ挙げてるんじゃないのか。 

歩も結構大胆ですね。
初に電話して、絵のモデルを依頼する歩。 
夜に年上の女性に連絡を入れて、二人っきりの空間を作るとか侮れない。
おとなしそうな顔して実は一馬以上のプレイボーイなのかもしれない。

しかもこの歩の行動が、兄への意外な援護射撃になっている。
伊吹は休みだったのですが、初に用事が出来て遊び相手が居なくなった。
暇そうにしていると旅館を追い出された一馬とバッタリという寸法です。
色んな意味でこれ幸いと一馬を本町に連れ出す伊吹。 

この告白は嬉しくない。
一馬とのデートを楽しんだ伊吹ですが、公園で遂に告白。

あたし達ってカップルみたいに見えるのかな。
じゃあ本当につきあっちゃわない?
じょ、冗談にきまってるじゃない、アハハ・・・。
そんな振られたらギャグにしようなんてセコい告白すんな~~~!! 

一馬にしてみりゃ100%冗談にしか聞こえない。
むしろ「本気だったんじゃないか?」と戻ってきて頭を下げた洞察力が凄いです。

なんでこんなチャラい告白シーンにしたんでしょうか。
今までケンカしたり男友達みたいな付き合いをしていた娘が真剣な表情で告白してくる。
それでこそギャップ萌え、伊吹の魅力倍増だと思ったのに。 
初が好かれるのは相変わらず疑問ですが、この伊吹が振られるのは納得です。

hsz-11-993.jpg

丘の上でばっきゃろー。
前は一馬と二人だったけど、今回は当然一人です。
星野一馬のばっきゃろー。
でも本当のばっきゃろーは伊吹自身だと思う。
ともかくも叫んでスッキリ、振られても後にも引かないのはこのアニメのお約束みたいです。
ドス黒い嫉妬が無い恋愛モノというのに驚きつつも次回です。

何と言うか、告白時の温度差が凄い気がしました。
伊吹のベタ惚れ具合に比べ、一馬の
「頑張り屋だけど気が強くて言葉もキツいからちょっと苦手だなこの娘・・・」
という感じが何とも。円佳以上に一人相撲に見えてしまった。

来週はいよいよ最終回。
終盤に来ての可愛い子から振られていくという流れからどう収束するのかな。
主人公はやはり初を選ぶのか、はたまたぬるま湯ハーレム継続か。
星空へ架かる橋とはどう表現されるのかなどが楽しみです。

次回は星空へ架かる橋 第12話(終) 『夜空にかかる星の橋』です。

公式サイトウィキペディア

ast-11-387.jpg

アスタロッテに大人の兆し。
羽が生える前兆のあざが浮かび、お付のユーディットは大喜び。
本来直哉を呼んだのはこの時の為なのですから最もです。
一方でアスタロッテと直哉はちょっと困ってる。
いよいよ「ちゅーちゅー」 が日常の毎日になるのか。
見てるこっちはかなり期待しているのですが、別の問題が発生しました。

世界樹の異変。
まずアスタロッテに浮かんだアザは従来のサキュバスに浮かぶ普通のアザでは無かった。
世界樹の葉に似た模様から、世界樹と関係がありそうな感じです。
さらにその世界樹の様子が可笑しい。
魔力の放出量が増しており、異様な姿におののく一行。
イニの調査でようやく原因が分かりました。

原因は異物。
つまり人間界から直哉と明日葉を連れてきた事が問題でした。
世界樹はバランスを保つ為に、二人を排除にかかってきます。 
その一環として、ある日を境に直哉と明日葉の声がアスタロッテ達に届かなくなる。
姿は見えるのに、声だけが聞こえないというのが何ともえげつない。 
これは恐らく始まりであり、そのうち姿まで完全に消えてしまうという事なのでしょう。 

事は急を要するので、直ぐに二人を帰還させる手筈が整えられます。
既にアスタロッテの声は直哉に聞こえない。
しかし彼女は直哉の手を取り、
最後に直哉とデートがしたい。
そう言った所で次回です。

ast-11-1289.jpg

アスタロッテと明日葉の協力技とかあるかな。
いきなり直哉と明日葉の存在がピンチです。
明日葉は半分妖魔なんですが、それでも世界樹に取っては異物なんでしょうか。
その彼女は何かしらの変化を感じ取っていた様なので、これが打開のカギとなるのかもしれません。 
原作は読んでいませんが、正直アニメのラスト用に無理やり用意した山場なのでは?という気もします。

次回はアスタロッテのおもちゃ! 第12話(終) 『空越しのアスタリスク』です。 

公式サイト公式ブログウィキペディア

iroha-12-399.jpg

母を誘拐します。
先週の襲撃の件といい、発想がゲリラやテロリストみたく感じるけど大丈夫なのか。
孝ちゃんという奴も連れて行くなら手を貸してやる。
意外にも徹が条件付きで賛成してくれた。
こうして緒花はまず孝ちゃんを引っ張り出す義務を負うわけです。

空いた時間で徹は民子と二人、しっかり東京の美味いものをリサーチです。
惚れた弱みか緒花に甘い徹ですが、やるべきことはきちっとやるプロ根性は見事です。
デートみたい・・・。
浮かれる民子はその後地獄を見ます。
親子丼、天ぷら、うな重と間髪入れずに食いまくっていく。
流石に吐いてでも次を食えというのは厳しいですね。下手すりゃ過食を経て拒食症になりそう。

VSメガネ女。
電話が通じず、再び店に飛び込む根性も無い。
そんな緒花の前に波子が現れ、言い放ちます。
彼を解放して欲しい。
告白をほったらかし、それに気付いても今だに逃げ回っている緒花は最低です。
現状孝一は良い返事を貰う為、何を言われても逆らえないじゃないですか。
緒花の言いなりになるしか無い状態です。

しかし一方で緒花が不誠実なのはあくまで孝一に対してです。
波子に言われる筋合いはありません。
そもそも緒花が居なくなれば、波子の出番が来るという発想自体がおかしい。
早く私の番に回してよ!!
そんな決まりはありません。
でも負い目がある所為で言われるがままの緒花。

勝手に自己完結。
私孝ちゃんに甘えていた。
孝ちゃんがせっかく湯乃鷺に着た時も自分の困った話ばかり。
だから今回は甘えない、呼ばない。
そう行って孝ちゃんを連れてくるのを断念。
結局告白を受けるでもなし、振るでもなし、これまで通り宙ぶらりんのまま戻ってしまった。 
最後まで孝ちゃんには何のフォローもしない緒花。

違うでしょう。恋人なら頼っても良いんですよ。
告白を保留した相手を、あれこれ利用しているからダメなんです。
告白を受け入れて、一緒に来て欲しいという話なら全然頼ってOK。
しかし緒花は自分の中だけで勝手に孝一と縁切り気分。
反省しても後悔しても、それで出す答えがまた間違っているのは何とかならないのか。 

でも母ちゃんは来た。
ともかくも孝一を連れ出すのは断念して、皐月を引っ張り出そうと意気込む一行ですが、
意外にも自分から乗り込んできました。
お目当ては湯乃鷺の隣りにある温泉街ですが、とにかく来る気になってくれた。
理由はともかく母の里帰り、というところで次回です。

iroha-12-1191.jpg

松前緒花は成長しないのか。
正直前回と今回の緒花の行動には殆ど共感できない、それほど酷いものでした。
私とは根本的に感性が合わないキャラクターなのかもしれません。しかし、 
ひたすら自己中心的でしかも被害妄想の激しい性格に付いていけなかった。 
皐月も同様ですが、彼女は自覚しているからまだ納得出来るんです。

緒花は主人公というよりむしろトラブルメーカーとして君臨するのか。
興味の対象がちょっとシフトしてきました。 

次回は花咲くいろは 第13話 『四十万の女~傷心MIX~』です。 

公式サイト / ウィキペディア

前回のCパートは物凄く緊迫感ありましたね。
じわじわと折紙が追い詰められて・・・死んじゃうのでは?
一週間が待ち遠しかったです。 

tb-12-867.jpg

虎徹マズった。
折紙からの連絡でジェイクのアジトが判明。
全員で行くと拙いからと、単独で偵察を申し出るバーナビー。
ジェイクと会った時に正気で居られるのか。
心配した虎徹はこっそり付いていってしまう。

そして現れたジェイクを虎徹が掻っ攫うように拘束・・・しかしこれは脅された折紙の変身だった。
・バーナビーを信じなかった。
・抜け駆けした挙句、ジェイクに逃げられた。
信じて欲しかったのに!!
虎徹の気遣いがとんでもなく裏目に出てしまった。

ジェイク七番勝負
報復で街を壊されるかと思いましたが、ジェイクは別の提案を持ち出してきた。
くじ引きで順番にヒーローと戦い、一人でも勝てば街を壊すのを止める。
また嘘かもしれませんが、虎徹の責任問題は一時棚上げ出来ました。

そして最初の対戦相手に選ばれたのはスカイハイ。
大本命のキングオブヒーロー。
虎徹は汚名返上と「奴の力はビーム攻撃だ」ジェイクの能力についてアドバイス。
スカイハイ自身も「当たらなければ意味は無い」とやる気マンマン。
・・・自分の攻撃が一つも当たらなくて、確かに意味が無かった。
大本命がまさかの敗北。
そして能力はビームではなくバリアの模様。
虎徹の株がまた下がっている。バーナビーの嫌味で二人の溝が更に深まっています。 

次鋒ロックバイソンいきます!!
次に選ばれたのは牛角さんことロックバイソン。
うわ、弱そ~。
いやいや見かけだけなら一番強そうに見えないか?
好き勝手言いやがって!!
これまであまり活躍シーンが描かれてこなかった牛角さん。
遂にその力がヴェールを脱ぐ時がやって来た。
(中略)
敗北です。感想を手抜きした訳じゃなく、TVで戦闘シーンが省略。
あまりに尺が短くて、これ思い出しました。

reopardon_1.jpg

キン肉マンにより「次鋒は弱い」の法則がインプットされた私ですが、タイバニの次鋒も同じ扱いだった。
或いは牛というモチーフから「牡牛座の黄金聖闘士アルデバラン」とか・・・因みに彼も「二番手」でしたね。 

虎徹でヒント得たバーナビーが倒すパターンか。
そしていよいよ三番手に虎徹が選ばれる。
なんだあの賠償金野郎かよ、こりゃ瞬殺だな。
倒すの前提と、次のカードまで引いて出たのがバーナビー。

結局虎徹の攻撃は一発も当たらないまま5分が経過。
パワー切れでも戦闘を止めない虎徹にジェイクも失笑。
しかし転んだ拍子に虎徹のキックがヒット。
さっきまでの余裕はどこへやら、余程悔しかったのか虎徹を嬲るジェイク。
彼の能力の盲点が見えた様ですね。
アニエスの機転で次の戦いは翌日までお預け、そしてバーナビーとの第四戦というところで次回です。

ブルーローズやドラゴンキッドに出番が無いのはやはり製作側の配慮なんでしょうね。
女性キャラがボコボコにされるのは可愛そう。
仕方ないのかもしれませんが、そこだけはやはり不自然に感じました。
あとファイヤーエンブレムも女性枠なんでしょうか。 

tb-12-1198.jpg

ジェイクの能力が分からない。
バトル系のアニメや漫画だと聞きもしないのに 、
自分の能力や効果範囲、時には弱点までペラペラ喋っちゃう。
そんなパターンありますよね。

ジェイクは自身の能力を徹底的に隠しています。
ビームなのかと思えばバリアの様でもある。
一方で「全部聞こえてんだよ!」と読心術っぽい演出も見られます。
だから虎徹のラッキーヒットがあったのかもしれません。
NEXTの能力が一人一種類とは限らないので、複合能力者かもしれない。
しかしこんな奴を逮捕したレジェンドってどれだけ凄いんだろう。 

更に言えば、街を破壊するロボットの秘密を探る為に折紙は身を挺して潜入したわけです。
そしてクリームが何かしているという事を、ようやっと突き止めた。
能力を公開しているヒーローが特殊なのであって、普通隠しますよね。 

それにしてもまだ1クール。逮捕したはずのジェイクの能力が分からない事といい、彼は中ボス。
やはり黒幕が後に控えていそうです。 

次回はTIGER & BUNNY 第13話 『Confidence is a plant of slow growth.(信頼という木は大きくなるのが遅い木である)』です。

公式サイトウィキペディア

ustream-1b.jpg

昨日のUstreamは凄かった。
UstreamのTIGER & BUNNY(タイバニ)ネット配信はリアルタイム。
その時間しか見ることが出来ない。
以前から「カクカクするよ~」というTweetは耳にしていたんです。
ウチは光だから大丈夫。
そう思っていたのは甘かった。 

やはり4万人視聴中はキツかったのか。
私がUstreamで視聴始めた頃の視聴者数は2万行くか行かないか。 
それでも「深夜に2万人も見てるとか凄いな」と思ってた。
ところがTIGER & BUNNY(タイバニ)の評判が上がるにつれ視聴者数は増え続け、昨日は遂に4万人を突破。
アジトに乗り込むあたりから、

・絵が止まって、声だけが聞こえるようになる
・やがて声も聞こえなくなる
・画面が真っ黒になって「現在配信しておりません(配信中なのに!?) 」
・静止画で「しばらくお待ちください」が差し込まれる (これが上述の画像)

自分だけかと思ってネットの掲示板を見るとみんな同じ症状だった。

凄い事になったなあ。
放送が見れないのは残念だけど、タイバニの人気ぶり&こんな出来事に遭遇できたからまあいいや。
そう思っていたらオープニングから放送し直し。
今度はちゃんと最後まで見ることが出来ました。 

最終的な視聴者数は4万5千にちょっと足りないくらいでした。
ここまで人気が出るとは予想外だったんだろうなあ。
今後はチャンネルを2つ作るとか対策が必要かもしれません。 

公式サイトウィキペディア

ソビュール最大の謎を解き明かし、いよいよクリスマス。
ヴィクトリカの誕生日でもあります。
ようやく穏やかな日々が訪れるのか。

gosick-22-422.jpg

そうは問屋が卸さない。
パーティー会場に謎の黒服が現れて、久城が連れ去られてしまう。
何でも国王のお達しで外国人を全員本国に創刊する事になったとか。
だからって夜来て身一つで連行とかありか。
それもクリスマスの真っ最中に。
事前通告して荷造りする時間ぐらい与えるでしょ。
これじゃ人攫いと変わらないじゃないか。
ソビュールのやる事はいつもヘンテコリンですね。
反体制派の騒動に便乗して逃げ出した久城を助けてくれたのは、あの元浮浪児ルイジ少年だった。

相手は国王なんだけど・・・。
ルイジを通してジャクリーヌと再会した久城。
グレヴィールなら何とかしてくれるわ!
そう言って大喜びで助力してくれる。
グレヴィールを過信し過ぎじゃないのか。
彼が一生懸命なのはジャクリーヌに惚れてるからだぞ。

父親の侯爵にも頭が上がらない男が国王の命令にどうやって抵抗するんだろう。
困り果てたグレヴィールの顔には興味ありますが、その後の展開を考えると笑ってもいられない。

アヴリルが良い子過ぎる。
戦争の足音が近づき、学園からも続々と人が去っていく。
留学生の アヴリルがいの一番に去らないというのはなんとも不思議ですね。
何だかんだでヴィクトリカの友達その2というポジションに納まっています。 

恋のライバルであるにもかかわらず、ヴィクトリカを気遣うホントに良い子です。
可愛くて社交的で本来ならさぞやモテモテでしょう。
ピーターパンのコスプレも似合ってました。
でも愛情は必ずしも善人に向くとは限りません
やっぱ出てくるのが遅かったのが痛かった。
あと本人も言ってますが、ロングヘアーだったらもっと久城の気を引けたかもしれない。

兄さんやっぱダメでした。
アヴリルと入れ替わりに現れたグレヴィールがヴィクトリカをオカルト省に呼び出す。
新しい「モンストル・シャルマン」として、ブロワ侯爵がヴィクトリカを戦争と政争に利用する日がやってきた。
利用されるぐらいならいっそ。
自殺を図るヴィクトリカの目に映ったのは久城の姿だった。
黒服に囲まれて、能天気に手を振る久城。
久城ってホント最後まで成長しません。
帝国軍人の三男坊は永遠に空気が読めなかった。
あまりにも危険に鼻が利かないので、軍人は無理でしょうね。

自身がヴィクトリカを操る為人質となっていると気付いた時は既に遅し。
号泣するヴィクトリカと気まずそうな兄さんというところで次回です。 

gosick-22-1349.jpg

クラスメイトとも仲良くやってたのに。
クリスマス故かコスプレ効果なのか、仮装したヴィクトリカは大人気。
そして久城も普段の死神扱いはどこへやら、フレンドリーに接してもらえて嬉しそう。
・・・というのは将に一瞬の輝きでした。

戦争が迫っている、自身の周囲も不穏な空気が流れている。
なのに簡単に騙される久城ってお人良しじゃなくてバカだと思います。
どうして何度も同じ様な失敗を繰り返すのか。
クライマックスで活躍することもありますが、凡フライに飛びついてファインプレーに見せてるだけじゃないのか。
ヴィクトリカの友人が久城だけじゃなかったら、とっくに見限られている気がしないでもない。
最後くらいはストレスを感じないキャラクターになって欲しいですね。

次回はGOSICK─ゴシック─ 第23話 『灰染めのチェスにチェックメイトを告げる』です。

公式サイトウィキペディア

コスプレ回で写真を撮られたことが騒動の発端です。
佐隈じゃなくてベルゼブブの正体(王子姿)を天使が見たらヤバイ。
案の定、これを見た天使の影が忍び寄っていました。

azazel-11-255.jpg

天使ってこんなのばっかしか。
金髪の美丈夫がギリシャ風の衣装を纏い羽を生やしている。
・・・そんな天使のイメージは微塵もありません。
今度は山男です。頭が山っぽいですね。
ネット検索でベルゼブブ発見。意気揚々と芥辺探偵事務所にやって来た。

しかし芥辺の結界に阻まれて侵入出来ない。
大家を懐柔、というか偉そうに指図してみるも逆に撃退されてしまう。
天使って、悪魔にだけ強くて人間に弱いものなんだろうか。

佐隈の策。
その大家さんに困っているのは佐隈も一緒。
家賃の催促は分かりますが、勝手に上がりこんで飲み物と菓子を漁ったり、
取立ての一環として佐隈の金を抜き取ったりとやりたい放題。
貸した家と我が家の区別が付かない。
子供の頃住んでいた借家の大家がまさにこんな人だった。
古き悪し大家の姿です。

困った佐隈は悪魔の力で大家を善人に出来ないか模索。
悪魔使って人を善人になんて出来るのか、まずそれを考えようよ。
佐隈が悪魔使いとして成長=人としての道をどんどん踏み外しているように見える。

サラマンダーはドMだった。
言霊使いのサラマンダーで大家を善人にしてしまおう!
しかしサラマンダーは「女の下には付かぬ!」と佐隈に使われるのを完全拒否。
・・・電撃を浴びせると悶え始めた。
一見ドSで男尊女卑に見えますが、隠れMだった模様。
まあサディスティックな人物は、正反対のマゾに落ちやすいという話は聞いたことがあります。
こうして佐隈、大家、天使三つ巴の思惑が交差する、というところで次回です。

azazel-11-459.jpg

事務所儲かってそうなのに。
悪魔使った依頼でボロ儲けしてるんじゃないのかな?
家賃ぐらいパソコンでポンと振り込めそうなものです。
単に芥辺がちゃんと金を入れていないのか。

佐隈の思惑で、
大家を善人にする→善人となった大家は天使の頼みを聞く→グリモア盗まれて大変。
という流れになりそうです。 

あと、
ゼルエル(天使)・・・藤原啓治
金友(大家)・・・皆川純子 

相変わらず声優は豪華ですね。他のアニメで主役張れる人をチョイ役にポンポン使うセンスが堪りません。

次回はよんでますよ、アザゼルさん。 第12話 『汚い大家 善い大家』です。 

公式ウィキペディア

千歳の「胸囲」的な成長
テニスの腕はダメダメだけど、千歳の胸はありえないほどの成長を遂げていた。
二年生の千歳はペッタンコ。正直現在の明日菜や琴音と大差無い。
それが僅か一年で中学生にあるまじき巨乳に。
一体どうしたらこんなになるのか摩訶不思議です。
まさに明日菜の理想を成し遂げた人物と言えましょう。
でもスコート丸出しじゃ女子部員はまず来ませんね、約一名を除いて。

リフレッシュです
合宿と称して集まったは良いけど、ひたすら海辺で遊んでいるだけ。
視聴者的に水着サービスは嬉しいですが、本当に大丈夫か。
一流の選手はよく練習し、きっちり休息を取ってリフレッシュするんです。
まず練習しろよ。
遊んでいる合間に部活やっているこの連中が言っても説得力ありません。他にも、

・北海道でこんな南国みたいな砂浜があるのか
・北海道にサメが居るのか
・北海道に八十八箇所巡りするほど寺社仏閣があるのか 

突っ込んだら負けなのですが、一応言っておきます。

明日菜の憂鬱
先日の合宿で琴音の体力に圧倒された明日葉。
お遊びとは言え、全競技げれっぱ(北海道方言で「最下位」、「げっぱ」とも言う)は辛い。
そんなんじゃあたしのパートナーは務まらないぜ!

発破掛けるつもりで言った言葉が珍しく明日菜に重くのしかかっています。
自分じゃ琴音のパートナーは勤まらないんじゃないか。
色気がどうこう言っている普段の明日葉からは想像付かない程シリアスですね。

強さ重視なら、琴音は来栖と組んだほうが良いですよね。
どちらも人間離れした体力してますし。
いっぽうで明日菜と千歳の激弱コンビが誕生してしまいますが。

集中力を欠いた明日菜に千歳のスッポ抜けたラケットが直撃。
お約束の記憶喪失イベント発生です。 

softenni-11-1046.jpg

バック・トゥ・ザ・1年前
記憶もテニスも吹っ飛んでしまった明日菜に対し、
こんなこともあろうかと。
来栖が謎のマシーンを持ち出してくる。
見た目は洗脳装置か電気椅子。
作動しているところは明らかに感電しているようにしか見えない。

でも効果はあったらしく、明日葉の意識は一年前に遡行して行った。
昔は明日菜がロングヘア、千歳がショートカットだったんですね。
それにしても纏まりの悪い髪なので、切ったのも頷けます。
もっとも長くてワイルドな髪をしていた方が、よりセクシーだったんでしょうが。

そして明日葉と琴音が別口で入部したというのも意外です。
てっきり元々友達なんだと思ってました。
みっしーに誘われた琴音が、更に明日菜を誘ったのかと。 

続くんだ
こうして出会った明日菜と琴音。
二人も入って良かったと喜ぶ四季と千歳。
ダブルス基本のソフトテニスはパートナーが居たほうが良いから。
しかし琴音はシングル希望、明日菜のパートナーを拒否したところで次回です。 

一話完結の記憶喪失エピソードと思いきや、このまま最終回に突入。
過去を遡って記憶を取り戻すのか、或いは電気が強すぎで死んでしまうのか。
流石に幽霊部員が(平岸うづき以外)もう一人増えるという事は無いと思いますが・・・。

softenni-11-393b.jpg

三好先生がセクシー
水着エプロンがエロいです。一瞬裸エプロンに見えますんで。
その下の水着もかなり大胆なデザインです。
顧問でもない部活の合宿に付き合ってくれて、運転手までしてくれる。
年齢的にもみっしーの相手役にぴったりなんですが、ほんとにただの同僚なんでしょうか。 

次回はそふてにっ 第12話(終) 『りたーんっ』です。 

公式サイト公式Twitter / ウィキペディア

花沢さんはエリオを知っていた。
有名人だから言うのではなく、去年クラスメートだったから。
評判は「見てくれだけは最高」で同性の評価は良くなかったとか。 
エリオと仲のよい真を見る目は流子に近く、若干引きぎみながらも相手はしてくれるという立ち位置です。

denpagirl-10-596.jpg

なんか頭でかくね?
でも自称超能力者をチームメイトに招き入れるのだから、この町の人って変人耐性ありそうに思えます。
そしてこのエスパー、エリオを気に入ったのかやたら追い回す、家に侵入する。
果ては女々に取り入って朝食に居たりする。

設定上そうなのか作画が変なのかは分かりませんが、
メットを取ったらやたら頭がでかい。
星宮社(ほしみや・やしろ)って名前が本当かどうかは分かりませんが、思いっきり日本名。
異様なのは髪が銀髪で光ってる?事ぐらいです。
あと顔がエリオに似ている気がするのは意図的なのか、単に書き分けが出来てないのかは不明です。

エリオの電波成分が大分抜けて、単なる引っ込み思案の可愛い子になりつつある昨今。
テコ入れで投入した新しい電波女なんでしょうか。
ひたすら胡散臭い、というかアホにしか見えない彼女でしたが、
本当に超能力は使えるみたいです。
プールで真に大量の水を浴びせたのはちょっとびっくり。
でも自身の言動の所為でインチキ臭く見えているのは自覚したほうがいいですね。
それに超能力者=宇宙人にはならないし。 

denpagirl-10-345.jpg

エリオ懐いてるなあ
元々野球に参加したのって、真と一緒に居たいからという気がします。
そして社に追い回されるとすぐ真の後ろに隠れてしまう。
流子を意識してか「丹羽くん!」と言ってみたりする。

親戚の家に行った時の小さい子供を思い出します。
自分の宝物を見せて凄いでしょと自慢したり、
ゲームやろうと誘われたり、
叔母さんと話してるあっち行こうと腕を引っ張られる。

凄く可愛いんですが、愛情と言うよりは保護欲です。 
色恋とは違う気がする。 
ふとんOUT真IN。
依存の対象が変わったようにも見えますね。
エリオも真にとって頼れる存在にならないと、父と娘みたいな関係でしかありません。
まあ、可愛いといっても並大抵の可愛さじゃないんですが。

流子さんとは恋人モード
しょーもないやり取りでえへへ、うふふと笑いあう。
二人の甘々トークはもう付き合ってる人同士のそれですね。

件の中島くんですが、流子が前に告って振られた相手。
どれほど前かは分かりません。
数ヶ月前とかなら気にしませんが、数週間前で今は真にアタック中だったからちょっと困りもの。
男が居ないと生きていけない、誰でもいいから拠りかかりたい。
そんな人でないことを祈ります。

バスケの応援の件ですが、嬉しい反面ちょっと困ってる様子。
補欠だからかな。
一年生だからまあ無理も無いです、あと身長もバスケやるほど高くありませんし。
せっかく応援に来たら流子も応援だけしていた、じゃ締まりが悪いんでしょうね。 

もし活躍できたらという事で、夏祭りに行く約束を交わす二人。
流石に真は空気読めるかな。
まさかエリオを連れてくるとか無いよね、というところで次回です。

denpagirl-10-205.jpg

ヤダ・・・ちょっと惚れそう
エリオや流子に遠慮して、一歩引いた感じのある前川さん。
でも真のお礼に顔を赤らめてしまうのは女の子故か。
たとえエイリアンの着ぐるみでも魅力的です。
餌付けは男にとって地味だけど確実に効果のある手です。

可愛いけれど甲斐性の無さそうなエリオ。
恋に生きる女っぽい流子。
嫁にするなら前川さんだよなあ。
真も前川さんとの会話が一番ストレス無さそうですし。

次回は電波女と青春男 第11話 『今年の夏はバスケと超能力と布団と天体観測と祭りと野球と女々たんと』&12話『秒速0.00000000198センチメートル』
1週休みで2話連続放送です。
です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)

 

待ちに待った人気投票TOP3と、西国乙女の壁紙が遂に公開されました。
人気投票TOP3特製イラスト壁紙、壁紙第三弾を公開しました。
それがこちら

wp_top3.jpg wp_west.jpg

TOP3はてっきり1枚ずつ個別に作るもんだと思ってた。2枚作るのに1ヶ月かかったの!?
ヒデヨシづくし、イエヤスてんこもり、ヨシモトたくさんな壁紙を想像していたのでちょっと拍子抜け。 
でもヨシモトの下着姿はイイからこれで良しとしておきましょう。

そして今日もヨシモトに一票。
美しき美女たち♥戦国乙女で可愛い・綺麗なキャラランキング
壁紙効果なのか、ここで宣伝しか甲斐があったのか、ヨシモト暫定1位になりましたね。

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

着々と準備が進む花火。
こっそり本間家に招待状をいれるじんたん。 
しかしその心中は複雑です。
成仏させてあげたいけど消えちゃうのはヤダ。
過去に区切りを付けたい気持ちと付けたくない気持ちのせめぎ合いがずっと心の中で続いている。

anohi-10-663.jpg

言ーえ、言ーえ、言ーえ
打ち上げ前日の決起集会を召集するぽっぽ。 
やがて集まった全員の前でめんまの挨拶もそこそこ、
あの日の再現しようぜ。
ゆきあつがとんでもない提案をブチ上げてきた。
じんたんは、めんまの事が好きなの?
この提案に乗ったあなるが昔のままの台詞を言う。

この二人、結託したか。
反発するじんたんと、じんたんを擁護するつるこ。 
しかしぽっぽまでが「言え、言え」と言って来る。
ノリノリで囃し立てて来るならまだしも、抑揚の無い声が怖い。
またぽっぽ壊れたのかと思った。 

そして二人は両想い
好きだ・・・おれはめんまが。
そしてめんまもじんたんが大好き。
みんな大好きではなく、嫁にしたいの好き。
分かっていても、言葉にしなきゃダメな時もある。
あの時好きだと言ってれば、めんまは死ななかったのかもしれない。

しかし告白してもめでたしとならないのが何とも。
じんたんとめんま・・・晴れて恋人同士ですが、もうすぐ別れが来ます。
ゆきあつとあなる・・・好きな人が目の前で別の相手に告白するのを見てしまった。
つるこ・・・ゆきあつが今でもめんまを好きなのがよく分かってしまった。
ぽっぽだけは「言ーえ」の後はじんたんを引き止めたりと安定していましたね。
幼少時みそっかすだった、若干距離を置かれていた故の余裕でしょうか。

ゆきあつの誘いに乗って、結果玉砕したあなるはボロ泣き。
昔も今もめんまに勝てない。
自身「じんたんに振られたから、じゃあゆきあつで」なんて気分にはならない。
それはつまり「めんまが居なくなったから、あなると付き合う」とはならない事の証明でもある。
つるこにあたしの気持ちは分からないよ!!
痛いほど良く分かるんです。
つるこだってゆきあつが好きだから。
こういう時に泣けないつるこは損ですね。

絶対に成仏させる
いよいよ打ち上げ当日。
成仏させて良いのか、本当に良いのかとせめぎ合いながら作業するじんたん。
逆に一心不乱に没頭するゆきあつ。
二人の心境は対照的です。
どうせ振られたならじんたんには渡さない。
ゆきあつには後ろめたい動機が働いている様に見えます。

最後の最後まで悩むじんたん。
成仏させたいけど成仏して欲しくない。でも止めろ、と一歩が踏み出せない。
生まれ変わりだよ。
めんまがじんたんの母から聞いた輪廻転生の話。
自身は一度死んだのだから、きちんと成仏して、また生まれ変わる。
そんなめんまの希望に水を差すのも躊躇される。
そして花火は打ち上げられた。 

居るのか!?
しかしめんまは消えなかった。
弟の前だから妙な話はするな。
そう言ったゆきあつ自身がテンパってます。
聡志もビックリしたところで次回です。

anohi-10-1291.jpg

これも違うのか、それとも成仏なんてしないのか
めんまの為に花火を打ち上げましたが、違うんじゃなかろうか。
あの日めんまは「じんたんの為に」召集を掛けた。
こちらじんたんの母の為じゃなくてじんたん自身の為だったのかもしれない。

あとは幽霊幽霊言ってますが、めんまはそういうのじゃないのかも。
来週で最終回ですが、ホントにめんまは消えるのか、消えるべき存在なのか。
そこらへんが分からなくなってきました。
てっきり今回見送って、来週はエピローグかと思いましたがまだ話は終わらないみたいです。

anohi-10-1281.jpg

つるこが髪を切ったのは単なる区切りなのか、完全にゆきあつとの決別なのか。
あなるとつるこは幸せになって欲しいんですが、どうなりますか。 

公式サイトウィキペディア

信長の死。
それは諸将にとっても一大事。
果たして光秀に付くべきか、主君の仇と相対すべきか。
それぞれの思惑が交錯します。 

heuge-11-415.jpg

長益余裕です。
二条御所から女装までして逃げ出して、本能寺で名物漁り。
その後は佐介と行動を共にする。
誰も信用できない、例え佐介の義兄中川清秀さえも。
なのに佐介に殺されるとは全く思って無さそう。
手勢が少ないというのもあるけど、長益は今たった一人で共すらいない状態。

一方で今後は佐介と敵味方になる可能性も見越している。
それでいて今は楽しく会話しているのだから肝が太いというか逞しいと言うか・・・。
死に損ないは強いと言わざるを得ません。

息子を強制剃髪。
光秀にとって最も重要な細川藤孝・忠興親子。
何せ忠興の妻はガラシャこと明智光秀の娘・玉です。
つまり親戚。ここが味方するか否かに光秀の命運が掛かっている。

忠興は親戚の情より主君への忠義を取って明智を攻める事を主張。
お前の方が明智攻めを主張するのか。
それに対し藤孝は忠興をブン投げて気絶させた。
更に脇差で寝ている合間にジョリジョリ剃髪。
千宗易の言動から裏があるフシを見抜いた藤孝は流石です。
軽挙を止める為とは言え、いきなり息子を投げ→ハゲのコンボには唖然としましたが。

豊臣のくだりがちょっと違う。
毛利攻めの真っ最中である秀吉の陣中。
よく言われるのは、光秀が出した毛利方への使者を秀吉方が捕らえ、信長の死を知るというもの。
今作品では秀吉は光秀と結託していますので、当然普通に使者が遣って来る。
秀吉は居ないので応対するのは弟の秀長です。
そして事実確認ののち使者を切り捨てる。

あとは史実の話をでっち上げて、光秀一人の犯行に仕立て上げ。
それにしても「へうげもの」の羽柴兄弟は相当血なまぐさいですね。
自分達でズバズバ斬り過ぎです。
「調略ばかりで武功の無い猿」
そんな評価は当てはまりません。
直ぐに和睦、のち兄を追って上京するという算段です。 

決め手は金でした。
義兄中川清秀には銀300貫文。
佐介には銀500貫文+備前焼。
羽柴様は義兄より自分を評価している!
明智に味方するは筋が通りません!!
金で転んだ佐介が正道を説くというのが何とも笑えます。

でも秀吉の手紙の裏について言及した清秀の洞察力は流石です。
やはり武士としては佐介よりも一枚も二枚も上と言う感じがします、というところで次回です。

heuge-11-1117.jpg

わりとまったり進行ですね。
てっきり秀吉が迎撃の準備に入り、山崎の戦い(=天王山の戦い)ぐらい行くかと思ってました。
安土城に入った光秀の今後を思うと何ともいたたまれない。
何せこのアニメの光秀は善人ですから。
やがて秀吉が攻めてきて、自身が利用されたと分かった時、どんな表情をするのかに注目です。 

次回はへうげもの 第12話 『ホワイトキャッスルブルース』です。 

公式サイトウィキペディア

 

長かった・・・
人気投票が終わってほぼ1ヶ月。
ヒデヨシ、イエヤス、ヨシモトの上位三名が壁紙になるのを今か今かと待ち望んでおりました。
先ほどTwitterで遂に告知が来ました。

sengokuotome_wp-1.jpg

西国乙女の壁紙もプラス。
よっしゃぁあああ!待った甲斐があったぜ!! 

という訳で明日が楽しみです。

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

 

残り6日となっています。
美しき美女たち♥戦国乙女で可愛い・綺麗なキャラランキング
私は公式の人気投票同様、今川ヨシモトに入れてきました。

やはり出番が無いと厳しいのか。
ヒデヨシ、イエヤスはまだしもミツヒデ、ノブナガにも負けている!!
来週の12話では是非登場して欲しいものです。

そして公式の人気投票で製作が決定した壁紙はまだなのか。
アニメ終了までに完成するのかな・・・。

新着情報は以下の項目が更新されています。
テレビ東京アニメモバイルで戦国乙女の待受配信開始!
戦国乙女Tシャツ 2011年7月上旬発売予定
第十一話のあらすじを公開しました。 

いよいよラストも近いです。
最後まで楽しみましょう。 

公式サイトウィキペディア

 

Powered by amaprop.net

ミツヒデをそそのかし、その隙に真紅の甲冑を奪った伊達マサムネ。
しかし街道でイエヤスの待ち伏せに遭い横取り。
マサムネは何故刀すら差していないんだろう。
イエヤスじゃなくても山賊に襲われたら一巻の終わりです。 

sngk-11-902.jpg

伊達先生アイタタタ・・・
何故真紅の甲冑を欲したのか→伊達家が天下統一する為よ。
ホントにあなた現代人ですか?
江戸幕府も倒れ、大日本帝国も終わり、21世紀の日本国に武家政権おっ立てるとか正気か。
・・・よしんばタイムスリップして過去に仙台幕府建てたとしても、江戸幕府より良くなったとは思えない。
だって武家政権の根幹は武力と富です。
それで及ばない以上、伊達に天下を伺う機会は無いと思う。

更に「伊達が天下を取るのが正しい歴史」「伊達が天下を取れば日本は良くなる」
何の根拠も説得力もありません。 
それただの思い込み、何かもう変な宗教みたいです。
随分と小物チックな動機でちょっとガッカリ。
こりゃー「伊達に天下はムリダナ(・×・)」と確信しちゃいました。

sngk-11-990.jpg

ドS全開のイエヤスが心地良い
一方でイエヤスは安土城を襲撃し、甲冑の入手に邁進しています。
ハンゾウを水先案内人(というか実験台)にして罠を突破。
最後は人海戦術で甲冑を手に入れる。
ハンゾウって沢山居たんだ。
これまでずっと一人だと思ってたけど、人知れず命を落としていたりしたのかな。
はっきり言って鬼ですが、それでもイエヤスLOVEなハンゾウが健気です。

抱きしめた~心の小宇宙(コスモ)~♪
真紅の甲冑にはマサムネの持つ宝玉が必要。
いきなり出てきたちょっと雑な伏線ですね。
しかしイエヤスは妖術を使い、宝玉無しで甲冑を発動。
宝玉が必要って言われていたけど、そんな事は無かったぜ! 
出てきていきなり折れた伏線って意味あるのか。

甲冑の装着シーンは聖闘士星矢思い出しました。
アニメ版の自動でカシャンカシャン聖衣(クロス)がくっついていく様に似ています。
装着後に甲冑が微妙に姿を変えていましたね。
体のサイズとかその人のイメージで変化する鎧ということでしょうか。 

真紅の甲冑を纏いし者、邪なる魂持て天下焼き尽くせしむ力得たり
ナウシカを見たオババの様な語りを始めるマサムネ。
ちょっと待て、それ完全に邪悪アイテムじゃないか。
邪心がパワーの源って、使う人は碌な人物じゃない。
これで天下統一なんて恐怖政治以外無理。
やはり伊達先生はアホなのか。 

シロもこの鎧を知っているらしく、イエヤスを阻止しようとしましたが返り討ち。
イエヤスも只の犬じゃないと気付いていたみたいです。
こうして甲冑がイエヤスと一体化したところで次回です。

sngk-11-1206b.jpg

イエヤスがラスボスで全員集合か
残りの武将が全員集結、みんなでイエヤスをやっつけろな展開になりそうです。
それとも鎧の意識とか、更に違うボスが出てくるのかな。
ヒデヨシとマサムネは普通の人間です。
この時代の武将と違って超人パワーありません。
あまり活躍の場が無さそうですが、見せ場はあるのでしょうか。 

次回は戦国乙女~桃色パラドックス~ 第12話 『戦国乙女』です。 

公式サイトウィキペディア

話が前回から続いています。
陽菜の進学を賭けた綱引き勝負。
終わった頃に外出していた円佳が戻ってきました。

hsz-10-285.jpg

おばさん!?
ハワイ帰りのこよりが円佳を尋ねてきた。
この円佳をパワーアップさせたような美女が母親?姉の間違いでしょう。
大体既婚者が巫女服なんて着ますかね。
まったくこの子は適当なことを言ってますね。

恋煩いですか
円佳が寝込んだ原因は、一馬が陽菜を賭けて勝負したから。
その意味を何も考えずに突撃してくるこより。
それって円佳ちゃんが一馬を好きって事か!?
大吾の一言で微妙な空気が流れてしまう。

更に大吾は「いい機会だから、一馬と円佳をくっつけよう」と皆に提案。。
この手の男は主人公がモテモテなのを羨む役回りだと思っていた。
友達思いの大吾ってかなり良い奴なんじゃないのか。

但しそれを好まない相手もいる訳です。
伊吹ははっきりと協力を拒否、初はノーコメント。 

初、初って・・・
みんなで遊園地行こうぜ!→二人以外ドタキャンで一馬と円佳の成り行きデートが始まります。
当然二人は大吾たちに監視されている訳です。

・食いしん坊の兎を見ると「初みたい」
・円佳の弁当を見て「初が喜びそう」
・観覧車で二人っきりなのに「今度はみんなで来よう」
一馬ってこんなに空気読めない奴だったっけ?
それにいきなり初の話題出しすぎじゃないか?

一馬がいきなりニブちん&初好きになった様でどうにも違和感があります。

hsz-10-1000.jpg

思い出作戦
別の日に一馬をハイキングに誘う円佳。
今度は本当にデートですが、あの男が苦手な子が頑張りました。
タンクトップにホットパンツと「お前も山舐めてんのか」という服装ですが、これには意味があった。
そして飛び石のある川岸にやってくる。

一話で一馬と初がキスしたところですね。
そして円佳にとっても特別な意味のある場所だった。
もしかして、円佳ちゃんがあの時の・・・。
ちゃんと思い出して良かった、また初のこと言い出すのかと思った。

二人は幼い頃に一緒に遊んだ仲だった。
服も当時着ていたものを真似る為。
会った当初から分かっていた円佳と、今の今まで忘れていた一馬。
たった一人の男友達=王子様と思っていた円佳と、一日遊んだだけで名前も忘れていた一馬。
一馬にとって思い出というには弱すぎたみたいです。

良いんです、思い出してくれただけで・・・
意外です。思い出の場所に来て、はっきり好きといいながら、自ら身を引く円佳。
覚えて無くても良いじゃないか。
印象薄くたって構わないじゃないか。
これから付き合っていけば良いんだし。
ここに来るだけで満足しちゃったのでしょうか。意外な幕切れで次回です。

一馬がよくあるギャルゲーの主人公キャラに
突っ込み体質で察しの良かった一馬はどこへやら。
やたら鈍い上、急に初が好きになった様な変貌ぶりにびっくり。
更に円佳も押せ押せで思い出の川原に連れ出しながら、最後あっさり幕引きしてしまう。
一馬は自分の気持ちを言うでもなく、終始流されっぱなし。
主体性の無いハーレム主人公とは違う感じが気に入っていたのですが、ちょっと残念でした。
終盤の辻褄あわせなんでしょうか。 

hsz-10-1130.jpg

Cパートが悲しい
円佳の特殊エンディングの後、もう少し続きます。
正直まだチャンスがあるさと思ってました。
大事に持っていたシロツメクサの指輪を川に流して想いを完全に清算。
金魚のおもちゃを投げ捨てる「∀ガンダム」のソシエを思い出しました。

これはもう円佳ルートは無いと言う感じです。

初ルート・・・なんでしょうか
初、伊吹、円佳の三人がメインだと思っていました。
残るヒロインは初と伊吹。
しかし今回一馬はやたら初の話題を出していました。
最後は初を選びそうな感じです。 

う~~~ん、初ですか。
出番は多いですが、飯を食ってお菓子を食って、お兄ちゃんの思い出話ばかり。
あまりヒロインと言う感じがしないです。
今までの展開で、魅力的なヒロイン像を作れていない感じがするのですが、どうなるでしょうか。 

次回は星空へ架かる橋 第11話 『雨にふられて』です。

公式サイトウィキペディア

こんなに女の子に囲まれた男が居たら、嫉妬するよね。

ast-10-971.jpg

妖魔界でも浴衣を着る習慣があるみたい、そしてノーパンがデフォルト。
・・・ミニ浴衣でノーパンというのが凄すぎますが。 

世界樹感謝祭
お祭りに際し、王族が代表して歌と舞を披露する慣わしがあるそうです。
今まで不参加だったアスタロッテがこれに乗り気。
世界樹のお陰で直哉に会えたからですね。

ただ意欲はあるものの、人前で歌うとガチガチになってしまう。
友達の前ですらぎこちない。
カラオケ行って鍛えるとかしたほうが良いですね。 

むしろ練習を見ていた明日葉の方がノリノリです。
最後にはアスタロッテと並んで歌いだしてしまう。
物怖じしない性格といい、明日葉にこそ王の資質があるのでは。 
明日葉につられる形でアスタロッテも上手に歌えている。
二人でコンビ組ませたほうが上手くいきそうですね。

ノーパン教?
パパはおっぱいおっきい方が好きだよ~。
娘よ、親の性癖を気軽にバラすんじゃない。
案の定、アスタロッテが物凄く気にしています。
仲間内では貧乳の方が多いのに、この一言でみんな巨乳への憧れが募ってしまう。
そこに訪れたエルフレダに群がる一行。 

更に明日葉とリュッカはに端を発し、どんどんノーパンキャラが増えている。
スパッツ着用時はパンツを履かないユナ。
先日ノーパンで町を歩くことに挑戦したミスト。 
アスタロッテがパンツを脱ぐ日も近いのか。
とりあえず浴衣でノーパンから始めました。 

アスタロッテ大ピンチ
感謝祭の序盤は普通に一般客同様に祭りを楽しむ一行。
遅れてきた直哉がエリカを伴ってきたのがちょっと意外。
アスタロッテはあまり気にしてませんでしたが、今後も絡みがあるんでしょうか。 

途中でシグルドが現れて直哉に勝負を挑んでくる。
・・・シグルド弱いです。
お前士官学校行ってたんじゃないの!?
素人に射的で負けちゃダメだろう。

流石に人前で生尻は拙いので、明日葉のパンツを借りるアスタロッテ。
練習も十分、パンツも履いて準備万端でステージに臨みます。
・・・ダメでした。ガチガチで目も当てられない。
助けようにもこの状態で直哉に出来ることはありません。 

ast-10-1240.jpg

やっぱり明日葉が来た
ホント頼りになる娘さんです。
アスタロッテに並んで歌い始め、つられたアスタロッテも本来の実力を発揮。
因みに明日葉はノーパンです。
無事に感謝祭は終了、楽しい夏の思い出がまたひとつ、というところで次回です。 

尻は解禁されるのかな
ノーパンアスタロッテのお尻が大写しになるシーン。
三つ葉のクローバーで隠されていましたが、これはBD/DVDで解禁されるのかな?
お風呂の湯気は消えそうですね。 

次回はアスタロッテのおもちゃ! 第11話 『二人っきりのフルストップ』です。 

公式サイト公式ブログウィキペディア

iroha-11-800.jpg

殴り込みじゃぁあああ!!
10段階評価で5点。
雑誌社による喜翆荘への低評価に緒花憤慨。
乗り込んで抗議すると息巻いてます。 
正直「またか」という感じです。

徹が引き抜かれる→福屋に殴り込み。
厨房の人手が足りない→結婚式場に殴り込み。

そして喜翆荘がボロクソ書かれてるから雑誌社に殴り込み。
いい加減警察呼ばれるぞ。
「旅館従業員が評価に不満、雑誌社を脅迫・暴行」

そんな記事が掲載されれば喜翆荘が倒産してしまう。

黒幕は母
雑誌社で猛抗議する緒花に応対した従業員タジタジ。
緒花の勢いに負けてライターの名刺を出してしまう。
それは松前皐月、なんと母親だった。

出版業界に詳しくはありませんが、女子高生に抗議されて口を割っちゃう雑誌社。
流石にありえないと思います。
記事に対する抗議は多少なりともあるでしょうし、あしらい方も心得ているでしょう。

ともかくも母に連絡を取り、記事の訂正を依頼するのですが取り付く島がありません。
彼女は依頼さえあれば提灯記事だろうが根拠の無い中傷記事だろうが書いてしまう御用ライター。
ハナからまともに喜翆荘を評価する気なんて無い。
そもそも実家との折り合いが悪い母が喜翆荘に来る気が更々ありません。 

座り込みじゃぁあああ!!
これに対し緒花は自作のプラカード持って雑誌社前で座り込み。
何故、どうしてそんなアホな方向に行動力を発揮するんだ。
皐月が喜翆荘を訪れもせずに捏造記事を書いたことは分かったはずです。
何故その情報を持ち帰らないのか。そして
「あの雑誌社は実体験に基づかない憶測記事を掲載しています」
と旅館組合なりを通じて抗議するとかあるでしょう。
無視されたらネットに訴えるという手もあります。
座り込みというのは、支援者がおり第三者の注目を集めて初めて成立する抗議行動です。
一人でやっても奇異の目で見られても注目はされませんし、いずれ緒花の方が音を上げるのは目に見えている。

孝一に女の影が
案の定不安になってしまい、孝一に連絡を取る緒花。
近くで働いている事が分かり、こっそりとバイト先を訪問。
女の子と仲良さそうに話していた。
バツの悪さを感じて逃げようとしますが、ドジからあっさり発見されてしまう。

それでも無理やり逃げて座り込み続行。
しかし雨まで振ってきて、泣きっ面に蜂状態。
身も心もボロボロですが、孝一が探し出してくれた。

孝一だって待っている
ファーストフードで一息ついたものの、緒花の頭は混乱しています。
孝一と一緒に居た女の子は何なのか。
只のバイト仲間とは思えない空気を感じる緒花。

告白されて、断ったけど、待つといわれた。
はっきりさせない孝ちゃんって酷い!
緒花に文句を言われる孝一。

お前が言うな
孝一の対応は悪くありません。
告白はお断りしていますし、それでも待つのは彼女の勝手。
別に孝一が指図しているわけではありません。
それで良いなら現状維持するしか無いじゃありませんか。
バイト先が一緒なのにこれ以上関係悪化させる必要も無いでしょう。

少なくとも全く答えを出さないで放置の緒花に言われる筋合いは無い。
それに自身が気付いた時、緒花の取った行動は・・・逃亡。
いやいやちょっと待ってくれ。

孝一が他の女の子と仲良くするのが嫌なんでしょう?
そして孝一は緒花に告白した一方で、バイト仲間の告白はお断りしている訳です。
更に逃げた緒花を必死に探しに来たじゃありませんか。
普通に両想いなんじゃないの。
そこで逃げ出す意味が全く分からない。
雨の中意味の分からない暴走の末、何故か上京していたみんちと徹に再会したところで次回です。

iroha-11-1186.jpg

緒花が自爆しすぎて痛々しい
曲解・暴走・自滅。
泣き顔は可愛いけどどう見ても緒花がおかしいとしか思えない。
正直見てて辛いです。

駄目な方向にやる気マンマン。
まともな事には対処出来ず逃亡。

緒花のひとり相撲で孝一との関係が悪化している様にしか見えません。
これが原因で徹に傾いたとしたらやはり「この母にしてこの娘あり」
ホビロンはどこまで行ってもホビロン、としか思えないですね。

期待していたアニメなので悪く言いたくはありませんが、あまりにも緒花が酷すぎました。
彼女の人間的成長を願いつつ、来週に期待です。 

次回は花咲くいろは 第12話 『じゃあな。』です。 

公式サイト / ウィキペディア

バーナビーが遂に両親殺害の犯人を思い出した。
時を同じくしてシュテルンビルトで大規模なテロ発生。
犯人は「ウロボロス」を名乗り、両親の仇である「ジェイク・マルチネス」解放を要求。

tb-11-1437b.jpg

アレ本当に信じたの?
市民を人質に取られ、ヒーローはやる事がありません。
ようやくウロボロスとジェイクにたどり着いたのに、指を咥えて見てるだけ。
バーナビーのイライラが募ります。

自分がつまんないギャグで怒らせた、とフォローする虎徹。
相変わらず逆境になると格好良い男です。
嘘と気付きながらも流すファイヤーエンブレムは本当に空気が読めるオカマです。 

見た目はオバマ、中身は日本の誰かさん
以前虎徹に子守を頼んできた市長。
この状況で何の決断も出来ません。
よくそんなんで市長になれたな。
こんな犯罪多発地帯のトップとか無理だろう。
虎徹が乱入したくなるのも尤もです。

一方バーナビーの後見人であるアルバート・マーベリック。
冷静な判断力で実質的に対策会議を主導。
立派だ、そして立派過ぎる。
この人が黒幕なのでは?
もしや嘗てのレジェンド?
両極端な疑念がどうしても付きまといます。 

折紙先輩出番ですよ
彼の変身能力が役に立つときが来ました。
本人も「これは僕にしか出来ないこと」と不安混じりながらやる気です。
ウロボロスの使者と入れ替わり、超法規的措置で釈放されたジェイクと共に敵のアジトへ向かいます。

やはりこういう任務にうってつけの能力です。
ただ性格と合ってないから使いこなすのが大変そうです。

ジェイクでは人質の件を聞いてニヤリ。
やっぱり解放しません。
完全に裏目に出てしまった。ジェイクは性根から腐った男です。
演じる藤原啓治はこういう役がが上手いので、余計憎たらしく聞こえる。 

バーナビーの過去を大公開
市民の混乱を抑える為に、マーベリック社長はバーナビーに協力を要請。
彼にとってジェイクが不倶戴天の敵であること、その為に素顔を晒してヒーローをやっている経緯を説明します。
バーナビーを利用している形ではありますが、これは確かに効果ありますね。

こういった手法で混乱を収拾するのがショーアップされたヒーローならでは。
人知れず戦っていたら中々伝わりませんから。
ようやく折紙から連絡が来てさあ反撃だ!!それは次回のお楽しみです。 

Cパートの緊迫感がハンパ無い
通信終了した折り紙は、直後にジェイクと鉢合わせ。
彼は手下に化けた折紙をじわじわ追い詰めていく。

おもむろに取り出した雑誌のとあるページを開いて見せて、
こいつ潜入とか向いてるよなあ。
折紙サイクロンの紹介記事。
どうした、すごい汗だぜ。
緊張感が最高潮に達したところで予告です。 

レジェンドは既に死んでいた
ジェイクの口から語られた初代ヒーローの顛末。
これでマーベリック社長=レジェンド説は消えそうです。
今回はまったり進行かと思ったら最後にやられました。
折紙大ピンチで次回が待ち遠しいです。 

次回はTIGER & BUNNY 第12話 『Take heed of hte snake in the grass(草の中にいる蛇に用心せよ)』です。

公式サイトウィキペディア

3話に渡った「ココ・ローズ事件」もいよいよ解決編です。
ソビュール最大の事件の顛末はどうなるのか。 

gosick-21-1001.jpg

ニコル・ルルーの墓
グレヴィールを伴ってニコルの墓を暴くと、切断したうえに腐敗した首と防腐処理が施された胴体という奇妙な組み合わせ。それにしても首を無造作に小脇に置いておくのは何とも可哀想、ちゃんと頭の位置に置いてあげれば良いのに。

これで得心がいったヴィクトリカは事の真相を語って聞かせます。
1900年にココ・ローズ王妃は子供を死産し、その後カントリーハウスに移っている。
この時王妃は既に死んでいた。
子供は死産ではなく無事出産、但し王ではなく前述のリヴァイアサンとの子供だった。
アフリカ人なので肌の色から一目瞭然。
それを見た国王は発作的に姫をバッサリ殺っちゃったと。 

結局不倫してた
アフリカ人だから決して正体は明かせない=不倫しようが無い。
以前にそう書いた私の予想を超えていました。

ここソビュールは今だに東洋人の久城が奇異の目で見られるほど人種偏見の強い国です。
彼女はフランスから嫁いできたのでソビュール人ではありませんが、当時のフランスだって大差無かったでしょう。
もしかして仮面付けて服を着たまま子作りしてたのか。
下世話に聞こえるかもしれませんが、物凄く重要だと思います。

嘘に嘘を塗りたくり
王が王妃を惨殺。
情状酌量の余地はありますが、統治者としては致命的なスキャンダルです。
そして嫁に出したフランスとの関係も悪化しかねない。
尻拭いの為に秘書募集と銘打ったそっくりさん探しが始まりました。
そこに見事引っかかってしまったのが女優・ニコル・ルルーという訳です。

表面的には王の不興を買った(死産した事でしょう)とされています。
実際はニセモノとばれるのが困るから隔離した。
環境が変わって王妃は別人のように明るくなったというのが一般的な話。
別人のようにじゃなくて別人だった。
そりゃ性格も違います。
でも女優というふれこみだったのに、別人と評されるニコル・ルルー。
演技力はイマイチだったのかもしれませんね。

そこまでして王妃殺害を隠蔽したソビュール王室が大ピンチを迎えます。
1914年にフランスの使者が王妃を訪ねてくることになった。
旧知の人物と会えば当然ボロが出る。しかも即国際問題になりかねない。
こうして二度目の殺害が企てられ、ニコル・ルルーは闇に葬られました。

こんなこともあろうかと
防腐処理していた王妃の死体が小道具に使われる。
カントリーハウスから王宮に移動したところで偽王妃ニコル・ルルーを殺害し首なし死体にする。
一方でカントリーハウスで発見された(とされる)王妃の首(実は本物の王妃)が燃える。
詳しく調べれば違う首だとばれるのを阻止する為に焼却した。

王妃の墓:本物の王妃の首+ニコルの胴体
ニコルの墓:ニコルの首+本物の王妃の胴体

丁度たすき掛けにして葬られる事になった、という訳です。
しかしヴィクトリカの推理もここまで。
王が殺したという具体的な証拠や、隠蔽に加担した黒幕の正体は灰色狼の力でも不可能だった。

正直良くここまで解き明かしたと思いますよ。
何せ最初の事件は24年、次の事件は10年も前の話です。
証言つまりカオスの欠片を集めるだけでも大変な上、相手が王族・貴族となると当時の隠蔽工作もほぼ完璧でしょう。
それでもブロワ侯爵の取り巻きはブーブー言うのかと思いました。
グレヴィールのとりなしとブロワ侯爵自身が何故か納得して決着。
公式にはこれで推理終了と相成りました。

ゾフィとぶつかった、ジュピター・ロジェを伴ったやんごとなきお方。
あれソビュール国王自身だったんでしょうね。
自身の過去が芝居になっているのをどんな目で見ていたんでしょうか。 

これで終われば良かったのに
正直蛇足だと感じた話が続きます。
世間一般では死産と言われているが、実際は王妃が殺され、子供は生きていた。
そのリヴァイアサンとの子供はどうなったのか。
劇場では語らなかった事実を明らかにするヴィクトリカ。 
実は王妃も子供も死んでなかった。
なんと王に殺されたのは、王妃そっくりの侍女だった。

突然のソックリ侍女設定
影武者も兼ねてフランスから付いてきたのかもしれないと言ってますが、
本人と影武者が一緒に居たら意味ありません。
別々の場所に置いてあくまで「一人」と思わせないと成立しない。

第一そんなソックリさん侍女が何故今まで誰の話題にも上らなかったのか。
そして王は自分の妻と侍女の区別もつかなかったのか。
それこそ一卵性双生児でもなきゃ不可能な芸当です。

ともかくも不義の子供ともども密かに逃げおおせた元王妃はヒッソリと暮らしている。 
ここまでならちょっと変だと思ったけどまだ許せた。

gosick-21-1264.jpg

元王妃とバッタリ会っちゃった
ヴィクトリカが学園に戻る途上で立ち往生している車(馬車?)と遭遇。
仕方が無いので乗せてやるのですが、何とこれが前述の王妃と息子。
そんな偶然の出会いありか!?
ご都合主義も度が過ぎて白けてしまいました、と言うところで次回です。

そっくりさん祭り
推理モノで安易に使っちゃいけないのがソックリさんだと思うんです。
そっくりさんを後出しすればどんなアリバイも思いのまま。
それだとトリックも糞もありません。
超能力で殺しました、に匹敵するタブーだと思うんです。

ソビュール最大の事件という事で当然期待は高かった。
どんな凄い謎、どんな見事な推理が見られるのか。
安易な設定を乱発し、更に完全解決に至らなかったというオチにしょんぼりです。

更に唐突なロスコー双子設定も疑問でした。
ヴィクトリカと久城が大ピンチ!
コルデリアとロスコーも自分の事で手一杯!!
八方塞がりでどうする!?

このぐらいのタイミングで出してこなきゃ盛り上がらないだろうと。

今回はココ・ローズ事件でそっくりさんネタがこれでもかと使われている。
ついでに俺らも双子でしたみたいに出されても・・・。
ブロワ侯爵との対決で出してきたらまだ盛り上がった気がします。 

gosick-21-1157.jpg

残念な演出が多かったので、最後は嫉妬ヴィクトリカで口直し。
気分を切り替えて、来週に期待します。

次回はGOSICK─ゴシック─ 第22話 『クリスマス・キャロルは窓辺の幸いを飾る』です。

公式サイトウィキペディア

ノート目当てにオタサークルのコスプレモデルを引き受けた佐隈。
最初は嫌々やっていましたが、お金や試験情報をエサに洗脳されつつあるみたいです。
お陰で悪魔探偵事務所のバイトがおざなりです。

azazel-10-121.jpg

もう引き返せない気がする
遂にイベント会場でコスプレ売り子までやってしまう佐隈。
当初の羞恥心は何処へやら、もうノリノリですね。
同人誌でも作ってるのかと思いきや、売っているのはイチゴカレー。
佐隈のコスプレの元ネタアニメに登場したゲテモノメニューです。

イチゴカレー一杯1,590円。
練乳トッピング+500円。

ボリ過ぎだろう。
そもそも学生サークルが課外活動で料理売って大丈夫なのか。
メンバーに調理師免許持ってる人居るのかな。

でも羞恥心は残っていた
甘ったるい口調で接客する佐隈にドン引きのアザゼルとイライラが止まらないベルゼブブ。
イチコとかカレー馬鹿にすんじゃねえ!
ベルゼブブの怒りの矛先は別の方向にも向いてるみたいです。
女子トイレで正体を明かすと佐隈が激しく動揺。

知り合いに見られると流石に恥ずかしかった、羞恥心は死んでなかった。
それでもゴネる所が何とも往生際悪いですね。
まあボッタクリまくった分金が入りますし、悪魔探偵ほど危険はありません。
結局勢いでイベント最期まで付き合い事になるベルゼブブ。
先入観で嫌悪してましたが、イチゴカレーが結構美味だったらしいです。 

なんかいい話に・・・
ベルゼブブの売り子は腐女子に大好評。
自分がコンセプトの主役なのに。
佐隈嫉妬してる。そこはプライド持ってたんだ。

でも金が入るのは大歓迎と大喜びの佐隈。
本当に金に弱いですね。
そして佐隈とは異なり、イベントの成功に大喜びしているサークルのメンバー。

実は彼らには全員暗い過去があった。
しかしこのオタサークルで笑顔を取り戻した。
涙無しでは語れない内容に佐隈も号泣。これは珍しくいい話で終わりそうですね。

そうは問屋が卸さない
好事魔多し。大好評のイチゴカレーは材料が底を尽きかけていた。
そしてメンバーの一人が冷蔵庫にこっそり入れてあった「ベルゼブブのスイーツ」に手を出してしまう。
ベルゼブブの主食は何でしょうか、はい、ウ●コです。
恐怖のウ●コ入りカレーが世に放たれてしまった。

案の定大量の食中毒が発生。そして佐隈は即座に逃亡。
こうしてオタサークル「カーズ」は解散と相成りました。
これを拠り所にしていたメンバーのその後は考えただけで恐ろしいです。
お前と関わると不幸になるんじゃ!!
好むと好まざるとに関わらず「悪魔探偵」の道を突っ走ってしまう佐隈、というところで次回です。

佐隈と悪魔って似てるよね
警察沙汰を起こした際の猛ダッシュに全く躊躇いがありませんでした。
悪魔探偵とは悪魔を使う探偵なのか、悪魔の様な探偵なのか分からなくなって来た。
辞めたいなら辞めてもいいよ。
芥辺が余裕でおかしいな?と思ったらしっかり佐隈のコスプレ写真を入手済み。
絶対に辞めさせるつもり無いですね。

azazel-10-695.jpg

凝ってるなあ
エンディングがイチゴの戦士バージョンになっています。
たった15分のアニメ、それも一回子っきりの為にわざわざ歌を作るというオーバーエンジニアリング。
スタッフ(いい意味で)病気です。 

次回はよんでますよ、アザゼルさん。 第11話 『アルピニストエンジェル』です。 

公式ウィキペディア

新キャラ二人+α登場
平岸やよいと西岡紫希が登場します。
プラスαについてはあとで話すとして、
平岸に西岡・・・北海道札幌市の地名から取っていますね。 
今後も真駒内(まこまない)さんとか定山渓(じょうざんけい)さんとか出てくるんでしょうか。 

softenni-10-202.jpg

露骨過ぎるパロディ
エリザベスがダブルスに出場するには、部員がもう一人必要。
季節はずれの新入部員募集をかけるソフトテニス部。
千歳を外して来栖と組ませりゃいい。
という発想はアウトでしょうか、アウトなんでしょうね。

コスチュームが露骨にガンダム00のアレ。
てっきり格好だけと思ったら台詞もまんま、しかも連発というのにビックリした。
流石にこれアニメオリジナル演出ですよね?
漫画でここまでやったとは思えない。

目立っては居るものの、周囲ドン引きで明らかに逆効果。
そんな中でソフトテニス部に密かな視線を送る生徒が一人だけ居ました。
殆ど拉致?に近い形でご案内。
いろいろ含めて翌日の職員会議でみっしーが袋叩きに遭っていないかが心配です。

softenni-10-431.jpg

新入部員もちょっとアレな人でした
ほとんど無理やり連れてきたようなものですが、本人はやる気みたいです。
経験者と聞いて一行に期待が高まります。
・・・ダメダメだった。
なんか千歳よりヘタそう。
そう思った直後、いきなりスーパーサイヤ人化。
ソフトテニスの鬼だった姉平岸うづき(故人)の霊が憑依した。

うづきは大会でどうしても倒したい相手が居るみたいです。
それが心残りで成仏できずに居るんだとか。
やよいに乗り移れるのは一時的なもの。
ですから基本はやよいが自力で勝ち抜いて、最期にうづきが相手を倒す。
勝たないと全員に取り憑いてやる。
ソフトテニス部のハードルがまた上がってしまった。

みっしーの通い妻?登場
新入部員を加えたは良いが、厄介ごとも抱え込んだソフトテニス部。
しかし勝てば問題ない、と琴音の鼻息は荒いです。
テストで赤点取ったら大会には出れません。
赤点候補は明日菜と琴音、うづきとペアのエリザベスさえ出られれば問題無い気もする。
でも出られない選手が居たら部内のモチベーションはダダ下がり。

そんな訳で「みんなで勉強会inみっしーの家」が開催です。
なぜ顧問のアパートなんだ、これは琴音の策略か。
牧場やってる明日菜の家とかありますんで、そんな都市部じゃない気がします。
たぶん土地も安いし何処の家も広めに作ってあるでしょう。
それでどこも空いてないと言うのはちょっと怪しいです。

softenni-10-1253.jpg

みんなでワイワイやっていると、勝手知ったる我が家のごとく入ってきた女性。
なんと去年のソフトテニス部長・西岡紫希がみっしーに晩御飯作りに来た。
やっぱロリか、既に手を出していたのか!!
・・・しかし西岡16歳に見えません、ホントはOLじゃないのか。

実はみっしーと西岡前部長は従兄弟同士だった。
一安心の琴音。
でも従兄弟同士は結婚できます。
更に従兄弟でもここまで甲斐甲斐しいのは珍しいです。

そして16歳なら結婚も可能。

いくら勉強しても進歩なしで絶体絶命の明日菜と琴音でしたが、西岡が張ったヤマで試験クリア。
この人が恋人なら浮気は出来そうも無い。というところで次回です。

やよいはともかく西岡はあまり出番無いかな?
そう思ったら来週も登場するみたいです。
同僚の三吉先生も居ますし、みっしーホントモテモテですね。 

次回はそふてにっ 第11話 『とりっぷっ』です。 

公式サイト公式Twitter / ウィキペディア

denpagirl-9-604b.jpg

怒涛の新キャララッシュ
他にも前川さん父(酒屋店主)とかご新規さんの多い回でした。
黒髪の子が個人的に気になるのですが、今後も出てくれるのかな。

あと都会サイドと商店街サイド、この町を二分する微妙な空気がある。
何とも生々しい設定が出てきましたね。
このアニメの舞台は愛知県と呼ばれていますが、名古屋といえば閉鎖的・排他的だとよく言われますね。

流子は恋愛モード
真とメルアドを交換したり、夏休みも一緒に遊ぼうと話したり、部活の応援に来て欲しいと行ったり。
もう完全に恋する乙女です。
そしてそれは真も分かっているはず。
何せ真は「青春ポイント」なんてものを作ってるくらいです。
色恋に鈍感な訳が無い。 
あからさまに好意向けられてる割にスルーしてるっぽいのは、やはりエリオの存在が大きいのかな。 

そんな流子にちょっとした波乱。
前川さんやエリオと野球をしていた真にプンプン。
何で私に教えてくれないの! 
ここまでは良いですが、相手チームの中島を見つけて微妙な空気。
友達。同じ部活の・・・ってホントにただの友達?
流子はエリオに関わるとハブられる、ということを気にしてはいました。
しかし中島はそういうのを気にする性格ではなさそう。
それで気まずいという事は、友達じゃ済まされない何かがあった気がする。

エリオはOP通りのかまってちゃん
望遠鏡を取り出して真を天体観測に誘ってみたり、
草野球に行った真に自分を連れて行って欲しいとねだってみたり。
野球が好きと言うよりも、真と一緒に居たいという気持ち。
子供が懐いて構って欲しがっている、という感じがします。
そして仕草がヤバいほど可愛い。

denpagirl-9-854.jpg

商店街の草野球チームはわりと簡単にエリオを受け入れてくれましたね。
正直もっと揉めるのかと思っていた。
ホラ、女々さんの・・・。
簀巻き女と言う悪評よりも、商店街じゃ「女々さんの娘」効果が高いのかもしれない。

前川さんはマイペース
いちおうエリオや流子に遠慮したりと気を使っている前川さん。
しかし真を草野球に連れ出すなど、誘い上手です。
案外エリオと流子が牽制してるのを尻目に横から真を掻っ攫って行きそう。
野球大会だと着ぐるみもマスコットみたいであまり違和感無いですね。
しかし夏休みです。
流石に暑くないんでしょうか。
被り物じゃなくて顔が出ているのが夏対策かもしれません。

エリオに及ばないにしても、彼女も相当の変人です。
しかしソフト部の花沢と友達であるなど、人間関係は良好。
一見ヘンテコだけど社交的という絶妙さを感じます。
エリオは彼女のスキルを見習ったほうがいいかもしれない。

しかし親父の草野球に同級生の男の子を紹介するのはどんな思惑からだろう。
娘が男を連れてきたor同級生の女の子に父親を紹介された。
そりゃ親父も真もビックリする。
これは天然か、或いは意図的なのか興味ありますね。 

SOS団員っぽいメンバーが増えるのか
宇宙人設定のエリオに続き、宇宙服を着た自称「超能力者」が出てきました。
真夏にその格好です。大層暑いんでしょうね。
宇野のヘディングを再現するのも無理はない。
しかし何故宇宙服なのか、一体どんな顔なのかが分からないまま次回です。

花沢役は花澤香菜
今回はサザエさんネタが多かったですね。
前川さんのコスプレはカツオ。
敵チームで流子の「友達」は中島。
そして敵チームのピッチャー、ソフト部の女の子は花沢。
名前で声優決めたのが丸分かりですが、脇役っぽいのに贅沢ですね。

denpagirl-9-1.jpg

あと、冒頭の流子の下半身。
これでパンツ見えないとなると紐パンorノーパンしかあり得ませんね。 

次回は電波女と青春男 第10話 『軒下少女』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)

じんたんも抜けてる所あるからな
ようやっと筆談にこぎつけためんま。
存在証明の不備はぽっぽの一言で済ましてしまったみたいです。 

ゆきあつ大回転
ようやくめんまの実在を信じた一行。
特にゆきあつは花火中止派から一転。
絶対花火作ろうぜ!!
本間パパに土下座までして許可を仰ぐ。
しかしめんまは見えない。
じんたんに聞かないと見た目が成長していることも分からない。
俺の方が絶対めんまの事好きなのに!
悔しくて仕方ないんだろうなあ。

シンパシーを感じたあなるにモーションをかけてみるも失敗。
そしてそれをつるこに目撃される。
ゆきあつ迷走。
自分が理詰めで考えるから、感情で動く女がタイプなのかもしれない。
少なくとも好きな順番は、
めんま>>>あなる>>>つるこ
なんだろうなあ。お陰でメンバー中抜群の安定度を誇っていたつるこがヤバイです。 

ぽっぽは結構美味しい
更に言えばめんまから見た男の優先順位は
じんたん>>>ぽっぽ>>>ゆきあつ
の様に見えます。
ぽっぽはじんたんの次にめんまに懐かれている。
大きくて明るいお兄さんって、子供に好かれそうなタイプですしね。 

一度「成仏、成仏!」と暴走したぽっぽですが、その後は安定している。
めんまと二人で過ごして筆談したりと中々楽しく過ごせている。
・・・でもめんまの死についてはやはり遠慮があるみたいで聞き出せない。

ゆきあつは、
好きな人からはあまり好かれておらず、自身を好きな人はあまり好きではない。
可哀想な立ち位置に見えてきた。 

めんまの居ない日常
バイトが終わっても帰ってこないめんま。
父も不在で家がガランとした印象です。
あれほど鬱陶しがっていたのに半ば家族として認識していたのかもしれない。
ぽっぽに電話が通じない。
だから秘密基地に行って確認。
それだけなのに早足になってしまう。
ゆきあつほど露骨じゃないにしろ、今でも好きなのがよく分かりますね。

更に川べりで見つけためんまに大アセリ。
川でめんまが死んだらしいですからこれはもっともです。
むしろめんまがそこらへん気にしていないのが大物と言うか何と言うか。
ずっと、ずっとここに居ろよ・・・。
思わず本音が出てしまったところで次回です。

これは先に出しておくべきだった
めんまが筆談できるのは、自身の日記帳だけ。
こういう制約が序盤の誤解のネタになればもっと厚みが出た気がします。
証明するぞ→あ、あれ?
といった具合です。

今回はめんまの実在が明らかになった為、
宙に浮く日記など「見えてない人目線」の描写が多かったですね。
花火の製作も順調ですが、最期に打ち上げた時に全員めんまが見える様になる。とかあるのかな。

それにしてもめんまモテますね。
男連中はみんなめんまに惚れてるでしょう。
あなるとつるこが何とも可哀想ですが、最期に報われて欲しいですね。

尚、次回予告はありません。

公式サイトウィキペディア

heuge-10-360.jpg

お館は化け物か
胴体を横断された信長が多少喋りそうな事は予告から分かりました。
しかし自分でくっつけて、そのまま歩き出すとは思わなかった。
おい、その刀あ!安いぞ!!
自分を斬った刀の値段とか気にしている場合か。
あまりに綺麗に切断されると、相手が気づかないだのそのままくっつくだのといった話は聞いたことがあります。
流石にこれは凄すぎる。
そりゃ秀吉じゃなくてもビビる。
本当に第六天魔王だったのか。 

ダール・イ・レゼベール、すなわち愛よ!
多分ポルトガル語、英語のギブアンドテイク、日本語の持ちつ持たれつに相当する言葉みたいです。
座り込んでいそいそ茶の準備を始める信長がひたすらシュール。
水をどうするのかと思ったら自身の血で代用。
そして立てた血のお茶を秀吉に手渡して遂に絶命。

一瞬で殺されたのに何秒も喋る人は沢山居ましたが、ここまで色々やったキャラは初めて。
何とも凄い最期でしたね。
それにしても、蛙の泣き声は秀吉じゃなかった(超常現象?)のに驚いた。
確かにおびき出すより寝てる間に色々済ませるほうが楽ですしね。 

明智さんの空回りっぷりがハンパ無い
秀吉にそそのかされて利用されるのは分かっていました。
しかし信長を暗殺したのは秀吉。
末期の茶を受け取ったのも秀吉。
大名物も取られちゃう。
外で真面目に謀反(という表現も妙ですが)している光秀が何とも哀れです。
ましてこれから「天下の大罪人」として秀吉に討たれる事を思うと何をか言わんやです。

長益よ、お前もか
虫の知らせとでも言いましょうか。
義兄中川清秀に諌められたにも関わらず陣を飛び出してしまう佐介。
この時点では物欲より忠誠心が勝っていた気がします。 

そして佐介以上の数寄者とされる本作での長益。
その俗物っぷりはハンパじゃなかった。
当時長益は織田の嫡男信忠に帯同していた。
そして本作では信忠に自害を薦める。
私もお供します→やっぱり己が大事!!
死に損なっただけならまだしも、提案した張本人がそれですか。

本能寺で二人は再会し、共に宝物をあさっている有様。
この時点でもう忠誠心より物欲しかないといった感じです。
佐介はともかく長益は、明智軍のお尋ね者NO.3(NO.1は信長、NO.2は信忠)じゃないのか。
流石にまず逃げたほうが良いと思います。

大きいつづら、小さいつづら
しかも長益やけにフレンドリー。
いつから佐介を「古さん」なんて寅さんみたいなノリで話しかける仲になったのか。

やはりというか、明智軍に見つかって殺されそうになる二人。
幸い生き延びた弥助に助けられ、更に大名物まで託されるというラッキーぶり。
佐介が目をつけていた大きい箱は長益に取られたけど、箱が大きければ良いと言う物ではない。
負け惜しみっぽい事を言ったところで次回です。 

heuge-10-393.jpg

後半の流れがいまひとつだった
今回は全体にテンポが遅めです。しかし前半と後半では全く意味が異なります。
お前はもう死んでいる。
筈なのに死んでいない信長に驚愕する秀吉。
その脅威を十二分に表現出来ていたのが前半。

後半は無駄に尺が延びた名物探しや名物選びが冗長に感じました。
もっとサクサクやって、次回に期待を持たせる引きが出来たのではないでしょうか。
例えば陣に戻っていざ明智を討たんとする秀吉の怖い顔で終われば、と思いました。 

次回はへうげもの 第11話 『孤立のメッセージ』です。 

公式サイトウィキペディア

Webニュータイプで2011年3月から1ヶ月に渡り合計4回連載された記事の紹介です。
この倉田英之と言う人は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」でシリーズ構成(脚本家の中で監督みたいなもの)を勤めた人物。
そんな彼が自身の手がけたアニメを題材にインタビューに答えています。
具体的には以下の通りです。

検索「倉田英之」
【短期集中連載】脚本家・倉田英之 第一回「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」
【短期集中連載】脚本家・倉田英之 第二回「神のみぞ知るセカイ」
【短期集中連載】脚本家・倉田英之 第三回「宇宙ショーへようこそ」
【短期集中連載】脚本家・倉田英之 最終回「ドラゴンクライシス!」

特に気になったのは第一回と最終回。
原作が大人気だった俺妹を引き受けた経緯はどうだったのか。
またアニメがあまり人気が無かったドラクラについての意気込みはどうだったのか。

ここらへんに凄く興味があったからです。

因みにこの人「R.O.D」の原作者、つまり小説家でもあったんですね。
脚本家と小説家はやってること被るから納得です。 

あと文章読んでいくとこの人売れっ子且つ信用ある人みたいです。
シリーズ構成というのは脚本家のトップです。
信用と実績が無いと出来ないでしょう。

また「最初は断った」なんて話も結構ある。
三顧の礼で迎えられるなんて大物なんでしょうか。 

公式サイト( アニメ原作ゲーム ) / ウィキペディア( アニメ原作 ) /
Twitter( アニメゲームきりりん黒猫

いよいよ本能寺回が来ました。
ミツヒデは、そしてヒデヨシはどうするのか。 

sngk-10-217.jpg

ヒデヨシ一番ミツヒデ二番
ノブナガが風呂に誘う順番です。目の前にミツヒデが居るのに、奥のヒデヨシから誘う。 
流石にちょっと可哀想。ミツヒデの心がどんどん荒んで行く。

伊達マサムネに背中を押され、遂にミツヒデがノブナガとの心中を決意。
ヒデヨシを例によって縛り上げ、本能寺に火を放ちました。
酒で潰れたノブナガなら、一刺しでおしまいです。
なにも火をつけなくても。 

敵は本能寺の・・・私の心の内にあり
貴様が私とお館様の間に入って、大切なものを奪ったのだ!!
逃げ出してきたヒデヨシに対し、本音をブチまけるミツヒデ。 

これに対しヒデヨシは堂々と反論しますが、ミツヒデには通じなさそう。
もういいと、ヒデヨシはノブナガを助ける為に燃える本能寺に身を投じます。
よく服が燃えないものです。

勢いヒデヨシを追ったミツヒデですが先にノブナガと遭遇。
敵はどこか。
それに対し自分の仕業と詫び、自決を図るミツヒデですがノブナガが許さない。 

是非に及ばず
ノブナガの目的はあくまで天下布武。
言いだしっぺがノブナガで、実行するのはミツヒデ。
我とお主は一心同体じゃ!!
一番も二番も無かった。ミツヒデはノブナガも同然である。
これでわだかまりが解けたのは良いが、ミツヒデは倒れます。
一酸化炭素中毒ですね。
本来ノブナガの方が吸ってそうな気もしますが、この人にそんなの通じないか。 

sngk-10-1088.jpg

呼吸停止したミツヒデを助ける為に人工呼吸。
途中で目を覚ましたミツヒデ至福の時。
・・・しかし一緒に突入したヒデヨシをすっかり忘れていた。 

火事場泥棒、そして・・・
いっぽうのヒデヨシは伊達マサムネと遭遇。
真紅の甲冑を抱え泥棒の真っ最中でした。
危ない、日出さん!
しかしヒデヨシを助ける為に飛び掛る。

真紅の甲冑を手に入れ狂喜するマサムネですが、更に漁夫の利を得んとするイエヤスと遭遇。
甲冑の行方はどうなるのか、というところで次回です。 

sngk-10-1314b.jpg

伊達先生はどうしたいの
真紅の甲冑を集めて天下統一したいノブナガ。それを横取りして取って代わりたいイエヤス。
しかし伊達先生の目的がまだ分かりませんね。
歴史を変えて仙台幕府でも開きたいのか。 或いは逆に、歴史通りにしたいのか。
それとも別な目論見があるのか。
ここはパラレルワールドです。
過去を変えて現代に戻っても、元の世界は変わらないと思うのですが。

あとシロが出てこなくなりましたね。
ノブナガ一行に帯同しても良いポジションなんですが。
せっかく出したキャラクターながら、使いどころに困ったのかな。 

本能寺住職:浅井淑子
この配役にはちょっとビックリ。
御歳70歳で、1965年から活動しているベテラン声優です。
若い人ばかり起用するアニメが多い中で随分と渋いキャスティング。
スタッフにファンが居たんでしょうか。 

次回は戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話 『強奪乙女』です。 

公式サイトウィキペディア

いよいよ陽菜回です。
巷では「低い声が残念」とか「デカい女はちょっと」という声も聞かれますが、私は好き。

hsz-9-1263.jpg

だって天然のお色気キャラなんですよ。
酒屋の仕事でもおっぱいサスペンダーという
「何処の田舎にそんな服が?」ファッションが特徴の陽菜。
実は他にも私服ありました。強烈な深さのVネック+明らかにノーブラというコンボです。 

プチ家出
一馬と会うなりぶっ倒れ。てっきり貧血か何かと思いました。 
親父と喧嘩して着の身着のままで家出した挙句、空腹で動けなくなっていた。

飯をバクバク食う様はちょっと初入ってる気がする。
ご飯を沢山食べる女の子が好きなの?
こんなこと聞くって事は多少一馬を意識しているのかな。
事情は理解したものの、ウチに来るのは無理ですと断りを入れる一馬。
まあ普通は居候の身で更に人を預かるとか厳しいですね。

千歌さんに話そうよ
でも一馬の家はよろずよ旧館、女将はあの千歌さんです。 
事情を話せば分かってくれると思います。
つい先日も勉強会と称してお泊りしたばかりじゃないですか。
ちょっと一馬の考えが足りない気がする。

結局コッソリ招き入れるけど、直ぐにバレそうですね。
因みに酒井陽菜と言う人物、

・裸を見られるのは恥ずかしい
・ブラを付け忘れるのと、それを見られるのは大丈夫
・一馬と一緒の布団でも気にしない

羞恥心の基準が良く分からない。
精神構造がかなり謎な人みたいです。

彼女だって考えてます
勢いで同衾してしまった二人ですが、色っぽい話は無し。
エロゲならもうHしかありませんが、これはアニメなので。
東京の大学に進学したいというのが喧嘩の種みたいです。
経営を学んで酒屋の手助けにしたいというちゃんとした目的もある。
この理由を口にするタイミングを外しているんだそうです。 

まあこの娘さんなら親父が心配するのも無理は無い。
簡単に人に騙されそう。
それに商品開発って何でしょう。
彼女の実家は酒屋であって酒蔵ではありません。
どうもごっちゃになっている気がする。
もしかして酒蔵持った直営店なのか。 

遂にその時が
本人は一生言い出せないと諦め顔・・・と思ったら急に起きて、
ごめんなさい。おお、遂に言った。
でも一馬は家出の話かと思ってる。そりゃそうですね。
しかし今回は訂正した上できちんと謝罪が出来ました。
まあ言われなきゃ一馬は忘れていた話だったと思う。

ずっと言えなかった事が今言えたから大丈夫。
これを引き合いに出して励ますのが一馬のモテ男たる所以でしょう。
くよくよし過ぎだろう、とか突っ込んでる自分とは違いますね。 

hsz-9-742.jpg

巨乳でも和服が合うんです
結局あっさり千歌さんに見つかった陽菜ですが、働くことで住むのOKです。
やっぱり最初に話したほうが簡単でしたね。

和服も様になって大変よろしい。
しかし・・・つむぎが居ない。家族旅行で休暇中なんだとか。
千歌・つむぎ・陽菜という和服巨乳美女揃い踏みが見たかった。 
そしてつむぎの穴を埋めるのは厳しいと思うが大丈夫か。

そこへ父親が現れ、無理やり陽菜を連れ戻そうとする。
当然ながら割って入る一馬。
一触即発の雰囲気ですが、親父ムキムキです。
力づくなら叶いそうもありません。
千歌さんの仲裁が入り、陽菜を掛けて神社の綱引で決着を付ける事になる二人。

やっぱり不利
殴り合いじゃなくても結局力勝負です。
親父さんは体格・筋肉・酒屋でバリバリ仕事してるとあらゆる面で一馬を凌駕している。
流石にガチンコで一馬が勝つのは不自然ですが、どうするのか。

・・・やはり持久力ですか。
歳を取るとどうしてもスタミナが無くなって来る。
粘った所を「先輩の夢を叶えるんだ!」パワーで勝利です。
感極まった陽菜が一馬に抱き付いています。
衆人環視の中で、親父と勝負して勝った上に娘に抱きつかれた。
この二人って町公認の仲になるんじゃないの? 
翌日町中の噂になると思うんですが。

娘にハグされたら勝てない
実はこのパパ、わざと一馬に負けるつもりだった。
しかしヒートアップして本気で勝負を仕掛け、挙句スタミナ切れで敗北。
結果はともかく、かなりみっともない負け方にスネてしまった。
父さん可愛い。
可愛いものにハグしたくなるのは陽菜の癖みたいです。
・・・歩むがナデナデで住んだのが謎、というところで次回です。

かなり充実した陽菜回だった
何しろ他のヒロインが殆ど出てこない。
それだけに「陽菜とはこれでおしまい」感が無いでもない。
一馬とはくっつかずに大学行っちゃいそうですね。

陽菜以外は千歌さんなどオバ・・・もとい、熟女ばかりだった。
まあ山比古町のお母さんは若作りな人が多いんですが。
今回は陽菜と千歌さんのお色気シーンありましたね。
こちらもBD/DVDで解禁されそうな処理がされています。 

次回は星空へ架かる橋 第10話 『指輪、流れて……』です。

公式サイトウィキペディア

予告で水着回だと分かってました。
期待も高まりますね。
しかしある重大な事実に気づいてしまった。

参加した女性に貧乳と爆乳しか居ない。
貧乳最大:ユーディットのバスト76センチ・Bカップ
爆乳最小:ミストルーンのバスト91センチ・Gカップ 
なんとバスト77~90センチ・C~Eカップの女性が皆無。

物凄い極端な世界ですね。

因みに最大はやはり「牛」ことエルフレダのバスト113センチ・Oカップ。
メルチェリーダのバスト103センチ・Hカップですら二位。
カップで言うと7段階も上という圧倒的な数値です。
通常カップはトップとアンダー差が2.5センチで一つ上がります。
10センチなら4つ上のはずが7つ上というのがなんとも規格外です。

そんなわけで水着回です
王家専用ビーチで休暇を満喫するアスタロッテ一行ですが、直哉の様子がおかしい。
どうも風邪を引き込んだみたいです。
しかも股間がギンギン。
もしかして妖魔界の海には精力増強効果でもあるんでしょうか。

子持ちながらウブな直哉というのは正直判断に迷いますね。
本当に恥ずかしいのか、娘の手前照れているだけか。
いち早く異変に気づいたメルチェリーダはこれ幸い。
むしろ直哉の性欲を加速させようとする。

ちゅーちゅー(吸精)するためにも性欲は重要。
その先にアスタロッテの命が架かっているのであくまで真剣です。

もし嫌なら、別の男を雇っても良いんですよ
これに反発する直哉の本心は何でしょう。
嫉妬と保護欲が混じった複雑な感情なんでしょうか。
直哉はメルチェリーダと子作りを作った手前、アスタロッテに手を出すのはちょっと厳しいかな。
それでいて精力提供できないのも拙い。
デコチューでそれっぽいことが出来る様なので落とし所はここかな。 

シグルド参上
そんな事など露知らずのアスタロッテ達は料理で直哉を元気にする作戦。
・・・惨敗です。
身の回りの世話を全部お任せのアスタロッテ達に料理なんて出来るはずも無い。
しかし意外なところで助け舟。
お人よしストーカーのシグルド登場。
直哉の料理作りに手を貸してくれる。

勿論これも自分に気を向かせる為の作戦なんです。
しかし直哉を想って真剣に料理に打ち込むアスタロッテに押され気味。
良い奴です、そして良い奴で終わりそう、というイニの指摘は恐らく当たりですね。 
アスタロッテの気遣いもあり無事回復した直哉、というところで次回です。

メルチェリーダは両刀
ウルスラとの会話を聞くと男だけじゃなく女もいける口みたいです。
精力吸収できるのかな、それとも完全な趣味でしょうか。
因みにウルスラもバスト99センチ・Fカップの爆乳派です。

アスタロッテと会って近況報告まで出来て満足したんじゃないでしょうか。
・・・欲を言えば直哉にも会いたかったんだろうなあ。
でも二人の関係をアスタロッテは知らない。
こちら何時まで隠しとおせるのか、バレたときアスタロッテがどうするのかも気になります。 

次回はアスタロッテのおもちゃ! 第10話 『隣同士のフィスト』です。 

公式サイト公式ブログウィキペディア

鬼の霍乱?
元気が取り得の緒花が風邪でダウン。
前回の無茶がたたったのかと思いましたが、いの一番に起床して雑用をほぼ一人で片付けていた。
巴さん止めて。「意欲を削ぎたくなくって」というのはダメです。
働かないのも困るけど、働かせ過ぎて部下が壊れたら元も子もない。
過労死した部下の上司みたいな言い訳はいけません。 

あと作画の所為かもしれませんが、ベッドが小さすぎませんか。
何か子供用みたいでした。
うずくまらないと入らない気がする。

同室なのに緒花の変化に気づかなかった民子はちょっとバツが悪そうですね。
いっぽうで徹が緒花を気にするのは面白くないご様子。
複雑な乙女心というやつでしょうか。 

好かれているなあ
緒花は熱にうなされて、現実と夢がごっちゃになっている。
そんな中で次から次へと見舞いがやってくる。
・・・羨ましい反面、ゆっくり寝かせた方が良くないかと言う気もします。

徹は完全に緒花を意識していますね。
食事を持ってきて黙って見てるとか相当です。
普通は置いて帰ります。
確かにイチゴを頬張る熱っぽい緒花は、普段からはありえないほど色っぽかったですが・・・。
熱を計るのに手じゃなくておでこくっつけたのは明らかに意識してそうした様に見えます。

そして菜子が言った「緒花ちゃんが居なくても大丈夫」という言葉が深く突き刺さる。
菜子は元気付けようとして言ったのでしょう。
しかし緒花は「お前は要らない、お前の代わりはいくらでも居る」様に言われたと取ったんだと思います。
病気で弱ってると、何でも悪く取ってしまうのが人間。
夢でまで「緒花は要らない」とうなされてしまう。

緒花が喜翆荘に来たこと自体、実の母に「捨てられた」様なものです。
要不要という話には敏感にならざるを得ない。
とうとう夢の中で孝ちゃんの幻が現れ、戻っておいでする様になってしまった。 

コンサルまた来た
無駄にビジネス用語を使いたがることと、誰でも出来そうな話しかしないのは相変わらずですね。
リスクマネジメント上、健康管理は基本中の基本、マストです!
そんなこと誰だって分かっています。
そうならないように注意喚起プラス、万が一そうなった時の対策もちゃんと考えておいて欲しい。
結局旅館の面々が思い思いに対処している気がする。
役に立っているかといえば、発破かける役回りとして有効、ぐらいでしょうか。 

それにしても喜翆荘の仲居って本当に巴、菜子、緒花の三人しか居ないという事実にビックリ。
平日の昼間って巴ひとりじゃないですか。
てっきりテレビに映ってないだけで、パートとかおばちゃんの仲居とか居るものだと思ってました。
アニメに出ているのが従業員の全てだとしたら、経営出来ているのが不思議です。

菜子が熱い
民子がいつものツンツン口調ながら励ますものの、心身が弱りきった緒花はグジグジと弱気モード。
これはこれで可愛・・・いえ、落ち込むなんて緒花らしくありませんね。
続いて応援要員その2の菜子が来ますが、自身の言動でシュンとなっているのを知ってしまう。
居なくても大丈夫ってのは、要らないという意味じゃなくて、居るから頑張れるというか・・・
内容は無きに等しい説得ですが、迫力はありました。
なんか緒花みたい。
もしかして菜子は緒花の性格にかなり影響されて来たんじゃなかろうか。

ともかくも立ち直った緒花。
夢の中で孝ちゃんに「ここが好き」と居残りを宣言。
ここで「俺は好きじゃないの?」と意地悪な事は言わず消えていきました、というところで次回です。

バイトの女の子が来ない
前回のラストで出てきた孝ちゃんのバイト先のメガネ美人。
てっきり今回出てくるものと思っていただけに肩透かしでした。
孝ちゃんの喜翆荘訪問も話数空いた挙句会えずじまいだった。

ラストで引っ張って次回やりません、はちょっと勘弁して欲しいです。
話の是非はともかく、どうしても期待ハズレ感が拭えません。
彼女も登場まで2-3話引っ張った挙句、関係ありませんでしたとかが心配です。

次回は花咲くいろは 第11話 『夜に吼える』です。 

公式サイト / ウィキペディア

バーナビーの記憶回復。
前回出てきた怪しい囚人。
いよいよ「ウロボロス」が動き出しそうです。 

虎徹の休日
たまには帰って来いと言う母の言葉に対し、
ヒーローに休日なんか無い。
実績はともかく芯からヒーローと言うのが分かりますね。

その直後に上司から休暇取得を命令される。
何せヒーローもサラリーマン。
大きい会社で不当労働させるとマスコミや労働組合から糾弾されかねない。
理由はともかく休めと言ってくれるだけこの上司はマシかな。

良い機会なので家族サービス。
こういうチャンスは生かさないとですね。
ちゃんと会って触れ合わないと娘の成長が実感出来ませんから。
九歳の娘に赤ちゃん言葉(でちゅね~口調)で話しかけるのは拙い。
反抗期にはまだ早いのにギスギスしてる一因はそのせいかも。 

しかし目の前で橋が爆破され、今度こそ本当だから!と銘打った休暇もパー。
上司の「ヒーローに休暇なんて無い」という言葉は虎徹じゃなくても突っ込みたくなる。
この人ダメだ。
少しは情があると思ったのですが、会社の事しか頭に無かったか。 

あと娘にはちゃんと理由を言った方が良いと思う。
橋が爆破されたらそりゃ帰れないでしょう。
ヒーローウンヌンは関係ありませんし。

遂に見つけた
バーナビーは図書館で調べ物。
他のヒーローたちもバーに食事にカラオケと趣味を満喫している。
てっきりヒーロー一斉休暇かと思いましたが、違う様です。
すぐ駆けつけられる状態であれば、事件の無い時はわりと自由なんでしょうか。
ちょっと前にバーナビーと虎徹が出勤してデスクワークやっていた気もしますが。

そんな中でバーナビーは先日思い出した犯人の顔と一致する人物を遂に突き止める。
ようやく手がかりを見つけて面会に行く途中で今回の事件に遭遇。
現場へ急行するつもりでしたが、虎徹に静止されました。

ようやく見つけた手がかりなんだから。
自身も娘との関係が危ういのにこう言ってのける虎徹は本当に格好良いです。
それにしても最近はドジな虎徹より格好良い虎徹が多い気がしますね。

虎徹じゃ無理だった
啖呵切った割りに情け無い話ですが、事件は橋だけではなかった。
その後複数の場所で爆破事件が発生、同時多発テロだった。
ここで虎徹を残して他のメンバーを差し向けたアニエスの判断は正しい。
何せ虎徹の能力は5分でおしまい、次は1時間のインターバルが必要。
一箇所対処するので精一杯ですから。

それにしても5分という設定ははちょっと短すぎた気がします。
他の能力者との差が大きすぎます。
特にキング・オブ・ヒーローのスカイハイ。
彼は風を操り空を飛ぶ上、カマイタチの様な攻撃すら可能。
ヒーロー学校にも微妙な能力者が沢山居ました。
しかしヒーローの中でも能力差がかなりある気がする。
長い間やっている虎徹と牛角さん(アントニオ・ロペス)って人気以上に偉大なのかも。 

そしてヒーローが8人しか居ない、というのも問題でしょう。
後進の育成はやっているみたいですが、せめて二軍とか用意しておかないと厳しい。
ヒーローだって人間です。
体調不良で倒れるかもしれないし、予備戦力無しというのはかなり危ういですね。 

マーベリック社長は結局どっちなんだろう
ヒーローたちの旗色も悪くなり、流石のアニエスも放送中止を考える中で断固拒否したのが社長。
私たちがヒーローを信じなくてどうする。
普通なら良い上司じゃないかと思うんですが、この人怪しすぎます。
どうにも騒動の黒幕なんじゃないかと言う疑惑が付きまとう。

いっぽうで体格から元「レジェンド」じゃないのかという逆の疑惑も捨てきれない。
虎徹の回想に出てきたレジェンドとは声が違います。
こちら歳を取ったから声優を変えている可能性もあります。
でも流石に生きているうちに自分の銅像とか立てちゃうのも可笑しい。
こちらの線は薄そうです。

状況が悪化したことでバーナビーも駆けつけたところで今回の犯人が姿を現しました。
我らはウロボロス。
彼らの要求こそバーナビーが両親殺害犯と目論むジェイク・マルチネスの釈放だったというところで次回です。

嵐の前どころじゃなかった
バーナビーが20年間追って実態を掴めなかったウロボロス。
大手を振って向こうから来ちゃいましたね。

因みにルナティックはこの状況を静観しています。
敵だけど正直出てきて欲しいぐらい劣勢です。
まだ死人が出ていないから動かないのかな。
爆発で犠牲が出ている気がするんですが。 

次回はTIGER & BUNNY 第11話 『The die is cast.(賽は投げられた)』です。

公式サイトウィキペディア

gosick-20-313.jpg

必ず見つける。
宣言どおり今回もヴィクトリカを見つけ出した久城。
ここ一番というときにヴィクトリカの支えになるのはやはりこの男みたいですね。 

ココ・ローズ事件
1914年にカントリーハウス(貴族の別邸)住まいだった王妃が王宮に呼び出された。
しかし王宮内で首無しの死体として発見される。
直前に会ったのは国王のみ。
一方で首がカントリーハウスで発見されるも、目撃者の眼前で爆発した。
目撃者は科学アカデミー主宰のジュピター・ロジェほか。
この通りなら、王女は胴体だけで王宮に来た事になります。

当時大スキャンダルだったことは間違いない。
でも今更ほじくり帰すのは何故?
ヴィクトリカの予測では、犯人は国家の重鎮。
ブロワ侯爵は彼の弱みを握って自身とオカルト省の栄達に利用するつもり。
自身を虐待する侯爵の出世に利用されるなんて、いい迷惑ですね。

セシル先生どうしたの
先週からセシル先生がちょっとおかしい。
元々変なところはありました。

学外にヴィクトリカを連れ出そうとするグレヴィールを体を張って阻止しようとする。
ヴィクトリカのトランクに紛れ込んでソヴレムまで着いて来る。 
急にヴィクトリカの保護欲に目覚めたような描写が出てきました。 

しかもトランクとセシル先生のサイズが明らかに合ってない。
彼女もブライアン・ロスコーの様に手品のセンスがありそうです。
あとゾフィーとは10年来の親友だったことが明らかとなりましたが、本編ではあまり関係無いか。

カオスの欠片が足りない
最初に久城が言い出したとき、突然何を言ってるんだと思いました。
しかしこれが当たり。
ヴィクトリカの推理には、オカルト省の集めた資料だけでは足りなかった。

僕が必要な情報を集めます!
外国人で警官でもない久城がどうするんだろうと思いました。
しかしソヴレム市民の記憶力は異常。
次から次へと有力な証言が出てくる。
もしかしてこの国の警察は能無しなんじゃなかろうか?
異国の少年に捜査能力で及ばないなんて。

gosick-20-755.jpg

ニコル・ルルー
久城の捜査で浮上したのが女優の「ニコル・ルルー」。
ココ・ローズ王妃のそっくりさんとして人気を博した人物だった。
彼女は1900年に突然失踪。
さらに調査を調べた結果、「金髪碧眼の女性限定」なる秘書募集に応募していた。
募集元は不明だとか。

ココ・ローズとそっくりさん女優。
どうも入れ替わった、或いは事件に巻き込まれた可能性がありそうですね。
それから更に調べていくと、彼女は1900年に死んで墓があることが分かった。

ココ・ローズ・・・1914年死亡
ニコル・ルルー・・・1900年死亡

王妃より先に死んでいることになりますが、本当にそうなのか。
しかもニコルのファンだった男性は失踪から10年後それらしき女性を見たと言っている。
意図的に王妃とニコルをごっちゃにさせた人物が居そうですね。

この事実をヴィクトリカへ伝えようとしたところ、例のブライアン・ロスコーが手引きしてくれる。
いざヴィクトリカの元へたどり着くと、ブライアン・ロスコーがヴィクトリカを助けていた。
ブライアンは双子だったのか!?
久城が混乱しています。
見てるほうも頭がこんがらがって来た、というところで次回です。

時系列が激しく前後するうえ、謎解きが多くて整理するのが大変でした。
もしかしたら原作をかなり端折っているのかもしれません。

gosick-20-900.jpg

ふたりの王妃とブライアン。
てっきり今回で解決かと思いましたが、まだ続くんですね。
事件を解決して、無事ヴィクトリカの誕生日を祝えるかにも注目です。 

次回はGOSICK─ゴシック─ 第21話 『聖夜の鐘は刻を追いたてる』です。

公式サイトウィキペディア

前回の予告を見ただけでヤバイ気がする今回。
さくちゃんどうなっちゃうんだろう。

まさかこのアニメでお色気シーンが見られるとは思わなかった。
流石にパンチラは無理でしたが。
因みにこのときの目は普通ですが直後に「33」みたくなってます。 

バイトの熱意が薄れたように見える佐隈。
芥辺が珍しく焦っている様な気がする。
やはり惚れてるのか。
ベルゼブブのリミッターを解除してまで尾行させるのですから相当です。

azazel-9-358b.jpg

佐隈って単位に弱いよね
バイトの所為かもともとアホなのか、授業についていけない佐隈。
ノートと引き換えにオタサークルのコスプレモデルをやっていた。
アザゼルとベルゼブブもどんびき。
というかサークルの連中のキモさがハンパ無いです。
しかもこんな役なのに、担当声優が偉い豪華。

メインのランニング男など「げんしけん」の斑目をやっていた檜山修之。
最近オタク役が多い所為か喋りが堂に入っています。
腐女子役もかないみかに福圓美里と、名のある人がその演技力を遺憾なく発揮。

無事ノートをゲットして嫌々やっていたコスプレともおさらば・・・とはならなかった。
イベントで金も稼げる、サークルの繋がりで試験対策も万全。
悪魔使いが悪魔の様な誘惑に負けている。 
しかも染まってきたのか探偵事務所でもボロが出る始末。
更に焦る芥辺はどうするか、というところで次回です。

azazel-9-225.jpg

ベルゼブブかっけぇ
魔界のシーンに出てこなかったベルゼブブの姿が拝めました。
貴族だけあって貴公子然とした姿です。
道行く女性(珍しく綺麗な子ばかり)もすっかりのぼせています。
でもオープニングにでかいハエの悪魔が居ました。
開放された能力で変身した姿なのかも。
但し格好良いからと近づいても、ウンコ臭いんでしょうね。 

次回はよんでますよ、アザゼルさん。 第10話 『イチゴのカレーを召し上がれ!』です。 

公式ウィキペディア

TVドラマ「24」風のオープニング。
エヴァネタも皆勤賞で、パロディ相変わらず多いですね。
あとサービスも多目でした。
裸じゃなければOKぐらいにはなったのかな?
それともあくまでブラとお揃いのスコートなんでしょうか。
金髪とバンダナが特徴の風間田綾香はもうちょっと胸あると思ってた。
中学二年生だから歳相応ですがね。 

逃げる琴音と追うみっしー
旅先から旅に出るというナナメ上のアクションを起こした琴音。
恋に破れた女は部活に生きるしかない、と修行に励むんでしょうか。
いい加減14歳に手を出したら捕まることを知ったほうがいい。
危うく転落しそうになりましたが、みっしーがキャッチ。
先生どこから出てきたの。
瞬間移動でもしないとその場所はあり得ない。

エリザベスの件は誤解と分かって前回までのショックはどこへやら。
パワーアップしたと言って意気揚々と帰還です。
体力や技術じゃなくて精神が安定したって事でしょうか。

赤玉中の自信の根拠が分からない
一方で試合形式の練習を始めんとする岬と白玉中の面々。
ちょっと待ったあ!!
赤玉中の澄乃が割って入ってくる。
昨日の練習で勝った気になられたら困ると自信満々。
特訓に付いてこれない=試合に耐えるレベルじゃない
という考えは無いみたいです。
赤玉中は道大会の上位常連らしいですが、逆に言うと全国にはほど遠いレベル。
全国チャンプを相手に何故ここまで強気に出られるのか本当に不思議ですね。 

勘違いをしておりました
赤玉中の練習試合でふざけすぎだろうと書きました。
どうやらこのアニメ、まともなテニスをするつもりは無い模様です。
澄乃が燃えるサーブを放ちます。
岬は消えるショットで対抗、しかも威力がハンパ無いらしく吹っ飛んで行きました。

インパクトの瞬間、光速を越えて見えなくなるんだそうです。
光速って、テニプリってレベルじゃねえよ!! 
「リングにかけろ」や「聖闘士星矢」みたいな話だったのか。

でも光速にしては遅くないですか。
ボールはどっちだなんて考えている暇なんて無い。
というかインパクトの瞬間ボールが砕け散って使えない奥義だと思う。

ともかくもこの技で赤玉中は全員ぶっ飛ばされて退場。
赤玉中は「かませ」として大口叩いてはやられる役回りっぽいですね。
そしていよいよ白玉中の出番です。

明日菜&来栖ペア
来栖がオオサンショウウオを盾にして対抗。
天然記念物に傷をつけたら犯罪、ということで来栖は狙えない。
当然無防備の明日菜が集中攻撃食らって敗北。

琴音&エリザベスペア
千歳を選ぶという選択肢は無かった。
私はみっしーが好きデス、琴音はみっしーの事どう思ってるデスか?
テニスをするという選択肢も無かった。
お互いの気持ちを確認した直後に琴音がぶっ飛ばされて終了。

そして千歳一人
棄権した方が良いんじゃないのか。
しかし意外にも消える魔球を口でキャッチ。
ボールをまんじゅうと思い込ませる自己暗示。
普通はボール食った時点で反則負けにされそう。
しかし動揺した岬がみずからミスって1ポイントゲット。
意外にも千歳が一矢報いて特訓終了、というところで次回です。

白玉テニス部の使う手は試合で使えないのが多すぎる。
大会には出ない方が良いかも知れません。
こんなの見せたら永久追放されてみっしークビになりそうです。 
ギャグとしてはいくら変でも構わないのですが、これで大会優勝とか描いちゃったら拙いかも。

次回はそふてにっ 第10話 『しんかんっ』です。 

公式サイト公式Twitter / ウィキペディア

いよいよペットボトルロケット発射か・・・そう思ったらちょっと違いました。
若干過去に戻って、裏で女々さん大活躍という話みたいです。
今回は随分ネタバレが多かったですね。 

denpagirl-8-643.jpg

女々さんの可愛いさは28年前から健在です。

衝撃の事実1:女々は和菓子屋の店長だった
でもたまにしか来ないって事は本業じゃないってことですよね。
更にそんなので許されるということはオーナーなのか。
ボールチェア買ってやれるのは伊達じゃない。
稼ぐ女みたいです。

衝撃の事実2:ペットボトル男山本(仮)は女々の同級生だった
更にエリオットは行きずりの男かと思ったらこれも同級生。
初めて会った時は小学生ぐらいでしょうか。
会った瞬間ときめいてしまった様です。
そんな長い付き合いで、フラッと逃げられる物なのか。

そして同じくらい昔から女々が好きだった山本(仮)。
名前も覚えられて無いのにプロポーズぶちかまします。
いくら何でも早すぎないか。
案の定断られます。
女々さんは一生独身の構えらしいです。

まあ今でもエリオットが好きなんじゃないでしょうか。
更に言えば、プロポーズするのに無職じゃ厳しいですよね。

衝撃の事実3:駄菓子屋のばあちゃんは本当の祖母
おじさんとかばあちゃんという呼び方は血縁の有無に関わらず多用されます。
これによるミスリードだったんでしょうか。

駄菓子屋を経営するばあちゃんは女々の本当の祖母。
つまりエリオの曾祖母に当たります。
血縁の証拠として髪を振り乱すとばあちゃんからフケ、もとい例の粒子が出ています。
・・・孫が近くに居るなら同居した方が良いんじゃないか。

エリオの誕生日+α
ペットボトルロケットを飛ばすのは実はばあちゃんの為。
キャトルミューティレーション言っていたのは本当に宇宙人という意味ではなかった。
要するにあの世からのお迎え。
何しろ30年前からずっと容姿がばあちゃんのまま。
「それでも町は廻っている」のばあちゃんは10年前と現在でかなり容姿が変わっているのとは対照的です。

多分80以上、下手すりゃ90歳超えているんじゃないのか。
当然知人縁者も殆どが鬼籍に入っているでしょう。
強気な事言ってても、静かに死を待心境だったんじゃないでしょうか。
それを臨まない女々は、宇宙人(=死神)をぶっ飛ばせとばかりに本物の火薬入りロケットを最後に飛ばして爆破。

denpagirl-8-1223.jpg

ばあちゃんの顔も爆発した。
くよくよするのがバカらしくなったそうで、女々の思惑は成功です。
というかショック死しなくて良かった。

因みに山本(仮) は花火職人の息子だそうで、火薬を扱っても大丈夫。
そんなこと覚えているなら名前も覚えてあげて。
しかし無許可で爆破なんてしたら流石に捕まるだろう。
遠くにサイレンの音が聞こえたところで次回です。 

思う一念岩をも通す
ってヤツでしょうか。信念さえあれば宇宙人も倒せると語るエリオット。
精神論語る外国人というのがちょっと変わってますね。 
それにしても、今何処で何をしているのやら。 

因みにずっと間違われ続けた山本(仮)。
エンディングのキャストでも「山本」だった。
最後にばあちゃんが本名に気づいたのに酷い。 

次回は電波女と青春男 第09話 『地域限定宇宙人事件』です。 

公式サイト / ウィキペディア / 公式Twitter(#denpa_girl)

今日のあなる。ポニーテールで告白&号泣。

anohi-8-594.jpg

でもじんたんの頭はめんまで一杯、頼むから少しはフォローしてあげて。 

めんママはやばかった
芽衣子が喜ぶなんて言って、芽衣子は居ないのに。
あの子の時間は止まってるのに、あなた達は大きくなって。

ぽっぽの呼びかけで本間家に集結した超平和バスターズは、めんまの母イレーヌに糾弾される。
花火中止を父親の仕業、母は味方と思っていた一同はすっかり意気消沈。
めんママはじんたん達をずっと恨んで、羨んでいたんですね。
それは母ならもっともで、どうこう言えるものじゃない。

でも弟はたまったもんじゃない。 
自分の母を「あのおばさん」と言う聡志はちょっと酷いなと思いました。
しかし姉に嫉妬する弟の気持ちを聞かされると納得がいく。
めんまにかまけて無視されていると思ったのね。 

俺は一人でもやる
当たり前ですが、普通見えないものを信じられるわけが無い。
ここらでお開きにしよう。
めんママの件もあり、ここらが潮時とゆきあつが考えるのも無理ありません。
しかし逆に「見えてしまっている」じんたんとしては諦めきれないでしょうね。
一人でもやる、とバイトを増やし過労で倒れてしまった。

見かねたあなるが告白交じりに必死で止めようとしますが、じんたんは聞かない。
あなるの「じんたんが好きだから」も通じない。
・・・いや、最後はきっと通じると信じたいですね。

衝撃のパパ
めんママを泣かせ、あなるを泣かせ、自分も泣いてめんまに慰められるじんたん。
自分にはめんまが見えている。しかし他には誰にも見えない。
めんまの為に何かしたいけど、それが人を困らせたり、嫌な思いをさせてしまう。
心がどん詰まりといった心境です。

めんママの件から自身の母の墓参りへの流れは、「親」を意識させる良い演出でした。
自然父親のことを考えるじんたん。
自分が不登校になっても何故何も言わないのか。
バイト始めたのも本間家訪問もお見通しだった。
無視したのではなく敢えて何も言わずに見守っていたのでした。
このパパ結構大物ですね。

でも帽子取ってハゲが発覚。
このタイミングで!?
すいません、良いシーンなのになんか妙な気分になりました。
思わずこれを思い出してしまった。

buffaloman.jpg

漫画「キン肉マン」でバッファローマンがカツラを取ったシーン。
あれはハゲてるんじゃなくて、禊の意味で頭を丸めたんですがね。
子供には元からハゲてる様にしか見えなかった。 

そして遂に存在証明
シャーマン5級は伊達じゃないのか。あくまでじんたんを信じるぽっぽは凄い。 
一方でめんまは全員に電話を掛ける。
当然声は聞こえないので、じんたんの家から掛かって来た謎の無言電話になる訳です。
いいかげんにしろ、いつまでめんま騙ってんだ!
切れかけたゆきあつが見たのは、めんまの日記に書き込まれた今の話。
本当に、めんまはそこに居るのか・・・
遂にめんまの実在が発覚したところで次回です。 

anohi-8-1097.jpg

ようやく来ました
これまで何回もニアミスして
「早く存在証明しろ、ラーメン食ったり物持ったりしろよ!」
テレビに向かって文句言うこと多数。
深みを持たせる為に、ワザとここまで引っ張ってきたんだろうなあ。

めんまフォント配った後にこの演出が何ともニクいですね。
因みにめんま漢字書けたんだ。
てっきりひらがなカタカナオンリーだと思ってました。

公式サイトウィキペディア