へうげもの 第16話 『別離のつぶやき』

| コメント(0) | トラックバック(3)

heuge-16-1033.jpg

酒井忠次の「海老すくい」踊りが凄かった。
ひょっとこみたいな顔で舞うんですが、動く動く。
ぬるぬる気持ち悪いほどローリング。
左介は怒り爆発させそうになりましたが、私は笑いっ放しでした。 

賤ヶ岳やらないの!?
いきなり時間が2年飛びました。
その間に賤ヶ岳の戦いがあり、義兄中川清秀も柴田勝家も退場済み。
兄さんと権六の最後無しかよ!
左介に出番がなかったからという事でしょうか。
まあ合戦が売りの作品じゃないのは分かりますが、思い切りが良いというか何というか。

小牧・長久手の真っ最中。
織田信雄が徳川家康と結び、豊臣秀吉と戦っている最中に呼び出されたのが左介。
信雄と和睦したため、それを伝えって家康とも和睦して来いという内容です。
左介と家康には因縁があります。
嘗て明智光秀主催で家康を接待した折、左介の「安土盛り」が逆鱗に触れたことがあったからです。
貴様はいつぞやの!といきなり険悪ムードになりかねない。 

これは無理、断りを入れようとする左介。
しかし秀吉は三肩衝のひとつ「初花」を見せびらかし、成功したら貸してやると強烈に誘惑。
この初花に心揺さぶられる左介の描写が面白い。
まるで催眠術に掛かったかのような顔ぶりです。 
趣向が変わっただの質素もまたよしと言いながら、名物には抗えないんですね。

heuge-16-1009.jpg

家康の挑発。
秀吉の使者となった左介を表面上丁重に迎えた家康。
あっさりと和睦は成立し、饗応を受けることとなりました。
ところが出された食事がもの凄かった。

鯛の御頭付きに味噌田楽、そしてオヒツ一杯分はあろうかというてんこ盛りの飯。
てっぺんに梅干が一つ乗っており、どうみてもおっぱい、物凄い巨乳ですね。
楽な戦争だったから、兵糧が余って余ってと自慢気に話しています。

加えて酒井忠次がふざけた踊りを舞い始め、歓迎とみせかけてコケにされているのは明らか。
嘗ての無礼を謝罪しておきながら、更におちょくってくる家康。
俺は仮にも豊臣軍10万の名代だぞ!!
仕返しとばかりにお膳をひっくり返したい衝動にかられます。
以前の左介なら「馬鹿にするな!」とぶちまけていたでしょう。

左介は気づいた。
馬鹿にしたような食事を出し、ふざけた踊りを披露する徳川も必死だと。
兵力から言えば豊臣が圧倒的に有利。徳川に余裕があろう筈がない。
にもかかわらず挑発を繰り返すのは、和平に一も二もなく飛びついたという無様な所を見せないため。
そんなに言うなら戦争を止めてやってもいいよ、という命がけの芝居だった。

真相を知って穏やかに去っていく左介。
これを見た家康も、左介の器の大きさに気づいたみたい、というところで次回です。

heuge-16-498.jpg

誰この能面→石田三成だった。
プライドが高く、左介を見下しているのがかなりあからさまです。
光秀と違ってこちらはあまり善人っぽく無いですね。
演じる関俊彦の抑揚のない喋り方が物凄く不気味でした。

次回はへうげもの 第17話 『チェンジング・マン』です。 

公式サイトウィキペディア

Powered by amaprop.net

トラックバック(3)

トラックバックURL:
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/mt-tb.cgi/1008

第16話 『別離のつぶやき』 やはり、この作品…“眼と間の演技”が容赦なく凄いですな。 左介と家康の『視殺戦』も、背筋に“ぞわわぁ”と込み上げて来た次...

私的UrawaReds&SubCul - 【スタッフの情熱に感動!】『へうげもの』16話『別離のつぶやき』レビュー♪(今回酒井忠次の『海老すくい』が演じられましたが動きも歌もすごく良かったです!総作画監督山下喜光さんの手腕も素晴らしいです!) (2011年7月23日 00:50)

  『海老すくい』の 数奇の真髄           ...

地を赤く染めるブログ - へうげもの 第16話 「別離のつぶやき」 (2011年7月28日 18:06)

  じんわりにんまり16話。前回のサブタイトルが「時代は変わる」、そして今回は、そんな「変わった時代」を象徴するようなエピソード。これでまだ折り...

コメントする

相互リンク

Blogランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ピックアップ

Powered by amaprop.net

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.02

アクセスランキング ブログパーツ

ピックアップ

2016 春アニメ

Powered by amaprop.net